けだまとお茶会 ~命を買わない生き方~

人に売る為に利用される犬や猫を減らす為に一人一人が出来る事、 殺処分される犬や猫を減らす為に一人一人ができる事等を提案します。 音楽、海外の切手の話も・・・。

タグ:ダックスフント

ブログネタ
ペットの健康を考える に参加中!

「イギリス 犬たちの悲鳴

 ブリーディングが引き起こす遺伝病」

 NHK・BS1 9月23日再放映を見て ('09/9/28)


私は見てないんですが、

「鳥の広場」というブログ記事にあったものを

抜粋、転用、構成させて頂きました。


 “純血種”の純血性を守る役割を担うとされている

 “ケンネル・クラブ”が、※略して「KC」

生物学的、解剖学的、獣医学的な観点を全く無視して

犬の健康や福祉を顧みず、

 無意味な見た目だけの”犬種基準”を考案し、

“基準に合致する事を競い、

常軌を逸した近親交配を繰り返し、

 遺伝性疾患に苦しむ犬達を蔓延させた

実態が分かり易く語られます。

※日本にもあります。

「JKC」と略されています。詳細はホームページをご覧下さい。

アメリカは「AKC」


登場するのは

・英国ケンネル・クラブ関係者

(会長、ブリーダー、ドッグショー審査員、

個人飼主会員、遺伝学顧問獣医師)

・RSPCA(王立動物虐待防止協会)、

・CAWC(ペット動物福祉協議会)の専任獣医師

・臨床獣医師や遺伝学等の専門家達

・ペット雑誌の編集者

・遺伝性疾患に苦しむペットの飼主達

・システム改善を求めて活動を続ける キャロル・ファウラー氏


など・・・。


キャバリア・キングチャールズ・スパニエル

脊髄空洞症は登録犬の“三分の一”が発症と推測される。

ほとんどは軽症だが、

重症の場合は

“頭蓋骨の後部を取り除き、

容量を広げる手術が必要”。

手術は成功するとは限らず、

“激痛が激しい場合は安楽死処分”。

脳に較べ頭蓋骨が小さすぎるため、

神経がやられていく。

“20cmの靴に25cmの足を突っ込むようなもの”

初期症状:首や頭に触れられるのを嫌がる。

激しい頭痛。

異常な感覚があり、“首輪装着でも激痛”。

(神経病専門獣医師・クレア・ラスブリッジ氏)

心臓疾患も多い。

 およそ半数が5歳までに“心臓に雑音が聞こえる”。

“10歳過ぎにはほとんど全てに雑音が聞こえる”。

(リバプール大学心臓専門獣医師・サイモン・スィフト氏)


キャバリア・キングチャールズ・スパニエル
(ウィキより)



・1950、60年代に心臓疾患のある犬が

大々的に繁殖用に使われたのが、 慢延の原因だろう。

人気犬種は沢山の子犬を産ませる。

そのため急速に病が広がった。

イギリスの700万匹の飼い犬の“約四分の三が純血種”。

犬種はおよそ200種類。

イギリスの飼い主達が負担している治療費総額は、

“1週間で約15億円。(1千万ポンド)”



 ・スティブ・ジョンズ教授(ロンドン大学)いわく、

“ 常軌を逸した近親交配”。

“人間なら完全な違法行為”。

健康という観点からみて、言語道断の繁殖が行われている。



・RSPCA(王立動物虐待防止協会)の

マーク・エバンス獣医師は、

“犬種基準”で順位を競う ドッグ・ショーの弊害を指摘。



・1900年代と現在の
ダックスフント

ブルテリアの体型変化。

ダックスは、より足短になり

足に負担がかかり易く変化し、

ブルテリアは、頭蓋骨が変化し著しく扁平になった。



ミニチュアダックスフント
ダックスフント



ブルテリア 1915ごろ



ブルテリア



ジャーマンシェパードドッグも、

警察犬等の使役犬に余り変化はないが、


ショー・ドッグには重大な変化が見られる。


ジャーマン・シェパード・ドッグ



動物形成外科の権威、グラハム・オリバー氏は

ドッグ・ショーの映像を見て、

ジャーマンシェパードの”失調性歩行”を指摘。

(後ろ足の筋力がないので膝が左右に揺れ、

筋肉運動の制御が出来ない。)


それでも世界最大のドッグ・ショー

“クラフツ”2008年バーミンガム大会で、

審査員テリー・ハナンは、

純血種は”作業犬”とは違う、

ショーのための犬の方が”正しい体型”と主張する。

“作業犬”は解剖学的にみて正しい体型ではないと。

ハナン氏の言う”解剖学的に正しい体型”とは何か?

それはケンネル・クラブによって作成された

“犬種標準(スタンダード)”によって計られる。

ブリーダー達はスタンダードを目標に、

“犯罪的な近親交配を繰り返す”。

ドッグズ・トゥディ誌のビバリー・カディ氏は、

純血種の良さは大きさや性質等。

多くの要素が安定・保証される点だが、

犬種基準を目標に繁殖させられる犬達の欠陥も、

残念なことに予想できるという。

「犬達がこわれていきます。」

ブリーダーによる犬達は健康上の不安を抱え、

“恐ろしいスピードで遺伝性疾患が増えている”と指摘する。



(2に続く)




にほんブログ村

小学生レポート「猫の保護活動について」



全国保健所一覧

http://www.phcd.jp/HClist/HClist-top.html


人気ブログランキングへ

犬のふん放置で5千円を初徴収 “名ばかり罰金”ではありません! 大阪・泉佐野市

 - MSN産経west

http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/131115/wlf13111518370018-n1.htm

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ダックスフント
: Dachshund)は、ドイツ原産の犬種である。

ジャパンケネルクラブ(JKC)の登録名は

ダックスフンド
英語読みによる)であるが、

ドイツ語では文節末尾の d は濁らないため、「フント」となる。


呼称は、アナグマを表すダックス(Dachs)と、

を表すフント(Hund 英語同根語では

houndとして意味が「猟犬」に限定された)の

ドイツ語の単語2語を合わせたもの、すなわち「アナグマ犬」ということで、

この犬種がもっぱらアナグマ猟に用いられたことに由来する。


日本においては、ペットとして非常に人気があり、

一時期のブーム後も、多くの頭数が登録されている。

ジャパンケネルクラブ登録頭数は、

記録の残る1999年から2007年までは1位、2008年以降は3位[1]



毛色
[編集]


ダックスフントは、多くの毛色があることで知られている。

また、毛質ごとに分類される。


スムースヘアードとロングヘアードについては2色と単色、

その他のカラーに大きく分けられる。


2色は濃いブラウン(チョコレート)又はブラック。

それぞれにタン又はイエローの斑が、目の上、

マズル及び下唇の側面、耳朶の縁の内側、前胸部、脚の内側及び後部、

足の上、肛門の周り、そこから尾の下側の3分の1又は半分に見られる。

ブラック&タン、チョコレート&タン、ブラック&クリーム等と呼ぶことが多い。

また、単色(ソリッド)は、レッド、レディッシュ・イエロー、イエロー(クリーム)、

チョコレート。非常に散在した黒の毛(シェーデッド)がある犬でも単色として分類される。

その他の色はダップル(斑)とブリンドル(濃い縞)等がある。


ワイヤーヘアードについては、上記以外にもワイルド・ボアー・カラー(野猪色)、

デッド・リーフ(枯葉色)、ソルト・アンド・ペッパー(ごま塩色)などもある。


近年はパイボールド、ソリッド、ブルーなど

新しく毛色が作出されている(特殊色、レアカラーとも呼ばれる)。

異毛種間での交雑は認められておらず、本来は血統書は発行されない。

また、血統書以外にも後述の「乱繁殖」や

「遺伝性疾患」と直結する問題とされることもある。


※毛色に関しての遺伝病は、

こちらをご覧ください↓


遺伝病の話

http://www.animalpolice.net/jyoho/hansyoku/01iden.html


[編集]

ミニチュアダックスフント




歴史


ダックスフントの起源は古く、最も古いものでは古代エジプトの壁画に

ダックスフントと酷似する犬種が刻まれている。


現在のダックスフントは、スイスジュラ山岳地方のジュラ・ハウンドが祖先犬と言われ、

12世紀頃、ドイツオーストリアの山岳地帯にいた

中型ピンシェルとの交雑によって

今日のスムーズヘアード種の基礎犬が作られたと伝えられている。

当時は体重10〜20kgと大きかったようで、

シュナウザーを配して、更に他のテリアによってワイヤーヘアード種ができた。


またロングヘアード種は15世紀頃、スパニエルとの交雑によって作出されたが、

どこでなされたのかは定かではない。


本来、ダックスフントは名前の表す通り、体重15kg程もあるアナグマを猟るため、

また、負傷した獲物の捜索及び追跡のために農夫などによって改良された犬種で、

「Bracken(狩猟)」の時代から特に地下での狩猟に適するよう繁殖されてきた歴史がある。

当時、ダックスフントはドイツ国内においてはテッケルやテカル、

ダッケルと呼んでいたと言われている。

19世紀頃、ミニチュアとカニンヘン(兎という意味)が

スタンダードが入ることのできない小さな穴に入って、

アナグマのみならず、ネズミ穴ウサギテンを猟るために改良されて誕生したようである。

また、この頃からアメリカや他の国へも少しずつ輸出されるようになったらしく、

そのダックスフントの繁殖に尽力していたと言われる最古のクラブは、

1888年に創立されたドイツテッケルクラブ(Deutscher Teckelklub)である。


第一次世界大戦
ではドイツ語での呼び方が嫌悪され、

英語で「バジャードッグ」と呼ばれていた。


飼育上の注意
[編集]


胴体が長く、腰や股関節等への負担が大きいため、

ヘルニア
を代表とする関節疾患にかかりやすい。

ジャンプ、高所や階段の昇降、滑りやすい床や路面の走行、肥満、

抱え方等には注意が必要である。

脚が短いことから、地面と腹部が近いため、腹部を傷つけてしまったり、

地面が熱い時は熱中症になりやすい。

垂れ耳であることから、蒸れやすく、ダニの寄生や細菌による外耳炎になりやすい。


肥満(ヘルニア)防止のダイエットや小型化を目的として、


素人による餌の制限が安易に行われており、

その個体に対する適度な分量の餌を与えられず、

栄養失調
から諸疾患を引き起こすケースも存在する。


また、ペットブームの影に行われた乱繁殖により、

経験及び知識不足のブリーダーや素人繁殖が問題になっている。

この犬種は毛色の掛け合わせがアルビノ等の疾患と関係があることはよく知られているが、

てんかん股関節形成不全、PRA(進行性網膜萎縮症)等の遺伝性疾患を受け継いだり、

障害を持って生まれてくる場合も少なくない。


そして、飼い主の事情で保健所、保護施設等に持ち込まれる問題も重なり、

動物愛護の観点から

繁殖を行う者は充分な経験と知識を有するべきである

素人は繁殖させてはいけない」という考えが広まっている[2]

2006年6月より、動物愛護法の改正によって

動物取扱業未登録の者は有償での犬の譲渡ができなくなった。


(ウィキより)


遺伝性疾患に関しては

こちらもご覧ください。

小型化されたことにより、

遺伝性疾患も増えてます。

小型化の交配の過程で

背負わされたんでしょう。



ダックスフント↓


ミニチュアダックスフント↓


こちらで検索し、転載しました↓

犬の遺伝病検査 - IDIDA JAPAN

http://www.idida.co.jp/dna/howto.html




人気ブログランキングへ


「サイズもカラーも取り揃えております。」

洋服じゃないんだからさ・・。

古代エジプトの壁画の犬は、

現在のダックスより、

胴は短かったと思います。

じゃないと、生き残れませんから。

生まれた犬の中で、

一番胴が長いの同士を掛けていったんでしょう。




にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村
はいけい、にんげんの皆さま。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


“アメリカ合衆国原産”が

圧倒的に多いです↓


サ行
[編集]

シー・プー [編集]

シー・プー

シー・プー(英:Shih Poo)は、

アメリカ合衆国原産の愛玩用の二重純血犬種である。

母はシー・ズー。シー・ズーにちなんで犬種名間にハイフン、

空間、又は「・」を入れるのが慣習となっている。

シェパドゥードル [編集]

シェパードゥードル(英:Shepadoodle)は、


アメリカ合衆国原産の社会貢献用の二重純血犬種である。

母種はジャーマン・シェパード・ドッグ

ジャッカプー [編集]

ジャッカプー

ジャッカプー(英:Jackapoo)は、アメリカ合衆国原産の愛玩用の交雑犬である。

母はジャック・ラッセル・テリア

容姿はプードルのコートを取り入れたジャック・ラッセル・テリアであることが犬種基準で、

コートはスムース、ラフ、ロングの3タイプがある

(いずれもコートはプードルのように縮れている)。

毛色はジャック・ラッセル・テリアの犬種基準内のものが全て認められている。

シュヌードル [編集]

シュヌードルの仔犬

シュヌードル(英:Schnoodle)は、アメリカ合衆国原産の愛玩用の二重純血犬種である。

母種はミニチュア・シュナウザースタンダード・シュナウザー

通常ミニチュア種が母種である方をミニチュア・シュヌードル


スタンダード種が母種の方をスタンダード・シュヌードルと呼んで別種として扱う。

スキッパードル [編集]

スキッパードル(英:Schipperdle)は、

アメリカ合衆国原産の愛玩用の交雑犬である。母はスキッパーキ

容姿はプードルのコートを取り入れたスキッパーキであることが犬種基準である。


毛色はブラックなどの単色。

スコッティプー [編集]

スコッティプー(英:Scottipoo)は、アメリカ合衆国原産の愛玩用の交雑犬である。

母はスコティッシュ・テリア


容姿はプードルのコートを取り入れたスコティッシュ・テリアの姿であることが犬種基準である。

毛色はブラック系のもの。

セント・バードゥードル [編集]

セント・バードゥードル(英:St.Berdoodle)は、


アメリカ合衆国原産の介助犬用の二重純血犬種である。

母種はセント・バーナード

タ行 [編集]

チー・プー [編集]

チー・プー(英:Chi-Poo)は、アメリカ合衆国原産の愛玩用の交雑犬である。

母はチワワ。容姿はプードルのコートを取り入れたチワワであることが犬種基準で、

母がスムースコートならば縮れたショートコートで、

ロングコートなら巻き毛のロングコートを持つ。

毛色に制限はない。

テリプー [編集]

テリプーの一種

テリプー(英:Terripoo)は、イギリス原産のテリアの交雑犬である。

母種はワーキング・テリア。もともとはブームと関係なく、

古くから実猟犬として使われてきたプードル・ハイブリッドである。

ドゥードルマン [編集]

ドゥードルマン(英:Dordlemann)は、アメリカ合衆国原産の愛玩用の交雑犬である。

母はドーベルマン。母方の犬種の正式名称(ドーベルマン・ピンシャー)にちなんで

ドゥードルマン・ピンシャー
とも呼ばれる。

容姿はプードルのコートを取り入れたドーベルマンであることが犬種基準である。

毛色はブラック・アンド・タン、イザベラ・アンド・タン、ブルー・アンド・タン、ブラック、ブルー。

ドキシープー [編集]

ドキシープー(英:Doxiepoo)は、アメリカ合衆国原産の愛玩用の交雑犬である。

一部二重純血犬種として固定された血統のものもある。

母はダックスフント

容姿はプードルのコートを取り入れたダックスフントであることが犬種基準である。

毛色の制限はない。


最も多く出回っているものは

ロングコート若しくはスムースコートの

ミニチュア・ダックスフントとプードルの交雑犬で、

スタンダート・ダックスフント、カニチュア・ダックスフント、

及び全サイズのワイアーコートのものを母とする交雑犬は大変少ない。


日本でも交雑種のものが多く出回っていて、


ペットとして飼育されている。

あまり知られていないが、

ドキシープーの著名な飼い主にはお笑い芸人の狩野英孝などがいる。



人気ブログランキングへ

殺処分される犬の二割近くは、

子犬です。


はいけい、にんげんの皆さま。


全国保健所一覧

http://www.phcd.jp/HClist/HClist-top.html

にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村


「アメリカ合衆国原産が

圧倒的に多い」と冒頭で述べましたが、

こちらのブログの管理人さんは、

北米で保護活動に携わっていらっしゃいます。

保護犬は、チワワミックスが多いです!

もしかして、意図的に掛けたんじゃないかと

思ってしまいます。

そして、アメリカン ピット ブルも

見受けられます。

根強い人気があるという事なのでしょうか?

闘犬としてなのか、愛玩犬としてなのか・・・、

とても気になります↓



犬の笑顔と共に。。。

http://blog.goo.ne.jp/hikarimiko

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


「イギリス 犬たちの悲鳴

 ブリーディングが引き起こす遺伝病」

 NHK・BS1 9月23日再放映を見て ('09/9/28)


私は見てないんですが、

「鳥の広場」というブログ記事にあったものを

抜粋、転用、構成させて頂きました。


 “純血種”の純血性を守る役割を担うとされている

 “ケンネル・クラブ”が、※略して「KC」

生物学的、解剖学的、獣医学的な観点を全く無視して

犬の健康や福祉を顧みず、

 無意味な見た目だけの”犬種基準”を考案し、

“基準に合致する事を競い、常軌を逸した近親交配を繰り返し、

 遺伝性疾患に苦しむ犬達を蔓延させた”実態が分かり易く語られます。

※日本にもあります。

「JKC」と略されています。詳細はホームページをご覧下さい。

アメリカは「AKC」


登場するのは

・英国ケンネル・クラブ関係者

(会長、ブリーダー、ドッグショー審査員、

個人飼主会員、遺伝学顧問獣医師)

・RSPCA(王立動物虐待防止協会)、

・CAWC(ペット動物福祉協議会)の専任獣医師

・臨床獣医師や遺伝学等の専門家達

・ペット雑誌の編集者

・遺伝性疾患に苦しむペットの飼主達

・システム改善を求めて活動を続ける キャロル・ファウラー氏


など・・・。


・キャバリア・キングチャールズ・スパニエルの

脊髄空洞症は登録犬の“三分の一”が発症と推測される。

ほとんどは軽症だが、

重症の場合は

“頭蓋骨の後部を取り除き、

容量を広げる手術が必要”。

手術は成功するとは限らず、“激痛が激しい場合は安楽死処分”。

脳に較べ頭蓋骨が小さすぎるため、神経がやられていく。

“20cmの靴に25cmの足を突っ込むようなもの”

初期症状:首や頭に触れられるのを嫌がる。

激しい頭痛。

異常な感覚があり、“首輪装着でも激痛”。

(神経病専門獣医師・クレア・ラスブリッジ氏)

心臓疾患も多い。

 およそ半数が5歳までに“心臓に雑音が聞こえる”。

“10歳過ぎにはほとんど全てに雑音が聞こえる”。

(リバプール大学心臓専門獣医師・サイモン・スィフト氏)

キャバリア・キングチャールズ・スパニエル
キャバリア・キングチャールズ・スパニエル



・1950、60年代に心臓疾患のある犬が

大々的に繁殖用に使われたのが、 慢延の原因だろう。

人気犬種は沢山の子犬を産ませる。

そのため急速に病が広がった。

イギリスの700万匹の飼い犬の“約四分の三が純血種”。

犬種はおよそ200種類。

イギリスの飼い主達が負担している治療費総額は、

“1週間で約15億円。(1千万ポンド)”



 ・スティブ・ジョンズ教授(ロンドン大学)いわく、

“ 常軌を逸した近親交配”。

“人間なら完全な違法行為”。

健康という観点からみて、言語道断の繁殖が行われている。



・RSPCA(王立動物虐待防止協会)の

マーク・エバンス獣医師は、

“犬種基準”で順位を競う ドッグ・ショーの弊害を指摘。



・1900年代と現在のダックスフントと

ブルテリアの体型変化。

ダックスは、より足短になり

足に負担がかかり易く変化し、

ブルテリアは、頭蓋骨が変化し著しく扁平になった。

ジャーマンシェパードドッグも、

警察犬等の使役犬に余り変化はないが、


ショー・ドッグには重大な変化が見られる。


ジャーマン・シェパード・ドッグ



動物形成外科の権威、グラハム・オリバー氏は

ドッグ・ショーの映像を見て、

ジャーマンシェパードの”失調性歩行”を指摘。

(後ろ足の筋力がないので膝が左右に揺れ、

筋肉運動の制御が出来ない。)


それでも世界最大のドッグ・ショー

“クラフツ”2008年バーミンガム大会で、

審査員テリー・ハナンは、

純血種は”作業犬”とは違う、

ショーのための犬の方が”正しい体型”と主張する。

“作業犬”は解剖学的にみて正しい体型ではないと。

ハナン氏の言う”解剖学的に正しい体型”とは何か?

それはケンネル・クラブによって作成された

“犬種標準(スタンダード)”によって計られる。

ブリーダー達はスタンダードを目標に、

“犯罪的な近親交配を繰り返す”。

ドッグズ・トゥディ誌のビバリー・カディ氏は、

純血種の良さは大きさや性質等。

多くの要素が安定・保証される点だが、

犬種基準を目標に繁殖させられる犬達の欠陥も、

残念なことに予想できるという。

「犬達がこわれていきます。」

ブリーダーによる犬達は健康上の不安を抱え、

“恐ろしいスピードで遺伝性疾患が増えている”と指摘する。

※今現在もです!
 殺処分についても同じです!

(2に続く)




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ