架鉄脳内雑記帳

俺の架鉄の反省文やらなんやら

山輝急行電鉄山急本線

概要
山輝急行電鉄山急本線は、山輝駅(山輝県山輝市中之洲区)と銀杏ヶ丘駅(山輝県城中市)とを結ぶ鉄道路線である。山急で唯一の特急が山輝駅と城中駅との間を走っており、山輝駅から桃木駅を経由し、鶴屋線と直通運転を行っている。ナンバリングはSQ(山急より)

路線データ
路線距離 91.0km
軌間 1435mm
駅数 47
複線区間 全線
電化区間 全線
閉塞方式
保安装置
最高速度 100km/h

運行形態

列車種別
特急
山輝駅と城中駅を結ぶ種別である。基本的には特別車2両と一般車4両を繋いだ6両編成で運行する。

急行
山輝駅と銀杏ヶ丘駅を結ぶ種別である。城中駅と銀杏ヶ丘駅間は各駅に停車する。

快速
山輝駅と銀杏ヶ丘駅を結ぶ種別であるが、桃木駅を始発とする列車がある。

空港快速
山輝駅と山輝空港駅を結ぶ種別であり、桃木駅からは鶴屋線へと直通する。山急本線内での停車駅は快速と同じである。

各停
山輝駅と鐘浦久保田駅、鐘浦久保田駅と銀杏ヶ丘駅を結ぶものの二つに分けられる。


駅一覧

山輝急行電鉄 トップページ

ekkwikiという「栄冠は君に輝かない」というサイトのwikiに「山輝急行電鉄」という架空鉄道を上げているのですが、見られなくなってしまっているのでこちらに情報を転記します

概要
歴史
路線
・山急本線(http://blog.livedoor.jp/shiroden/archives/9512417.html
・鶴屋線
・羽璃線
・若森線
・城中線
車両
その他

駅ナンバリングについて

「駅ナンバリングは国際的にやっているから架鉄でも導入すべき」という意見がありました。
確かに、やろうと思えばすぐできますよ。架空鉄道なんだから駅にナンバー振れば出来上がるわけですから。
…でも、それでいいの?、と思うわけです。

そもそも、駅ナンバリングというのは「駅名が読めない人でも番号を見ればすぐわかる」というシステムです。
つまり、駅名と同等の価値を持っていると思うんです。

各社、駅ナンバリングを導入していますが、されている場所は駅名標、車内案内表示、あとは駅舎の駅名標くらいなものです。メトロで発車案内表示で導入されているのがせいぜいじゃないですかね。

…それっておかしくないですか。
駅に行けばさまざまな駅についての案内表示が存在するわけですよ。なのに一部のものにしか表示していない。
これでは利用者をなめているとしか思えないんですよね。 

駅名と同等の価値が存在するとすれば、時刻表の凡例のところにもつけるべきだし、駅にあるパンフレットのすべての駅名に併記する、券売機から出てくる切符、発車案内板の行先、車両の行先表示部分、鉄道会社のホームページ、ホームや車内に流れる肉声での放送、その他全てのありとあらゆる「駅名」が表示されているものにつけるべきなんです。
何度も言いますが、駅ナンバリングは「漢字やローマ字が読めない人のためのもの」です。幼稚園児とかが読む絵本でカタカナなのにひらがなでフリガナ振ってるの見たことありませんか?(プリキュア[ぷりきゅあ]みたいなやつです。)あれは小さい子供がカタカナを読めないことによる配慮なんです。だったら、漢字やローマ字が読めない人の為に全ての駅名に駅ナンバリングを併記するというのが当然であると思っています。

そんなことすら考慮せずに「国際的には普通」と言われたって、「そんな国際的なものなのに、弱者に配慮してないんですね」 って言われて終わりですよ。それに、システムを改修するのにいくらかかり、誰がそのお金を出しているのか考えたことあるんですかね?
中途半端に併記するくらいだったら、いっそのこと「なし」でも構わないと思います。

故に、自分としましては「制度としては理解できるがシステムが気に食わない」ということです。
プロフィール

shiroden

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ