田舎暮らし・煙樹ヶ浜(えんじゅがはま)だより

住み慣れた都会を離れて、田舎の自然と共に暮らす団塊夫婦のセカンドライフ。
和歌山県日高郡美浜町より・家造り・田舎暮らし・釣情報・家庭菜園・ガ−デニングなどの日々をつづります。

2013年03月

釣ったアジを美味しそうに食べてくれた

CIMG7838 昨夜は、孫娘に美味しいアジの刺身を食べさせてやりたいと思い、煙樹ヶ浜に出撃した。 浜には湯浅のS氏がいたが、良い情報がないので、他には釣り人は居らず、二人だけの貸切状態である。 六時半頃から電気ウキを点灯して釣り始めたが、アタリがないまま八時を過ぎ、諦めかけた九時半ごろに、やっと一匹目が釣れた。

CIMG7839 しかし、その後が続かず、十時には諦めてS氏も帰ってしまった。 私はもう少し粘って、何とか一匹を追加して、十一時半ごろに納竿し、誰もいない浜を後にした。 昨夜の釣果はレギュラーサイズの30cm弱のアジが2匹であったが、もう以前のような群れはいないようで、釣れるのは通りがかりのアジだけのようだ。  

DSC_0010CIMG7840 今日の午後の三時ごろ、娘の家族四人がやって来た。 早速、孫娘二人は、田んぼに入って、レンゲ摘みを楽しんでいた。 そして、夜には、昨夜釣ったアジの刺身が乗ったテーブルを囲んで、久しぶりに賑やかな夕食を楽しんだ。 アジの刺身を美味しそうに食べる孫を見て、私も嬉しかった。 私達夫婦が田舎暮らしをする、ここ美浜町は、孫達にとって古里のような土地になるような気がする。

☆人気ブログRankingに参加しています
一日一回応援クリックお願いします

田舎暮らし ブログランキング

日々のリズムを狂わせないように

CIMG7819 今年の桜の開花は早いようで、もう、こちらでは満開になっています。 あまり開花が早いので、花見をするリズムも狂います。 二月の初めにj植えたジャガイモが、雨が降った翌朝は、土を切って新芽を出します。 新芽はたくさん出るので、芽が出揃ったところで芽欠きを行い、2本仕立てとします。

CIMG7821 そして、昨年に植えたタマネギの玉も膨らんできました。 野菜は葉の生長が盛んになるころと、根の生長が旺盛になるころの間には、40日くらいの「ずれ」があるそうです。 タマネギやジャガイモのように、土の中で大きくなるものは、葉を立派に育てないと、イモも大きくならないそうです。 

CIMG7832 イチゴは、北風の強い頃は、地面に這いつくばって休眠していた葉が立って、新芽を出し、花が咲き出しました。 花芽分化には気温と日長が関係しています。 生物は自然の営みを測る体内時計を持って生まれてくるのです。 人間にも体内時計があり、この体内時計が狂った時に、時差ボケ現象が起こります。 

寒かった冬が嘘のように、ここに来て、すっかり春らしくなって来ました。そして、野菜の生長が著しく目に見えて来ました。 人間も野菜と同じように、日々のリズムを狂わせないように過ごす事が、健康の第一歩と言えそうですね。

☆人気ブログRankingに参加しています
一日一回応援クリックお願いします

田舎暮らし ブログランキング

頑張ってアジ2匹

CIMG7824今夜はコンディションが良さそうなので、夕食を済ませて、暗くなってから、ひとりで煙樹ヶ浜に出撃した。 丁度一週間振りになる。 先週の土曜日は大勢の人だったが、今夜は釣り人が少ない。 たまには、ひとりで釣りをするのも、のんびりして良いものだ。 


CIMG7825 海水温は15.5度あり期待したが、八時を過ぎてもエサ取りばかりで、アジのアタリはない。 周りでも釣れている様子がないので、諦めかけた十時ごろに、やっと30cm弱のレギュラーサイズが釣れた。 気を取り直して、十一時半ごろまで頑張って見たが、1匹を追加するのがやっとだった。 

CIMG7826 帰り際に由良のN氏が来たので、釣果を聞いてみたが、ボーズのようだった。 ここ、二、三日でも、一、二匹しか釣れていないそうだ。 N氏も、今年のアジは、もう、お終いだと言っていたが、私は春休みになって、今月の末にやって来る孫娘二人に、この甘いアジの刺身を食べさせてやりたいと思っている。 まだ卵を抱えているアジさんには、もう少しの間、煙樹ヶ浜に留まっていて欲しいと思うのであります。

☆人気ブログRankingに参加しています
一日一回応援クリックお願いします

田舎暮らし ブログランキング

早朝の霧吹き

CIMG7791 寒蘭は朝日を好み、夕日を嫌うと言われています。 そして、寒蘭の葉には、葉の先端部が下に垂れずに、逆に上に向かってすくい上げるようになった、「露受け葉」という葉があるくらいで、葉からも水分を摂取するのです。 しかし、それを逆に考えれば、乾燥には弱いということになります。 

CIMG7804 そのために、空気が乾燥する日が多いこの季節は、朝日の入る早朝に、散水ノズルを「キリ」のパターンにして、霧吹きを実践しています。 霧を吹いてやると、朝霧を浴びたランの葉は、朝日に照らされ、とっても喜んでいるように見えます。 

CIMG7806CIMG7798 そして、冬の間は休眠していた秋に出た新芽は、この暖かさで再び伸びて来ました。 今年の早い株は、もう土の中に、小さなアタリ(新芽)を付けているものがあります。 まだ寒い日もありますが、三寒四温を経ながら、待ち遠しい春がやって来ます。

☆人気ブログRankingに参加しています
一日一回応援クリックお願いします

田舎暮らし ブログランキング

人が多過ぎて アジが驚いたか?

CIMG7802今シーズンの最後となりそうな寒波が過ぎて、今日は良い天気です。 満を持していたように、釣りの師匠から、今晩行きたいという電話があった。 見に行った海は土手は低いが波が無いので、釣りは出来そうだと連絡した。 
田舎暮らしの先輩N氏も誘って、10日振りに煙樹ヶ浜に出撃です。 六時ごろに駐車場に着いたが、土曜日でもあり、浜にはアジ釣りと思われる人が、ざっと見て40人は来ている。 師匠とN氏と三人並んで釣り座を構えて、測った水温は15.5度ある。 

 波は無いがウネリがあり、土手が低いため後ろに下がって釣り座を構えた。 暗くなるのを待って戦闘開始である。 八時ごろから食いが立つと思っていたが、今夜は八時を過ぎてもエサ取りばかりで、まったくアタリがない。 九時を過ぎて、諦めた人が帰りだした頃、N氏が30cm弱のレギュラーサイズを釣り上げた。 これからだと期待したが、その後も当たりはなく、10時ごろに納竿とした。 

暗くなってからも人が増え、大勢の釣り人がいる中、周りを見ても釣れている様子はなかった。 N氏の釣った一匹が、今夜の煙樹ヶ浜では貴重な一匹のような気がした。 私と師匠はボーズだったが、今夜は余りにも人が多くて、アジが驚いたのではないだろうか。 師匠は、今年のアジはもう終わりだというが、私は後1〜2回様子を見てみたいと思っている。。。。

☆人気ブログRankingに参加しています
一日一回応援クリックお願いします

田舎暮らし ブログランキング

やもめ暮らしの夕食 ”独りでは気分が乗らない”

CIMG7731CIMG7726 やもめ暮らしでも、夕食は少し手の込んだ料理が食べたくなります。 湯豆腐は、簡単にできる鍋の代表ですね。
 この”うなぎ丼”は、御坊のウナギ専門店「川常」で一匹買って、六枚に切ったものを(頭はピロ君用)、三つ載せれば豪華な”うなぎ丼”に、質素に二つなら三度食べれます。 レンジで温め直しても、備長炭で焼き上げた香ばしさは変わりません。

CIMG7770CIMG7769 冷凍の「鶏しょうが鍋」は簡単に出来て、うどんまで入った豪華な一人鍋です。 ちゃんこ鍋のようですが、しょうがの味が何とも言えないこの鍋は、私のお薦め鍋です。

CIMG7776CIMG7778 前にも一度載せた、「豚肉と白菜の重ね蒸し」です。 これは、私が唯一自慢できる、簡単に出来る手料理ですが、卓上のタジン鍋で蒸し上げれば、雰囲気も出て美味しく頂けますよ。

CIMG7783CIMG7782 そして、今回の新しいレパートリーは、野菜炒めです。 ニンジン、キャベツ、ピーマンの野菜と豚肉100gをフライパンで炒めた簡単料理です。 レトルト物ばかり食べるので、今回は奥さんから、簡単に出来る、生野菜を使った料理を教えて頂きました。

 今日、奥さんから連絡があり、明後日の日曜日には帰って来るそうです。 半月の”やもめ暮らし”でしたが、三度三度の食事の献立と、後片付けばかりが気になって、肝心な仕事が出来ませんでした。 天候が悪い日が多かったこともあるが、天気の良い日は魚釣りに気が行ってしまいます。 奥さんが楽しみにしているデッキの屋根も、殆ど手付かずでした。 やはり、独りでいると、張り合いがないのか、気分が乗らない日が多かった、今回の”やもめ暮らし”でした。

☆人気ブログRankingに参加しています
一日一回応援クリックお願いします

田舎暮らし ブログランキング

やもめ暮らしの昼食 ”レトルト食品を楽しむ”

CIMG7749CIMG7773 今日は”やもめ暮らし”になってから、三度目の洗濯です。洗濯は、案外、簡単に出来るので、苦になりません。 昼食は簡単にできる、麺類かレトルト食品で済ませます。 レトルト食品と言っても、名前の通っている商品を、宅配で取り寄せたり、スーパーで買ってきて楽しんでいます。 店屋物の代表が「吉野家」の牛丼です。 

CIMG7737CIMG7736 これは御坊のスーパーでも手に入る「”得正”のカレーうどん」です。 私は、食堂ではカレーうどんを滅多に食べませんが、作り方も簡単な、この「”得正”のカレーうどん」は大好きで、スープまで残さず飲んでしまいます。

CIMG7750CIMG7751 ラーメンも沢山ありますが、これは、豚骨醤油タレの「和歌山ラーメン」です。 作り方は少し手間が掛かるが、麺とスープだけが入ったものを買って来て、自家製のベーコンを入れて食べています。

CIMG7784CIMG7780 そして、カレーも沢山の種類があります。 左の「海軍カレー」は、昔懐かしいカレーの味を思い出させてくれます。 右は、伊丹に住んでいた頃、よく行った神戸三田屋のカレーです。 高級レストランのカレー味が楽しめます。   

 家に居ながら、全国の美味しい物が食べられる、便利な世の中になったことを、つくづく感じます。 これから先は、一人暮らしの家が増えてきますが、食べ物には困らないようですね。。。。

☆人気ブログRankingに参加しています
一日一回応援クリックお願いします

田舎暮らし ブログランキング

やもめ暮らしの朝食 ”物は考えよう”

CIMG7759CIMG7755 ”やもめ暮らし”を二週間もすれば、要領も良くなります。 朝食は、和食と洋食を交代に、簡単をモットーに作っています。 和食は、卵かけご飯や、目玉焼き、味付け海苔とゴボ天など。 それと、お湯を注ぐだけの即席味噌汁です。 五分もあれば出来上がります。 

CIMG7747CIMG7745 洋食は、食パンやフランスパンを、薄く切った自家製のベーコンと一緒にオーブントースターに入れ、この間に、即席のコーンスープをカップに入れてお湯を注ぎ、りんごを剥いて、牛乳をコップに入れれば、これも五分あれば出来上がりです。 

CIMG7748 始めは食事を作るのが面倒臭さいが、慣れれば、奥さんの小言も聞こえない空間で、食後のコーヒーを入れて、自由な時間が待っています。 寂しさはあるが、物は考えようで、本当に、独りになった時の練習をしていると思えば、半月ばかりの”やもめ暮らし”も良いものですよ。。。。。

☆人気ブログRankingに参加しています
一日一回応援クリックお願いします

田舎暮らし ブログランキング

懐かしの阪急百貨店

CIMG7766CIMG7760 今日は「三九会」の集まりで梅田に出かけた。 大阪駅裏の高層ビルも完成して、やっと落ち着いたようだ。 大阪に行くと、いつも寄る本屋の入り口には ”アベノミクス”のことを書いた書籍が並んでいる。 アベノミクスに踊らされるように円安が進み、実体がないのに株が上がり、まるでバブルの様相を呈している。 

CIMG7763 そして、「阪急百貨店」もすっかり新装開店して、見違えるようになっていた。 12Fの食堂街で昼食を食べ、大きな吹き抜けのある「祝祭広場」でお茶をして、夜遅くになって帰ってきた。
CIMG7765 阪急百貨店といえば、子供の頃、親に連れられて買い物に行った折、屋上の遊園地で、乗り物に乗って遊んだことを思い出す。 そして、大食堂でいつも食べた、鶉の卵が、たれのフタに乗って出てくる”ざるそば”の味は、今でも覚えている。 あの頃の日本は、活気に満ち溢れていたように思われる。

CIMG7767 ちなみに昭和34年当時の食堂献立の値段です。
大食堂:ランチ100円、ビーフカツ50円、ライスカレー70円。
ランチパーラー:コーヒー50円、ホットケーキ60円、フルーツジュース70円。
グリル:カレーライス100円、ハンバーグステーキ100円、えびフライ150円、ビーフカツ100円。
甘味横丁:鰻丼150円、焼めし100円、富士カクテル(氷)50円。

☆人気ブログRankingに参加しています
一日一回応援クリックお願いします

田舎暮らし ブログランキング

潮の流れが明暗を分けたか・・・

CIMG7756 昨日は、釣りの師匠と、田舎暮らしの先輩のN氏から、アジ釣りに行くという連絡があった。 気ままな”やもめ暮らし”は、即、OKの返事。 ピロ君に早めの散歩をさせて、それからスーパーで夜食を買い込み、煙樹ヶ浜に出撃です。 浜には湯浅のS氏も来ており、いつもの四人が並んで竿を出した。 今夜はコンディションが良いので、波打ち際に沿って、ヘットライトの灯りが点々と見える。

CIMG7757 今夜も八時ごろから食いが立って、釣れ続いたが、干潮から潮が満ちる頃に、それまで止まっていた潮が、急に速くなった。 潮下の私とN氏(12匹)は二桁に乗せたが、潮上の師匠とS氏は一桁止まりだった。 潮の流れが明暗を分けたようだ。 昨夜の釣果は30cm足らずのアジが14匹です。 

CIMG7758 アジの保存食はたくさん作ってあるので、晩のおかずに一匹だけ残して、今日は朝からアジを配って回った。 Uターン組や松林ボランティアの仲間、そして、釣り道具屋にも届けた。 お礼に卵や蜂蜜、それに、お餅も頂いた。 これがほんとの”持ちつ持たれつ”、ということになりそうですね。 まだまだ楽しめそうな、煙樹ヶ浜のアジ釣りです。

☆人気ブログRankingに参加しています
一日一回応援クリックお願いします

田舎暮らし ブログランキング
メッセージ

名前
メール
本文
読者登録
LINE読者登録QRコード
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

ハカマ

昭和24年生まれの団塊世代です。住み慣れた都会を離れて、残された人生を楽しむために、温暖な気候の和歌山県美浜町にやってまいりました。 見知らぬ土地で暮らすことの不安はありますが、それよりも、今までの人生とは違った「夢と喜び」を、新しい環境で見つけていきたいと思っています。
座右の銘 ”足るを知る者は富む”





livedoor 天気
アクセスランキング
ご協力お願いします。
ランキングは管理人の励み

釣り・フィッシングランキング
訪問者数
  • 累計:

娘の相棒が本を出しました
マコとモコ



もここー


連載漫画『ポテン生活』配信ページはこちら

つくりばなし-1


並み盛   
 並み盛サラリーマン




ポテン生活10
 ポテン生活<完>



ポテン9
 ポテン生活(9)



ポテン8
 ポテン生活(8)

image02

image01

ポテン6-1

並み盛2

ポテン5-1




image01

2010/08/23 ポテン生活(4)が販売されました。

ポテン生活3

2010/02/23 ポテン生活(3)が販売されました。

ポテン生活2
2009/08/21 ポテン生活(2)が販売されました。

ポテン生活の壁紙が発売になりました。

ポテン生活
二冊目の単行本”ポテン生活(1)”は講談社から出版になりました。

大賞
講談社の「MANGA OPEN賞」の大賞に輝きました。


ユルくん
初めての単行本”ユルくん”です。


  • ライブドアブログ