2016年09月29日

イチオシJOYBRASS!vol.3

こんにちは。河辺(こうべ)です。

9月も残り1日。
もう10月だなんて…!信じられないほど時の流れを早く感じます。

さて、イチオシJOYBRASSは、CD再入荷のお知らせです。
7月末の初回入荷時には、なんと1日で即完売してしまった大人気商品です。

20160602_otro004

【曲目】
Bonelab
Fluctuations
Niry Fide Xemy
Concertino for Bass Trombone and Trombone Ensemble
The Tempest Concerto - Strange and Solemn Dances
Cavalleria rusticana: Preludio e Siciliana

【ソリスト】
イアン・バウスフィールド
マッシモ・ラローサ
ステファン・シュルツ
ジョセフ・アレッシ
ジェロエン・メンテンス

ベルギーのトロンボーンアンサンブル:ボーンソサエティに超豪華ソリストを迎えて製作された作品です。
…まさに、トロンボーン界のビッグネームばかり!

制作時には、クラウドファンディングが呼びかけられて誕生したそうで
このエピソードからも情熱のこもった作品であることが感じられますね♪

自主製作盤につき、再入荷枚数は限定15枚。
気になられた方は、ぜひお早めにお求めください。


THE BONE SOCIETY ”Bonelab"
販売価格¥3,564(税込)

オンラインショップはこちらからどうぞ

2016年09月28日

背負ってみた&量ってみた vol.2

こんにちは。
トランペット担当の三宅でございます。

またまた背負ってみました。
今回はこちら↓
「GLケース トランペット用(シングル)」

こちらのケースABS樹脂を使用したとても丈夫なケースなのです。
元々旅行鞄なども制作していたメーカーで、耐久性の基準がとにかく高いです。
現在弊社には3色在庫がございます。

GL-1
今回も並んでみました!


左から

・河辺(身長約160cm):ブルー
・三宅(身長約170cm):ブラック
・宮川(身長約180cm):レッド



そしてGLケース、様々な応用が利くんです!

ストラップを一本だけ付けて肩掛けにしたり
GL-2


斜め掛けにもできます!
GL-3

背中の取り外し可能なポケットには譜面もすっぽり(A4サイズ)
GL-4

表のポケットは伸縮可能!幅もあります
GL-5

そして表のポケットも取り外し可能です
GL-6

楽器もしっかり固定された状態で収納できます
GL-7

その日の予定や練習内容によって持っていきたいものって違いますよね。
楽器だけ持っていければ良い!という日はポケット等外して軽量にしたり、
小物や譜面も持って行きたい!なんて日は再びポケットを装着すれば沢山収納できますよ♪

GL-8
そして重さは、、、
2.78kgでした。(付属のストラップ、ポケットも含めた重量です)

本日紹介したGLケース、在庫が残りわずかとなっております!!
現在ブラックが2点、レッドとブルーにつきましては残り1点ずつとなっております。
次回の入荷はしばらく先になりそうですので、ご興味のある方は是非お早目にお問合せ下さい。


それでは次回の背負ってみたシリーズ更新もお楽しみに、、、♪


【本日のケース】GL トランペット用ケース
 販売価格:39,200円(税込 42,336円)
 オンラインショップは、こちらから☆






背負ってみた&量ってみた vol.1

こんにちは。河辺(こうべ)です。
前回の予告編から約2週間。さっそく背負ってみました。

今回背負ってみたのはこちら↓
「C.C シャイニーケース テナー/テナーバストロンボーン用」

シャイニーケースといえば、スリムなボディとカラフルなラインナップがなんといっても魅力ですね♪
今回は店頭の数ある色の中から、それぞれお気に入りの1色をチョイスして背負ってみました。

BlogPaintまずは後ろから。

左から
・宮川(身長約180cm):パウダーレッド
・三宅(身長約170cm):アップルグリーン
・河辺(身長約160cm):ホットピンク

三宅・河辺の背負っている2色は、ツヤツヤ仕上げ+パールが入っていて
よりシャイニーな感じになっています。

宮川が背負っている「パウダーレッド」はツヤ消しのマット仕上げ。
なかなか珍しい質感で、ツヤありよりも色が少し落ち着いて見えます。

160cmの私は付属ストラップを半分ぐらいの長さ(デフォルト)にしてちょうどいいかな、と思いましたが
170cm・180cmの2人はもう少し長めにして背負うのもアリかな、という感じです。


次は、横から。よこ
おっと!トロンボーン担当:湯村(約180cm)も
大好きなブルーのケースを持って登場しました(笑)

約180cmの人が持つとケースも少し小ぶりに見えますね!
(ちょっとエプロンと色が同化気味ですが…^^;)
大きさ、伝わりましたでしょうか?



BlogPaintそして気になる重さは、、、
3.18kgでした。(付属のストラップも含めた重量です)

ちなみに、カラーバリエーションはなんと20色‼
現在は、下記の色の在庫がございます。
 ツヤありタイプ:ホットピンク・レッド・ブルー・アップルグリーン
 マット仕上げタイプ:パウダーブルー・パウダーレッド・パウダーブラック
上記以外にもご希望の色がございましたらスタッフへお問い合わせください。

では、今回はこの辺で。
トランペット用・トロンボーン用を問わず、背負ってほしい!というケースのリクエストは
お近くのスタッフまでどうぞ。

次回をお楽しみに♪


【本日のケース】C.C シャイニーケース
 販売価格:25,600円(税込 27,648円)
 オンラインショップは、こちらから☆

2016年09月24日

延長決定☆TB限定フェア

こんにちは。河辺(こうべ)です。

気温も天気も、なかなかはっきりしない今日この頃ですが
JOY BRASS店頭からは熱い情報をお届けします!

先日、トロンボーン担当:宮川から「TB一日限定フェア」(通称:宮川フェア)
のお知らせを致しましたが
好評につき、明日9/25(日)まで延長させていただきます‼


・「宮川プライス」の特価楽器
・「ハイパー宮川ゾーン」特選マウスピース
・秘密の「宮川特典」


をご用意して皆様をお待ちしております。

「宮川プライス」って?「ハイパー宮川ゾーン」って?「宮川特典」って?

…と思われたら、ぜひ宮川にお声がけくださいませ♪

shires at 23:08│Trombone 

TB担当 宮川の日々勉強〜その6〜

TB担当の宮川でございます。

お待たせいたしました!久しぶりのリペアネタですよ!(・・・誰も待ってはいない)
本日はマウスピースのシャンク修正についてです。

誤ってマウスピースを落としてしまったり、どこかにぶつけてしまったり等、シャンクがつぶれているマウスピースを皆様は見たことがございますか?
DSC_2192
明らかに変形してしまっていますね。これでは楽器に取り付けてもガタが発生するでしょう。
〇でなければならないマウスピースですが、金属ですので衝撃があれば確実に変形します。
・・・ということは、外からの衝撃で凹んだなら直すのには内からの衝撃を与えれば良いんです。
では実際にやっていきたいと思います。今回の治具はコチラです!
DSC_2194
この治具をシャンクにブスッッッと。
DSC_2198
通常は隙間が無い、または均一な隙間となるはずですが、現状は凹んでいる部分が当たっていますね。
DSC_2197
これを万力に挟んで、叩いていきます。
金属の硬さは細管太管、メーカーや個体の差などによって変わるので、力加減を調節しながら慎重に作業を行います。
DSC_2202
カンカンカンカン!!!
あんなに凹んでいたシャンクがほら!
DSC_2212

今回のようにシャンクが凹んでしまった場合、限りなく元の状態に近づけて直すことは可能ですが、金属の性質上で完璧な円には戻りにくいです。
まずは、シャンクを凹ますことがないよう気を付けてくださいね!!!!!

ジョイブラスではトランペットトロンボーン以外でも金管楽器の洗浄、修理等を承っております。
なにか困ったことがありましたら是非ジョイブラスへお問い合わせ下さいませ。


皆様のご来店を心よりお待ちしております。

shires at 23:08│宮川の日々勉強 

2016年09月23日

Bush中古マウスピース入荷!

こんにちは、トランペット担当の三宅でございます。

先日河辺さんが投稿した「背負ってみた復活」のブログをご覧になったお客様から
「三宅さんて170僂發△襪鵑任垢~」といった事をよく言われます。
そうなんです。私高身長女子でございます…
「正式には169僂任后」と言い張っていますが。
169僂170僂虜后賃腓く感じるのは何故なのでしょうね。(気のせい…?)


本日は中古マウスピースのご紹介です!
新しくI.R.Bushの中古マウスピースが2本入荷しました。

Bush WXD(Vintage)
bush-2

Bush W-1(現行)
bush-1

どちらも細かい傷などありますが全体的に状態も良いです!
近日オンラインショップにも掲載予定です。
ご興味のある方は是非お問合せ下さい。



shires at 19:56│Trumpet 

2016年09月21日

TB一日限定フェア

トロンボーン担当の宮川でございます。

ここ数日は台風の影響で雨が多く、気温はだいぶ下がりとても過ごしやすくなりました。
ですが季節の変わり目は体調に気を付けてくださいね。

突然ですが、明日は一日限りのトロンボーンフェアを開催!
店頭には特価楽器、特価マウスピースが並んじゃいます!!
店頭で『ブログを見た』と宮川に一声かけて頂くと特典が!!!
特典内容は、秘密です♪お楽しみに!(笑)

明日の様子を少しだけ・・・。
DSC_2206
DSC_2207

さぁ!さぁ!この機会に楽器を買ってみてはいかがでしょうか!
明日は是非ジョイブラスへお越しくださいませ!
祝日ですので、営業時間は10:00〜18:00となっております。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。

shires at 23:29│Trombone 

イチオシJOYBRASS!vol.2

こんばんは。河辺(こうべ)です。

夕方に近所に所用を済ませに行ったら、雨に降られてずぶ濡れになりました(泣)
これぞまさに「乙女心と秋の空」。
この季節、お出かけには傘をお忘れなく…。


さて、少し前から店頭にこんなフライヤーが置いてあります。

新しく発売された教本シリーズ「パワーアップ吹奏楽!」
image1 (003)

そして、レジ向かって左奥の書籍コーナーにはそのトロンボーン版が。。
image2

紫色×シマウマ柄が目印!(ちなみに、トランペットはライオン柄です)

著者は、willie'sのシグネチャーマウスピース「K2」「Colin」両モデルも大人気の
シエナウィンドオーケストラ 郡恭一郎氏です。


この教本を見て、ちょっと感動したのが内容の丁寧さ・親切さ。

「初めて楽器ケースを開けて、楽器を持ってみます」という、ある意味当たり前の段階から
具体的にどんな練習をするか?という、「THE 教本」という部分まで
細かくカバーされているものって、あまり見たことがない気がします。

今でこそ、インターネットで色々調べたり、管楽器専門の楽器屋さんが全国的にも増えてはいますが(当店を含めて)
自分が楽器を始めた頃にこんな本があったらよかったな、と個人的には思ったほど。

トロンボーンを始めたばかりの方はもちろん
これから初心者を教える可能性のある方にも参考になりそうです。

湯村の紹介 Vol.14 Bobのマウスピースとかまトロ

どうも、こんばんは。
湯村です。
少し間が空いてのVol.14、という事で、今回の記事はBobReevesのマウスピースのプレゼンテーションもあったという事で、今回のBobReevesマウスピースのラインナップについて少しみようかと思います。

従来のBobReevesマウスピースは、4G、5G、に加えてMrBass(バスTB)用の3種でして、
これがそのブランクです。
1907794_detailImage1
いわゆるミディアムヘビーウェイトと言われる、重量感のあるブランクで、
昨今のアメリカントロンボーンマウスピースの代表格のGregBlackのミディアムやGriegoのDecoモデルのような質量のあるブランクですが、実際に吹いてみると、見かけほどきつくなく、艶やかで切れのあるサウンドで抜けの良い吹き心地が得られます。

ちなみに今回の来日では、従来の3種のマウスピースに加えて2〜3種くらいバリエーションが出てくる予定だったのですが、実際に完成したモデルの総数は驚く事に30種近くとなってました。
それら全てのモデルの写真は追ってオンラインショップ等に掲載を進めて参ります。

という事で、ラインナップの紹介を進めて参りますが、まず細管のモデルに2種ラインナップが追加となりました。
・11C  リム径24.8mm
・Clark(6‐1/2) リム径25.35mm
の2種です。

まずこれらの2種については、従来のブランクではなくライトウェイトのMercury(マーキュリー)という名のブランクが採用されてます。
オプションでスタンダードブランクの製作も可能かとは思いますが、標準仕様としてMecuryブランクが採用されております。

ちなみにClarkとは、アリークラークの事で、
このBobReevesのClarkモデルは、バック本人が1930年代にNYフィルのアリークラークの為に作ったマウスピースを元に製作された事からその名前がついております。
細管〜中細管の楽器に対しての相性が抜群です。

そしてバストロンボーン用に新たなラインナップが追加となってます。
その名もOrchestral Bass
このモデルはリム内径 28mmとなっており、以前のMrBassのリム径27.15mm 大きな容量のカップを持ち、現代のオーケストラバスに適したモデルと言えます。
このモデルについても、Mercuryブランク、スタンダードブランクの2種があります。、
BobのMercuryもそうですが、昨今GregBlackがFuturoというライトなブランクを作成した事等を鑑みると、一時のミディアムヘビーウェイトの人気は引き続きあるものの、軽めなマウスピースの人気の流れもきているのではないかなといった印象を持ちます。

という事で!!
残りのラインナップについては、Vol.15以降で書いてみます。
ちなみにですが、製作者のノア氏の話によればシカゴ響は現在全員BobReevesマウスピースを使用しているとの事。
アメリカのトップオケから一気に全世界へのムーブメントが起きそうな気がして止みませんね!
今でしたらジョイブラスにて一通りのモデルが試奏できますので、御興味のある方は是非ジョイブラスへ。

さて、先日の日曜はジョイブラス店頭でBobReevesマウスピースのプレゼンが行われた訳ですが、
その後はかまトロのスピンオフ企画として、製作者のノアグラッドストン氏を交えてのかまトロへ。

14354962_1138470226229212_7523272254525704927_n
回数を重ねてきて、だんだんお馴染みになってきたかまトロですが、
かまトロってなんぞや、という方もいらっしゃるかと思いますので、簡単に説明をしますと、
ジョイブラスに集うお客様同士で行っているトロンボーンアンサンブル集団です。
正式名称は【蒲田トロンボーン研究所】です。
略して【かまトロ】な訳ですね。

かまトロは昔からあったものではなくて、発足したのは今年なのです。
ある日、店頭でお客様と「こんなのやりたいですね〜」だなんて会話をして、
そのお客様も湯村も思ったら直ぐに行動人間だったので、話が出て5分もしないうちにジョイブラスを出て、
直ぐに大田区の施設利用登録をして、そのまま会場を予約しました。

その後、団体名は何にしよう?となった時、 KAMATA TROMBONE まできて、
頭文字がKTとなるもんですから、人気のKTLケースにあやかりたく、
私がLに拘ったら、そのお客様が考えてくれて、
蒲田トロンボーン研究所( KAMATA TROMBONE LABORATORY )
となった訳です。
そのお客様ですが、かまトロ所長の河辺さんです。
いつも本当に色々助けて頂いてます、かまトロがあるのは河辺さんのお蔭ですね!

という事で、次回のかまトロは10月16日です。
いつでも、誰でも参加OKです。
みんなで楽しくトロンボーンを吹くのがコンセプト!!

てな訳で興味のある方はいつでもご連絡くださいませ。



湯村


shires at 00:52│湯村の紹介 

2016年09月19日

Bob Reevesイベント終了!

TB担当の宮川でございます。

昨日店頭にて、「Bob Reeves社マウスピース説明・新作発表会」と、大田文化の森にて「Bob Reeves社☓かまトロ」が無事終了いたしました。

新作のマウスピースのラインナップや詳細等を技術者のジョン・スネル氏に説明して頂き、実際に新作のマウスピースを使ってのデモ演奏を、アドバイザーの佐々木さん、フリーの和田充弘さん、トロンボーンマウスピース開発者のノア・グラッドストン氏に披露して頂きました。
その後はボブ・リーブス氏、ブレット・ケンダル氏からもマウスピースについて説明頂き、イベントは無事終了しました。
Bob1Bob2Bob3Bob4

イベント終了後は場所変えて、新作マウスピースの試奏とアンサンブル会が行われました。
BOBトロ

今回も大勢のお越し誠にありがとうございます。お客様方に御礼を申し上げるとともに、佐々木一成さん、和田充弘さん、ノア・グラッドストン氏、BoB Reeves社の皆様に感謝申し上げます。
お越しになれなかった方々は次回ご都合が宜しければ是非お越し下さいませ。ありがとうございました。

shires at 19:38

2016年09月17日

BOB REEVES氏が来日!

こんばんは。
総務経理担当 河辺です。

本日、米国 Bob Reeves社より
業界のレジェンド ボブ・リーブス氏と
トロンボーンマウスピース開発者のノア・グラッドストン氏が来日されました。

先行して来日し、バルブアライメントを担当されていた
ジョン・スネル氏、ブレット・ケンダル氏も含めたBob Reeves社の皆様と
当社スタッフ、全員集合です♪
IMG_2612


明日は、15:00より店頭にて
Bob Reeves社の新作マウスピース発表イベントがございます。

そしてその後18:00より、「かまトロ」も開催されます。

明日の予定が空いちゃった!という方、今からでも間に合いますよ〜!
事前にトロンボーン担当までご連絡くださいませ。
お待ちしております♪


shires at 19:11

2016年09月16日

入荷情報!

TB担当の宮川です。

もう秋だというのに台風が近づいており天気も曇り空や雨で気分も下がってしまいますね・・・。
そんなときにはジョイブラスのブログを見て気分を上げていきましょう!

本日、バストロンボーン『Antoine Courtois AC502B』が入荷致しました!

この楽器はインラインでロータリーバルブを搭載しておりますので、程良い抵抗感を得られます。その為、息を必要以上に入れることがなく、効率の良い演奏が出来るのが特徴的です。
楽器を持った感じとしては他のバストロンボーンに比べて重量感がありました。レバーの形はフィット感があり、個人的に好きです(笑)。
実際に吹いてみましたが、まず先程の重量感を感じさせない吹きやすさとイエローブラスの特徴的な音の華やかさが感じられました。また全音域にわたって吹きやすく、レバーを押した時のロータリーのギャップもあまり感じさせない吹奏感で吹きやすいという印象でした。
あとはベルのテーパーがいい顔をしていますよね。・・・あれ、私だけでしょうか?
DSC_2178DSC_2176

只今店頭にていつでも試奏可能ですので、皆様是非吹いてみて下さい。
オンラインショップはコチラからどうぞ。

Bb/F/Gb/D 9-1/2インチ(242mm) イエローブラスベル 14.28mm(.562インチ)ボア インライン・ダブル・ロータリー ラッカー仕上げ 
定価¥648,000 ⇒ 販売価格¥518,400(税込)
クル


皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

shires at 22:07

2016年09月15日

あの人気シリーズ、復活!

こんにちは。河辺(こうべ)です。

このところ帰り道がずいぶん涼しくなってきたな〜と思ったら
今夜は「中秋の名月」だそうです。秋ですね。

長年このブログを読んで下さっている皆様の中には
ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが
このブログには、いまだお客様の話題にものぼる人気コーナーがありました。

楽器ケースを背負って、大きさや雰囲気をお伝えするあのコーナー。
「背負ってみたシリーズ」です。
(気になった方は、過去記事の「カテゴリー」から「背負ってみたシリーズ」を覗いてみてください)

これを、バージョンアップして復活してみようと思います!!


このコーナーの登場人物は、こちら。

身長差
左から
河辺(身長約160cm) 三宅(身長約170cm) 宮川(身長約180cm)


…お気づきになりましたか?
この春からスタッフになった私たち、偶然にも身長差が約10cm間隔なんです。

同じケースでも、小柄な人が持つと大きく見えるのに
大柄な人が持つと小さく見える・・・ということ、ありますよね!

ぜひ、ご自身の身長に近いスタッフがケースを背負っている様子を見て
サイズ感の参考になさってください。

※本当は150cmぐらいのスタッフもいるとよりサイズ感がわかりやすいと思うのですが
 あいにく約160cmの河辺が、現在最も背の低いスタッフです。。
※女性陣は靴(ヒール)の都合で身長が多少変動します。



あっ!忘れてはならない登場人物がもう1人いました。
はかりさん
重量計さん(30kgまで対応)

楽器ケースを使用する中で、サイズ感とともに「重さ」も結構気になりますよね。
中身の楽器もそれなりに重たいですから…。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こんな感じで、背負った・量った様子を皆様にお届けしてみたいと思います。

「このケースを背負ってみてほしい」というリクエストは、ぜひお近くのスタッフまでどうぞ!

在庫状況次第にはなりますが、なるべくお答えしたいと思います。
どうぞお楽しみに。

shires at 22:29│背負ってみたシリーズ 

2016年09月14日

バルブアライメント受付中!

こんにちは
トランペット担当三宅です!

マウスピースメーカー”Bob Reeves”からバルブアライメント作業の為、ジョンさんブレッドさんが来日しております!
914blog
ジョンさんと本日出社のスタッフです♪

ボブ・リーブスの「バルブアライメント」とは、楽器内部を独自の方法で計測し、ピストンの穴の位置とバルブケーシングの穴の位置を正確に合わせることです。

目で見て判断するのではなく、社外秘の計測方法に秘密があるといい、その計測方法の確立にボブ・リーブスは1年間を費やしたといいます。バルブアライメントにより穴の位置が正確になると、息はスムーズに流れ、サウンドや吹奏感は均等になり、アーティキュレーションやスロットが向上し吹きやすくなるだけでなく、イントネーションも改善されます。また、楽器を常にベストな状態に保つことができることから、マウスピースを的確に選ぶことができるようになると考えられています。


今年も沢山の方からアライメント希望の楽器をお預かりしております。
そして!!
現在でもアライメント受付中でございます。
まだ間に合いますよ!
20日までの滞在の為、今後の予約の状況やご希望の日にちによっては承ることが出来ない場合もございますがご興味のある方は是非一度お問合せ下さい。
可能な限りご対応させていただきたいと思います。
お早めにトランペット担当までお電話(03-5480-2468)あるいはメール(tp@joybrass.co.jp)にてお申し付け下さい。
お待ちしております!

shires at 18:26│Trumpet 

2016年09月13日

CD再入荷情報!

TB担当の宮川でございます。

待望の再入荷CDです。
「WORLD TROMBONE QUARTET ”JUST FOR FUN"」

【曲目】
1.IN DEN ANGENEHMEN BUSCHEN (G.F.Handel / arr.Steven Verhelst)
2.CHORALES & INTERLUDIA FOR TROMBONE QUARTET (Daniel Schnyder)
3.REQUIEM OP.66 FOR 3 CELLO'S & PIANO (David Popper / Arr.New Trombone Collective - J.Alessi, M.Becquet, Jorgen van Rijen)
4.FROM KINDERSZENEN : HISTOIRE CURIEUSE (Robert Schumann / arr.Andre Lafosse)
5.FROM KINDERSZENEN : BONHEUR PARFAIT
6.FROM KINDERSZENEN : EVENEMENT IMPORTANT
7.FROM KINDERSZENEN : REVERIE
8.FROM KINDERSZENEN : L'ENFANT A PEUR
9.CLAIR DE LUNE (Claude Debussy / arr.Robert Elkjer, J.Alessi, M.Becquet)
10.CRUCIFIXUS (Antonio Lotti / arr.Elwood Williams)
11〜13. TROMBONE QUARTET NR.1 (Steven Verhelst)
14.CONVERSATIONS (Charles Small/ arr.J.v.Rijen, S.Schulz)
15.LOW END HIFI, SUITE FOR TROMBONE QUARTET (MARTIN FONDSE)

販売価格 ¥3,240(税込)

20160602_otro003

今回は数量が少ないのでお早めに!ちなみに、店頭でも流れていますよ♪
オンラインショップはコチラからどうぞ


shires at 21:43

2016年09月11日

イチオシJOYBRASS!

TB担当の宮川でございます。

本日は雨が降ったお陰なのか気温が下がり、季節の変わり目、秋の始まりを感じました。
そんな本日は、オススメのDVDをご紹介いたします。

『ヨーロピアン・ブラスバンド・チャンピオンシップ 2012』
1257552_detailImage2
毎年、ヨーロッパ全土にわたり開催されているこのチャンピオンシップ。ご存知の方も多いかと思いますが、全英一、世界一と言われているブラスバンド”ブラック・ダイク・バンド”が2012年に久しぶりの優勝を果たしました。
チャンピオンシップでは課題曲と自由曲をそれぞれ100点満点で点数を付け、課題曲の1位、自由曲の1位、そして総合優勝を決めます。今大会では高得点が続出しハイレベルの大会となりましたが、ブラック・ダイク・バンドが課題曲で1位を獲得、オランダのスホーンホーフェン・バンドが自由曲で1位を獲得、そして総合優勝は2位と4点差をつけ、見事ブラック・ダイク・バンドが獲得しました。
また、ブラック・ダイク・バンドのトロンボーンセクション全員がM.Rathトロンボーンを使用しており、M.Rathの魅力が沢山詰まっている演奏を聞くことが出来ます。
2012年の会場がオランダということもあり、"ロイヤルコンセルトヘボウ管弦楽団"のブラスセクションによる特別演奏も行われました。
どのバンドも感動と驚きの連続で、満足感溢れるDVDとなっております。

来る11月6日(火)には、なんと26年ぶりにブラック・ダイク・バンドが来日致します!コンサートをより楽しんで頂く為に、また行けない方やまだ知らなかった方も是非、『ヨーロピアン・ブラスバンド・チャンピオンシップ 2012』をご覧になってみてはいかがでしょうか。


店頭では、ジョイブラスに入って左奥のCD・DVD棚に並んでおります。
オンラインショップはこちらからどうぞ。
※このDVDはPALシステムの為一部見られない機器がございますので、パソコンにてご覧頂くことをお薦め致します。


皆様のご来店を心よりお待ちしております。

2016年09月10日

Rath マグカップ♪

こんにちは。河辺(こうべ)です。
トロンボーンでおなじみ、Michel Rath社からちょっと変わり種商品が入荷いたしました。

それがこちら。マグカップです。↓
BlogPaintBlogPaint



イギリス国旗のようなネイビーブルー地に
楽器の色を思わせるサテンシルバーでプリントされていてなかなかカッコイイ!
Rathトロンボーンユーザーの方にも、そうでない方にもおすすめの一品です。

サイズも大きめで、ホットドリンクを入れるのにも最適。
秋の夜長のお供にいかがでしょう?

Michael Rath(マイケルラス) マグカップ 定価(税込)1,728円
サイズ:直径約80mm×高さ92mm  材質:陶器

オンラインショップでもお求めいただけます。
Michael Rath(マイケルラス)マグカップ

shires at 19:47

バルブアライメント「下取り」キャンペーン

alignmすでに多くのご予約をいただいておりますボブ・リーブスによる「バルブアライメント」ですが、この機会に少しでも多くのお客様に「体感」いただけるように、ジョイブラスでは「下取り」キャンペーンを行います。

下取りキャンペーン!

ボブ・リーブスによる「バルブアライメント」をご依頼の場合、お持ちのマウスピースを計5,000円まで下取りします

※ 下取りのマウスピースにつきましては、メーカーやコンディションによりお断りする場合もございます

ボブ・リーブスの「バルブアライメント」とは、楽器内部を独自の方法で計測し、ピストンの穴の位置とバルブケーシングの穴の位置を正確に合わせることです。

目で見て判断するのではなく、社外秘の計測方法に秘密があるといい、その計測方法の確立にボブ・リーブスは1年間を費やしたといいます。バルブアライメントにより穴の位置が正確になると、息はスムーズに流れ、サウンドや吹奏感は均等になり、アーティキュレーションやスロットが向上し吹きやすくなるだけでなく、イントネーションも改善されます。また、楽器を常にベストな状態に保つことができることから、マウスピースを的確に選ぶことができるようになると考えられています。

バルブアライメントは事前予約制にて承っておりますが、本年は多くのお客様のご要望にお応えできるよう、より作業に専念できるようにスケジュールを組んでおり、現時点では若干の余裕がございます。規定数に達し次第、ご予約は終了とさせていただきます。お早めにトランペット担当までお電話(03-5480-2468)あるいはメール(tp@joybrass.co.jp)にてお申し付け下さい。どうぞよろしくお願いいたします。


管楽器界のレジェンド、ボブ・リーブス氏、来日。詳しくはこちら。関連記事のリストも明記しております。

shires at 08:56│Trumpet 

2016年09月09日

TB担当 宮川の日々勉強〜その5〜

TB担当の宮川でございます。

先程見つけたのですが、昨日の凹み修正した外管と同じ場所に内管も凹みがありました。やはり凹んでいるのを見ると、気持ちも凹みますね。後日直します・・・。

今日はスライドのピッチ調整についてご紹介します。
ピッチ調整とは写真のように、スライドの外管と内管が合っていない状況です。このままではスライド内で摩擦力が大きくなる為、通常より擦れている音が大きくなったり、いくらオイルを注入してもスライドワークがすぐに鈍くなってしまいます。
DSC_2154

では実際にピッチ修正作業をしていきます。
先ほどのようにチェックをし、スライドの幅が狭まっているなら外側へ、広がっているなら内側へ写真内の赤い〇を中心にして力をかけます。この力加減はとても難しいので慎重に作業を行います。
※お客様は絶対に作業を行わないで下さい。
DSC_2158

金属だから固いだろう等と言って思い切り力をかけてしまっては簡単に折れてしまいますし、金属の性質上で力を加えても多少戻ってしまいます。またメーカーや、モデル、楽器の経年数などによっても力のかける具合はかなり変わってきます。大事な事なのでもう一度、※お客様は絶対に作業を行わないで下さい。
チェックをしまして、外管のピッチと内管のピッチが合いましたのでこれで作業完了です。昨日の外管凹み修正もあるので、スライドワークはかなり良くなりました!
今回は手での作業となりましたが、専用の工具を使って作業を行う場合もあります。
小さな問題でもすぐに解決することが、楽器にとって良いコンディションを保つということに繋がると私は思います。

ジョイブラスではトランペットトロンボーン以外でも金管楽器の洗浄、修理等を承っております。
なにか困ったことがありましたら是非ジョイブラスへお問い合わせ下さいませ。


皆様のご来店を心よりお待ちしております。

shires at 23:34│宮川の日々勉強 

湯村の紹介 Vol.13 TAKE OFF SLIDE JAPAN!!!

どうもこんばんは、湯村です。
今日の湯村の紹介はCDの紹介です。
そのCDの名は【TAKE OFF】!!

2108179_detailImage1

スライドジャパンの1st CD テイクオフです。日本から世界へをテーマに2014年に結成された国内外のプレーヤー8人のアンサンブルが待望の1stアルバムをリリース‼

1、キングスウィル序曲/フェルヘルスト
2、市民のためのファンファーレ/コープランド
3、4本のトロンボーンの為のソナタ/シュペール
4、トロンボーン四重奏曲第1番/アポン
5、低音金管楽器の為のブルックナーエチュード/クレスポ
6、オステオブラスト/ブルジョワ
7、エニグマ変奏曲より「ニムロッド」/エルガー:フェルヘルスト編
8、バストロンボーンとトロンボーンクワイヤーのための小協奏曲/イウェイゼン
9、組曲 パイレーツ・オブ・カリビアン/バデルト:フェルヘルスト編
10、ロッタに捧ぐ歌/サンドストレム:フェルヘルスト編


湯村も買いましたよ〜。
本当に本当にお薦めなCDです。
オンラインショップからもお買い求めいただけますので、是非この機会のオンラインショップもご利用下さいませ!!
オンラインショップはこちらからどうぞ


ちなみに今日は、SLIDE JAPANの発起人でSLIDE JAPANのメンバーの品川隆さんにお店にお越し頂きましたので、店頭で記念撮影!!

これ

皆さま是非SLIDE JAPANの1st アルバム 【TAKE OFF】をこの機会にどうぞ〜。



湯村



shires at 20:36│湯村の紹介 

2016年09月08日

TB担当 宮川の日々勉強〜その4〜

TB担当の宮川です。

最近風が涼しくなって、ようやく過ごしやすい季節になったと思いきや、
消滅した台風の影響で雨が降って湿度が上がり、じめじめとした1日でした。

さて前回で予告をしましたが、今回は凹出し修正をご紹介いたします。
凹出しをする際には様々な方法がありますが、今回はハンマーを使って凹出し作業を行います。

まず、スライドの外管に入る径の芯金(土台となる金属)を用意し、万力に挟み固定します。
どーーーーーーーーーーーーーーーーーーん。
DSC_2144

凹んでいる方の管を通し、場所を確認。横に影が線で走っているところが凹んでいる場所です。
DSC_2146DSC_2146

いざ、叩きます!!!力加減を間違えないよう集中。
DSC_2148

カンカンカンカン・・・と、ほら綺麗になりました!!
小さな凹みでしたので、目立たなくなりました。金属の性質上、管が凹む=金属が伸びるということになりますので小さな凹みでも修正した跡は多少なりとも残ってしまいます。これは仕方のないことですが、凹みはしっかりと出しています。ご安心下さい。
DSC_2149DSC_2151

凹みの出し方は、金属の質が楽器の材質やメーカーによって異りますし、凹みの度合いにあわせて様々な道具・方法があります。今回のように芯金を用いたり、写真のようなローラーを使って均したり、U字は専用の球を入れて叩いたりなどなど。専用の工具ですのでくれぐれも市販のハンマーを使わないように・・・、まずは楽器に凹みを作らないように充分注意して下さいね。
DSC_2152


ジョイブラスではトランペットトロンボーン以外でも金管楽器の洗浄、修理等を承っております。
なにか困ったことがありましたら是非ジョイブラスへお問い合わせ下さいませ。


皆様のご来店を心よりお待ちしております。

shires at 22:05│宮川の日々勉強 

山野楽器ウインドクルー「Charles Davis トランペット & Bob Reeves マウスピース展示・即売会」

20160911-01今週末 9/10()〜11()は 山野楽器ウインドクルーさんにて、ボブ・リーブスの来日を記念しまして「Charles Davis トランペット & Bob Reeves マウスピース展示・即売会」を開催させていただくことになりました。

ボブ・リーブスの来日は毎年恒例となりつつありますが、2012年に来日された際にも山野楽器ウインドクルーさんにてイベントを企画させていただいたことがありました。今回は「Charles Davis」トランペットと、こちらもお馴染みとなりつつあります大量の「Bob Reeves」展示用マウスピース」を展示・即売させていただきます。また、「Van Laar」の展示・即売会も併催させていただき、久々に新入荷しましたトランペット・フリューゲルホルンを東京で最初にご覧いただくことのできる機会となります。

Charles Davis トランペットは計8本の展示を予定しており、従来の"West Coast"モデル各種「1S/2」「1S/7」「1S/9」のほか、"Signature"の「37」/25」そして、最新作となる「37(スチールワイヤー)/25」「37/6」を用意させていただきます。とりわけ、チャーリー・デイビス本人がメインで使用している「37/6」(37ベルに6リードパイプを組み合わせた仕様)が店頭に並ぶのは初の機会となります。年間生産数が約40本と大変少なく、流通することが稀なチャーリー・デイビスが、これだけの本数揃うの初めてです。

展示予定
West Coast
1S/2 ラッカー、1S/2 SP、1S/7 ラッカー、1S/7 SP、1S/9 SP

Signature

37/25 SP、37(スチールワイヤー)/25 SP、37/6 SP

そして、ボブ・リーブス社の全面協力により、「Van Laar トランペット&フリューゲルホルン展示・即売会」も併催させていただきます。国内初となるRシリーズが「R1」「R2」「R3」と3種揃うほか、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団首席奏者のラディスラフ・コズデルカ愛用の「B4」(ラッカー仕上げ)やベルリン放送交響楽団首席奏者のラース・ランチが使用するC管「C4」(SP仕上げ)、国内のスタジオ奏者から圧倒的な支持を集めている「B1」/「BR1」フリューゲルホルンなど多数の楽器の展示を予定しております。ボブ・リーブス社に協賛をいただいた経緯から、すべてボブ・リーブスによるバルブアライメントが施されております。

弊社吉野も2日間は 山野楽器ウインドクルーさんの会場(3階クリニックスタジオ)にてお手伝いをさせていただきます。ジョイブラスはもちろんのこと、山野楽器ウインドクルーさんへ是非お立ち寄りください。皆様のご来店を心よりお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。

9/10()〜11()
Charles Davis トランペット & Bob Reeves マウスピース展示・即売会
(Van Laar トランペット&フリューゲルホルン展示・即売会)

山野楽器ウインドクルー (3階クリニックスタジオ)にて開催

TEL : 03-3366-1106(代)
両日ともに11:00〜19:00 (営業時間は10:30-19:30となります)


管楽器界のレジェンド、ボブ・リーブス氏、来日。詳しくはこちら。関連記事のリストも明記しております。

shires at 00:41│Trumpet 

2016年09月07日

新品中古トランペットオンラインショップ更新!

こんにちは
トランペット担当三宅です。

弊社オンラインショップに
新品トランペットV.Bach Vincent37銀メッキ仕上げ
vincent3
中古トランペットV.Bach Stradivarius37/25MLラッカー仕上げ
3725ML1
掲載致しました!
新品Vincent37はバックのサウンドは意識しつつコストパフォーマンスにも優れているので学生や入門者にもおすすめのモデルです。
中古Stradivarius37/25は細かいラッカー剥がれはあるものの全体的な印象はとても綺麗です。ピストン、抜き差し管の状態もいいですよ!
今後も新品中古トランペットを随時オンラインショップに掲載してまいりますのでお楽しみに♪

いよいよ今週末ボブリーブスが来日します!
私自身、入社して初のボブリーブスイベントなのでとても楽しみです。
bob reeves
そして現在弊社ではバルブアライメント予約受付中でございます。
ご希望の方はトランペット担当までお電話(03-5480-2468)あるいはメール(tp@joybrass.co.jp)にてお申し付け下さい。
規定数に達し次第、ご予約は終了とさせていただきますのでどうぞお早めに!

ご連絡お待ちしております♪

shires at 18:55│Trumpet 

湯村の紹介 Vol.12 オクラミュート

どうもこんにちは、湯村です。
紹介シリーズ、少し間が空きましたがここからは耳よりトロンボーン情報を連日お送り致します。
どうぞご期待下さいませ。

とい事で今日ご案内しますのはこちら!
2104198_detailImage1
話題のトロンボーン用プラクティスミュート、
その名も【オクラミュート】です。
ジョイブラス販売価格 ¥3,888(税込)

早速オンラインショップ上でも掲載してますので、ご希望の方はこちらからもどうぞお求め下さいませ。
オンラインショップはこちらからどうぞ
初回ロットは数量限定です!
お早めにどうぞ〜。

オクラミュートにはこんな特徴が!
●不都合な振動を抑え鳴りムラをカット
●本体は開閉でき内部を清潔キープ
●空気孔のサイズを2種類から選択でき、抵抗力の違いを利用したペダルから高音域までの広い範囲で正確なピッチの練習が可能に。

2016年/9月 テナーバストロンボーン用から発売致しました。
バストロンボーン用は今後発売予定です!

〜発案者の奥田さんからのコメントです〜
消音性能や吹奏感の良さを求めがちなプラクティスミュート。
しかし最も重要なことは聴こえる音色の心地好さです。
2013年、奏法を崩す心配のない、上達の助けになる可能性のあるハンドメイドプラクティスミュート《okura+mute》が誕生しました。
瞬く間に世界中のプレーヤーの手に渡り、現在も世界中からの問い合わせは絶えません。もっとたくさんのプレーヤーに体感して頂きたいという想いから、新しいokura+muteが完成しました。
しっかり消音され、いつまでも吹いていたいと感じさせる心地好さがokura+muteにはあります。

プラクティスミュートも色々なメーカーの色々な物がありますが、
是非このオクラミュートも一度お試し下さいませ!



湯村






shires at 17:23│湯村の紹介 

バルブアライメント予約受付中

992bb375ボブ・リーブスたちがいよいよ今週末より来日を果たしますが、これまでと同様に事前予約制にてバルブアライメントを承っております。

ボブ・リーブスの「バルブアライメント」とは、楽器内部を独自の方法で計測し、ピストンの穴の位置とバルブケーシングの穴の位置を正確に合わせることです。

目で見て判断するのではなく、社外秘の計測方法に秘密があるといい、その計測方法の確立にボブ・リーブスは1年間を費やしたといいます。他のメーカーや技術者が行っている“フェルト調整”とは一線を画した技術として世界的に評価されており、アメリカで最も主要なトランペット・メーカーも、新作を発表する際にボブ・リーブスによるバルブアライメントを標準仕様にしたことさえあるほどです。

バルブアライメントにより穴の位置が正確になると、息はスムーズに流れ、サウンドや吹奏感は均等になり、アーティキュレーションやスロットが向上し吹きやすくなるだけでなく、イントネーションも改善されます。また、楽器を常にベストな状態に保つことができることから、マウスピースを的確に選ぶことができるようになる(そのための方法論でもあります)と考えられています。

ボブ・リーブスの後継者としてバルブ・アライメントについては免許皆伝を許されているジョン・スネルによると「ボブさんは1972年からこれまで2万本の楽器にバルブ・アライメントを施してきたものの、バルブ・アライメントの必要のない楽器は4〜5本程度しかなかった」といいます。

本年も事前予約制にてバルブアライメントを承っておりますが、規定数に達し次第、ご予約は終了とさせていただきます。お早めにトランペット担当までお電話(03-5480-2468)あるいはメール(tp@joybrass.co.jp)にてお申し付け下さい。どうぞよろしくお願いいたします。


管楽器界のレジェンド、ボブ・リーブス氏、来日。詳しくはこちら。関連記事のリストも明記しております。

shires at 00:50│Trumpet 

2016年09月05日

寺本昌弘さんリサイタル東京公演終了!

14117887_1056896754425472_2599647849727695740_n

アノマリーからエキセントリックへ。
いずれも寺本昌弘さんのトロンボーンリサイタルのタイトルである。
昨年開催されたアノマリーは、まさにその名の如く超常現象と言える衝撃的なコンサートだった事を鮮明に覚えている。
そして今回のエキセントリック、英語表記にすると、Eccentricであるが、これはEX(外へ)とCenter(中心)の英語が組み合わさった言葉で、中心からずれている事を意味しており、「風変りな」と訳される。
タイトルからして一風変わったコンサートなのだが実際に聴くと、様々な角度からあっという間にトロンボーンの魅力に一気に引き寄せられるものだった。

開場と同時に全ての席が観客で埋まっていき、熱気に満ちた聴衆が寺本さんの登場を今か今かと待ちわびる。
会場にいよいよ寺本さんが現れると、直ぐにオープニングの楽曲が奏でられていく。
華やかなアルトトロンボーンの音色に会場が包まれ、いよいよエキセントリックが始まっていくのである。
一部はトロンボーンの楽曲を軸に構成されており、
オープニングに続き、トロンボーン吹きならご存じの方も多いと思うロパルツの変ホ短調の小品へと続いていく。
重々しいピアノの序奏に続きテナートロンボーンの深みのある音色が重なり、
後半部のテンポが上がっていく中でのより技巧的になっていくパッセージが続き、3連符からハイEsまでが美しく奏でられていく。
続いて、シューマンの三つのロマンスが演奏される。
オーボエのメロディをトロンボーンに置き換えて演奏されたこの三つのロマンスは、先ほどまでと景色がガラリと変わり、甘美な旋律、響きの深み、官能的で感傷的な響きが奏でられ、
この作品の魅力に一気に引き込まれていく。
休憩を挟み後半の第二部はアルトトロンボーンの独奏に始まり、その後1曲を挟み、
サンサーンスの動物の謝肉祭へと続く。
謝肉祭は、トロンボーンのサウンドの幅、表現の幅、色々なバリエーションをもって奏でられていく。

最後の曲が終わると、聴衆の拍手に応えてアンコールへ続く。
極めて技巧的な楽曲が演奏され、鳴りやまぬ拍手に応え更にもう1曲アンコールが続く。

今度は先ほどと変わり、ゆったりとしたテンポの美しい音色が聴衆を包みこむ。
最後の1音が鳴りやんだ後の余韻までしっかりと受け止め、会場からは惜しみない拍手が注がれた。

さて寺本昌弘さんはシステムエンジニアの顔を持つ兼業音楽家でもあり、そのバックグラウンドも含めてエキセントリックな存在である。
勿論今回のコンサートそのものもエキセントリックだったに違いなく、
トロンボーンの持つ魅力を真正面から存分に感受するまたとないコンサートでもあった。
このような演奏会にこれて、また寺本さんの愛用される楽器に携われて本当に嬉しく思う。

千秋楽の熊本公演、是非皆さまにもエキセントリックをご体感頂きたい。



湯村

shires at 01:49│Trombone 

2016年09月04日

TB担当 宮川の日々勉強〜その3〜

TB担当の宮川でございます。

皆様の周りでこのような状態に変色している楽器を見たことはありますか?
DSC_2130
多くの管楽器にはラッカーやメッキといった表面処理が施されており、外観や地金の金属の酸化を防ぐ役割等を持っています。
下の写真はそのラッカーが剥がれ落ちて、「真鍮」と言われる地金がむき出しになり、酸化反応している状態です。このまま錆となって穴が開いたり、なんていうのも困るので、磨いてしまいましょう!!

まずは酸の海に沈めて、残っているラッカーや、錆を落として行きます。引き上げたら、こんなに変わるんですよ。
DSC_2134

酸を流し、剥き出しの部分ピカピカにしていくと、
DSC_2137

ご覧下さい!綺麗になりました!・・・って、うわーーーーーーーー!!!!
DSC_2140

スライドの真ん中に凹みが!!!!綺麗にするとわかることもあるんですね・・・。
次回 『凹んだ外管』

表面処理は幾ら酸化を防ぐ役割を持っていても空気中や人の汗などに含まれる酸の成分によって反応してしまい、プツプツとなったり、爪で擦っただけでポロポロと取れて剥げてきてしまいます。特に普段持つところは反応しやすく、メッキや楽器、個体によっても差があります。
これは楽器を使っている以上は仕方のないことですが、普段のお手入れをしっかりすることで酸との反応を少しでも遅らせることができます。
演奏後や、しばらく開けていない楽器をお手入れすることで楽器も喜んでくれますよ!

ジョイブラスではトランペットトロンボーンでも金管楽器の洗浄、修理等を承っております。
なにか困ったことがありましたら是非ジョイブラスへお問い合わせ下さいませ。


皆様のご来店を心よりお待ちしております。



shires at 23:59│宮川の日々勉強 

2016年09月03日

湯村の紹介 Vol.11 ゾロ

はい、どうもこんばんは。
湯村です。
出社日は必ず更新する、をテーマにとか言いながら、少し出張後の肉体的な疲労か更新を少しサボってました。
ごめんなさい。
これからは出社日更新ルールを順守していこう、と思いました。

さて今日は記念すべきVo.11
湯村の好きなゾロ目です。
ゾロ目にちなんで、今日はゾロのトランペットについて語りましょう。
gl_4
QueenBrass ZORRO(ゾロ) Bb トランペット Custom BUILT Model

標準仕様:Bb、MLボア、125mm(約5インチ)イエローブラス・ベル。チューニング管(ラウンドとスクエアーの各1つを標準装備)。第三スライド・アマド・ウォーターキー、マウスピース、シングル・セミハードケース付き。


たまにはスピンオフ的な感じで、湯村がトランペットの記事でも良いじゃない。
ゾロのトランペット、個人的にはオープンな吹き心地で音色も明るいから、トロンボーン奏者の方が1本目に買うのにも断然お薦めしますよ。

まずはゾロを作っているメーカーですが、これはクイーンブラスです。
クイーンブラスは眞田貿易と台湾のホクソン社によるコラボブランドです。
ホクソン社は自社で全てのパーツを製作する気鋭のメーカーでして、ゾロのトランペットもそうですが、
この価格帯でこのクオリティ!という驚きを感じたのがファーストインプレッションですね。

クイーンブラス社の楽器は私は過去に3本買ったんですが、ゾロのMLラッカーと、C-LINEと、ガルネリウスかな。
どれもとても良かったですよ。
更にシアズで買ったトランペットは楽器は上記に加えて、シルキーS32-GP、ホルトンST-307だったかな。。

いやあ、まぁなんかこうトランペットについての話題を書くってのもしびれますね。
だから、今日は敢えてこの辺でおしまい。

とにかく!!
皆さんに一度是非吹いてみてほしいんですね、クイーンブラスの楽器達を。
トランペット吹きの方も、トロンボーンの方も是非一度ジョイブラスへお越しくださいませ。

なんかTPもTBも入り混じって、面白い演奏企画できないかな、
と物思いに耽る湯村なのでした。

ではまた明日!
明日は、少しこってりな内容でRathのトロンボーンの話に触れてみます。



湯村


shires at 20:28│湯村の紹介 

日本へ、そしてJOY BRASSへいらっしゃいませ!

こんにちは。河辺(こうべ)です。

突然ですが、JOY BRASSは免税店です。

ふだん日本に暮らす私たちは、意識することが少ないですが
海外から日本にいらした方々が税抜価格でお買い物できるお店ですよ〜!という、アレです。

その影響なのか、はたまたJOY BRASSがグローバルなお店なのか!?
私が入社してからの3か月間だけでも
月に1〜2組ほどは海外からのお客様が店頭にいらっしゃいましたし
オンラインショップやHPからも度々お問い合わせを頂きます。
過去には、楽器を買うためだけに来日・来店された方もいらっしゃるとか!!

免税店については、国や東京都なども2020年のオリンピックに向けて
海外からのお客様への「おもてなし」として利用環境を向上させる取組をしているそうです。

その一環で、9/1よりJOY BRASSの店頭では
海外からお客様がいらした際のやりとりを
通訳サポートしてもらえる免税店向けサービス
「多言語対応コールセンター」が利用できるようになりました。

そして、サービス対応店舗ですよ!という証に
先日からレジ脇にこんなポスターが出現しました。

taxfree


当面は、日本への来訪者数の多い順に
英語・中国語・韓国語 に対応可能とのこと。

私を含め日本語で対応できないとなると「ど、どうしよう…(焦)」
と固まってしまうスタッフも多いので、これは本当に心強いです。

でもよく考えてみると、、、
 ・眞田社長:英語・中国語
 ・吉野さん:英語
 ・佐々木さん:フランス語
と、このスタッフ数にしては意外に多くの言語で対応できるお店だったんだなぁと
今更ながら気づかされました。


そんな訳で、海外のお客様も
来日の際はぜひぜひJOY BRASSへお越しくださいませ☆

shires at 13:34

2016年09月02日

TB担当 宮川の日々勉強〜その2〜

TB担当の宮川でございます。

ご存知ない方が多いかと思いますが、私は某リペア学校を卒業してこの会社に入社しました。
本日は学生時代に作成したリペア工具をご紹介いたしますね。この工具はトロンボーンを扱うジョイブラスには特に必要なモノなんですよ!

それがこちら!「リムーバー」です。
DSC_2100

学校や職場によって名前は様々ですが、用途はスライド内管の中にあるフェルトやコルク等を除去し、新しいものと交換する為の工具です。
左が太管用で右が細管用とパイプの径が異なります。このツメを使って中の軟物を取り除いていきます。
DSC_2105DSC_2108

このような感じで・・・
DSC_2110DSC_2113

あとは軟物に引っ掛けて回しながら引くと・・・うわーーーーーーー!!!!!
DSC_2114

このスライドは先日私が購入した楽器ですが、長年変えないとこのようにフェルトがカビた状態で出てきますし、ゴムやコルク等も劣化をしていきます。またスライドのロックリングも緩い状態でロックされますので事故に繋がる可能性も・・・。気を付けましょう。
この後、新しいフェルトを入れて作業が完了となります。
ちなみにですが、パイプの中は鏡面仕上げしてありますのでスライドに傷つくことはございません。
ほら、パイプの向こうには湯村さんが。
DSC_2109


ジョイブラスではトランペットトロンボーン以外でも金管楽器の洗浄、修理等を承っております。
なにか困ったことがありましたら是非ジョイブラスへお問い合わせ下さいませ。


皆様のご来店を心よりお待ちしております。


shires at 15:03│宮川の日々勉強