田舎暮らし・煙樹ヶ浜(えんじゅがはま)だより

住み慣れた都会を離れて、田舎の自然と共に暮らす団塊夫婦のセカンドライフ。
和歌山県日高郡美浜町より・家造り・田舎暮らし・釣情報・家庭菜園・ガ−デニングなどの日々をつづります。

工事編

”七彩をまとう森の贈り物” を植える

IMGP0989今週に入ってからの煙樹ヶ浜はマゼ(南風)が吹き、魚釣りの出来ない日が続いています。今日も雨模様で海は波が高く、釣り人は見当たりません。そろそろ魚釣りに行きたいところですが、雨が上がって北からの風に変わり、波も穏やかになる21日(金)頃には出撃する予定です。

魚釣りが出来なくても、やることは沢山あります。ネットで注文したメイプルレインボーが届きました。今まで庭の花木は安価な物ばかりを買ってきて植えたので、大きな花木でも2mくらいしかなく、我が家の高低差がない庭が、よりベッタリとして見えます。

そこで、今回は少し奮発して、我が家の軒高と同じ3.2mの『メイプル・レインボー』を注文してみました。奮発といっても送料を合わせても15,000円くらいの品物です。メイプル・レインボーは別名、花散里(ハナチルサト)といい、カエデ科のトウカエデの一品種で、”七彩をまとう森の贈り物”といわれています。そして、昔から『七』は縁起のよい数字とされています。

IMGP0987春の芽出しから葉の色がPINK、LIGHT PINK、 WHITE、YELLOW、LIGHT GREEN、GREEN、REDと変化していきます。その姿はまるで花が咲いているように、刻々と葉の色が変わるそうです。
ロマンチックなキャッチコピーに釣られて思わず買ってしまいましたが、枯れかけているハナミズキを抜いて、花壇の中心に植え替えてみると、美しい新芽は存在感があり、庭に奥行きが増し、まさに”ビンゴ”でした。

しかし、植えた途端に海からの強いマゼに吹かれて、今にも新芽がちぎれそうに揺れています。風には強いといわれていますが、半端ではない美浜町の風に負けずに、大きく育つことを願うばかりです。

七彩をまといしカエデ届けられ我が家の庭にそびえ立つなり by/ハカマ


☆人気ブログRankingに参加しています☆
一日一回応援クリックお願いします・・・・・・

リンクバナ−2

レンガの花壇を造る 三日目

IMGP0866積んだレンガが乾いたので土を入れることにしました。花壇の中央には小石を集めて入れておき、庭の整理と土の節約をします。その上から腐葉土と真砂土を混ぜて、花壇の半分くらいの深さに入れます。


IMGP0867平らに均したら、奥さんが野菜のゴミを使って、長時間かけて作った堆肥を入れて万遍なく均します。
堆肥が植える植物の根に直接触れると、根を傷めてしまうようなので、あくまで下肥として使います。

IMGP0872均した堆肥の上に、はじめに入れた腐葉土と真砂土を混ぜた土を入れて、堆肥をサンドイッチにして、レンガの上端まで入れて均します。これで花壇の完成ですが、これだけでは面白くないので、少し遊んでみました。

IMGP0873出来上がった花壇の中にもう一段土を盛って、二段の花壇にすることにしました。二段目は色を変えて特価で買った白いレンガを使います。レンガを縦にして半分を土の中に埋めて、水平を見ながら並べていきます。

IMGP0876白いレンガが全部並んだら、その中に腐葉土と真砂土を混ぜた同じ土を入れ、平に均します。これで二段式の花壇が完成しました。あとはたっぷり水をかけて土を馴染ませ、植付を待ちます。私のガーデニングのお手伝いはここまでにして、花壇の中に植える作業は奥さんに任せます。

IMGP0877今後の花壇の計画としては、畑のイチゴをここに移植して、石垣イチゴのように,、常緑のイチゴの葉が茂る二段のレンガ畑に、赤いイチゴの実が垂れ下がる花壇を楽しみにしています。
二段に積んで高くした花壇は、ベッタリとした我が家の庭に変化をつけてくれたようです。


☆人気ブログRankingに参加しています☆
一日一回応援クリックお願いします・・・・・・

リンクバナ−2

レンガの花壇を造る 二日目

IMGP0837ブロックで外周を固めたら、鉛筆で積む高さをブロックに記してから、ブロックに沿って、ドイツレンガを節約するために縦積みにします。モルタルを敷いた上にレンガを置いて、水平機で水平と垂直を確認しながら慎重に積んでいきます。

IMGP0838一段目のモルタルの乾くのを待って二段目にかかります。二段目のレンガの上端は、ブロックより10mmくらい上げてに積みます。こうしておけば、天端のレンガが積み易くなります。


IMGP0840天端のレンガだけは平積みにしてレンガの幅を強調して見せるようにします。アールのきつい所はレンガを半分に割って使います。最後にモルタルで目地を詰め、乾かないうちに水をつけた刷毛で表面を擦って、目地を安定させます。このときレンガの表面についたモルタルをキレイに拭き取っておかないと仕上がりが汚くなります。素人には目地はコテで押さえるのではなく、刷毛引きにする方が自然に見えて無難です。これで一番嫌なモルタルを使う作業が終わりました。乾くのを待って、土を入れれば完成です。


☆人気ブログRankingに参加しています☆
一日一回応援クリックお願いします・・・・・・

リンクバナ−2

レンガの花壇を造る 一日目

IMGP0829海が荒れているので、以前から奥さんに言われていた花壇を、庭の真ん中に造ることにしました。モルタルを煉る作業は、最後までやり抜かないと仕舞いがつかないので、なかなかお腰が上がりませんでした。ホームセンターでドイツレンガをで買って花壇にする計画ですが、レンガ一枚が89円もします。

IMGP0831ドイツレンガが高いので枚数を節約するために縦積みにすることにしました。縦積みなら半分の枚数ですみますが、強度がないので、はじめに余ったブロックでひょうたん型の花壇の輪郭を作ります。

IMGP0833ブロックを積む前に、土を掘って下地に庭の小石を集めて下地に敷きました。庭のいたる所に小石が転がっており、石の整理も出来て一石二鳥です。
ブロックのジョイントにはモルタルを入れますが、他の穴はモルタルを節約するために、小石を詰めてから上端だけにモルタルを塗ります。

IMGP0834庭もきれいになり、建材も節約できて、何とかブロックを並べ終わり、モルタルで固めることが出来ました。
しかし、年のせいもあり、腰を曲げての作業は堪えます。今日の作業はこれでお終いです。続きはまた明日。。。。。


☆人気ブログRankingに参加しています☆
一日一回応援クリックお願いします・・・・・・

リンクバナ−2

木の植木鉢を作った。

IMGP0280今日は日曜日なので釣りはせずに煙樹ヶ浜を見学に行った。西からの風が強くて釣り辛いし、釣果も今ひとつのようで、午前中の早いうちに引き上げる釣り師が多かった。四日前からこの状態が続きているらしいが、来週は穏やかになるのではないだろうか。
人気ブログランキング

IMGP0273暮れも迫って、何かと忙しい毎日であるが、今日も奥さんの育てているコニファーのために、木の植木鉢を作った。コニファーは地植えをすると大きくなり過ぎるので、普通の家庭では50cm四方の立方体程度の器で育てるのが、大きくならず一番いいらしい。

IMGP027950cm四方の陶器の植木鉢がないので、木でこしらえることにした。残材の2×10が余っていたので、二段重ねをすれば丁度その高さになる。防腐剤入りの塗料を塗って仕上げたが、出来上がってみると結構重たい。底には先日ホームセンターで買った軽石を入れて重さを調整し、持ち運びの出来るようにする。

IMGP0283早速、植え込んだようだが、まだ植木が小さいので、寄せ植えにしたようである。
木の植木鉢もそうだが、ガーデニングについては、何でもネットの友達から情報が入る便利な時代である。
まだまだ完成しない庭だが、少しでも見よい様にしたいと思っているのだろう。私も魚釣りばかりに呆けていないで、一緒になって協力しないと、いいお正月は迎えられないようだ。


☆人気ブログRankingに参加しています☆
一日一回応援クリックお願いします・・・・・・

リンクバナ−2

ガーデニングのお手伝いをする その3

IMGP0223今日は朝から雨が降り魚釣りはお休みです。昼から雨が上がったので、昨日届いた、ネットで買ったバラ用のアーチを取り付けることにした。
はじめに雨上がりの土を掘ってアーチを立てるための台座を埋め込みます。泥んこ状態になりながら土を掘り、台座を埋めましたが、台座を固定するフックが石に当たり、なかなか入りません。バールを打ち込んで穴を開けて、何とか留めることが出来ました。ホントに我が家の庭は労力がかかります。
人気ブログランキング

IMGP0227台座の上に組み立てたアーチを差し込み、ボルトを閉めれば完成です。我が家の土地には、買ったときから大きな石があり、石に負けないようにアーチは堅牢なデザインを選びました。鋼鉄製で一見高そうに見えますが、送料を入れても一万円でお釣りがきます。

IMGP0243今年、ホームセンターで買ってきて植えたサザンカの花が咲きました。大きな工事が終わって、我が家の庭も大分落ち着いてきました。引っ越してから10ヶ月以上かかりましたが、ツルハシの枝を一本折りながらの、堅い土との戦いもこれで終わります。あとの植栽は、奥さんが楽しみながらやってくれるでしょう。


☆人気ブログRankingに参加しています☆
一日一回応援クリックお願いします・・・・・・

リンクバナ−2

洗濯干し場の扉を作る

昨日から釣りを休んで、洗濯干し場の扉を作っています。美浜町は”風の町”と言われるほど風が良く吹きます。特に我が家は、田んぼの真ん中に建っており、遮る物がないので、とても強い風が吹きます。

IMGP0067IMGP0090
家を建てた時に、これから歳を取ることを考えて、洗濯機を置いてある洗面所から段差なしで出れるように、床をデッキにして、波板の屋根を付けた洗濯干し場を作りました。しかし、両サイドに扉が無いので、風が吹き抜けて、物干し竿に掛けた洗濯物が風で飛んだり、隅に寄ってしまいます。
以前から奥さんに「何とかして」と言われていましたが、夏場は風が無いので、後回しになっていました。台風のときは合板を打ち付けて凌ぎましたが、ここに来て、北西の強い風が吹くようになり、奥さんの我慢も限界のようです。
人気ブログランキング


IMGP0091IMGP0092
アルミサッシの扉を買うと高いので、2×4材を買ってきて、木製の扉を作ることにしました。片側の扉は2×4材を四方に組み、中に一本補強を入れた上に、新築のときに余った無垢の化粧材を、重ねながら張りました。扉を作るのはそんなに難しくはないのですが、出来上がった重たい扉に兆番を付けて吊る時の方が大変でした。
枠との隙間が無いようにキッチリの寸法で作ったため、なかなか建具が納まらず、重たい扉を何回もカンナで削りながら合わせましたが、もう二度とやりたくないほど疲れました。苦労した甲斐があって、まだステインを塗っていませんが、内部でも使えそうな立派な扉になりました。

IMGP0093IMGP0094
もう一方は日光が入るので、透明の波板を張ることにしました。こちらは先に塗装をした枠だけの建具を吊ってから波板を張ったので軽い分だけ楽でしたが、建具は建具屋さんに任せるのが賢明のようです。
まだ、枠の隙間を埋めなければなりませんが、これで風は凌げるようになりました。二日も釣りに行ってないので私の方も限界です。明日は朝から煙樹ヶ浜に出撃の予定です。


☆人気ブログRankingに参加しています☆
一日一回応援クリックお願いします・・・・・・

リンクバナ−2

サザンカの生垣を作る

もう7月の終わりだというのに、うっとうしい日が続いているおかげで、暑さが和らぎ、外の作業がはかどります。


IMGP1947今日は門柱の横にサザンカの生垣を作ることにした。
きっかけは、「コメリ」に半額特価のサザンカが、まだ残っていたというセコイ理由である。
費用5千円弱で赤花ばかり12本を、コメリの軽トラに積んで、全部買い占めてきた。
はじめから植えてあった桃の木と、伊丹から持ってきて植えたカシワバアジサイを撤去して別の場所に植え替えた。
根を張った木を植え替えるのは大変な労力がいる。


IMGP1955次に植える場所に溝を掘り、買ってきたサザンカを並べてみた。
大体40センチ間隔で植えられるようなので、間隔を決めてから焼き杭を打ち、支えの竹をシュロ縄でしっかり結びつける。



IMGP1994アールにレンガを積んだ花壇の裏は配水管が入っているので、植えるところを壷掘りし、同じようにシュロ縄で結びつけた。
さすがに売れ残りの処分品は容姿も悪く、枯れかかった枝が多い。
植えた12本全部が枯れるとは思わないので、今後は枯れた木だけを植え替えればいいのである。


IMGP1958並べたサザンカの足元にバークを入れて根が張りやすい環境を作るようにした。
我が家の敷地は、石ころ混じりの粘土質の土で埋め立ててあり、植物の成長には適していない土地のようである。
美しいガーデンを作るためには、これからの土壌改良にかかっている。


IMGP1961周囲の土より少し高くなるように植え、位置が決まったら、サザンカの幹と竹をシュロ縄で結んで固定する。
幹には易しく余裕を持って巻き付け、横に這わした竹にはきっかりと結びつける。



IMGP1998全部のサザンカを結びつけたら腐葉土と真砂土を混ぜた土で埋め戻します。
根元に油粕を置き、水をタップリやって生垣の完成です。
目隠しが出来たおかげで、門柱周りが少しは見やすくなりました。
それにしても、掘ったら出てくるゴロゴロした小石の処分に困ります。
美しいガーデンにはまだまだ時間がかかるようです。


☆人気ブログRankingに参加しています☆
一日一回応援クリックお願いします・・・・・・

リンクバナ−2

テラスを作る 三日目(大失敗の巻)

IMGP1931今日は、いよいよテラス表面の仕上げ工事にかかります。
仕上げは「洗い出し」という日本古来の左官工事です。
材料はアプローチに使った残りものの御影石の砕石とセメントを使います。


IMGP1934はじめに船の中にセメントと砕石を入れます。
セメントと砕石の割合は、セメント1に対して砕石1.5です。




IMGP1935はじめは水を入れずに、セメントと砕石が満遍なく混ざるようにスコップで良くかき混ぜます。
この作業を空練(からねり)といいます。
この作業をしっかりしておかないと、水を入れたときにキレイなネタになりません。
セメントと砕石が良く混ざったら、水を加えながら煉り合わせます。


IMGP1936空煉りの時はそうでもないのですが、水を加えながら練り合わせるこの作業が大変キツイ作業です。
プロはミキサーという機械で煉るのですが、正直、人力でやると、汗は流れ落ちるし、息が上がってしまいます。
面積2.7m2、平均4cmの仕上げ厚さで、4回煉って、砕石70kgセメント45kgを使いました。


IMGP1937テラスの仕上がり面は、降った雨が流れるように、少し勾配(1/50)を付けながら、練り上がった砕石を満遍なく塗り付けます。
木の定規などを使って、なるべく凸凹が出来ないようにするのですが、この作業が素人には難しい。



IMGP1938塗り終わったら、半乾きになる状態まで待ちます。
この状態を見極めるのも素人には大変難しいことです。
二時間待って表面を洗い流すことにしました。


IMGP1941しかし、その前に流れるセメントの汁でレンガが汚れないように、レンガの表面に新聞紙を貼り付けます。
プロは噴霧器で洗うのですが、そのような大きな噴霧器がないので、ホースにシャワーをつけて洗いました。


IMGP1945少し時間が経ち過ぎたのか、上手くセメントが落ちてくれません。
焦ってブラシを持ってきて擦ると、今度は表面の砕石が外れてしまいます。
そして、表面が凸凹なので、流したモルタルの汁が淀みます。
もうどうにもなりませんでした。日本の百年培った左官技術を甘く見た完全な失敗です。
汚いテラスの表面をどうするかはこれからの課題になりました。
今日は、汗を流した労力が無駄になってしまいましたが、素人の作業にはよくある大失敗の巻でした。


☆人気ブログRankingに参加しています☆
一日一回応援クリックお願いします・・・・・・

リンクバナ−2

テラスを作る 二日目

IMGP1915ホームセンター「コメリ」で、特価のドイツレンガ(78円/1枚)を50枚買ってきました。
大きさは縦100mm、横200mm、厚さ40mmの少し小ぶりのレンガです。
テラスもレンガ代を節約するためにブロックを並べてからレンガを縦積みすることにしました。

IMGP1917レンガを積む一段目の天端の高さを、ブロックに鉛筆で線を入れます。
素人は何でも印を付けないと上手くいきません。
モルタルを敷きながら、水平と垂直を水平器で確認しながら積んでいきます。




IMGP1919一段目はレンガを切ることなく積めるように目地で調整します。
レンガを積み終わったら、ブロックとレンガの隙間にモルタルを入れて固め、乾いたら二段目のレンガ積みにかかります。



IMGP1921二段目のレンガはブロックの天端からテラスの仕上げ分(30mm)だけ上げて積むようにします。
そのために一段目を積む時に、高さを確認するためにブロックに鉛筆で線を引いたのです。
モルタルが柔らかいと傾くので、二段目も同じように、水平と垂直を水平器で確認しながら慎重に積みます。




IMGP1930レンガ張りで縦に積むと、どうしても目地が合わなくなってくるので、四隅のレンガはグラインダーで切断してから積むことになります。
すべてを積み終わったら、目地を入れて今日の作業は終わりにします。


☆人気ブログRankingに参加しています☆
一日一回応援クリックお願いします・・・・・・

リンクバナ−2

メッセージ

名前
メール
本文
読者登録
LINE読者登録QRコード
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

ハカマ

昭和24年生まれの団塊世代です。住み慣れた都会を離れて、残された人生を楽しむために、温暖な気候の和歌山県美浜町にやってまいりました。 見知らぬ土地で暮らすことの不安はありますが、それよりも、今までの人生とは違った「夢と喜び」を、新しい環境で見つけていきたいと思っています。
座右の銘 ”足るを知る者は富む”





livedoor 天気
アクセスランキング
ご協力お願いします。
ランキングは管理人の励み

釣り・フィッシングランキング
訪問者数
  • 累計:

娘の相棒が本を出しました
マコとモコ



もここー


連載漫画『ポテン生活』配信ページはこちら

つくりばなし-1


並み盛   
 並み盛サラリーマン




ポテン生活10
 ポテン生活<完>



ポテン9
 ポテン生活(9)



ポテン8
 ポテン生活(8)

image02

image01

ポテン6-1

並み盛2

ポテン5-1




image01

2010/08/23 ポテン生活(4)が販売されました。

ポテン生活3

2010/02/23 ポテン生活(3)が販売されました。

ポテン生活2
2009/08/21 ポテン生活(2)が販売されました。

ポテン生活の壁紙が発売になりました。

ポテン生活
二冊目の単行本”ポテン生活(1)”は講談社から出版になりました。

大賞
講談社の「MANGA OPEN賞」の大賞に輝きました。


ユルくん
初めての単行本”ユルくん”です。


  • ライブドアブログ