田舎暮らし・煙樹ヶ浜(えんじゅがはま)だより

住み慣れた都会を離れて、田舎の自然と共に暮らす団塊夫婦のセカンドライフ。
和歌山県日高郡美浜町より・家造り・田舎暮らし・釣情報・家庭菜園・ガ−デニングなどの日々をつづります。

2015年05月

気になる事

DSCF6111 春作の畝が一段落したので、今まで気になりながら、そのままになっていたことに取り掛かる。 気になる事と言えば、ラン舎の事しかない。  私の頭の中は、一年中ランの事で一杯だ。 頼まれ事を後回しにして、ランの事を優先するので、奥さんはご機嫌斜めだが、こればかりは譲れない。 五月に入ってから晴天の日が多く、、ラン舎の気温は30度を超える日が続いている。   人気ブログランキング ボチッとしてね

DSCF6114DSCF6110 照度も一万ルクスを超える場所が多くなった。 葉にダメージが起きる前に、寒冷紗を張り替えなければならない。 黒い寒冷紗を外して、銀色の遮光ネットを二枚にした。 写真は夕方に撮ったので暗く映っているが、8000〜9000ルクスの程よい照度になっている。

DSCF6122 これで、気になっていた照度は一安心であるが、もう一つ気になることが残っている。 それは、ペレポスト炭素循環栽培を始めてから、置き場の棚が狭くなり、今までの鉢の割り付けでは、無駄が多くなって、上手く行かなくなっていることだ。 ペレポスト炭素循環栽培では、4.5号〜5号鉢を多用するので、鉢を掛ける棚の間隔を狭くして、もう一列増やすことにした。 今まで掛けていた鉢を全部非難させてから、桟を全部外して組み直す。 少しでも湿度が保てる棚中央の三分の一だけを、今まで通り5.5と6号鉢が掛けるようにして、両端は一列増やして、4.5と5号鉢の専用とした。 
   人気ブログランキング ボチッとしてね
DSCF6123 重要なことはしっかりと考え、練ってから動くべき、と考える人もいるかもしれない。 けれど、私は気になる事があればあるほど、じっと考えず具体的に行動しながら検証する。 イラチの性格からかもしれないが、その方が失敗することもあるが、スピーディーに解決するケースが多いからだ。  鉢を元通りに掛けたら、余裕が出来てスッキリした。 これで当分の間は、安らかな気分で過ごせる。 

 ☆人気ブログRankingに参加しています 
一日一回応援クリックお願いします


田舎暮らし ブログランキング  

タマネギの収穫

DSCF6082 昨日は天気が良かったので、朝日が昇ると同時に畑に出て、枯れて倒れた玉ねぎを抜いた。 土が湿っていると、泥で表面が傷つき、雑菌が侵入して痛みやすくなる。 葉の部分を持って引っ張ると簡単に抜ける。 例年に比べて小振りな玉が目立つ。
  人気ブログランキング ボチッとしてね

DSCF6086DSCF6084 抜いた玉ねぎはマルチの上に並べて一日乾燥させる。 夕方近くに再び畑に出て、タマネギの葉の部分を40儖婿弔靴得擇蠎茲蝓一輪車でデッキに運んだ。 雨の心配のいらないデッキで一晩置いておく。
DSCF6089 今日は玉ねぎを吊るす準備をするが、ネットで買った豚バラのベーコン作りと重なって忙しい。 今までは、抜いたままで吊るしていたが、今回は飴色の薄皮を剥いてから吊るすことにした。 一手間かける事で後が楽になる。 二個〜三個の玉を、ビニール紐の両側に結んで縛る。
                          人気ブログランキング ボチッとしてね
DSCF6091 皮をむいた白くて美しい新タマを、裏の物置に吊るす。 毎年の事なので、吊るすための鉄パイプが天井に取り付けてある。 薄皮をむいた新タマは、ある程度乾燥したら紐を切って、コンテナに取り込む。 長い期間吊るしていると、腐った玉ねぎが落ち出すので、コンテナで保存する事にした。

DSCF6108 今日は奥さんと二人で忙しい一日だったが、ベーコンとカシワ、チーズの燻製も無事に終わった。 明後日、伊丹まで知人の病気見舞いに行くので、その序でに宝塚の娘のマンションに寄って、孫が好きなチーズの燻製と、新タマやベーコンを届けてやろうと思っている。 私はそうでもないが、何かに付けて、孫に会いに行く奥さんである。

 ☆人気ブログRankingに参加しています 
一日一回応援クリックお願いします


田舎暮らし ブログランキング  

オクラのお話し

DSCF6068 マイ畑で一番長い期間、種を繋いでいる固定種はオクラです。 種を手に入れてから、今年で五年目になります。 今日はソラマメの畝を潰して、孫娘が喜ぶオクラの種を植えました。 オクラはアオイ科のハイビスカスの仲間です。 「オクラ」という音から、日本語の野菜名のように聞こえますが、実は英語の「Okra」をそのまま読んだもので、アフリカの原産地の地名です。  人気ブログランキング ボチッとしてね

DSC_0805 (4) オクラに含まれる、ぬめりの成分はガラクタン、アラバン、ペクチン、といった食物繊維で、ペクチンは整腸作用を促しコレストロールを排出する作用や、便秘を防ぎ大腸ガンを予防する効果があると言われています。 私はオクラを作る時は、マルチの穴ひとつに四本立てとします。 オクラは生長が早ので、普通の1〜2本立てでは、実が大きくなるのが早過ぎるのです。 10cm以上に巨大化したオクラは硬くて食べれないので、無理に株を増やして成長を遅らせる方が、収穫が容易なのです。
                             人気ブログランキング ボチッとしてね
DSCF6075 そして、四本立てにすると、わき芽が出ないので真っ直ぐに育ち、作業もし易く、見た目も美しいのです。 オクラは黄色の美しい花を咲かせ、五角形の細長い実が成ります。 五角形は自然界では力に対しとても安定している形状で、特に全方向に力のかかる物にはこの形が多いようです。 五角形というのは黄金比を隠し持っていて、大変美しい図形である。 平面に並べてみても必ず隙間が出来てしまう。 

 つまり、密集しても必ず隙間が出来るので、風通しがよく、病気にかかり難いということなのでしょうか。 オクラひとつとっても思う事が沢山あります。 植物の世界は奥が深く、不思議なことばかりで退屈しません。 孫はサッと茹でたオクラに、醤油をかけて食べるのが好きですが、天ぷらやカレーに入れても美味しく頂けます。 これからの季節はオクラを食べて、夏バテを解消しましょう。

 ☆人気ブログRankingに参加しています 
一日一回応援クリックお願いします


田舎暮らし ブログランキング  

春作の第三弾 スッキリしたが・・・

 DSCF6067奥さんの同窓会があって、宝塚の娘の所に泊りがけで行っているので、又、気楽なやもめ暮らしです。 前にも書いたが、私はひとりになった方が体が良く動く。 この二、三日は、春作の作業で忙しい。 今年は背が高くなり過ぎて、ジャングルの様になっていたエンドウ類の畑を潰して、トウモロコシを植えました。
                  人気ブログランキング ボチッとしてね
DSCF6062 トウモロコシは、毎年、種を繋いで固定種を植えていたが、昨年は出来が悪かったので種は採らなかった。 そのため、今年は種を変えて、F1種のピーターコーンを買って植える事にしました。 黄色と白色の粒が3:1に混じり、粒皮が薄く、柔らかて甘味の強い品質だそうです。 トウモロコシは、一本の木に実をひとつしか採らないので、三つの畝を使います。 高畝に液肥を撒き、マルチを張って穴を空けて、3〜4粒を撒きます。 三ヶ月足らずで採れる早生種なので、奥さんが、東京の娘の出産を手伝いに行くまでに収穫出来ます。
                                       人気ブログランキング ボチッとしてね
DSCF6066  植え終わったら、畝と畝の間に雑草除けのシートを張るので、我が家の畑は、真っ黒な畑になります。 タマネギの葉が倒れだしたので、そろそろ収穫時期になりました。 今年は、倒れる前にトウが立って、ネギ坊主が出来た物が幾つか有りました。
DSCF6065 春先の日光不足が原因のようですが、地球上のすべての生き物は、微妙なバランスの生態系の上に成り立っているようです。 植え終わって見れば、畑がスッキリしました。 しかし、タマネギの収穫後には、キュウリなどのウリ類を、ジャガイモの収穫後には、サツマイモを植える作業が、まだ、残っています。 

☆人気ブログRankingに参加しています 
一日一回応援クリックお願いします


田舎暮らし ブログランキング  

ツツジと枯山水とボードゲーム

DSC_0001 昨日は、台風一過の良い天気になりました。 新聞で、葛城山のツツジが見頃になった記事を見つけて、奥さんと二人で行って来ました。 季節の花は、タイミングがあるので、当然、満開時期には観光客が殺到する。
DSC_0030 それを見越して、朝の六時半ごろ家を出発した。 駐車場にはスムーズに入れたが、ロープウェイに乗るのに、40分ほど待たされた。 山頂は、暑く感じた麓に比べて6度ほど低く、丁度いい気温だった。 ロープウェイ乗り場から15分くらい歩くと、つつじ園に着く。
                        人気ブログランキング ボチッとしてね
DSC_0042 園の山麓を真っ赤に染めて、満開のツツジが咲き誇っている。 赤い絨毯の中で、早目の昼食を食べた。 つつじ園を一周してから葛城山頂に向う。 山頂から見える新緑の金剛山が美しい。 私達夫婦が登山を始めた20年前のこの季節に、千早本道の登山口から金剛山頂を超えて、水越峠に下り、それから葛城山に登る縦走をした。 そして、下りのロープウィエが二時間待ちだったので、歩いて下山した事を思い出す。
DSC_0048 当時の健脚を思うと、今は葛城山頂を一周しただけで、ヘロヘロになる情けない状態だ。 昼前にロープウェイ乗り場に戻ってきたが、降りは待ち時間なしで乗れた。  ロープウェイを降りてからは、これから登る車が数珠繋ぎになった様子を横目に見ながら走り、次の目的地の粉河寺に向かう。 私はイラチで、渋滞に巻き込まれることが我慢できないので、車で出かける時は、極力、渋滞を避けるプランを立てるようにしている。 
                                    人気ブログランキング ボチッとしてね
DSC_0060 粉河寺は奈良時代末期の開創になり、西国三番札所でもある。 当時は繁栄していたが、秀吉の紀州攻めに遭い、根来寺と共に、多くの寺宝を焼失している。 それにしても、戦国時代は想像を絶する酷い時代だったようだ。 この二つのお寺は、徳川時代になってから復興した。DSC_0055 和歌山は徳川家とのゆかりが深い所だった事が良くわかる。 本堂も雄大であるが ツツジの花を添えた、国指定名勝の枯山水庭園は印象的だった。  和歌山の雑賀崎の青石(緑泥片岩)、琴浦の紫石(紅簾片岩)、竜門山の竜門石(蛇紋岩)の名石を用いていると、表札の説明書きにあった。 

DSC_0057 ” 如何にして、この石を運んだのだろう ” と、下衆な思いが湧いた来るが、その枯山水の渋すぎる世界観を争うボードゲームが、隠れたヒット作になっているそうです。 最も、「わびさび」を表現した庭師が勝利者となるゲームだそうです。 日本文化の「わびさび」の美意識が、世界に認められたという事でしょうかね。 

☆人気ブログRankingに参加しています 
一日一回応援クリックお願いします


田舎暮らし ブログランキング  

家族を繋ぐ贈り物

DSCF6055  北海道の息子の嫁から、母の日のプレゼントが届いた。 わざわざ取り寄せたもので、創業が延宝三年(1675年)の仙台銘菓、「霜ばしら」というお菓子だ。 霊峰、蔵王の峰々が真白に冬の粧いを整え、麓にも霜ばしらが立ち始める頃、菓子職人の手作業によって製造がはじまる冬限定の商品で、「口に含むと舌の上でとろけ、巡る季節を感じる風雅な香りと甘露が流れて来る」、と記されている。 その説明書通りに、甘い霜柱を口に含んだような、初めて味わう食感である。   人気ブログランキング ボチッとしてね

 それにしても、うちの嫁は、いつも心に残る珍しい物を送ってくれる。 一年に一度、会うことも無く、遠く離れて暮らしているが故に、心に残る贈り物となる。 息子と家内は、時々、電話で話をしているようだが、私には用事がある時以外は電話も来ない。 どうしても、息子と親父の関係は、ぎこちなく、よそよそしいものである。 その事が分かっているかのように、珍しい贈り物をする事で、家族を繋いでくれているようだ。 また、日本海フェリーに乗って、息子夫婦に逢いに行きたくなった。  

☆人気ブログRankingに参加しています 
一日一回応援クリックお願いします


田舎暮らし ブログランキング 

人混みの中に身を置きたくなることもある。

DSCF6054 今日は御坊市の日高川ふれあい水辺公園で行われている、「みやこ姫よさこい祭り」に行って来ました。 見に行くのは、昨年に続いて二回目となりますが、天気が良いので広い河原は車で埋まっていました。 メーンステージと芝生パレードの二ヵ所で、午前と午後に分かれて行われる。  人気ブログランキング ボチッとしてね   
                        

DSCF6040 フリーマーケットや物産市も、たくさん出て賑わっている。 地方を元気にするこの祭りは、今年で九回目となるが、日高地方では最大のイベントのように思う。 次から次へと出て来る派手な衣装と踊りは、どれも精力的で活力に溢れている。 踊りも去る事ながら、翻る大きな旗が印象的だった。 最後に和歌山名物の餅まきがあるが、車が混むので餅まきには参加せず、早目に引き上げた。 
                                      人気ブログランキング ボチッとしてね
DSCF6045-1 年と供に、入場料を払って見に行く、スポーツを初めとする種々のイベントは、商魂の塊のように思えて見に行かなくなった。 特に、サッカーのWカップやオリンピックのように、「見ない方がおかしい」、と思わせるような押し付けをするのが嫌いで、テレビでさえ見なくなってしまった。
DSCF6034 そして、こちらに来てからは、人混みの中に入ることさえ煩わしく思っていた。 しかし、「みやこ姫よさこい祭り」や、餅まきイベントのように、奉仕活動の一環として地方を元気にしようと思う人や、風習を継承して頑張っている人達の事を思うと、時々、人混みの中に身を置きたくなることもある。 

 ☆人気ブログRankingに参加しています 
一日一回応援クリックお願いします


田舎暮らし ブログランキング 

K・Yでも良いのでは

DSCF6025DSCF6029今日も松林ボランティアから帰って来てから、昼食を食べる時間も惜しんで、ランの植え替えをした。 孫たちが帰ってから、今週は殆んど蘭舎で過ごしている。 その甲斐があって、処分を考えていた古株20鉢と、ウィルス病の疑いで隔離した10鉢全部を、ペレポスト炭素循環栽培で植え替えが終わった。  
         人気ブログランキング ボチッとしてね 

DSCF6030DSCF6024 諦めていた古株から新芽が出たり、病気の株が健全な株になったら、儲けものである。 最後に、植替え時期が過ぎていた健康な株で、今年、花を見ることが出来る二鉢を、ペレポスト炭素循環栽培で植え替えてみた。 どんな花が咲くか楽しみである。 ブログはランのネタしかないが、私は夢中になることが出来ると、周りが見えなくなる。 現在風に言えば、空気が読めないK・Yな人になるのである。
                  人気ブログランキング ボチッとしてね
DSCF6032 その場の空気を読むことが、周りと同調する事なら、私はK・Yでも良いと思っている。 戦争に反対した人達を、K・Yな「非国民」と呼んだのは、戦前の日本である。 マスコミは大本営の発表を垂れ流し、失わなくても済んだ、尊い人命を犠牲にした。 そして、敗戦の総括が出来ないこの国の体質は、今も変わらず温存されている。 大事なことは空気を読むことではなく、日頃から、自分の頭で考えるように、習慣づける事である。

 ☆人気ブログRankingに参加しています 
一日一回応援クリックお願いします


田舎暮らし ブログランキング 

花より団子

DSCF5905DSCF5907 中学生になった孫娘が、部活で来れないと思っていたが、休みが取れて二人揃って遊びに来た。 もう、孫だけで来ることにも慣れて、心配はいらないようになった。 「可愛い子には旅をさせよ」とは、良く言ったものだ。        
DSCF5909 翌日は二人を連れて、白浜方面に遊びに行った。 小さかった頃に連れて行った、南部の「小目津公園」は、連休で大勢の人だったが、もう、孫たちには物足りないようだった。 昼食は田辺の回る寿司屋で、二人の好きな寿司を食べ、それから新庄総合公園に寄ったら、フリーマーケットで賑わっていた。
                            人気ブログランキング ボチッとしてね
DSCF5912 公園内の田辺美術館は入場無料だったので、開催中の水墨画展に入ったが、余り興味は示さなかった。 それより大型遊具の方が、楽しかったようだ。 それから、「海鮮せんべい南紀」でせんべいを買い、「とれとれの湯」に浸かり、帰りに御坊の落ち着いたレストランで、夕食を食べてから帰宅した。 もう、子供連れの遊びというより、大人と同じような楽しみだ。
DSCF5924DSCF5916 次の日は天気が悪く、一日中、本を読んだりゲームをして、家の中で過ごしていた。 昼食は私が作ったスパゲティーをデッキで食べた。 夜は食べたことがないという、「もんじゃ焼き」をしたら、喜んで食べてくれた。  人気ブログランキング ボチッとしてね   

DSCF5939 三泊して、御坊駅まで送った。 後は、天王寺まで娘夫婦が迎えに来て、梅田で一家団欒を楽しんでから帰宅するそうだ。 もう、孫たちを連れて遊びに行くところも無くなって来た。 これからは遊びに来ても、美味しいものを食べさせてやる事くらいしか、出来なくなりそうだが、まだまだ、「花より団子」の年頃でもある。 

 
  ☆人気ブログRankingに参加しています 
一日一回応援クリックお願いします


田舎暮らし ブログランキング 

ズボ抜け病の株でサンプルを作る

DSCF5925 平成26年1月に株分けした土佐寒蘭の「桃里(とうり)」ですが、「ズボ抜け病」に罹ってしまいました。 割った片方は何ともないのですが、こちらの鉢は、昨年の新芽2株と、一昨年株の3株が、根元から黄色くなって枯れて来ました。 今年、初花を見られる事を楽しみにしていた鉢でした。 原因が分からず、こうなると手の施しようがありません。
DSCF5927 「ズボ抜け病」は、ナンプ病の一種と言われているが、未だに対処法が確立されていません。 伝染する事があるので、全部の株を処分することが望ましいのですが、ここでは、遭えて病気の3株だけを処分して、残った株を「ペレポスト炭素循環栽培」のサンプルにすることにしました。  人気ブログランキング ボチッとしてね

DSCF5928 病気の株を切り離して、残った古い株を希釈しない「フジ除菌水」に、10〜15分くらい浸ける。 株を取り出して除菌水を振り落してから、今度は「ナノ銀ヘルパーA」の50倍液に10〜15分浸けます。 そして、株を取り出して良く水洗いをしてから、ペレポストで植え込む。 植え込むのに細長い寒蘭鉢は望ましくないようなので、プラ鉢を入れて、底上げをしてから植え込む事にした。 
DSCF5936 株を入れた鉢の半分くらいまでペレポストを入れ、水を入れたバケツに浸けます。 一時間ほどするとペレポストが膨張して鉢一杯になる予定でしたが、膨張が思ったより少なく、後からペレポストを追加しました。 最初の植え込みだったので、この膨張率を知ることが出来なかったが、次回からは上手く行くだろう。 
                               人気ブログランキング ボチッとしてね
 DSCF5951 「桃里」の他にも、処分に値する株を全て、この方法で植替え、実験用のサンプルにすることにしました。 半信半疑のペレポスト炭素循環栽培ですので、大事な株を実験用に使う訳には行きません。  葉が無いバルブだけになってしまった株は、土が勿体ないので、2〜3株を一緒にして植え込みました。
DSCF5964 これで20種のサンプルが出来ましたが、まだウイルス病で隔離した鉢が残っています。 サンプルは多い方が良いので、この隔離した株も、全部サンプルに使う予定です。 何か理科の実験をしているようで、面白い気分になります。 学校では理科は嫌いな科目ではなかったが、成すべきことを自分の意思に基づいて行う事は、とても楽しいものです。 それが未知の世界なら、尚更の事である

    ☆人気ブログRankingに参加しています 
一日一回応援クリックお願いします


田舎暮らし ブログランキング 
メッセージ

名前
メール
本文
読者登録
LINE読者登録QRコード
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

ハカマ

昭和24年生まれの団塊世代です。住み慣れた都会を離れて、残された人生を楽しむために、温暖な気候の和歌山県美浜町にやってまいりました。 見知らぬ土地で暮らすことの不安はありますが、それよりも、今までの人生とは違った「夢と喜び」を、新しい環境で見つけていきたいと思っています。
座右の銘 ”足るを知る者は富む”





livedoor 天気
アクセスランキング
ご協力お願いします。
ランキングは管理人の励み

釣り・フィッシングランキング
訪問者数
  • 累計:

娘の相棒が本を出しました
マコとモコ



もここー


連載漫画『ポテン生活』配信ページはこちら

つくりばなし-1


並み盛   
 並み盛サラリーマン




ポテン生活10
 ポテン生活<完>



ポテン9
 ポテン生活(9)



ポテン8
 ポテン生活(8)

image02

image01

ポテン6-1

並み盛2

ポテン5-1




image01

2010/08/23 ポテン生活(4)が販売されました。

ポテン生活3

2010/02/23 ポテン生活(3)が販売されました。

ポテン生活2
2009/08/21 ポテン生活(2)が販売されました。

ポテン生活の壁紙が発売になりました。

ポテン生活
二冊目の単行本”ポテン生活(1)”は講談社から出版になりました。

大賞
講談社の「MANGA OPEN賞」の大賞に輝きました。


ユルくん
初めての単行本”ユルくん”です。


  • ライブドアブログ