もう7月の終わりだというのに、うっとうしい日が続いているおかげで、暑さが和らぎ、外の作業がはかどります。


IMGP1947今日は門柱の横にサザンカの生垣を作ることにした。
きっかけは、「コメリ」に半額特価のサザンカが、まだ残っていたというセコイ理由である。
費用5千円弱で赤花ばかり12本を、コメリの軽トラに積んで、全部買い占めてきた。
はじめから植えてあった桃の木と、伊丹から持ってきて植えたカシワバアジサイを撤去して別の場所に植え替えた。
根を張った木を植え替えるのは大変な労力がいる。


IMGP1955次に植える場所に溝を掘り、買ってきたサザンカを並べてみた。
大体40センチ間隔で植えられるようなので、間隔を決めてから焼き杭を打ち、支えの竹をシュロ縄でしっかり結びつける。



IMGP1994アールにレンガを積んだ花壇の裏は配水管が入っているので、植えるところを壷掘りし、同じようにシュロ縄で結びつけた。
さすがに売れ残りの処分品は容姿も悪く、枯れかかった枝が多い。
植えた12本全部が枯れるとは思わないので、今後は枯れた木だけを植え替えればいいのである。


IMGP1958並べたサザンカの足元にバークを入れて根が張りやすい環境を作るようにした。
我が家の敷地は、石ころ混じりの粘土質の土で埋め立ててあり、植物の成長には適していない土地のようである。
美しいガーデンを作るためには、これからの土壌改良にかかっている。


IMGP1961周囲の土より少し高くなるように植え、位置が決まったら、サザンカの幹と竹をシュロ縄で結んで固定する。
幹には易しく余裕を持って巻き付け、横に這わした竹にはきっかりと結びつける。



IMGP1998全部のサザンカを結びつけたら腐葉土と真砂土を混ぜた土で埋め戻します。
根元に油粕を置き、水をタップリやって生垣の完成です。
目隠しが出来たおかげで、門柱周りが少しは見やすくなりました。
それにしても、掘ったら出てくるゴロゴロした小石の処分に困ります。
美しいガーデンにはまだまだ時間がかかるようです。


☆人気ブログRankingに参加しています☆
一日一回応援クリックお願いします・・・・・・

リンクバナ−2