田舎暮らし・煙樹ヶ浜(えんじゅがはま)だより

住み慣れた都会を離れて、田舎の自然と共に暮らす団塊夫婦のセカンドライフ。
和歌山県日高郡美浜町より・家造り・田舎暮らし・釣情報・家庭菜園・ガ−デニングなどの日々をつづります。

2017年12月

古希の青春切符一人旅 復路

DSC_0818DSC_0816 新宮に着いてから、帰りの汽車の時間まで二時間以上あるので、新宮の町を歩いて散策した。 駅前には、秦の始皇帝の頃、中国から来日し、この地に住み着いた徐福の墓があった場所を「徐福公園」にし、中国風の楼門が建っている。 歴史は古いようだが、俗人の私は、「徐福」という名の紀州寒蘭があった事を思い出していた。

12-28 (46)12-28 (45) 次に熊野川の河口に建つ、丹鶴城跡を訪ねた。 立派な石垣が残り、新宮の町が一望できる見晴らしが素晴らしかった。 そう言えば、花を咲かせたことがある、「丹鶴」という紀州寒蘭を持っている。
                  人気ブログランキング ボチッとしてね
12-28 (49)DSC_0829 それからネットで調べておいた、新宮でしか買えない「香梅堂の鈴焼」を土産に買った。 駅までの帰り道にある、天然記念物に指定された「浮島の森」に寄ったが、町の真ん中の沼池に浮かぶ、植物群の島は珍しい。

DSC_083912-28 (59) 新宮駅から紀伊勝浦までは、30分足らずで着く。 少し遅くなったが、那智勝浦港にある森本屋で、「十割そば」と「マグロ丼」がセットの昼食を食べた。 お腹が空いていた事もあり、とても美味しく満足した。 ネットで調べたこの料理が、この旅の一番の目的であったのかも知れない。 帰りの時間までには早いので、目の前の桟橋から渡る「ホテル浦島」の、忘帰洞の湯に浸かってから帰路に着いた。
                                人気ブログランキング ボチッとしてね
SN3C0002SN3C0006 この地には観光で何度も来ているので、目新しい事は余りなかったが、車窓から見る海の景色が一番印象に残った。 翌日は勝浦で買ったクジラで、ハリハリ鍋を二人で食べた。 前にも書いたが、私が当地の名物を買うのは、ひとりで留守を守っている女房殿と、少しでも旅先の風習や感動を分かち合いたいからだ。 古希の青春切符一人旅は、これから先の道しるべと成り得る、体験だったようだ。

 無事に一人旅も終わったので、これで、今年のブログ納めと致します。 今年も一年お付合い頂き有難うございました。 皆さま良いお年をお迎えください。

☆人気ブログRankingに参加しています 
一日一回応援クリックお願いします


田舎暮らし ブログランキング 

古希の青春切符一人旅 往路

SN3C0001 結婚して50年、新婚旅行から、旅行といえば車と家族が一緒だった。 子供たちが独立してからも、女房殿と車の旅ばかりだった。 それが、今回、汽車で一人旅に出ることになった。 そもそも、そのきっかけは、日本海へカニを食べに行きたいが、キャプチャ今年の春、長野に旅行した時に雪で怖い目に遭ったので、車ではなく青春切符を使って、汽車で行くことになったのが発端だ。 五枚綴りの青春切符は、二人で使ったら一枚余るので、期限が来る来年の1月10日までに、余る一枚で、私が青春切符の初体験をする事にしたのだ。                        人気ブログランキング ボチッとしてね

DSC_0760DSC_0776
DSC_0768

 御坊駅から上りの始発列車に乗って、いざ新宮駅に出発だ。 早朝の車内は若者が多く、思ったより混んでいた。 田辺までにもシーサイドはあるが、車で良く行くので、見慣れた景色だった。 田辺駅で乗り換えたら、ボックスシートから、縦列のロングシート列車になった。 ロングシートは電車のようで風情がない。

DSC_0780DSC_0789
DSC_0785

 空は青く良い天気だ。 紀伊富田から串本までは、シーサイドラインが続く。 海は見慣れているが、車窓から見る海は、また違った趣がある。 田辺からは乗客も減ってのんびりムードの中、奇岩が続く古木灘を過ぎ、串本に着いた。
                               人気ブログランキング ボチッとしてね
DSC_0792DSC_0807
DSC_0810

 串本を過ぎてから直ぐに、朝日を浴びる逆光の中で、橋杭岩が見えて来た。 車窓から撮る写真は、どうしても架線が入るから、良い写真を撮るのが難しい。

DSC_0838DSC_0813
DSC_0814

 串本を出てからは、風裏になったのか、穏やかな海のシーサイドラインが続く。 入り組んだ湾を望む車窓の海を満喫した頃に、折り返しの新宮駅に着いた。 続く。。。

☆人気ブログRankingに参加しています 
一日一回応援クリックお願いします


田舎暮らし ブログランキング 

ハゲ鍋でイブを過ごす

 有馬記念はキタサンブラックが優勝しましたが、単勝1.9倍は買えませんでした。 北村騎手が乗る、ルージュバックとの馬連を買いましたが、5着まででした。 思ったようには行かないのが競馬です。
           人気ブログランキング ボチッとしてね
SN3C0001 クリスマスイブに行われた有馬記念ですが、イブはカップルお断りという、レストランが話題になっています。 商業主義に乗せられ易い日本では、カップルと過ごすイブがステイタスのようになっています。 しかし、本場の海外では、イブは家族と過ごす事が多いそうです。 我が家の昼食は、刺身で食べたハゲの残りを鍋にして、畑の野菜を入れて頂きました。 夕食も鍋の残りで雑炊を作って食べました。 クリスマスツリーと鍋のミスマッチが、我が家のイブでした。 

☆人気ブログRankingに参加しています 
一日一回応援クリックお願いします


田舎暮らし ブログランキング 

有馬記念

有馬 いよいよ明日は、競馬のグランプリ「有馬記念」です。 「有馬記念」は、その年の出来事を写すと言われています。 美浜町に来てからは、馬券は買わないと決めていたが、グランプリだけは別だ。 春のグランプリ「宝塚記念」が、28連勝のサインで当たったので、調子をこいて今年の有馬記念も、サイン馬券で買うことにします。
                          人気ブログランキング ボチッとしてね 
北 そのサインとは、今年の漢字に選ばれた「北」である。 北と言えば、世界中を敵に回して、挑発を続ける北朝鮮。 競馬の北は「キタサン・・・・」ですが、他にも北のサインになる馬がいます。 春のグランプリが的中したので、有馬記念は大きく外すかも知れません。。。  迷惑になるので予想は書かないが、もし当たったら、買った馬券を披露する事にしている。

☆人気ブログRankingに参加しています 
一日一回応援クリックお願いします


田舎暮らし ブログランキング 

煙樹ケ浜のアジ釣り、釣り友とコラボの巻

SN3C0006 今日はコンディションが良いので、アジ釣りに出撃した。 暗くなるまでは、青物とチヌ、あわよくばタイを狙って、5.3mの竿二本で二刀流にした。 ベイトリールの一台が故障しているので、スピニングと併用になった。 新しく買った、ベイトリールを装着した方のカゴが、思うように飛ばない。
                               人気ブログランキング ボチッとしてね 
SN3C0007 夕方になって、ブログ「ヨコちゃん」で知り合ったY氏が、串本からの帰りに浜に来られたので、コラボする事になった。 電気ウキを付けてからもカゴが飛ばないので、スピニングリールの竿で釣る事にした。 Y氏は暗くなって直ぐにアタリが出だしたが、私のウキは消えてくれない。
        人気ブログランキング ボチッとしてね
SN3C0010 ホームグランドで大負けする訳にはいかないので、少し焦り気味になって、棚を調節したら釣れ始めた。 Y氏は最後まで順調に釣れていたようだ。 私は小型のアジはリリースして、何とか二桁に乗った。 今日の釣果は、23〜31cmのアジが12匹である。 30cmオーバーが一匹いた。SN3C0009 Y氏から、串本で釣ったばかりのハゲを三匹頂いた。 翌日のイブイブの夕食には、ハゲと一番大きなアジが、刺身になってテーブルに乗った。 始めて食べるハゲの刺身は、醬油にハゲの肝を溶いたタレで頂きました。 とても美味しかった。 Yさん、ありがとうございました。

☆人気ブログRankingに参加しています 
一日一回応援クリックお願いします


田舎暮らし ブログランキング 

たまには二人でお出かけ

12-19 (3)12-19 (5) 今日は白浜の「とれとれ市場」で陶器市が開催されているので、女房殿の陶芸の参考にでもなればと思って、行って来ました。 差し詰め、買うものは無かったが、目の保養にはなったようです。
                                      人気ブログランキング ボチッとしてね 
12-19 (7) 序に「とれとれ市場」でも買い物をして、帰り道に「健康バイキング和わ」で、遅めの昼食を食べました。 名前の通りバイキング形式のレストランで、豊富な料理メニューと、飲み物、デザートなど、何でも自由に飲食ができ、シニア料金1400円で、海を見ながら(平日の持ち時間は1時間半)ユックリ楽しめます。12-19 (8) たまにはお出かけして、脳に刺激を与えないと、老化が早くなります。 そして、外出すると当然歩く距離も増えるので、筋力の維持にも効果があります。 お出かけは、平凡な日々を、活気ある生活へと変えてくれます。

☆人気ブログRankingに参加しています 
一日一回応援クリックお願いします


田舎暮らし ブログランキング 

カツオはオフだがアジは良型

12-7 (1) 5.3号の竿を使いだすと、6.3号の竿が重く感じてしまいます。 そんな折、いつもの釣り道具屋のオヤジに安くすると言われ、とうとう5.3ー3号(日新.エアステージ)の竿を買ってしまいました。SN3C0013 今日は良いコンディションなので、竿の練習を兼ねて煙樹ケ浜に出撃しました。 10時前に浜に着いたら、シラス網が入っていた。 釣りの準備をしてから見学に行ったら、シラスが大漁だった。 その中に混じって、鯛やハマチが入っていたが、カツオはいなかった。
                       人気ブログランキング ボチッとしてね     
SN3C0014 カツオ狙いの釣り師が大勢出ていたが、水温が低い(15.5度)ためか、誰も竿を曲げる釣り師はいない。 昼過ぎに田舎暮らしの先輩N氏から電話があり、アジ釣りに来るというので、カツオは諦めて一旦帰宅し、夜釣りの用意をして、夕方、再度、浜に行った。 穏やかな海に電気ウキの灯りが並んでいる。
SN3C0002 仕掛けはカツオと同じで、チッチ(カブラ)を二本付け、下針にオキアミを付ける。 今夜は7時ごろから釣れ始めたが、ウキが消えるが針に乗らない状態が多かった。 N氏はサビキ釣りだったが、数は出るが小型が多い。 カツオはシーズンオフになったようだが、アジは型が良くなった。 今日の釣果は、25〜28僂離▲8匹だった。 

☆人気ブログRankingに参加しています 
一日一回応援クリックお願いします


田舎暮らし ブログランキング 

変貌する町で同窓会

SN3C0003SN3C0001 今日は三九会の集まりがあって、伊丹まで行った来ました。 JR伊丹駅に集合でしたが、このJR伊丹駅の変貌には驚かされます。 私が高校生だった50年前は、繁華街は阪急伊丹駅周辺に集中していました。
       人気ブログランキング ボチッとしてね
12-14 (3)白湯kkkkkkkっ気 JR伊丹駅周辺は、良くある廃線になった駅の様な所で、まだ蒸気機関車が走っていました。 それが、今は駅周辺にイオンモールが出来て、マンションが立ち並び、「白雪」や「老松」の酒蔵跡地が整備され、お洒落な町に変貌しています。
                        人気ブログランキング ボチッとしてね
SN3C0008 それに引きかえ阪急伊丹駅周辺は、50年前と変わらない姿を残しています。 白雪の跡地に出来た「ブルワリーレストラン長寿蔵」で昼食を食べました。 満席状態でしたが、我々世代のお客が多く、若い方は殆んど見られませんでした。 時代の流れは早いもので、歪な人口構成を成す団塊世代が亡くなった後には、どんな世界が待っているのだろうか。。。。。

☆人気ブログRankingに参加しています 
一日一回応援クリックお願いします


田舎暮らし ブログランキング 

「そば会」に行って来ました

SN3C0002SN3C0007 今日はブログで知り合った、同じような田舎暮らしをするN氏から、「そば会」に招かれ行って来ました。 場所は車で20分程度の、切目川の上流にあり、山に囲まれた静かな別荘地です。
                                      人気ブログランキング ボチッとしてね
SN3C0005 玄関に「そば」と書かれた暖簾が掛けられ、蕎麦への拘りが伝わって来ます。 自分で畑に種を蒔き、刈り取って臼で引き、蕎麦を打つ、全て手作りの蕎麦です。 仲間のお手伝いさんも来て、賑やかな「そば会」でした。 仲間を募ってそばを振る舞う、なかなか出来る事ではありません。 私は自分が楽しむ事ばかりに夢中になって、人を喜ばす事は、余り考えていないようだ。 田舎暮らしは仲間がいると一層楽しいものとなる。

☆人気ブログRankingに参加しています 
一日一回応援クリックお願いします


田舎暮らし ブログランキング 

この歳になって振り返ってみると

SN3C0006 先週から孫の恒助の発表会を見に行っていた女房殿が帰って来ました。 東京から帰った日には、御坊の「宝の湯」に浸かり、土産の深川弁当を食べる事が、恒例になりました。 孫の成長した姿を見に行き、名物を食べ、湯に浸かり、平穏な老後を過ごせています。 この年になって振り返ってみると、色々な分岐点があり、迷いながらの道のりだったと思う。 人生の岐路は沢山あったが、大きな間違がなかったので、今があると思っている。
              人気ブログランキング ボチッとしてね
SN3C0007 そして、「白妙」がまぐれで総合優勝したように、運が良かったからだとも思う。 「あの分岐点で、もう一方の選択をしていたら」と思うと、ゾッとする事が多々あるからだ。 それと同時に、自分は誰かに守られていると感じることがある。 四国巡礼の菅笠には「同行二人」と書くそうだが、それが亡き父であるか、亡き母であるか、先祖であるかは分からないが、常にその存在を意識している自分がいた。 
                                        人気ブログランキング ボチッとしてね
 私ぐらいの年になると、若い頃のように感動することもなくなる。 ひとつの事に縛られることなく、その時その時の気分で、好きな事やりたい事を自由にやれる。 これからは、残された時間も少ないので、時間を有効に使う自覚を持って、毎日をのんべんだらりと、無駄に過ごしてしまわないようにしなくてはいけない。 充実した人生が何であるかは人それぞれであるが、嫌な事に時間を使う事だけはしたくないと思っている。

☆人気ブログRankingに参加しています 
一日一回応援クリックお願いします


田舎暮らし ブログランキング 

メッセージ

名前
メール
本文
読者登録
LINE読者登録QRコード
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

ハカマ

昭和24年生まれの団塊世代です。住み慣れた都会を離れて、残された人生を楽しむために、温暖な気候の和歌山県美浜町にやってまいりました。 見知らぬ土地で暮らすことの不安はありますが、それよりも、今までの人生とは違った「夢と喜び」を、新しい環境で見つけていきたいと思っています。
座右の銘 ”足るを知る者は富む”





livedoor 天気
アクセスランキング
ご協力お願いします。
ランキングは管理人の励み

釣り・フィッシングランキング
訪問者数
  • 累計:

娘の相棒が本を出しました
マコとモコ



もここー


連載漫画『ポテン生活』配信ページはこちら

つくりばなし-1


並み盛   
 並み盛サラリーマン




ポテン生活10
 ポテン生活<完>



ポテン9
 ポテン生活(9)



ポテン8
 ポテン生活(8)

image02

image01

ポテン6-1

並み盛2

ポテン5-1




image01

2010/08/23 ポテン生活(4)が販売されました。

ポテン生活3

2010/02/23 ポテン生活(3)が販売されました。

ポテン生活2
2009/08/21 ポテン生活(2)が販売されました。

ポテン生活の壁紙が発売になりました。

ポテン生活
二冊目の単行本”ポテン生活(1)”は講談社から出版になりました。

大賞
講談社の「MANGA OPEN賞」の大賞に輝きました。


ユルくん
初めての単行本”ユルくん”です。


  • ライブドアブログ