11-24 (6) 秋も深まり、今週に入ってから寒い日が続いている。 女房殿に言われ、今シーズン初めて暖炉に火を入れた。 やはり暖炉の火は、エアコンと違って空気が乾燥しないので、人に優しい暖かさがあるように思う。11-24 (23) ただ、暖炉に火を入れると、世話をする時間が取られるので、子供や孫が来た時か、余程、暇な時以外は、焚かない様になってしまった。 先日、貝塚市の「国華園」に土を買いに行った時、吊るし柿を見つけて買って来た。
        
11-24 (26)11-24 (28) 毎年この時期になると、我が家では吊るし柿を作っている。 「あたご柿」の名称が付いて、5kg入りとなっている。 全部で25個入っていたので、一つ200g相当の大きさだ。 
11-24 (29) 出来上がった吊るし柿は収縮して小さくなるので、なるべく、大きめな柿を選ぶようにしている。 少し大振りな渋柿を、皮むき器で尖った先から剥く。 何故か、ヘタの方から剥くと上手く行かない。 剥いた柿はサッと5秒ほど湯通しし、消毒してから、紐で括ってデッキに干した。 暖炉の火入れと吊るし柿が、我が家にとっては、晩秋の風物詩と言えるだろう。

☆人気ブログRankingに参加しています。
一日一回応援クリックお願いします

海釣りランキング