2008年01月

2008年01月25日

乳腺腫瘍

599e1b7d.jpgブログ始めて以来
初めてテンプレートを変えてみました。
(というか変えさせられました。)
スタッフブログの方は超頻繁に変わってますね。
ま、気持ちも新たにってことで。

今病院の自動ドアが故障中で
皆様にはご迷惑をおかけしています。
手動で引き戸として開きますが
重くて開けにくいです。
大変申し訳ありませんが直るまでよろしくお願いいたします。


さて今日からワンちゃん用の手編みのセーターを置くことになりまして
叔母の知人が手編みで作っているものなんですが
すごくよくできていて価格が安いんです。
(小型犬用¥2300〜2600!)
今病院には4着置いてありますが
サイズやデザイン、色などオーダーに応じてくれるそうなので
ご興味のある方はぜひ見ていってください。
とても編むのが早いのですぐ出来てしまうそうなんですが
1週間くらいみてもらえればオーダーメイドでもお取り寄せできそうです。
写真はそのセーターを着た叔母の犬です。
うちでトリミングをした後に着せて写真を撮りました。
なかなかですよね!

最近は診察の忙しさはそうでもないですが
手術はまあまあ多いです。多分個人病院としては。
手術は平日の13時〜16時のあいだにやるのですが
この時間は休み時間だと思っている方が多くて・・・
休み時間が長くていいね!とか言われるとちょっとトホホな気分です。
たしかに何もない日は怠けていることもありますが
たいていは手術だ往診だとあっという間に過ぎてしまいます。

手術でここのところ続いたのは乳腺腫瘍の摘出手術。
犬には胸の上のほうから内股まで5対の乳頭がありますが
乳腺に腫瘍ができた場合
教科書的には上から下まで片側全部摘出することが勧められています。
上から下までだと傷がとても大きくなるので縫うのが大変です。
しこりの数にもよりますが
場合によっては上半分とか下半分というとり方もします。
根治を目指す場合はなるべく大きく取ったほうがいいでしょうし
避妊手術をしてなければ、合わせてすることが勧められます。
ただ、非常にに高齢な犬や、ほかに癌や病気があって根治が望めない場合は
部分摘出といってしこりだけ摘出することもあります。
この場合再発する可能性が高くなりますが
とにかく残りの寿命の生活の質を上げたいときに
そういう手術をすることがあります。

乳腺腫瘍は良性と悪性の確立が半々で
悪性の場合は乳癌ということになります。
悪性度が低ければ、癌であっても根治できますが
中には転移したり再発して治せない悪性のものもあります。

予防としては若いうち、できれば2回目の生理が来る前に
避妊手術をすればかなりの確立で予防できます。
1回目の生理より前だと99%
2回目の生理よりまえだと95%
あとはいつやっても確立は減らせないといわれています。
ただ2回目以降であっても避妊手術しておけば
卵巣ホルモンはなくなりますから
腫瘍ができたとしても成長を遅らせることができるのではと思います。

というわけで、特に出産させる予定がなければ
なるべく早めに避妊手術をすることがお勧めです。
個人的には家庭でのお産に反対なのは以前にも書いたとおりです。。。




shirasagiah at 13:41|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2008年01月13日

ペットロス

今日はとても寒いです。風が強くてより寒い感じがします。
患者さんもあまり来院されず病院も寒い感じです。
たまに暇ならいいですけどねー。
毎日だと困りますね。
例年そうですが年末と比べると年明けは静かなものです。
年明けすぐは大変でしたけど、ここ2日くらいは落ち着いてきました。

パソコンが壊れてからようやくほぼデータが移し終わった瞬間に
だましだまし起動させていた古いパソコンが完全に壊れてしまい
今回から新しいパソコンで書いています。
やっぱり快適です。これでブログもばっちり?


さて年明け早々ちょっと悲しい話ですが今回はペットロスのお話です。
年が明けてから高齢のワンちゃんが3頭亡くなっています。
老衰や病気やいろいろですが
みんなお正月を家族と過ごすのを待って旅立ったようです。
長く飼われた子がいなくなると本当につらいものですね。
ペットロスといってしばしば問題になりますけど
やはり時間が解決してくれるのを待つしかないようです。
新しいペットを飼うことができれば
子犬や子猫は本当に手がかかりますから
その忙しさで寂しさがまぎれますので一番いい方法だと思います。
前の子が気になって次の子を飼うことができないと言われる方も多いですが
少し落ち着いてから次の子を飼われた方をみると
やはり飼われてからのほうが表情が明るくなりますね。
ただ、十人十色といいますが動物でも1頭1頭必ず性格が違います。
どうしても前の子と比べてしまいがちですが
気持ちを切り替えて接してもらえればと思います。
また、飼い主の方の年齢の問題などで新しい子は飼えないという場合も
しばしばあります。
元旦にお別れした飼い主様が言っておられました。
長い間一緒にいて楽しませてもらったから
私が元気な顔しないとあの子に悪いから、がんばらないと・・・と。
この方も年齢の問題で次の子は飼えないとおっしゃってましたが
気持ちを前向きに持ってもらえると亡くなった子も安心できるでしょうね。
ペットとのお別れは本当につらいものです。
僕たちも辛いです。
でも長生きしてくれた子が天寿を全うしていい形でお別れできたときは
変な言い方ですが少しほっとします。
みんながそうであるといいのですが・・・
なるべくそうであるよう日々努力したいと思います。

寒くて空気が乾燥していると人間も動物も喉を痛めて風邪をひきやすいです。
咳で来院するワンちゃんもしばしば見ます。
部屋は加湿して暖かく過ごしてください!




shirasagiah at 20:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年01月05日

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

三箇日も過ぎ、本日4日(もう昨日か)より平常通りの診療です。
31日から3日までお休みをいただきましたが
日ごろ出来ない大掃除や、お預かりの子のお世話
そして急患の対応であっという間に正月は明けてしまいました。
毎日スタッフには一人ずつ出てきてもらいましたが
かわいそうに思ったより忙しくて目いっぱい働いていました。
おかげで病院はピカピカです。

今日は予想通り忙しく朝から途切れなく働いて
夜手術までして結局終わったのは夜9時でした。

明日も手術が3件入ってます。
土曜日は混むことが多いので大変かなー。

スタッフが1名退職しましたので
(おめでたい理由です。職場が嫌になったわけじゃないですよ。ホントに。)
今日のようにスタッフが2名の日がしばらく増えます。
そういう日はてんてこ舞いになりお待たせする時間が
少し長くなってしまうかもしれません。
皆様にはご迷惑をおかけするかもしれませんがよろしくお願い致します。

ありがたいことに4月から1名動物看護士の採用が決まりましたし
国家試験が無事に終われば獣医師も1名増える予定です。
あとはトリマーさんを1名募集しています。
だれか来てくださーい!



shirasagiah at 02:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0)