2017年07月23日

「日本別注モデル」について

shirescaジョイブラスではシャイアーズ・トランペットを積極的にご紹介しておりますが、2012年に製作された大変珍しい手彫り彫刻を施した「日本別注モデル」の中古品が入荷しました。本日のブログでは、シャイアーズ・トランペット「日本別注モデル」についてご紹介を致します。

シャイアーズ・トランペットは2009年に発売を開始してから、理想的な感触を得ることのできるコンビネーションを探ってきました。A〜C の3種のベル形状、そして複数のベルウェイトに対して、どのようなリードパイプやチューニング管(驚くほどの種類がシャイアーズには用意されています)、そしてヴァルブキャップの材質・ウェイトを組み合わせるかを研究していたわけですが、そのコンビネーションは数年前に一定の結論に至っており、例えば「Model A」であれば、「WH リードパイプ」に「W チューニング管」と「ニッケル材ライトウェイト・ボトムキャップ」という組み合わせを標準として設定するなど、現在はモデルに対してスペックは具体的に定められております。

さて、この「日本別注モデル」は、ドク・セヴァリンセンのアドバイスが色濃く反映されていた発売当初のシャイアーズ・トランペットの感触や狙いに着目したもので、日本主導で細かなスペックを具体的に指定したという経緯から名づけられております。このモデルには、「Custom A」「Custom AMW」「Custom CMW」の3種が用意されており、「Custom A」の発売時のブログ(こちら)でも言及しておりますが、いずれもヴィンテージ・バックの感触をサウンド・吹奏感ともに強く意識したことで、結果としてジャンルに限定されることのない汎用性の高い楽器に仕上がっております。

今回入荷を果たした「日本別注モデル」は「Custom A」です。お気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、先のブログにて紹介をさせていただいた個体そのものです。手彫り彫刻を施したシャイアーズ・トランペットは、国内には2本しかなく、そのうちの1本がこちらの「Custom A」でした。ヴィンテージ・バックの感触を意識した仕様に、ヴィンテージの銘器を髣髴させるとヴィジュアルは見事に融合しており、またとない1本となっております。

現在、ジョイブラスには「日本別注モデル」は2本ご用意があり、こちらの「Custom A」中古と「Custom CMW」新品がございます。どちらもジョイブラス店頭にて展示・販売をしております。

シャイアーズ・トランペットは大変安定してきており、私たちは規格化された各モデルに対して言うまでもなく肯定的に捉えておりますが、「日本別注モデル」もまた国内のニーズに応えることのできる存在であると考えております。是非ともシャイアーズ・トランペットにご注目ください。

トランペット担当 吉野

shires at 18:06│Trumpet 

C-Line選定品のご紹介♪

こんにちは、三宅です。

先日エリック・ミヤシロさんにご来店いただきました。

j7

お忙しい中お越しいただき、楽器の選定をしていただきました。

IMG_5780IMG_5779

(その際先日発売された”楽器スーパー上達術”に個人的にサインをしていただきました)
エリックさん、ありがとうございます!


ということで本日は
QueenBrassトランペット Zorro C-Line[エリック・ミヤシロ氏選定品]
をご紹介致します。

IMG_5781
QueenBrassは低価格にもかかわらず、高い品質が評価されているメーカー。
その中でもQueenBrass Zorroのトランペットは、「良く鳴る」楽器としてジョイブラスでも人気商品です。
今回ご紹介する”Zorro C-Line”は、スタンダードモデルの”Zorro"の完成度の高さを踏まえ、
より多くの奏者のニーズに応えるべく開発されたモデルです。

IMG_5784

”C-Line”にはライトウェイトベル、リバース式チューニングスライドが採用されており
ボトムキャップは1,2番にライトウェイト、3番にレギュラーウェイトのものがセッティングされています。
明るく響きのある音色で、反応も良く、様々な表現にも対応してくれます。
また、支柱あり・なしの2種類のラウンドクルークが付属されているので好みの吹奏感、音色で使い分けることが出来ます。
レギュラーウェイトのボトムキャップの位置を変えることでも違いを楽しむことが出来ますね。
たくさんのお客様にご愛用いただいている”C-Line"、私も学生の頃から現在まで大事な相棒として7年近く演奏を共にしてきました。

その"C-Line"をこの度エリックさんに選定いただきました!

選定品は本数に限りがございます。
エリックさんの選定品をお求めいただける貴重な機会ですので
ご興味のある方はお早めにお問合せ下さいませ。

また、現時点ではジョイブラスオンラインショップでもお求めいただけます。
(選定品につきましてはC-Line通常販売価格+選定料でのご案内となります)
オンラインショップはこちらから

QueenBrass Zorro C-Lineエリックミヤシロ氏選定品ラッカー仕上げ

QueenBrass Zorro C-Lineエリックミヤシロ氏選定品銀メッキ仕上げ

書籍「エリックミヤシロがガイドする 管楽器奏者のための楽器スーパー上達術」
こちらもオンラインショップからお求めいただけます。

エリック・ミヤシロがガイドする 管楽器奏者のための楽器スーパー上達術

shires at 18:01

2017年07月22日

中古C管トランペット情報♪

こんにちは、三宅です。

昨日のブログで現在開催中のC Trumpet Fair♪にて展示されているC管トランペットをご紹介させていただきました。
本日は10万円台でお求めいただける中古C管トランペットのご紹介です。



中古YAMAHA C管 YTR-9340(Lボア銀メッキ仕上げ)

IMG_5774

販売価格¥124,200(税込)

とても状態が良く、目立つ不良箇所がほとんどありません。
ピストン、抜差し管の動作も良好です。
こちらはオンラインショップでもお求めいただけます。
中古YAMAHA C管 YTR-9340






中古Filip Oakes C管(銀メッキ仕上げ)

IMG_5777

販売価格¥167,400(税込)

こちらも全体的にきれいな印象、Bob Reevesのアライメントも施されています。
ヘビーボトムキャップ1セットとスクエアクルーク(支柱あり)が付属します。
こちらもオンラインショップでお求めいただけます。
中古Filip Oakes C管


急にC管が必要になった!
C管も一本持っておきたい…
C管欲しいけど新品はまだちょっと…

そんな方にもおすすめできる2本です。


その他にもたくさんのC管が揃っておりますので是非この機会にご来店下さい!






shires at 12:55

2017年07月21日

C管トランペットフェア情報♪

こんにちは、三宅です。

本日のブログも現在開催中の

Jazz Trumpet Fair

         &

C Trumpet Fair♪

で展示されている楽器についてご紹介させていただきます。
昨日はジャズトランペットだったので本日は
C Trumpet Fair♪の情報をお知らせします。


まずはこちら
V.Bach C180SL229CC<シカゴモデル>&C180SL229PC<フィラデルフィアモデル>

IMG_5770
1955年にシカゴ交響楽団に納入され、アドルフ・ハーセス氏らによって数々の名演を生んだ”銘器”と呼ばれたトランペットを、
当時のオリジナルデザインに基づいて再現したのが<シカゴモデル>です。
<シカゴモデル>にはライトウェイトベルが採用されていますが、
ミディアムウェイトベルを採用したのが<フィラデルフィアモデル>です。
ライトウェイトベル、ミディアムウェイトベルそれぞれの音色や吹奏感の違いを是非確かめに来てください。




そして中古C管も…
V.Bach BobReeves改造<Spach>239/L金メッキ仕上げ

IMG_5772

Bach C管のBobReeves改造品で<Spach>という愛称で親しまれ、Bachの音色の魅力が最大限引き出されています。
バルブアライメントが施されているのでサウンドや吹奏感の均等性も感じられます。
なかなか珍しい楽器ですよね…是非ご覧いただきたいと思います。
こちらはジョイブラスオンラインショップでもお求めいただけます。
中古V.Bach BobReeves改造(Spach)239/L金メッキ仕上げ




IMG_5773
その他にもたくさんのC管が揃ってます。
是非ご来店下さいね!

shires at 10:35

2017年07月20日

ジャズトランペットフェア情報♪

こんにちは、三宅です。

現在開催中の

Jazz Trumpet Fair

         &

C Trumpet Fair♪

たくさんのお客様にご来店いただいております…ありがとうございます!


今日はJazz Trumpet Fairで展示中の楽器をご紹介します。



まずは…
先日も少しだけご紹介させていただいた
V.Bach Commercial

IMG_5729
今回のフェアを通して…「コマーシャル吹きにきました!」とご来店されるお客様が多いのです。
細やかな表現にも対応してくれる反応の良さ、明るい音色の中にも「V.Bach」の芯が感じられます。
このモデルはMLボア、Lボアが選べる上に今回のフェアではラッカー仕上げ、銀メッキ仕上げが揃ってます。
この機会に自分好みの仕様を選ぶことが出来ますね。是非試奏しにいらしてください♪



次は…
XO エックス・オー

IMG_5730
ジャズに限らずクラシックの奏者にも支持をされているXOトランペット。
フェアではSDシリーズのイエローブラスベル、ゴールドブラスベル(共にラッカー仕上げ)を展示しております。
程良い支えが心地いいSDシリーズ。
今回展示している2本は東京都交響楽団首席奏者、高橋敦さんの選定品です。
こちらも貴重な2本ですね♪


そして中古楽器も紹介しますよ〜
数日前に入荷したばかりのこちら!
中古S.E.Shires model B

IMG_5732

最近はジョイブラスでもなかなか並んでいなかったmodel B(私も入社以来初めて見ました!)
このmodel Bは改造が施されているのですがcustom Aのリードパイプ(ラッカー仕上げ)が組み合わされている珍しい仕様になっております。
そしてBobReevesのバルブアライメント済!
輝かしい音色がなんとも魅力的です…。
こちらはジョイブラスオンラインショップでもお求めいただけます。
中古S.E.Shires model B



IMG_5751

その他にも新品、中古の様々なトランペットが展示されております。
フェアは7月末までですのでこの機会に是非ご来店下さい。
お待ちしております!







shires at 10:36

2017年07月17日

Bremner sssssshhhhhh Mute (ブレンナー シューミュート)

こんにちは、飯田です。

もう気温がどんどん上がって、夏真っ盛りという感じですが梅雨はまだ明けていないらしいです。
流石に私もこの気温だとヒートテックを着ているのが厳しくなってきたので薄着になりました!
でも家ではまだヒートテックを着ています!

さて、そんなことは置いておきましょう!

本題です。

今日ご紹介しますのはBremner ssshhhmute(ブレンナー シューミュート)です。

sssssshhhhhhmute-yellow-1
















簡単にご紹介させていただきますと、名前の由来は製作者であるTrevor Bremner(トレヴァー・ブレンナー)氏から来ております。
Bremner(ブレンナー)氏本人はブリティッシュ・オープンのソロ・コンペティションにおいても入賞の経歴を持つコルネット奏者で、Bremner(ブレンナー)氏が率いるブリティッシュスタイル・ブラスバンドは、ニュージーランド、オーストラリアのコンペティションで数回優勝しております。

通常の練習用ミュートの音程と音色の悪さを改善し、どの音域においてもより正確な音程で練習できるように工夫が施されております。
ライトウェイトABS樹脂製でミュートは凹まず、重さは約45gと非常に軽くなっています。

このBremner ssshhhmuteはとても人気が高く著名な方々の推薦文を頂いております!
詳しくはこちらから!
※リンク先下部に推薦文が記載されています。

こちらの商品はオンラインショップからも購入が可能ですので、気になる方は是非お試しください!


トランペット・コルネット用
ピッコロトランペット用
フレンチホルン用
フリューゲルホルン・アルトトロンボーン用
テナートロンボーン・テナーバストロンボーン用
バストロンボーン用





shires at 18:48

2017年07月13日

C管フェア情報!

こんにちは、飯田です。

そろそろ梅雨もあけるそうです!
暑いことには変わりませんが、じめじめとした湿気から解放されますね。

こう暑いと休みの日に外出する気が起きないです!
もともとインドアなんで外には出ませんが…

そんなことは置いておきましょう!

さて本題です!

先週からJazz Trumpet Fair&C Trumpet Fair♪を開催していますが、今日は中古のC管を少しご紹介していきます!

こちらの2本です!
IMG_5558



















上がクルトワのエヴォリューション、下がスパーダです。

このクルトワのエヴォリューションですが、手に取った時に感じる重量感でキツイと思われがちですが、そんなことありません!
低音域も高音域もしっかりとした芯のある音がし、吹奏感はけして重くはありません。
そして、誰もが目に付くと思われるベルです!
ベルが二枚になっており、普通のトランペットとは違ったサウンドがします!
またチューニングスライドのヒレや支柱など、通常のトランペットとは変わったモデルになっています。
是非一度吹いていただきたいモデルです!

次に下のスパーダです。

ボアはLで楽器自体がヘビータイプになっていて、通常のC管よりも大きいベルになっています。
持った感触はクルトワのエヴォリューションに似て重量感はありますが、こちらもキツイと感じるわけではなく、低音域から高音域まで音の広がり方が豊かな印象を受けました。
このモデルを目にする機会は少ないと思いますので、少しでも気になる方がいましたらご試奏にいらしてください!


今日ご紹介しましたクルトワとスパーダ以外にも中古C管トランペットはまだまだございます!
もちろん新品もございますのでC管をお探しの方は是非この機会をお見逃しなく!
価格などはお問合せ下さいませ♪


皆様のご来店をお待ちしています。


shires at 20:35

2017年07月12日

トランペットフェア☆展示中楽器紹介!

こんにちは、三宅です!

先週から始まりました



Jazz Trumpet Fair

         &

C Trumpet Fair♪

初日からたくさんのお客様にご来店いただいております(^o^)


今日は開催中のフェアで展示している楽器をご紹介させていただきます!



まずは

Jazz Trumpet Fair

で展示中の楽器がこちら!!

V.Bach
・Commercial ラッカー仕上げ(MLボア,Lボア)
・Commercial 銀メッキ仕上げ(MLボア,Lボア)
・New York 7 ラッカー仕上げ
・New York 7 銀メッキ仕上げ
XO
・SD ラッカー仕上げ(イエローブラスベル)
・SD ラッカー仕上げ(ゴールドブラスベル)
Charly Daivis
・Signature/25 銀メッキ仕上げ
Burbank
・2☆+ 銀メッキ仕上げ
・3☆+ 銀メッキ仕上げ
Queen Brass
・Zorro ゴールドブラスベル ラッカー仕上げ
・Zorro C-Line ラッカー仕上げ
・Zorro C-Line 銀メッキ仕上げ
 …etc

たくさん揃ってます!!

V.Bach CommercialはMLボア、Lボアのラッカー仕上げ銀メッキ仕上げがそれぞれ並んでます!
吹き比べも出来ますね♪

IMG_5523








次に

C Trumpet Fair♪

で展示中の楽器がこちら!!

<新品>
V.Bach
・Strad 239/25C L 銀メッキ仕上げ
・Strad 229/25H L 銀メッキ仕上げ
・Strad 229CC CHICAGO 銀メッキ仕上げ
・Strad 229PC PHILADELPHIA 銀メッキ仕上げ
・Artisan 銀メッキ仕上げ
<中古>
・V.Bach Strad 229/25H L 銀メッキ仕上げ
・Spada ローブラス
・Filip Oakes 銀メッキ仕上げ
・YAMAHA YTR9430 銀メッキ仕上げ
・V.Bach BobReeves改造(Spach) 239/L 金メッキ仕上げ
・Courtois Evolution
 …etc


新品、中古とたくさんのC管が揃ってます♪



フェアは月末まで開催です!

是非この機会にご来店下さい(^o^)







shires at 19:58

2017年07月07日

【BTF2017】4日目

TB担当の宮川でございます。

7月入った途端に気温が高くなった気がします・・・。
エアコン付けないと汗だくになってしまします・・・。
JoyBrassはエアコンがきいて涼しい、なんて思っている方、
今はトランペット、トロンボーン共にフェアを開催中でアツイですよ!

新品バストロンボーン入荷!
S.E.Shires バストロンボーン George Curran (ジョージ・カラン)Model
“東京都交響楽団 バストロンボーン奏者 野々下興一さん 選定品”


ニューヨークフィルのバストロンボーン奏者であるジョージ・カラン氏のモデル。
ベルは2ピース、Yellow Brass、ソルダードビード、B競董璽僉次淵錺ぅ疋董璽僉次法
バルブセクションはライトウェイトアキシャルフローバルブセクション。
主管はCテーパー、Yellow Brass。
スライドはB62.78のデュアルボアスライド。

ベルにはGeorge Curranの名が刻まれております。Shiresの彫刻は本当に綺麗ですよね!
DSC_0118

他のモデルと違うライトウェイトアキシャルフローバルブセクション。
これは通常のバルブとは違い、バルブを使用した時の吹奏感が重くならず低音までバランス良く鳴る物となっております。
そして、宮川チェックはコチラ!!!
DSC_0116
左が通常モデルで、右がジョージ・カランモデル。
よーく写真を見ると・・・皆さん違いは分かりましたか?

ジョージ・カランモデルの違い、1つ目はF抜差し管の洋白部分が短くなっています。
これはF抜差し管本体が短いということです。
2つ目はF抜差し管本体に支柱が無いことです。
DSC_0120
これによって、ライトウェイトアキシャルフローバルブセクションが効率よく鳴ってくれる仕組みとなります。

そしてそして!
現在このジョージ・カランモデルは、東京都交響楽団バストロンボーン奏者の野々下興一さんが使用しているモデルでもあります。
今回入荷した楽器も直接お店にご来店いただいて選定をして下さいました。
ありがとうございます。

是非ジョージ・カランモデルをお試しくださいませ!

Shiresは他にも入荷がありますので、次回もShiresについて書きたいと思っております。
現在店頭のバストロンボーンは、新品中古も含めて25本以上並んでおります。
Wow!バストロ天国!!

さて明日はBTF初めての週末!
こんなにバストロンボーンが並んでいるのは今のうち!
是非皆様のご来店をお待ちしております。

shires at 17:03

2017年07月05日

ついに明日から!!

こんにちは、三宅です!
ついに明日から!!


Jazz Trumpet Fair

         &

C Trumpet Fair♪

開催です!!




フェアの為に用意されたトランペットがこんなに…

jazz
C管

最高ですね!!



フェアは7月末までです。
ここまでの数が揃ってるのは貴重な機会ですよ〜(^^)
どんなトランペットが並んでるのか是非見にいらして下さい♪
お待ちしております!



shires at 21:20│Trumpet 

【BTF2017】3日目 

TB担当の宮川でございます。

関東地方は昨晩台風が過ぎ去り、本日は台風一過とまではいきませんでしたが、
気温が上がりようやく夏らしくなってきました!

さて外も暑いですが、JoyBrassもアツイ!

BassTromboneFair2017 

BTF2017 3日目は、営業時間が過ぎてしまいました・・・。すみません。
ですが今日は!良い情報がございます!

皆様、大変長らくお待たせいたしました!
Edwards BassTrombone が入荷!!!

JoyBrassでは沢山のメーカーが並んでいますが、Edwardsはなかなか入荷数が少なく、
どうしても店頭に並ぶ機会が少ないメーカーです。
私は、今回のフェアは豪華に贅沢にバストロを並べたいという気持ちが強く、
その思いが叶い、Edwardsトロンボーンが待望の入荷となりました!

今回入荷したバストロは2本!
1215CF Bell / B454-CR-E section / V slide
987CF Bell / B454-E Section / B-DBN Slide

BTFだから出来ることです。
明日から店頭に並んじゃいますよ〜!
これで並んでいるのは新品中古含めて、Bach、Conn、Getzen、
XO、Rath、Edwards、Courtois、Shires、K&H・・・20本以上!
バストロ20本に囲まれた1日を過ごしたい方は是非JoyBrassへどうぞ!

まだまだ並べて行きたいですね〜〜。
是非今後もご期待くださいませ!


shires at 20:38│Trombone 

2017年07月02日

☆JAZZトランペットフェア&C管トランペットフェア☆

こんにちは三宅です!

今日は来週から開催予定のフェアのお知らせです!!
7/6(木)〜7/30(日)の期間、ジョイブラスでは…


☆JAZZトランペットフェア☆

を開催します!!
このフェアでは様々なモデルの楽器を展示します。
このフェアの為に用意された楽器などもたくさんございます!
どんな楽器が並ぶのか…楽しみに待ってて下さいね!!

そして!!!
7月のジョイブラスはJAZZトランペットだけではありませんよ〜
同時に…

☆C管トランペットフェア☆

こちらも開催します!
こちらのフェアではとにかくC管がずら〜〜〜っと並びます!
C管トランペットをお探しの方、この機会にジョイブラスでたくさんのC管を吹き比べて楽器を選びませんか??

来週には展示予定楽器の内容もご紹介させていただきますのでお楽しみに♪♪

shires at 16:51│Trumpet 

【BTF2017】2日目  湯村とバストロ

おはようございます。
湯村です。
昨日は少しひんやりとした風の吹く1日で、
7月が始まったにしては随分涼しい風が吹いてました。
日が明けて今日は一転、強い日差しが照り付けて東京は一気に真夏の装いに。
こうも暑くなると一層ビールが美味しくなる訳ですが、暑い時に冷たい飲み物ばかり摂取していると夏バテの原因になります。
なので、ここ数年はあまりクーラーを使わないようにしています。
一転、弊社の中川さんはクーラーが大好きです。
42℃くらいのお風呂にじっくり入った後に、エアコン設定16℃に設定した部屋でキンキンに冷えたビールを飲むのが最高だそうです。
キンキンに冷えてやがるっ・・・!!!(カイジ)
みたいな感じですかね。

という事で、7月28日(金)の夜に【湯村会暑気払いVer】を開催します。
一緒に冷たく美味しいビールを飲みたい方。
是非ご連絡下さい(*‘∀‘)
湯村会とは何ぞや、と言いますと、ジョイブラスに集うお客様方と一緒に行う呑み会です。


閑話休題

バストロンボーンフェアを昨日より開催しておりまして、連日多くのお客様にご来店頂いております。
今回のフェアでは、様々なバストロンボーンを展示してます!
Shiresは今月の半ば位から登場予定です。
ジョージカランモデル・ブライアンヘクトモデル・ブレアボリンガーモデル、
その他には、VNYのバストロンボーンやエルクハート62HコンセプトのバストロンボーンもShiresから送られてくる予定です。
Rathは人気のR900に加えて、R9-Y
その他には、Bach、Conn、GETZEN、Courtois、K&H、B&S、
その他にも様々なメーカーの楽器を展示します
※展示内容は随時変わります。

Bachは定番の50G3のYBベル、GBベルに加えて、50AFも展示しております!
Connは定番の112H、62H
定番機種から珍しいものまで多種揃えました!

中古のバストロンボーンもとても充実してきました!
ShiresのインラインのW-TruBore、MtVernonの45B、Elkhart Connの72H、オールドクルスペのシングルバス、等々。

そんなこんなで、毎日展示内容が色々変わってますので、毎日来ても楽しいバストロンボーンフェアをコンセプトに頑張ってまいります!
多くのお客様のご来店をお待ちしてます!!

次回のブログは休業日明けの7/5!
第三弾では、宮川君がバストロンボーンについて深く語ってくれます。
是非ご期待下さいませ。


湯村




shires at 14:20│Trombone 

2017年07月01日

【BTF2017】1日目!!GETZEN 3062AFY〜こんにちは、井元です。Part16〜

こんにちは!!

バストロに囲まれて幸せな気持ちの井元です!笑



BASS TROMBONE FAIR 2017



BASS TROMBONE FAIR 2017 ロゴ


ついに本日、7/1(土)から始まりました!!!




初日にしてたくさんのお客様にお越しいただき、
嫁ぎ先が決まった楽器があったり
追加で新たに2本仲間が加わったりと
さっそく今回のフェア、盛り上がりを見せています!!



メンテナンス講習の修了認定証を使用しに来て下さった方もいらっしゃり
とても嬉しい気持ちです(*´∇`*)
IMG_5353[1]





これから毎日このフェアの期間の営業している日には
ブログでバストロンボーンの情報をトロンボーン隊で交代交代発信していきたいと思います!!



トップバッターは私、井元が
GETZEN 3062AFYについてご紹介いたします!!






≪GETZEN 3062AFY≫

3062AFY1



Bb/F/Gb/D
ベル:9-1/2インチイエローブラスベル
チューニングスライド:ローズブラス
スライド:.562/.578インチデュアルボアスライド
バルブ:Axial Flow Valve
仕上げ:ラッカー仕上げ
付属:Griego マウスピース CS1、マウスパイプ3本



アキシャルフローバルブ搭載のバストロときいてパッと思い浮かぶ楽器と言えば3062AFY / AFRなんじゃないでしょうか??


3062AFY2


この洗練された円錐形のバルブがとてもかっこいい!!




私が自分のバストロが欲しい!!と思った時に真っ先に浮かんだのがGETZENのバストロでした。

自分の楽器はこちらの楽器の赤ベルVer.の3062AFRなのですが
このGETZEN社自社生産のアキシャルフローバルブは開放の時とF管・G♭管使用時の吹奏感の違いが少なく、また反応がとても良いのが特長だと思っております。

適度に開放感があり、且つハリのある音色
暖かく深みのある響き

とても良いです!!!



場面を選ばずどんな編成でも吹き分けられる素晴らしい楽器です。



マウスパイプも3本付属しお好みに合わせて吹奏感を選べるのも魅力ですね!!





この楽器、本日店頭に仲間入りしたばかり!!


ぜひ会いに(?)いらしてください!!!笑
私が自信を持ってオススメ致します!!








そして再度お知らせです↓↓↓



7/2(日) 10:00開店 17:00閉店

7/3(月) 定休日

7/4(火) 臨時休業



とさせていただきます。




7/5(水)からは通常営業となります!!



お客様にはご不便をおかけいたしますが把握の方よろしくお願いいたします。








明日のブログの担当は湯村さん!!!


乞うご期待です('▽'*)♪







湯村さん主催ハイパー雪印コーヒータイム。笑


IMG_5428[1]


2017年06月30日

M.Rathのリードパイプが入荷!!!

TB担当の宮川でございます。

さて6月も今日で終わり、1年の半分が過ぎたという事になりますね。
いやぁ、月日が流れるのは早いです・・・。

さてJoyBrassの7月はBASS TROMBONE FAIRがございますが、
入荷情報も沢山更新していきますよ!アツイ!!!

M.Rath リードパイプが大量入荷致しました!!!!!!

Michael Rath(マイケル・ラス)とは?
20年以上にもわたり、世界を代表する数多くのオーケストラ奏者やジャズ・プレーヤーの楽器の修理、カスタマイズを行ってきました。そして今、マイケル・ラスは他の3人のクラフトマンたちとともに完成されたプロフェッショナル・トロンボーンをイギリスの地で製作し、数多くのアーティストに絶賛されています。そのハンドメイドで作り上げられ、独特なRロゴをもつ楽器は、全音域にわたり吹きやすく、柔軟な操作性を誇ります。国際的な活動で知られるマーク・ナイチンゲール氏はマイケル・ラス・トロンボーンの開発に創業当初から携わり、愛用しているほか、本国イギリスはもちろんのことヨーロッパ、アメリカなど世界各地で人気を博しています。

ラスのハンドメイドシリーズはリードパイプの交換が出来、材質やテーパーに種類があり、それにより吹奏感や響きを変えることが可能です。
今回はBrass、Bronze、Nickel Silverの3種類の材質と、スタンダードテーパー、Aテーパー、Bテーパーの3種類のテーパーのパイプが入荷。

こんなに沢山選べるのは今のうち!そしてここJoyBrassだけ!!!
是非お試し下さいませ!
※在庫状況についてはお気軽にお問い合わせ下さいませ。
leedpipeeleedpipe

shires at 19:25

バストロンボーンフェア!!

どうも、こんにちわ。
湯村です

ジョイブラスでは週末からバストロンボーンフェアが開催されるのです。
井元さんや宮川君が色々と宣伝してくれているので、私も宣伝!!

今回は色々なメーカーさんのご協力のもと、様々なバストロンボーンが展示されてます!!

XO、K&H、Bach、Conn、GETZEN、Shires、Rath等々。
展示ラインナップもどんどん更新していく予定です!!
170630_175219

バストロンボーンの方是非お越し下さい!!
ジョイブラスでは厳選した楽器を常時展示してます!

写真には全く写ってませんが、テナーバストロンボーンもとても良い個体が並んでますよ!!
トロンボーンパート全員で是非遊びにきてみてください
7月は週末はほぼ湯村もお店におりますので、
楽器の調整でも、相談でも、なんでもいつでも気軽に聞いて下さいね。

ではでは(*‘∀‘)

shires at 18:10│Trombone 

2017年06月29日

BASS TROMBONE FAIR 2017!!〜こんにちは、井元です。Part15〜

こんにちは、井元です!!




いつもの前置きは今日無しです!!

それより見て下さい、この写真を!!!!



IMG_5348


バストロがこんなに、、、

幸せ( p_q)





...ということで




7/1〜7/29の期間、


IMG_5351


BASS TROMBONE FAIR 2017

をやります!!!


これだけ様々なバストロを吹ける機会はあまりないのではないでしょうか?


(写真よりももうちょっと増えるかも...??)





7月はJoyBrassへ!!!

ぜひ試奏しにいらしてください!!
目の保養でもOKですよ!!!笑



あと、
先日のメンテナンス講習を受講していただいた方にお渡しした
こちらも7/1から有効ですよ!!

IMG_5353[1]







ご来店お待ちしております!



IMG_5352




2017年06月27日

【お知らせ】7/2(日)、7/4(火)の営業について

こんにちは!!
お久しぶりです、井元です。


ようやく梅雨らしくなってきましたね〜
空気中の花粉が洗い流されるので雨自体は嫌いではないのですが
お店や事務所、通勤の電車の中がジメジメジメジメ、、、、


はやく梅雨明けしてほしいですね、
夏の暑さも勘弁ですけど、、、、(`-´メ)







それでは本題、大事なお知らせです!



誠に勝手ながら7月の初頭、社員研修のため


7/2(日) 10:00開店 17:00閉店

7/3(月) 定休日

7/4(火) 臨時休業



とさせていただきます。(`ε´)ぶーぶー




7/5(水)からは通常営業となります!!

64fd0127




お客様にはご不便をおかけいたしますが把握の方よろしくお願いいたします。










2017年06月24日

週末限定TP企画開催中

tpsale今週末 6/24(土)〜25(日) は「トランペット中古・OUTLET企画」を店頭限定で開催しております。本日は開店1時間以上前よりお並びいただくお客様もいらっしゃり、終日大変多くのトランペットのお客様にご来店をいただきました。誠に有難うございました(一時的に混雑した際はお待たせしてしまい大変申し訳ございませんでした)。

今回はこれまで弊店が保管していた中古ケース・パーツを放出しており、担当者のTWITTERにより先行して発信しておりましたWISEMAN ケースMonette 純正ケース、定番の Bach純正現行ケースなどは早々に完売してしまいましたが、USA期の Wolfpakは販売中です。また、1970年代の Bach の37ベルや昨今話題の Charley Davis の1Sベル(レギュラーウェイト)も引き続きご用意がございます。

当ブログでの具体的な言及は差し控えますが、新品アウトレット楽器・ケースも残りわずかながら展示があり、2日間限定にて復活しております中古マウスピースもバック旧刻印、ラスキーなど若干数ございます。また、中古トランペットは一部のヤマハの楽器を大変お値打ちな金額にてご案内しております。写真は継続して販売させていただくセール対象品の一部となります。

日曜日のご来店を心よりお待ち申し上げます。どうぞよろしくお願い致します。

shires at 23:37│Trumpet 

2017年06月23日

wille'sマウスピース相談会

TB担当の宮川でございます。
夏のような天気と思えば、梅雨に戻って大雨が降る。今日はまた暑くなって...はっきりしてほしいです!

そんなモヤモヤではなく、晴れ晴れするような情報をお届け致します!

【willie's マウスピース相談会】
6/24 土曜日 13時〜 ジョイブラス店頭にて

willie'sマウスピースの選定についてアドバイスをさせていただくのは勿論ですが、
特注やカスタマイズ等についてのご相談もお受けしております。
willie'sマウスピース製作者の中込さんが貴方のトロンボーンマウスピースのどんな悩みも解決してくれます!

数百本のウィリーズマウスピースから是非貴方にとって最良の1本をお探し下さいませ。

※予約も可能ですので、ご予約希望の方はジョイブラスまでご連絡下さいませ。

夕方からは混雑が予想されますので、試奏室のご利用でお待ち頂く場合がございます。

スタッフ一同、皆様のご来店を心よりお待ちしております。

willie's マウスピース相談会
6/24(土) 13:00〜18:00
ジョイブラス店頭にて

shires at 21:49│Trombone 

2017年06月17日

☆管楽器専門店WINDS LABO×JOY BRASS☆

こんにちは、三宅です!
本日は来週末6/24()6/25()の二日間に開催する素敵なフェアをご紹介します!

それがこちら!!

管楽器専門店WINDS LABO × JOYBRASS】

  ~トロンボーン&トランペット展示試奏会~



富山県の管楽器専門店WINDS LABOさんにJOY BRASSがお邪魔します(^o^)
Shires、M.Rathのトロンボーンや
Shires、QueenBrassのトランペット、VanLaarのフリューゲルホルンなどが
WINDS LABOさんにズラリと並びますよ~♪
マウスピースやアクセサリーもたくさんご用意しますのでお楽しみに!


管楽器専門店WINDS LABO×JOY BRASS
トロンボーン&トランペット展示試奏会
日時
6月24日(土) 10:30 〜 19:00
6月25日(日) 10:30 〜 18:00


wtbwtp2wtp



そして今回のフェアの特別企画!!

トランペット&トロンボーン♪無料調整会&相談会

皆さん楽器についてのお悩みはありませんか?
・スライドの動きが気になる。
・ピストンが引っかかる。
・ロータリーが止まって動かなくなる。
・コルクが取れたので交換してほしい。
・どんなオイルを使ったら良いの?
・日々のメンテナンスはどうすればいいの?
・私に合うマウスピースは?
・抜差管が緩くて抜けてくる。
…などなど
楽器についてのお悩みがございましたら是非ご相談ください!

こちらは予約制となっております!

無料調整会&相談会
6/24(土) 10:30-18:00
6/25(日) 10:30-17:00
☆調整時間
1人30分
☆時間
◼️6/24(土)
10:30-11:00
11:00-11:30
11:30-12:00
 休憩
13:30-14:00
14:00-14:30
14:30-15:00
15:00-15:30
 休憩
16:00-16:30
16:30-17:00
17:00-17:30
11. 17:30-18:00
◼️6/25(日)
10:30-11:00
11:00-11:30
11:30-12:00
 休憩
13:30-14:00
14:00-14:30
14:30-15:00
15:00-15:30
 休憩
16:00-16:30
16:30-17:00
17:00-17:30

すでに予約が入っている枠もあるようです!
ご希望の方は予約状況をWINDS LABOさんにお問合せ下さい♪
☆予約電話
0766-25-9323 (WINDS LABO)

そして調整担当としてJOYBRASSからは湯村・三宅がお邪魔します♪
wywm

それではWINDS LABOで皆さんにお会いできるのを楽しみにしてます!!


管楽器専門店WINDS LABO
(富山県高岡市駅南3-1-3 広島ビル1F)
TEL 0766-25-9323
(営業10:30〜19:00、定休日月曜)
http://www.windslabo.net/

shires at 20:43

月曜日はイベント!!!

TB担当の宮川でございます。

本日も沢山のお客様にご来店いただきました。
誠にありがとうございます。

明日もお買い得なトロンボーンを展示しておりますので、是非お試し下さいませ。

さてJoyBrassでは、毎週月曜日が定休日です・・・が!!なんと!!!
明後日、19日月曜日はJoyBrassでイベントを開催致します!

【メンテナンス・クリーニング講座】
Joybrassスタッフがメンテナンス・クリーニングについて実演、解説するイベントです!

皆さんは日頃のメンテナンス、クリーニングはされていますか?
正しい方法でおこなっていますか?
今一度、楽器について詳しく知ることが大切です。
トランペット・トロンボーンの専門店としてのノウハウをお教えします!

講師はTB 宮川・井元、TP 三宅・飯田
参加費は無料!楽器は不要です!
参加者限定特典をご用意しております!

予約制で、まだ若干数の席がございますので、
ご興味ある方は是非ジョイブラスまでご連絡下さいませ。

6/19(月)
【メンテナンス・クリーニング講座】
17:30〜19:00頃  ジョイブラス店頭にて
開場 17:00〜

※当日は営業しておりませんのでご注意下さいませ。
※要予約 参加ご希望の方はJoyBrassへご連絡下さい


明日、明後日も是非JoyBrassへお越し下さいませ。
スタッフ一度、皆様のご来店を心よりお待ちしております。
HetmanAll

shires at 15:44

2017年06月16日

週末はトロンボーンがお得!!!

TB担当の宮川でございます。

梅雨のじきではありますが、今年は雨がそんなに多くない気がします。
気のせい?いや、そんなことないですよ。

梅雨はあまり好きではないのでよかったですが、気づけばもう6月も後半。
最近、時間の進みがとても早く感じながら仕事をしております・・・。
それは充実している証拠ですよね!?

さて、JoyBrassではいつでも新品中古の楽器が充実しています!
先日、オンラインショップの中古楽器ページも更新されましたので、是非ご覧下さいませ。

ではこの土日、お得なトロボーンをご紹介致します!

・used Bach 42T GL       ¥250,000円(税込)
・used YAMAHA YSL-882G   ¥237,600円(税込)
・used Olds NR-25      ¥156,600円(税込)
・used Edwards T396-A    ¥607,500円(税込)
・used Conn 88H SGX CL2000 ¥337,500円(税込)
 等々
そして!!

・used YAMAHA YSL-640 ¥宮川PRICE
・used Holton TR-161     ¥井元PRICE


新品楽器の目玉はコチラ!
・S.E.Shires 2RVE / T47 / dualbore Rotor
・M.Rath R4-F Rotax
・Getzen 4147IB
・B&S Meistersinger テナーバス・バス
 等々

この土日、アツいトロンボーンをご用意いたしました!
いつでも試奏可能でございますので、
沢山のトロンボーンと一緒にご来店をお待ちしております。

土日もアツいですが、月曜日にはメンテナンスイベントもございます!
ご予約制で、まだ若干数の席が空いていますので、参加ご希望の方は
お気軽にJoyBrassまで、ご連絡下さいませ。

S.E.Shires 2RVE 紹介記事
メンテナンスイベント記事

スタッフ一同皆様のご来店を心よりお待ちしております。



shires at 21:54│Trombone 

2017年06月15日

中古TB入荷情報!!

中古TBをそれぞれオンラインショップにアップしました!

Kurspe テナーバストロンボーン

Karl Scherzer Modell Spezial

Throja アルトトロンボーン

Conn 112H

Thein NR-626

超美品のトローヤのアルトやお買い求めやすい価格のコーンの112H、良いコンディションのクルスペなどございます。

shires at 17:35│Trombone 

2017年06月12日

湯村洋がここまで言うVol.1 今週末は三木楽器さんでイベントやります!

どうも、こんにちは。
湯村です。

タイトルは昨今のムーブメントに乗っかってみました。
ただ湯村は演奏動画はあげませんので悪しからず・・・
ちなみにに飯田君の演奏動画はアンケート方式にしてみたのですが、

クラシック部門がヴェニスの謝肉祭
ファーガソン部門がスタートレック
になりました。

個人的にはトマジとDon't Letが良かったんですけどね。
まぁそれはいつかやってくれるものと期待します。

Don’t Let The Sun Go Down On Meといえば、エルトンジョンの名曲です。
エルトンジョンも好きですが、湯村はファーガソンのDon't Letがアレンジも曲構成も大好きです。
どぎつい曲なんですけどね、なんともカッコよいです。
ポールカシアのCDにも収録されてますけど、やっぱファーガソンご本人の演奏が一番好きっす。
あのゆったりとしたテンポも、ランディパーセルのソロも、何もかもが好きです。
色あせないカッコよさ、エンターテイメント性が高い音楽、いつ聴いてもワクワクします。


そういえば!
ジョイブラスでは定期的にプロアマ問わず様々なお客様を交えてアンサンブルを一緒にしたりしてますので、湯村と一緒に楽器を吹いてみたい!とか、
ジョイブラスに訪れる演奏家の方々と楽器を吹いて交流したい!
みたいなお客様がいらっしゃいましたら是非湯村までお声がけ下さいませ。
トロンボーンだけのアンサンブルって本当に楽しいですよ。
その場で楽器のメンテや、マウスピースのアドバイスなんかも出来ると思いますので、是非宜しくお願い致します。

さて、タイトルにもありましたが今週末は湯村は大阪は三木楽器ローブラスセンターさんへ出張予定です。
毎週のようにジョイブラスを不在にしてますが、全国にトロンボーン熱を振りまいてきます!

19030701_1516542841722888_953029551817587874_n

今回は様々な楽器を展示します!
フィラデルフィアのボリンガーモデルのカスタム仕様や、Shiresの特別仕様のアルト!
さらに新発売のQシリーズからAXバルブ・ロータリーバルブが搭載されたテナーバス。
その他にも極上の個体が数々。

楽器の特徴を書こうとすると、1つの記事に収まらないような内容になってしまいそうなので、
ご興味のある方は是非週末は三木楽器ローブラスセンターさんへどうぞ!
Shiresトロンボーンの魅力を一緒に楽しみましょう!!


湯村


shires at 16:56│Trombone 

2017年06月11日

ハンガリートロンボーンブートキャンプ2017のご案内!

どうも、湯村です。
今月は週末は出張に出てる事が多く、ジョイブラスを不在にする事も多いのですが、
宮川君と井元さん、とても頑張ってくれてます。
ジョイブラスではトロンボーンにまつわる情報を日々発信して参りますので、是非今後もご注目下さいませ!

という事で今年の夏、ハンガリーにて開催されるイベントのご案内です。

18814381_1582104388474722_3421637420263029069_n
2017年8月22日〜25日までハンガリー、ブダペストにて「Hungarian Trombone Bot Camp(HTBC) 2017」が開催されます!

開催期間中には、有名アーティストによるコンサート、毎回講師によるテーマに沿ったレクチャーの他、参加者全員によるアンサンブルレッスンやグループウォームアップセッション、ファイナルコンサート等々が予定されています。この他プレミアムパッケージとして30分の個人レッスンが計6回受けられるコースやジャズ奏者の為のコースもご用意していますので奮ってご参加ください。
ハンガリーといえば世界中で活躍する数多くの有名金管奏者を生み出している金管王国。このフェスティバルは世界中からそのハンガリーに集まる、Paul Denson Polland(メトロポリタン歌劇場管弦楽団首席トロンボーン奏者)、Zoltan Kiss(ムノツィルブラス)Jamie Williams(ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団首席トロンボーン奏者)、Matyas Veer(エッセン・フィルハーモニー・オーケストラバストロンボーン奏者)、日本でもお馴染みのコルプス・トロンボーン・カルテットなどトロンボーンのアーティスト達と、ハンガリアンテクニックとも呼ばれるブレスコントロールを中心とした超絶技巧をも可能にする柔軟性に優れたメソッド、そしてハンガリー特有のステージ上でのメンタルコントロールやコンペティション、オーディションへの準備などをテーマに一緒に考えていこうというものです。
フェスティバルが開催されるのはハンガリーの首都ブダペストのドナウ川沿いのBudapest Music Center(BMC)、会場近くには観光名所として有名なゲッレールトの丘や中央市場、温泉施設やクルーズ船などがあり、ドナウの真珠とも呼ばれるヨーロッパの古都ブダペストにてぜひ多くのトロンボーン奏者と共に忘れられない楽しいひとときを過ごしましょう!

Premium Package 300EUR
−すべてのレクチャー、コンサートなどのプログラムへの無料参加、またマスタークラス等の聴講。
−毎朝の各講師によるウォームアップセッションへの参加
−毎朝ウォームアップセッション後に予定されている参加者によるトロンボーンアンサンブルへの参加とアンサンブルレッスン
−30分の個人レッスン×6回
Jazz Package 300EUR
−すべてのレクチャー、コンサートなどのプログラムへの無料参加、またマスタークラスの聴講。
−毎朝の各講師によるウォームアップセッションへの参加
−毎朝ウォームアップセッション後に予定されている参加者によるトロンボーンアンサンブルへの参加とアンサンブルレッスン
−Marshall Gilkesによる1時間の個人レッスン×2回
−Marshall GilkesとZoltan Kissを中心とするジャズ奏者達とのJamセッション
The Basic Package 140EUR
−すべてのレクチャー、コンサートなどのプログラムへの無料参加、またマスタークラスの聴講。
−毎朝の各講師によるウォームアップセッションへの参加
−毎朝ウォームアップセッション後に予定されている参加者によるトロンボーンアンサンブルへの参加とアンサンブルレッスン

アーティスト一覧

Zoltan Kiss −ムノツィルブラス。ソリスト。Schagerl 、 Latzsch 両アーティスト。

Jamie Williams −ベルリン・ドイツ歌劇場管弦楽団首席奏者。ヤマハアーティスト。

Paul Denson Pollard −メトロポリタン歌劇場管弦楽団首席奏者。インディアナポリス大学教授。Curtoisアーティスト。

Matyas Veer −エッセンフィルハーモニー・オーケストラバストロンボーン奏者。ソリスト。

Gyorgy Gyivicsan −スローカー・トロンボーンカルテット。セゲド・トロンボーンアンサンブル。セゲド大学教授。 B&S アーティスト。

Csaba Wagner −ライプツィヒ・ゲバントハウス管弦楽団バストロンボーン奏者。Michael Rathアーティスト。

Marshall Gilkes - ジャズ奏者。Berklee College of Music教授。WDR Big Band Koln。Edwards アーティスト。

Robert Kaip −ハンガリー放送交響楽団首席奏者。デブレツェン大学教授。

Dirk Ellerkamp − Dortmunder Philharmoniker首席奏者。 Latzschアーティスト。

Gusztav Hőna −元ハンガリー放送交響楽団首席奏者。リスト音楽院教授。

Zsolt Szabo - Eastern Carolina University教授。Edwardsアーティスト。

Ben Cruiming -Netherland Symphony Orchestra。 Latzschアーティスト。

Hiroyuki Kurogane - NHK交響楽団バストロンボーン奏者。国立音楽大学、洗足学園音楽大学、各講師。

Corpus Trombone Quartet - Michael Rathアーティスト。 Andras Suto, Robert Sturzenbaum, Peter Palinkas, Akos Galla Hungarian Trombone Connection Zoltan Kiss, Andras Suto, Robert Sturzenbaum, Peter Palinkas, Zsolt Szabo, Akos Galla, Matyas Veer, Csaba Wagner Latzsch Trombone Quartet
Web : http://htbc.webnode.hu/

※参加ご希望の方は付属の申込用紙にご記入の上、下記メールアドレスへお送りください。日本語にてお申し込み頂けます。
ジョイブラスにご連絡頂いても大丈夫です!!

メールアドレス: ichimura_aki@yahoo.co.jp / matyasveer@gmail.com
「Hungarian Trombone Bootcamp 2017」事務局



湯村

shires at 16:54│Trombone 

飯田裕がここまで言う!Vol.1

こんにちは、真夏でもヒートテックを着ている飯田です!

ヒートテックを愛しているわけではありませんが、なぜかヒートテックを着てしまします…
オススメのインナーなどありましたら是非教えてください!

私はバストロンボーン吹きですが、初めて管楽器を吹いたのはテナーサックスでした。
テナーサックスを1年経験した後、テナーバスを3年、バストロも3年ですがテナーバスと時期が1年くらい被ってます。
そんなバストロ吹きの私がついにトランペットを手に入れてしまいました!
まだトランペットは約3ヵ月くらいですが、毎日吹いているわけではないので全然上達してませんし、運指がイマイチよく分からない…なぜかといいますとC管だからです!
普通の方はBb管を買ってからオケに入ったりしてC管を買う方がほとんどだと思います。
自分の事ですがオケにも入っていないのにC管を手にしてホントなにを考えているのでしょうね…
まずはロングトーンから地道に頑張っていきたいと思います!

それと、私も宮川さんと同じく演奏動画を開始してみようと思います!
曲目は湯村さんのツイッターアンケートの結果で決まります。吹けるかどうかは分かりませんが、やれるやってみたいと思います!!

すこしレベルアップしてみたら交響曲のフレーズなど吹いてみたいと思います。
コンチェルトなどは吹けるレベルではないので何年後かに…


さて、定期的に「飯田裕がここまで言う」を掲載していきたいと思います!
自分自身なんでこの題名にしたのかよくわかってませんので、題名は関係ないと思ってください!!

次回のブログで演奏動画を載せたいと思います!

チューニングBbで結構キツイと感じる私ですが、とにかく頑張って練習します。

乞うご期待‼♬


2017年06月10日

Shiresテナーバス、入荷!

TB担当の宮川でございます。

関東は梅雨入りとのことですが、夏ような気温で雨も少ないですね。梅雨は何処へ?

さて、梅雨入りしてもしてなくても、ジョイブラスはいつも真夏のよう!

今、人気大高騰中のS.E.Shiresのテナーバスが入荷致しました!

2RVE / T47/ Dual-bore Rotor

8.5インチ、2ピース、アンソルダード、レッドブラスベル、.547ボア、ナロースライド、デュアルボアロータリー、ラッカー仕上げ。

VEとは、Vintage Elkhart の略です。
Shires氏の愛用している楽器をベースに、オリジナルアレンジされた仕様のベルです。

デュアルボアロータリーとは、Shiresのオリジナルデザインのロータリーです。
通常のロータリーより小ぶりながらも内部のパイプ径を狭めることはなく、軽量でかつ高速なアクションを可能にしたロータリーです。


私も早速吹いてみました!
感想は、レッドブラスベルともあり、豊かな音が鳴りますが、加えてベルの厚みは比較的薄めなので、広がりのある音が特徴的です。Conn88HRと88HRTの間のような音色でした。
デュアルボアロータリーがとても良く、レバーを引いた瞬間のギャップが少ないので違和感が無く演奏が出来ました。

そしてなんといっても彫刻が綺麗ですよね!
彫刻の上の方の葉は、トランペットとトロンボーンだと枚数が違い、トロンボーンの方が少ないのです。皆さんはお気づきでしたか?(笑)

ちなみにShiresではオプションオーダーで彫刻無しなんていうのも選べます。


さてこちらの楽器は、
ジョイブラス店頭に並んでいますので、試すなら今ですよ!

是非お試し下さいませ。
皆様のご来店スタッフ一同心よりお待ちしております。


【デュアルボアロータリー】
image

shires at 23:25│Trombone 

2017年06月07日

S.E.Shires トランペット入荷!!

こんにちは、飯田です。

皆さん嫌いな食べ物ってたまに食べたくなりませんか?
私は蕎麦が嫌いなのですが、先日コンビニに行ったら蕎麦が気になってついつい買ってみました。
食べる前からわかってはいましたが、やはり美味しく感じられない…
これって嫌いじゃなくて苦手なだけですかね?

嫌いなものをたまに食べたくなる事があって、食べてみるが美味しくない…
みたいなのを繰り返してる私はおかしいですか!?
(どう考えてもおかしいですね!)

では、本題です!!

なんとこの度、S.E.Shiresのトランペットが入荷しました!


まずは簡単にS.E.Shiresの紹介をさせていただきます!

アメリカのボストンに工房を構えており、2007年からトランペットの開発を本格化しました。
当初からドグ・セヴァリンセンが事実上のアドバイザーとして開発に大きく携わり、
トップ奏者ならではのノウハウや希少なヴィンテージの資料などを余すことなく提供し、
数多くのプロトタイプを経てトランペットが完成しました。
全てのパーツは自社の工房で徹底したハンドメイドによって製作されています。
世界各国からの注文が殺到しているS.E.Shires。
その高いクオリティーは大好評を博しており、ジャンルを問わず高評価を受けています!

IMG_5075


















さて、まず最初にご紹介しますのは上のモデルです。

S.E.Shires Model AF

標準的な「Model A」をベースに、チューニングスライドや、フレンチビードベル、より広がりのある吹奏感が得られるリードパイプなど様々な場所が変更され、「Model A」とはまた違った音色、吹奏感に仕上がっております。



次に下のモデルですが

S.E.Shires Model CLW

こちらの「Model CLW」は標準的な「Model A」に比べますと、全体的にライトで吹奏感はオープンです。
ベルは「Cベル」という標準的な「Aベル」に比べて、ベルフレアが若干太く設計されています。

軽めのバランスに設計されていますがしっかり鳴ってくれる楽器です。
ジャンル問わずに使用できるモデルです!


どちらも定価¥507,600(税込)→販売価格¥406,080(税込)

Shiresが店頭に並んでる今!ぜひ吹きにお越しください!!

S.E.Shires Model AF
S.E.Shires Model CLW

飯田






shires at 15:47│Trumpet 

2017年06月06日

Bach A47MLRとS.E.Shires Q30!〜こんにちは、井元です。Part14〜

こんにちは!
最近お弁当に入ってるめだまやきを食べるのが怖くなってきた井元です。



平日、高校生の妹のお弁当のついでに母が私の分もお弁当を作ってくれるのですが
高確率でめだまやきに卵の殻が入っています。

しかし、妹に「最近めだまやきによく卵の殻入ってない?」と聞いても「入ってたことない」らしく。

かなりの確率で入っているので
「妹の方にも入っているに違いない、妹は運よく気づかずに食べているんだろう」
と思っていたのですが…



ある日の朝、母がお弁当を作りながら言った衝撃的なひとりごとを聞いてしまいました。





「あ、殻入った。〇〇(妹の名前)のほうに入ったら怒るから香里の方に入れとこ」





母には入った殻を取る、という選択肢はないようです。

今日もお弁当、食べるの怖いなぁ……(_ _;)





さて、本題!!!笑笑


IMG_4743



本日はいま店頭にいるこの楽器たちの紹介をしたいと思います!



まず左側!







Bach Artisan A47MLR(マッシモ・ラ・ローサモデル)



クリーヴランド管弦楽団の首席トロンボーン奏者、マッシモ・ラ・ローサ監修のテナーバストロンボーンです!!

ラ・ローサモデルをつくるにあたって
Mt.Vernon時代の楽器を愛用していてその楽器の音が最良だと考えていたラ・ローサさんは機能的に限界が来てしまった自身の楽器の全てを計測することから始め、Mt.Vernon Bachのいい部分と、それに加えて新しいアイディアを詰め込んだそうです。


IMG_4737


IMG_4738[1]





バルブキャップに ”LA ROSA” と入っているこのロータリーバルブは
ラ・ローサモデル特有の緩やかなF管のレイアウトで42B等とは異なりロータリー内部を抜ける通気孔の角度が工夫されています。


また、一日吹いても疲れないように…と楽器の重量的な全体のバランスも考えられています。
ウォーターキィの位置と角度にまでこだわりを持ち、スライドを可動する際に持つ支柱の太さは誰もが持ちやすい様ボールペンと同じくらいにしたそうです!



この楽器特有の部分はもう一つ!

ベルセクション側のスライドとの継手部分に着脱可能な金属のパーツを入れることで管内にできるギャップを少なくし、息の通りをスムーズにしつつ芯のある伸びやかな音を出すことが可能に!!



なかなか考えつかないような素晴らしいアイディアですね!!



私も試奏してみましたが、
いわゆるBachの音や吹奏感とはひと味違い、オリジナルのF管の巻きやロータリーの構造で得られる抵抗感などからラ・ローサさんのこだわりを感じました。






次は写真右側のこの楽器!!



IMG_4743


S.E.Shires Qシリーズ Q30

S.E.ShiresのQシリーズとは、
ボストンの工房でパーツの製作をして最終的なパーツの組み立ては外にお願いしているため比較的安い価格帯でカスタムシリーズよりお求めやすくなっている、というものです!
IMG_4739

ロータリーはShiresQシリーズ専用のオリジナルロータリーが搭載されています。
S.E.Shiresの小気味よいバルブの性能はそのまま!

また、Shiresのカスタムシリーズと同じように付け替え可能なリードパイプが搭載されており、ベルも同様、取り外し可能となっております!
Qシリーズ専用のトロンボーンケースも付属!



Shiresの機能性はそのままにお求めやすい価格なのはお得ですね!!

軽い吹奏感なのにしっかりと鳴ってくれる楽器です!!










紹介はこんな感じです!!

どちらの楽器もいま店頭にございます!
ぜひ一度吹きにいらしてください!!




IMG_4745