子供の歯並びを矯正したら

実際に子供のころから矯正を行い、数年たった方のレビューを見てみると「子供のころに親に矯正器具をつけられていたけど、今は本当に感謝している」という発言や、「女子だったので、歯並びにかかわる部分を直してもらって本当に良かった」という発言が多く、その効果のほどが伺えます。

もちろん、子供は嫌がるかもしれませんが、いつか矯正の成果を実感することが来るので子供のことを思うならば、幼少期からしっかりと歯を矯正してあげることが大切です。

歯科で子供の矯正を行う際の注意点

まず、子供特有の注意点を理解しておきましょう。

子供の矯正治療.が必要になるにはそれなりの理由があります。そもそも噛み合わせや歯並びが悪くなる理由は食事や生活習慣に起因するお子様。両親の日々の注意がお子様の歯並びだけではなく様々な健康を守ることになります。

そのためにも、両親から子供に歯を矯正する必要性をしっかりと説明しなければなりません。矯正は食生活や生活習慣にかかわる部分ですので、子供が自発的に矯正に協力してくれるようにしましょう。

たとえば「歯が悪いと●●ちゃんの大好きなおせんべいがたべられなくなっちゃうんだよ」「大嫌いな歯医者さんに大人になってからも毎週通わなきゃいけなくなるんだよ」などと、矯正をしなかった場合のリスクを話してやる気にさせるのもいいでしょう。

歯にはどちらがいい?セラミックとプラスチックの違い

保険治療では奥歯は銀歯、前歯は銀歯にプラスチックを張り合わせた冠になります。プラスチックの歯は入れた時は白くなりますが、自分の歯と同じ色になりません。

プラスチックですので細菌が繁殖したり、お茶、コーヒーなどの色素でだんだん色が黄ばんできます。硬いものを噛むとプラスチックが剥がれてしまう事があります。保証は利きません。

セラミックの場合は貴金属のフレームにセラミックを1300℃で焼き付けたもので、強度がとても高く、変色しません。自分の歯と同じようにかぶせることが出来ます。5年保証が付きます。

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
おすすめ情報
リンク情報
track feed 歯列矯正ナビ