IMGP0989今週に入ってからの煙樹ヶ浜はマゼ(南風)が吹き、魚釣りの出来ない日が続いています。今日も雨模様で海は波が高く、釣り人は見当たりません。そろそろ魚釣りに行きたいところですが、雨が上がって北からの風に変わり、波も穏やかになる21日(金)頃には出撃する予定です。

魚釣りが出来なくても、やることは沢山あります。ネットで注文したメイプルレインボーが届きました。今まで庭の花木は安価な物ばかりを買ってきて植えたので、大きな花木でも2mくらいしかなく、我が家の高低差がない庭が、よりベッタリとして見えます。

そこで、今回は少し奮発して、我が家の軒高と同じ3.2mの『メイプル・レインボー』を注文してみました。奮発といっても送料を合わせても15,000円くらいの品物です。メイプル・レインボーは別名、花散里(ハナチルサト)といい、カエデ科のトウカエデの一品種で、”七彩をまとう森の贈り物”といわれています。そして、昔から『七』は縁起のよい数字とされています。

IMGP0987春の芽出しから葉の色がPINK、LIGHT PINK、 WHITE、YELLOW、LIGHT GREEN、GREEN、REDと変化していきます。その姿はまるで花が咲いているように、刻々と葉の色が変わるそうです。
ロマンチックなキャッチコピーに釣られて思わず買ってしまいましたが、枯れかけているハナミズキを抜いて、花壇の中心に植え替えてみると、美しい新芽は存在感があり、庭に奥行きが増し、まさに”ビンゴ”でした。

しかし、植えた途端に海からの強いマゼに吹かれて、今にも新芽がちぎれそうに揺れています。風には強いといわれていますが、半端ではない美浜町の風に負けずに、大きく育つことを願うばかりです。

七彩をまといしカエデ届けられ我が家の庭にそびえ立つなり by/ハカマ


☆人気ブログRankingに参加しています☆
一日一回応援クリックお願いします・・・・・・

リンクバナ−2