2009年09月24日

体験農業

inekari

またまた久しぶりのブログです。
もうすっかり秋ですね。

水曜日の休診日に病院を松井先生に任せ
茨城県の石岡のほうまで農業体験で稲刈りに行ってきました。
本当は田植えから草取り、稲刈り、脱穀まで
全部で5〜6回あるんですが
普段は土日開催なので参加できませんでした。
今回初めて参加したわけですが
初めてで知らないことだらけでした。

まず田んぼに入ったこと自体が初めてだったわけですが
稲を鎌で刈っていくのは想像以上に大変な作業でした。
稲は刈ったものをすぐに脱穀するのかと思っていたら
束ねてさかさまにつるして天日に干すんですね。
この束ねるという作業がさらに大変で
ゆるく縛ると干して縮んできたときに抜け落ちてしまうそうで
きつく縛るのが本当に大変でした。
縛るのもわらを利用して縛るので
昔は本当に無駄が無くエコロジーだったんだなと感心させられました。

驚いたのは田んぼの中の生き物の数の多さ!
バッタやいなごは当然として
それを食べるかまきり、蛙
そして数え切れないほど無数の小さな虫や蜘蛛の数々!
普段なら蜘蛛が1匹体に付いただけで
有希先生などは大騒ぎですが
あまりの数の多さに麻痺してしまい
全然虫など気にせず黙々と稲を刈っていました。
あのような自然の中では虫があまり気持ち悪いと感じないようです。
あれほど生物がいるという事は農薬を使っていないということなんでしょう。
子供たちは嬉々として稲刈りよりも虫取りや蛙取りに終始していました。

スタッフには腰が悪いのに院長は一体何をしに行くんだと
さんざん心配されましたが
まあ適度に力を抜いてどうにか無事終わりました。

たった1日の体験農業でしたが
農作物のありがたさがわかりました。
日本はもっと自給率が増えるといいですね。

http://ishioka-kankou.com/asahi-satoyama/

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;
東京都中野区白鷺2-33-8 TEL03-3330-5411
http://www.shirasagi-ah.com
しらさぎ動物病院
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;



shirasagiah at 10:11│Comments(3)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ハッピーの母より   2009年10月12日 19:46
農業って 体験して初めて大変さがわかりますね。私も田舎に越してから初体験。 でも美味しいお米が食べれる幸せもあります。

ところでハッピー君、誤飲しました。それも針の付いた赤い羽根。3.5日間生きた心地しませんでしたが、毎日レントゲンで針の場所をチェックしてもらい、大腸に入ったので、うんpと流れる可能性大!で出ました。そして、昨日は突然歩けなくなりました。診断はヘルニアグレード1. またケージ生活で安静命令が出ました。
5歳になった途端、あれこれあります。元気でいてほしい、それだけなんですが。
2. Posted by ランちゃん   2009年10月16日 15:05
5 貴重な体験、なさったんですね。

毎日、何気なく食べているもの・・
口に入れる生命の価値を感じますね。

先生の爆弾(腰!)大切になさってください!!

ランも心配しています。

また、私達の心を和ませて下さいね。

先生の優しさ・・・こういう体験から
育まれているのですね。
3. Posted by shirasagiah   2009年10月17日 22:47
○ハッピーのお母さん さま
いつもありがとうございます。ハッピー君大変でしたね!募金の赤い羽根ですか?出てよかったですね。刺さりさえしなければ意外と出てきますね。
ヘルニアも大変ですね。再発しやすいですから今後は激しい運動や段差の昇り降り、そして体重の制限に気をつけてください。お大事に。

○ランちゃん さま
いつもありがとうございます。農業って大変だけど大切だなあと思いました。
腰の爆弾はここのところ落ち着いています

コメントする

名前
URL
 
  絵文字