2012年12月10日

研究機となった「帯掛機」・・
再度、封筒16枚で試運転しようとしたところ、結束はできましたが、次の
テープが詰まってしまいました。
よく見ると、起動して戻るべき装置が戻っていない。
ということは・・
下を見ると、少し大きなバネが落ちていました。
しかも、このバネ、フック部分が折れていました。

バネが意外にも折れやすいというのはわかってはいるのですが、問題は修理
の方法です。
このままでは、運転できませんから・・
このような場合の対処方法は?
1.新品のバネを入手する
2.類似寸法のバネと交換する
3.折損したバネをなんとかする

もちろん、ベストは「1」ですが、時間とお金がかかります。
真っ先に頭に浮かぶのは「2」ですが、バネというのは、長さ、径だけではなく、
「引っ張り強度」と言って良いのか、とにかく種類が多すぎて、代用できるような
バネを見つけることは、非常に難しいのです。
ということは、「3」ということに
しかし、「なんとかする」って、どうすればいいの?

少し無理な注文ではありますが、そこは「メンテナンス研究所」ですから、
「なんとかする」のです
数分でなんとかして、そのバネをかけて、運転再開・・
問題ないようです。

で、次に何をするのか


shiraico at 08:30包装機械メンテナンス 

2012年12月03日

研究機となった「帯掛機」・・
突然、フィルムテープで結束することになりましたが、難なくクリアして、紙テープ
の結束の研究に戻ることにしました。
一応、この帯掛機「OB-301」は、紙テープ専用機ですから・・

再度、封筒16枚で試運転しようとしたところ、結束はできましたが、次のテープが
詰まってしまいました。
数回、試してみましたが、結果は同じ・・
何かがおかしい
よく見ると、起動して戻るべき装置が戻っていない。
ということは・・

下を見ると、少し大きなバネが落ちていました。
しかも、このバネ、フック部分が折れている・・hasonbane2
バネは、機械には不可欠で、非常に多く使用されています。
今回の研究機・・小型ではありますが、その数は10を超えているでしょう。
機械には、非常に多くのバネが取り付けられている・・
そして、意外にも折れやすい・・
つまり、今回のバネの折損は珍しくないのですが、運転時間が短いにも関わらず、
発生したところから、運の悪いトラブルと言えます。

「バネの折損」・・どこかに詳しく書いていたような・・
ありました。
http://shirai-co.com/merumaga282.htm

バネが折れやすいというのはわかってはいるのですが、問題は修理の方法です。
このままでは、運転できないので


shiraico at 08:30包装機械メンテナンス 

2012年11月26日

研究機となった「帯掛機」・・
突然、フィルムテープで結束することに・・

当初、書きました通り、この帯掛機は「OB-301」で、紙テープ専用機です。
しかし、部品を交換すれば、フィルムテープの使用は可能です。
その部品はありますが、部品を交換しなければ、どのような結果になるのか?
ということを知りたくなりました。
それで、部品交換はせず、また温度調節も行わず、紙テープを装着していた状態で、
そのまま運転することにしました。

封筒16枚で挑戦してみますが、結果は見えています。
フィルムが溶けすぎて、うまく溶着できないはず。
では、「スタート」ボタンを押すと・・

予想では、フィルムが切断された後、テープの溶着面が一瞬にして剥がれるはず・・
しかし、テープは剥がれない
そのまま、もう一度「スタート」ボタンを押しても同じ結果・・
そんなはずでは・・裏面を確認
OB-301N-7
2回とも、間違いなく溶着できています。
念のため、「剥がししろ」を引っ張ってみると、写真の矢印の通り、綺麗に剥がれました。
何の問題もないとは思いますが・・

とは言っても、色々な対象物を連続で結束するには、不十分なところがあるかもしれません。
また、溶着面をより良くしたいというメーカーの強い意志があるのかもしれません。
そのあたりは、部品交換をしてから、確認してみたいと思います。

ところで、その後、所有者が対象物のサンプルを持って来たので、
「そのまま、どうぞ」と・・
所有者は、「部品を交換しないのか?」と言いたげな様子でしたが、スタートボタン
を押すと・・

「これなら問題ない」ということでした。
改造や温度調整に時間がかかると思っていたら、なんと、紙テープと同じ状態で
問題なく結束でき、楽ができました

ということで、所有者はすぐに帰られたので、予定(未定)の研究を続けなければ・・
早速、紙テープの結束に戻ります。


shiraico at 08:30包装機械メンテナンス 
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
楽天市場
プロフィール

所長

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ