2006年02月04日

ムハンマド風刺漫画

1月から気になってはいたのだけれど、デンマークの新聞が掲載したムハンマドの風刺漫画について、デンマークとアラブ諸国との対立が深まる中で、ドイツ、フランス、イタリア、スペインの主要紙がまでも問題の漫画を掲載し、ここ数日で騒ぎが大きくなっています。

ご存知のとおり、イスラム教では偶像崇拝を禁止しています。聖人ムハンマドを漫画に表すなどもってのほか。
しかし、ヨーロッパなどイスラム圏以外のところでは、風刺漫画はひとつの文化として、広く社会に受け入れられているものです。

初めの頃は、アラブ諸国に対して、申し訳ないと謝ったりしていたデンマークですが、国が新聞報道を規制することは「報道の自由」を侵すこととして、絶対にできません。
しかし、アラブ諸国では、国が規制できないことを理解できない人も多いようです。

こういった抗議に対して、逆に欧米のメディアではイスラム社会で報道の自由が理解できないことへの批判が相次ぎ、デンマークを飛び越えて、ドイツなどの4カ国の主要紙7社が、ぞくぞくと風刺漫画を掲載したのです。

ドイツ紙ウェルトは、爆弾のついたターバンを巻いたムハンマドなどを描いたこの漫画に社説も合わせて掲載し、「イスラム教の世界には風刺を理解する力はないのか。イスラム教徒の抗議は偽善だ」と主張しています。

でも、待って。これって論点が完全にずれていると思います。
アラブ諸国は、まず自分たちの聖人が辱められたことを怒っているのであって、どんな新聞も宗教や文化やその国の習慣については、尊重しなければならないはずです。
それを報道を制限する悪しき力と置き換えて、反発し問題を大きくしているのは、ヨーロッパの新聞の方ではないかと、しろは思ってしまいます。
抗議するなら、ムハンマドの漫画を使わなくてもできるはずです。わざわざ火に油を注いでいるようなものです。

今回の騒ぎが起きている各国政府は、報道の自由には立ち入らない姿勢を示しているようです。それは当然です。しかし、アラブ諸国を刺激してしまうという懸念を強めているようです。
それについて、「報道の自由」といういい訳で、イスラム教徒への嫌がらせを容認していると政府対応に反発しているイスラム教団体もあるようですが、やはり抗議は新聞社へするべきでしょう。

さらに騒動の震源となったデンマークでは被害が深刻さを増して、漫画を最初に掲載したユランズ・ポステン紙の従業員が爆弾テロの脅迫を受けて避難するという騒ぎが起きたようです。最悪です。デンマークのムラー外相は騒動による危険を察知して、アフリカ訪問を延期しました。
デンマーク政府が騒動を収拾させる手立てを見いだせない中、国内の穏健派のイスラム教指導者が、ユランズ・ポステン紙の謝罪を受け入れてイスラム教徒らとの仲裁に乗り出す意向だと伝えられています。

とても情けなくて、大人気ないことだと、しろはがっかりしています。
みなさんは、いかが思いますか。
更にエスカレートして、本当にテロが起こったりしないように祈ります。
ブログランキング←クリックに感謝!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 続・「理解できない」のは私のほうである  [ 華氏451度 ]   2006年02月05日 02:38
1日午後の参院予算委員会で、小泉首相はこんな答弁もおこなった。 構造改革に伴う経済格差拡大への批判が強まっていることに関し、「わたしは格差が出ることは悪いこととは思っていない」と断言。さらに社民党・福島党首の「貧困層が増えているという認識はあるか」という...
2. 中東  [ 共通テーマ ]   2006年02月06日 12:07
紛争が続くイラン、イラク、パレスチナ、レバノン・・・ 中東の政治、経済、社会、文化について語ってください。
3. 歌の文句に想いを馳せれる♪ その1 ムハンマド風刺画と「春夏秋冬」  [ 平太郎独白録 親愛なるアッティクスへ ]   2006年02月06日 19:57
親愛なるアッティクスへ 「人の為に良かれと思い??♪ 西から東へとかけずり回り??♪」 これは、知ってる人は知っている、泉谷しげるさんの「春夏秋冬」の中の一節ですが、あの郷土の偉人(笑)、武田鉄矢氏をして、「この歌詞はプロにならなければ書けない!」と思わ...
4. デンマーク・モハメッド風刺漫画暴動の経緯をまとめてみた。  [ 作った(´・ω・`) ]   2006年02月07日 01:34
なんだかねえ。 どっちもどっち。 どっちかっつーとデンマークの新聞の人に「日本のお家に入る時は靴を脱いでから入りましょう」的な事を躾たい。 一応かいとく。 イスラム教では偶像崇拝禁止。徹底的に禁止。始祖モハメッドの絵もトンデモナスwマジヤバスwwww...
5. ムハンマド風刺画 コレってテロじゃ…(・・?  [ zenの日記 ]   2006年02月07日 02:35
ムハンマドの風刺画の事で騒ぎが大きくなってます… 前日のシリアでの ノルウェー大使館テロ デンマーク大使館テロに続き 数千人のテロ隊が レバノンのデンマーク領事館に 放火したらしいです…(((((゜д゜;)))) ソレハイカンダロo( \" ̄∇ ̄)っ)`Д゚)...
6. イスラム風刺画入手  [ 乳頭おじさんのニュース解説 ]   2006年02月17日 09:55
↓こちらでムハンマド風刺画12枚を入手しました。 http://www.geertwilders.nl/index.php?option=com_content&task=view&id=381&Itemid=74 転載すると著作権侵害になるのでリンクだけ貼っておきます。 (ただし、時間が経つと消えているかもしれません。)  さて、....

この記事へのコメント

1. Posted by コウト   2006年02月05日 01:35
大切にしているものを馬鹿にされたとき、大人はどうすればいいんでしょうね。怒るのもやむを得ないと思いますけど。報道の自由というのは喧嘩を売ることと同義なのでしょうか。そのムハンマドの風刺漫画は、どういった経緯で掲載されたのでしょう。
2. Posted by コウト   2006年02月05日 01:50
表現の自由というのは、思うに他人を傷つけない範囲で為されるのが倫理的だと思うのです。お前の母ちゃん〜とか言ってからかわれるのは子供のうちならまだいいけれど、人格のできあがった大人に対して侮辱的な言動を平気でするのはどうなのでしょうか。そこで紳士的に態度を選ぶことは、抑圧ではありませんね。相手を認めてそれに応じた付き合いを選ぶということです。潜在的に敵視しているから、こういった対立の火種が生まれるように思えます。
3. Posted by 時評親爺   2006年02月05日 09:28
5 おはようございます。

ん〜、しろさんは件の風刺画をご覧になりました?

私もイロイロネットを漁ったのですが、見当たりませんでした。

大元のデンマークの報道(風刺画)の扱いと言ったらよいのか、真意と言ったらよいのか、あるいは論調?を知りたかったですね。デンマーク語を知りませんけれど・・・汗。

ちょっと判らない部分が多い?ように見受ける外電でしたので、私としては「コメントする(判断する)のが難しいなぁ・・・?」と感じておりました。
4. Posted by 時評親爺   2006年02月05日 10:44
5 追記です。

ちょっくら、それらしき風刺画を見つけました。

http://sfgate.com/cgi-bin/blogs/sfgate/detail?blogid=15&entry_id=2796

この絵↑が問題の発端(のひとつ)なのでしょうか。

「One of the cartoons・・・」とあるので、他にもイラストはあったのでしょうね。
5. Posted by しろまあも   2006年02月05日 20:31
こんばんは、コウトさん。

怒るのはやむを得ないと思いますが、誰にどのように怒るかは、大人として見極めないといけないのです。向いている方向が違ったり、問題をすり変えたりしたら、決して良い結果にはなりませんよね。

>潜在的に敵視しているから、こういった対立の火種が生まれるように思えます。

やはり、しろもそうなのだと思います。
今のところ英米が冷静なので助かりますが。
6. Posted by しろまあも   2006年02月05日 20:36
こんばんは、時評親爺様。
イギリスのビジネスジャーナルなどに、この漫画12個が掲載されています。海外ブログで、ルモンド紙が掲載した別の漫画も見ました。
昨年9月デンマークで問題になった時の英文和文での説明を見つけることができず、そもそもの発端については、よくわかりませんでした。
今日新たに(2)を投稿して、そちらに最初の12個の漫画リンクを載せましたので、ご覧になってください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
人気ブログランキング
しろまあもを訪ねて下さり、さらに人気ブログランキングバナーをクリックして下さる皆さまに、心から感謝申し上げます。

↓今日のしろまあもは何位? ブログランキング
Recent Comments
カウンター

訪問者数