小屋っ子の戯言

芝居に笑い、芝居に泣き、芝居に落ち込み、芝居に励まされる日々をつらつらと。

石松は、死なない!!


劇団新@けやき座
お芝居『平成に現れた森の石松』


ただいま立川はけやき座で公演中の劇団新さん。
先日、友人に誘われ初めて観にいき、華やかな新座長、かわいらしい錦花形、このお兄さんと弟さんもさることながら、ものすごく押し出しのいい末の妹、小龍優さんに魅了され、今度はふらりと一人観劇。

この日のお芝居は、オリジナル狂言『平成に現れた森の石松』
正直に言います。オリジナルかぁ……と思ってたの、実は(笑)。
前に、役者さんとして本当に素敵な、とある座長さんのオリジナルを観たことがあって、それが、そのぅ……かなり、あのぅ……という感じだったことがあって(笑)。けれど、名優が皆、名狂言作者なわけない。オリジナルが微妙だからって、その人の演者としての評価は揺らがないし。だから、それは全然いい。
ま、でもちょっと「座長オリジナル」=「地雷」という認識があったのは事実で(笑)

ということで、いたって平熱、という感じで着席し、舞踊ショーをゆったり堪能。
なかでは、錦さんの個人『大きな古時計』が素晴らしくて、あ、今日はこれを観ただけでも来てよかったな、と思えたほど。新さんは明るくかっこいいし、優さんの堂々たるチャームもやっぱり素敵で、この劇団さん、好きだな、いいな、とのんびりと楽しんでました。
2016-02-13-18-00-32
錦さんの『大きな古時計』。面を使って、ちょっと観たことがない独特の世界が広がっていました。


そして開いた、お芝居の幕。
内容は、お外題通り、森の石松が現代日本にタイムスリップするお話。
お蝶(優さん)が亡くなったあと、次郎長(よう子さん)とともに保下田久六を成敗し、刀奉納の旅すがら、吉兵衛(
龍児さん)を筆頭にした都鳥一家(錦さん・あず美さん)に金を貸し、その返済を待つ石松。都鳥たちは、金を返すあてもなく、毒酒を飲ませ石松を殺そうと計画しています。そんなことも知らず、横になって眠る石松が目を覚ますと、周りは着物も着ず、言葉遣いも少々違う……そう、平成の世。ちょんまげこそしていないけど、あの青の弁慶格子に刀を差した石松は、まったく自体が飲み込めません。

と、道すがらお蝶そっくり(笑)の蝶香(二役:優さん)に出会います。姐さん!やっぱり生きてたんだ!と嬉し泣きしつつ、「おなかすいたんです、ご飯食わしてくださいよー」とついていく石松。
おかしなやつに出会ってしまったけどしかたない、と蝶香はしぶしぶ自分の家に。家は小さなラーメン屋、店主は蝶香の母(二役:よう子さん)。「親分!」と石松は喜びます(笑)。
おなかがすいたと連呼する石松に、カップラーメンなら……と差し出すお母さん。「お!カップラーメンってやつはうどんよりうまいんですねぇ!」。
すっかり落ち着いた石松を見て、お母さんは「あの人、江戸時代からタイムスリップしてきたんじゃない?」と、なんだか楽しそうに娘に耳打ち。娘は「やめてよ!お母さんまで頭おかしくなったの!?」と取り合いません。
2016-02-13-20-45-24
キュートな優さん♪蝶香のお衣裳で送り出し。

そんななか、柄の悪い連中が3人(錦さん・光輝さん・あず美さん)でやってきます。この家は、商売がなかなかうまくいかず、悪質な街金から借金をし、莫大な利子のため、返済できずにいたのです。
けれど、恫喝する街金たちの顔を見た石松は、都鳥の梅吉じゃねぇか!と嬉しそうに笑いかけます。まったく意味のわからないことを言ってくる石松を無視し、母子に手をあげようとする連中を、石松はあっという間にこてんぱんに。お母さんは感謝しきりで、当分この家に石松を置くことになります。
2016-02-13-18-11-33
当日舞踊ショーの新さん。この明朗な笑顔!

と、場面は変わって、お母さんと、着物を脱いでジャージ姿の石松が客席後方から登場。
お母さんはいそいそと歩きながら、「なんかねぇ、最近立川に大衆演劇の小屋ができたんだって!そこで石松さんのお芝居やってるのよー」、場内大笑い(笑)。
お母さん、ちゃんと座席予約済↓
image
よう子さんと新さんは実際にここに座って、私たちと一緒に芝居を観ます(笑)。さあ、始まったのは、劇団ナポリタン(笑)による、『森の石松』。
ナポリタン座長を演じるのは優さん!ほかにも、マルゲリータとかカルボナーラとかいう座員がいるようです(笑)。

都鳥一家に毒酒を飲まされ斬られるナポリタン座長演じる石松。迫真の演技に、石松は「おい!飲んじゃいけねえ!毒が入ってるんだ!ちくしょう!都鳥一家め、男の風上にも置けねえ奴らだ!」と声を上げ、ついには舞台上に乱入してしまい、芝居はめちゃくちゃ。
乱闘のため鼻血を出しながら(笑)、ナポリタン座長はカンカン。
と、石松は「俺が本当の石松だよ!」、座長「なに言ってんだ!こっちが石松だよ!」(笑)。

もうね、このシーン、本当に最高に楽しくて!
優さんのナポリタン座長、小柄でちょっと舌ったらずで、ときどきどっちの目をつぶっていいかわからなくなる、という(笑)。
なにより、お母さんと石松が私たち観客と一緒にナポリタン座長の見得に拍手をしているときに、これめちゃくちゃメタじゃないか!!と、大衆演劇ではあまりない作劇術に興奮していました。

そんな楽しいひと時もつかの間、街金の上役(龍児さん)が、今度こそとラーメン屋に押し込み、蝶香を借金の肩代わりに拉致します。
姐さんの一大事!と単身連中と刀を交える石松(古風な街金なのか、平成の今、皆刀で戦うのはご愛敬/笑)。奴らを倒し蝶香は救い出しますが、致命傷を受けた石松は、彼女の腕のなかで息絶えます。
「カップラーメン、うまかったなぁ……」とほほえみながらつぶやいて。

と、都鳥の梅吉の声で目が覚めた石松。気づくと、ここは元の遠州山中。
今のは夢かぁ、と不思議な心持ちの石松に、金は返す、まぁその前に祝いの酒だ、と酒瓶を渡す都鳥。
うまうま、と嬉しそうに飲み口に顔を寄せる石松ですが、「あれ……この光景どっかで……?」。

そう、石松の頭に浮かんだのは、立川のけやき座で観た、劇団ナポリタンのあのお芝居!

そうはいくかと飲んだふりをして、斬りかかる都鳥一家を見事成敗。
やがて、石松が死んだものと思い込み重苦しい空気漂う次郎長一家に、「親分!」と元気な声が響き渡り、石松は無事帰郷したのでした。


こんなに読後感ならぬ、劇後感が爽やかで気持ちいい作品、なかなかない!
それは、この作品が「愛」に溢れているからです。

大衆演劇で長いこと愛されてきた石松。
みんなが大好きなキャラクター石松。
でも、死んでしまう石松。

その石松の命を、劇団ナポリタンの芝居(笑)、もとい、「大衆演劇」が救うのです!なんて素敵!

送り出しで、新さんに、どうしてこういう作品を?とお聞きましたら、「もともと僕、石松が大好きで、だから死なせたくないなぁ、と思ったんです!」と、石松そのものの笑顔で答えてくださいました。
そのお顔を見ながら、ああ、まさに今夜の新さん自身もまた、「平成に現れた森の石松」なんだなぁ、なんて思ったり。
2016-02-13-20-43-44
左目ウィンクでなく、石松だからこうなってます(笑)。

新さんが20歳のときにつくったという本作。
かつて、源義経という日本人に愛された悲劇のヒーローには、「実は生きていた」という伝説が流布されました。

できればどこかで生きていてほしいな。青空の下、笑っててほしいな。
いつの時代も「私たちのヒーロー」に対して託される望み。

そんな思いがまた、この平成の世、「生きている石松」を生んだのでした。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット