田舎暮らし・煙樹ヶ浜(えんじゅがはま)だより

住み慣れた都会を離れて、田舎の自然と共に暮らす団塊夫婦のセカンドライフ。
和歌山県日高郡美浜町より・家造り・田舎暮らし・釣情報・家庭菜園・ガ−デニングなどの日々をつづります。

自家栽培禁止法

SN3C0003 梅雨本番で雨の多い毎日ですが、この雨を喜んでいるのが畑の野菜たちです。 今年は時間差で二畝作ったキュウりですが、早く植えた畝の方が最盛期を迎えています。 多い時には一日にザル一杯の実が収穫できます。 他のトマトやナス、ゴーヤなども順調に育っています。
SN3C0002 アメリカでは自家菜園禁止法(510法案) があり、小規模・兼業農家経営や家庭菜園が違法となり、自給自足と種苗の保存・使用が“犯罪”として取り締まり対象となる。  食糧生産者に農薬の使用が強制されるそうです。    
                人気ブログランキング ボチッとしてね
SN3C0009 アメリカ自家菜園禁止法食品安全近代化法は、TPP参加で日本もこうなるかも。 しかし、小規模農家は除外というコメントがあり、50万ドル以下は大丈夫のようです。 日本では、すでに国内の種苗会社の90%がモンサント等の支配下にあり、畑の周辺にモンサントの種苗が植えられると、性質が移染してしまうそうです。
                                     人気ブログランキング ボチッとしてね
SN3C0006 そして、伝来の種子は駆逐され、その種子が芽を出しても発芽しにくくなっているそうです。 アメリカでは、食糧で世界支配を企てるモンサントへの訴訟が起こされているそうですが、六割以上が輸入食品で、大型流通依存の食糧供給体制が確立し、しかも、農法が完璧なモンサントで成り立っている日本では無理でしょうね。 

☆人気ブログRankingに参加しています 
一日一回応援クリックお願いします


田舎暮らし ブログランキング 

健康祈願の伊勢参り  おまけ

DSC_0046 今回の旅行では、マツダCX-3の燃費を見るために経済運転を心掛けた。 出発時に燃料を満タンにし、帰宅してから、直ぐに満タンにした。 車両の状態も、エアコンは快適に過ごせる温度(オートエアコン25度)に設定した。 高速道路を半分くらいは走り、途中、渋滞もあったが、燃焼モニターでは20.5km/ℓの数字を示した。 実際に使用した軽油量で計算すると、走行距離は620.6km、使った軽油が29.47ℓで、1ℓ当りの走行距離では、21km以上走っていることになる。  人気ブログランキング ボチッとしてね
                            
2015-11-3 (6) 軽油はレギュラーガソリンに比べて2割安いので、ガソリン車と比較してみると、価格的には26km/ℓ以上は走っていることになるだろう。 普段、家の周りだけで乗っている時にも、常に15km/ℓ以上は伸びている。 経済性を一番に考慮して車種を決めたが、愛車となったマツダCX-3・クリーンディーゼルは、期待通りの燃費の良さを示し、加速、乗り心地ともに、とても満足している。 

☆人気ブログRankingに参加しています 
一日一回応援クリックお願いします


田舎暮らし ブログランキング

健康祈願の伊勢参り その2

DSC_0028DSC_0031 次の日は、大王崎灯台を見学してから鳥羽まで戻り「伊勢志摩スカイライン」を走る。 頂上の朝熊山展望台は伊勢湾の眺望が望め、足湯があり、赤い丸ポストが立っていた。 帰りは伊勢西ICから名阪国道を経て、女房殿の妹婿が入院している天理市の病院に寄り、見舞いを済ませてから帰路に着いた。
                  人気ブログランキング ボチッとしてね
 
DSC_0032DSC_0035 いつまで経ても咳が出て痰が切れないので、心配になって旅行前に血液検査をしてもらっていた。 旅行から帰った翌日、その結果を聞きに行ったら、「百日咳」との事であった。 悪い病気ではなくてホッとした。 これは伊勢神宮のお守りのご利益だったのかも知れない。
DSC_0043お守り 感謝の気持ちを持って、お礼参りに行かねばならないようだ。 そして、これからは、死を頭の片隅に置いて、一日を精一杯、楽しく生きることを心掛けねばいけないのだろ。

☆人気ブログRankingに参加しています 
一日一回応援クリックお願いします


田舎暮らし ブログランキング
 

健康祈願の伊勢参り

DSC_0004DSC_0003 毎年行っていた、三月の結婚記念旅行が、女房殿の入院で取り止めになったので、その埋め合わせと健康祈願を兼ねて、お伊勢参りに行って来ました。 久し振りの長距離ドライブになるが、有料の阪和道は有田〜和歌山までにして、根来ICから無料の京奈和道を使い、五条ICで降りる。
   人気ブログランキング ボチッとしてね

DSC_0022DSC_0007 それから和歌山街道(R370号線)を吉野川沿いに上り、窪垣内の分岐から、伊勢街道となるR166号線に入る。 途中にオオカミ記念碑が建っていたので、雨の中で小休止をする。

DSC_0012DSC_0024 それから少し走ると、何十年も前に霧氷を見に行った高見山の登山口があり、その高見山トンネルを抜けると松阪市になる。 軽快な走りが出来た道路幅の広い、R166号線に別れを告げ、飯南町粥見からも県道を経て、昼前に伊勢内宮前に到着した。
     人気ブログランキング ボチッとしてね
DSC_0013DSC_0017 「おかげ横丁」をブラブラして、明治、大正時代の懐かしい雰囲気の洋食屋「はいからさん」で、看板メニューのハヤシライス(930円)のランチをした。 デザートは赤福の杏が入った「赤福氷」である。
SN3C0001 それから内宮を参拝し、社務所で今回の旅行の目的のひとつでもある、健康祈願のお守り袋を買った。 1000円の小さなお守り袋だが、高いか安いかは、その人の気持ちの問題だ。 泊まりは、リニューアルオープンした「鳥羽シーサイドホテル」増室記念格安プラン(12,000円/大人一人)を予約しておいた。 続く・・・・

☆人気ブログRankingに参加しています 
一日一回応援クリックお願いします


田舎暮らし ブログランキング 

ジャガランダの花

6-1 (26)6-1 (28) 御坊市塩屋の42号線沿いに大きなジャガランダの木がある。 そのジャガランダの花が満開である。 ジャガランダは世界三大花木のひとつで、桐の花のように華やかな紫色の美しい花を付ける。 しかし、ジャカランダの木は、長く育てないと花を咲かさないとされています。   人気ブログランキング ボチッとしてね

SN3C0006SN3C0003 我が家の庭にもジャガランダの木がある。 家では一番背の高い木になっている。 家を建てて直ぐに苗木を買って植えたので、もう七年が過ぎた。 しかし、まだ花は咲かない。 大きくなって屋根を超えて来たので、昨年に剪定した。

SN3C0001 冬には葉を全部落として、幹だけになるが、この時季に黄緑でシダのような新葉がたくさん出て来る。 そして、夏には良い日陰を作ってくれるので、重宝している。 梅雨入りとなり、周りの田んぼでは田植えが始まった。 蟷螂(かまきり)が生まれ、蛍が舞い、青い梅の実が黄色く色づいてきます。 紫陽花が咲き、さくらんぼが旬となり、鮎漁の解禁もこの季節です。 巡る季節の中で、来年のこの時季には、待望の花が見られるだろうか。

  ☆人気ブログRankingに参加しています 
一日一回応援クリックお願いします


田舎暮らし ブログランキング

見慣れた景色のアジサイ園

DSC_0002 夫婦揃って、まだ、風邪の具合が良くならないが、今日は、この季節にしか見れない、アジサイを見に行く事にしました。 行き先は、田辺市の救馬溪観音内にある、「あじさい曼荼羅園」です。DSC_0005 この時期になると、毎年、入園の割引ハガキが届きます。 大した額ではないが、何故か行きたなるのは、花を見る事で、季節を感じたいからなのかも知れない。
                  人気ブログランキング ボチッとしてね
 体力が落ちているので、園内を一周するだけでも、汗を掻き疲労を憶える。 園内は、毎年同じ山道を歩くが、来る度に新しい発見がある。
DSC_0018DSC_0022
DSC_0008

 今年はアジサイの幹が、全体に大きくなっている事に気が付いた。 幹が高くなると葉が茂り過ぎて、花の豪華さが失われる。 何でもバランスが大切なようだ。 見慣れた景色も、その日の気分や体調によって、感じ方が違うのだろう。
                                 人気ブログランキング ボチッとしてね

DSC_0007DSC_0012
DSC_0020

 今年になってから、夫婦そろってお医者さんのお世話になっている。 気持ちだけは若いが、体がついて来ない。 人生も又、同じことを繰り返しているように見えるが、ひとつ年を取るだけだでなく、見える世界も、少しづつ変わって行くようだ。 

 ☆人気ブログRankingに参加しています 
一日一回応援クリックお願いします


田舎暮らし ブログランキング

周りが活気を帯びて来た

6-2 (2) 六月に入り、我が家の周りでは田んぼに水を引き、田植えの準備が始まった。 今まで枯れていた風景が、活気を帯びて来る。 マイ畑でも遅れていた春作の野菜が順調に育ち始また。 今年のキュウリは、苗と一緒に植えた二期目の種が新芽を出した。
                          人気ブログランキング ボチッとしてね
SN3C0010SN3C0006 キュウリは生長が早く、一度に沢山出来るので、二畝に分けて時間差にして、長く食べれるようにしている。 種から育てるのは初めての事だが、上手く育ってくれればいいのだが。

SN3C0008 スムージーに欠かせない小松菜も、今年の二期目に入るが、無農薬で作る夏場は、虫に食われて食べるところが無くなる年がある。 それでも、無農薬に拘るのは、スーパーで売っていない野菜を作る事に意味があるからだ。
                 人気ブログランキング ボチッとしてね
SN3C0009SN3C0011 種から育てたトマトやナスの苗も、順調に育っているが、美味しいかどうかは分からない。 何年も種を繋いで来ているオクラは、今年も順調に芽生えた。 オクラは一本立てで作るのが普通だが、昨年は真直ぐ育って収穫が楽だったので、今年も4本立てにする事にした。 遅れていた畑が、例年に追い付いたようだ。

 ☆人気ブログRankingに参加しています 
一日一回応援クリックお願いします


田舎暮らし ブログランキング

全部自家製のジャーマンポテト

SN3C0003 昨日は春作の最期となる、ジャガイモの収穫をしました。 今年は一畝しか作らなかったので、収穫量も少ないが、「そうか病」もなく出来は良かった。 早速、女房殿が新ジャガを使って、得意の料理を作ってくれました。 先に収穫した新タマネギと、自家製のベーコンを使ったジャーマンポテトです。 人気ブログランキング ボチッとしてね

CIMG83455-20 (11)ジャーマンポテトは、ジャガイモと玉ネギとベーコンを炒めるだけの料理ですが、ジャガイモを蒸かしたり、庭からローズマリーを採って来て、香り付けをしたりと、意外に面倒な料理だそうです。

SN3C0021 余談になりますが、ジャーマンポテトはドイツの家庭料理だと思われていますが、日本で言う「ジャーマン・ポテト」は、ドイツにはないそうです。 ドイツの「ブラート・カルトッフェルン」(炒めイモ)が近い様ですが、一体どういう経緯で「ジャーマン・ポテト」ができたのか? ジャーマンポテトは現地にはない。 ジャーマン・ポテトは、どこの生まれなんでしょうかね。
                 人気ブログランキング ボチッとしてね
 そして、新ジャガと新タマを使った和食と言えば、何といっても「肉じゃが」ですが、我が家では、この和風と洋風のふたつの料理が、今の時季には、無くてはならない季節料理になっています。

☆人気ブログRankingに参加しています 
一日一回応援クリックお願いします


田舎暮らし ブログランキング

イサキ釣りに

SN3C0002SN3C0005 ランの世話をしていると、釣りの師匠から、今晩イサキ釣りに行くと言う電話が来た。 体の調子はイマイチだが、お供することにした。 磯までは車から降りて30分ばかり歩く。
SN3C0007 煙樹ケ浜と違って、磯は何だかワクワクする。 明るい内は風が強くて釣り辛かったが、グレが一匹釣れた。 日が落ちてから風向きが変わり、釣りやすくなったが、本命のイサキのアタリは全くない。 それどころか、釣りを始めた時に買った愛用の竿が、遠投した瞬間にパンという音と共に折れてしまった。  人気ブログランキング ボチッとしてね

1464390724678 長いこと使っているので金属疲労したのだろう。 竿を変えて再戦したが、ヘダイとイサキを一匹取り込むのが精一杯だった。 まだ少し早いようだが、それでも師匠は、三匹のイサキを取り込んだ。 エサ取りばかりで釣りにならないので、日にちが変わる頃に磯を後にした。 行きは良いが帰りの坂道は堪える。 途中で三度休憩して、やっとの思いで車に辿り着いた。  今日の釣果は27僂離ぅ汽、32cmのグレ、38cmのヘダイが各一匹だけだった。 久し振りの魚に女房殿はご機嫌で、グレは姿作りと、アラ炊きで頂いた。
                      人気ブログランキング ボチッとしてね
SN3C0011SN3C0008 イサキとヘダイは塩焼きにする。 それにしても、20坩幣紊硫拱を担いでの釣行は辛いが、八十近い師匠が、もう良いという迄、お付合いしなくてはならないようだ。
 

☆人気ブログRankingに参加しています 
一日一回応援クリックお願いします


田舎暮らし ブログランキング

無肥料、無農薬で野菜を作る

5-20 (11) 先週は夫婦揃って風邪をこじらせ、うつ状態でしたが、私も、お医者さんの世話になって、今週になって何とか動けるようになりました。 気になっていた晩生のタマネギの収穫と、春野菜の植え付けを終える事が出来ました。 今年の春野菜は、種を買って育てた苗と、固定種を繋いだ種を撒きました。 人気ブログランキング ボチッとしてね

5-20 (6) オクラの種は、もう7年目に入ります。 私が無農薬で野菜を作り始めたのは、農薬会社に疑問を持ったからです。 人は明治維新以後、農薬に頼るようになり、自然と共生する農業を放棄した。 その結果が農薬会社を大きくしただけで、野菜の病気は根絶出来ていない。 農薬は症状を抑える事は出来ても、完治することは出来ない。 本来なら病気の出ない種子を継承することが責務ですが、農薬会社の世話にならなければやっていけないのが現状である。
                       
5-20 (5) マイ畑は無農薬で作り始めて、もう7年が経ちました。 土壌PHは、常にアルカリ性が強い土になっています。 与える肥料は液肥だけですので、土には肥料が残りません。 液肥を与えない時の畑は、無肥料、無農薬の土なのです。 今年のキャベツやブロッコリーは虫も付かず、立派に育ちました。
                           人気ブログランキング ボチッとしてね
5-20 (12) これからは、液肥の量も減らして行き、完全な無肥料、無農薬で作って見たいと思っています。 植物は光合成によってブドウ糖を作り、それをエネルギーとして生きています。 言い換えれば、太陽と雨水さえあれば十分に育つのです。 その自然の摂理を壊すのが、農薬と肥料なのです。 農薬会社の遺伝子組み換えや、FI種の種を使わないと、やって行けない農業になってしまったのです。

 ☆人気ブログRankingに参加しています 
一日一回応援クリックお願いします


田舎暮らし ブログランキング 
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
livedoor 天気
アクセスランキング
ご協力お願いします。
ランキングは管理人の励み


家庭菜園 ブログランキングへ
訪問者数
  • 累計:

娘の相棒が本を出しました
マコとモコ



もここー


連載漫画『ポテン生活』配信ページはこちら

つくりばなし-1


並み盛   
 並み盛サラリーマン




ポテン生活10
 ポテン生活<完>



ポテン9
 ポテン生活(9)



ポテン8
 ポテン生活(8)

image02

image01

ポテン6-1

並み盛2

ポテン5-1




image01

2010/08/23 ポテン生活(4)が販売されました。

ポテン生活3

2010/02/23 ポテン生活(3)が販売されました。

ポテン生活2
2009/08/21 ポテン生活(2)が販売されました。

ポテン生活の壁紙が発売になりました。

ポテン生活
二冊目の単行本”ポテン生活(1)”は講談社から出版になりました。

大賞
講談社の「MANGA OPEN賞」の大賞に輝きました。


ユルくん
初めての単行本”ユルくん”です。


  • ライブドアブログ