けだまとお茶会 ~命を買わない生き方~

人に売る為に利用される犬や猫を減らす為に一人一人が出来る事、 殺処分される犬や猫を減らす為に一人一人ができる事等を提案します。 音楽、海外の切手の話も・・・。

タグ:シャー・ペイ

ブログネタ
ペットの健康を考える に参加中!

ドッグショーに出る純血種の近親交配の問題や、

蔓延する遺伝性疾患などにハイライトを当てて

イギリスのケネルクラブ(KC)を批判した

BBC(英国放送協会)のドキュメンタリー、

Pedigree Dogs Exposed」 のブログ記事です。

画像を見れば、

健康に配慮されたブリーディングかどうかは、

お分かり頂けると思います↓


Pedigree Dogs Exposed - The Blog: Wrinkle worship - from Peru to Alfreton

http://pedigreedogsexposed.blogspot.jp/2014/04/wrinkle-worship-from-peru-to-alfreton.html


関連記事↓

ナポリタン・マスティフ - Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%95

シャー・ペイ - Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9A%E3%82%A4

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

象牙1.5トンを粉砕

公開日: 2014/04/09


ベルギー当局は9日、

象牙目当ての密猟者に対する警告として、

過去25年にわたって同­国税関で押収された

象牙1.5トンを粉砕した。(c)AFP

2014年4月10日





人気ブログランキングへ

メス猫は交尾をすると

ほぼ100%妊娠します。

必ず避妊去勢手術させて下さい。


小学生レポート「猫の保護活動について」



全国保健所一覧

http://www.phcd.jp/HClist/HClist-top.html

にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

★おまけ★

【期間限定】リバースエッジ 大川端探偵社 OP映像

4月19日から1週間の期間限定公開!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ペットの健康を考える に参加中!

Ori-Pei1.JPG


オリエンタル・シャー・ペイ(英:Oriental Shar Pei)とは、

アメリカ合衆国原産の愛玩用犬種である。

愛称でオリ・ペイ(英:Ori Pei)と呼ばれる事もある。


歴史 [編集]

1975年代にシャー・ペイの小型版である

ミニチュア・シャー・ペイのブリーダーが、

その犬種の健康を改善するために

パグを少々遺伝子プールに加える事によって

ミニチュア・シャー・ペイの外見を保ったまま作出された。

それにより、更に目の周りに集中した皮膚が改善され、

緑内障のリスクをもっと減らす事が出来た。


ミニチュア・シャー・ペイのブリーダーからは批判を受けているが、

オリエンタル・シャー・ペイの作出者は

ショー用のために過度に特徴を誇張し
(特に皮膚のたるみ)

健康を損なわせるのは犬種の質を悪化させる事に繋がり、

それを改善しないブリーダーの方が

むしろ批判されるべきである
と反論した。

この発言の支持率は今でも高く、

オリエンタル・シャー・ペイは多くの愛好家を得ている。(ウィキより)




小型化し、しわを増やされたのがこちら。

ブリーダーは、健康よりしわへのこだわりを

捨てきれなかったようです↓






ミニチュア・シャー・ペイ(英:Miniature Shar Pei)とは、

アメリカ合衆国原産の愛玩用犬種である。

中国原産のシャー・ペイはこれの先祖である。



歴史 [編集]


1975年
代に作出された。

アメリカにシャー・ペイがわたるとすぐに人気の犬種になった。

それによりもっと飼いやすく、

より特徴の際立つ犬種を作ろうという試みが行われ、

小柄なシャー・ペイ同士をかけ合わせて作った小型版である。

ミニチュア・シャー・ペイは成長しても

仔犬の頃からまとっている皮膚をあまり失わないのだが、

この特徴があってはならないと

シャー・ペイのブリーダーから批判を集めていた時代もあった。

シャー・ペイのブリーダーは、

ミニチュア版はあまりにも皮膚のたるみが多すぎて皮膚炎になりやすく、

顔のたるみが特に顕著なため眼球を圧迫し

緑内障になりやすくなるため小型化をやめるように主張した。

しかし、ミニチュア・シャー・ペイのブリーダーは作出を諦めず、

シャー・ペイのブリーダーの意見を取り入れて

目の周り等のしわを軽減する改良を行った。

それにより以前にくらべて

皮膚炎や緑内障になるリスクを下げる事に成功した。

現在でもアメリカ国内ではミニチュア・シャー・ペイは

シャー・ペイと同じくらいの人気がある。(ウィキより)






犬の健全性とスタンダードのジレンマ (7)

 - シャー・ペイのシワに隠された秘密 

dog actually produced by GREEN DOG - 犬を感じるブログメディア


http://www.dogactually.net/blog/2010/09/7---5f1e.html





伝統的なシャー・ペイの成犬(ウィキより)



シャー・ペイ - Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9A%E3%82%A4





人気ブログランキングへ

あとの無い命が助けを待ってます。

それでもあなたは、ブリーダーや

ペットショップから命を買いますか?
 
はいけい、にんげんの皆さま。




全国保健所一覧

http://www.phcd.jp/HClist/HClist-top.html

にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村


ミニチュア・シャー・ペイの方は、

明らかに虐待繁殖ですね。


今や、当たり前のように行われている虐待繁殖(リンク集)

http://blog.livedoor.jp/shirokuro_cat_125/archives/10976855.html
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ