けだまとお茶会 ~命を買わない生き方~

人に売る為に利用される犬や猫を減らす為に一人一人が出来る事、 殺処分される犬や猫を減らす為に一人一人ができる事等を提案します。 音楽、海外の切手の話も・・・。

タグ:パピヨン



パピヨン
Papillon)は、が羽根を開いたような形の耳をした犬種である。

RileyPapillon.JPG

歴史 [編集]


原種はスペイントイ・スパニエルの一種とされている。

15世紀以降、ポンパドゥール夫人マリー・アントワネットをはじめとする

ヨーロッパ貴族の寵愛を受けるようになった。

当時のヨーロッパでは入浴の習慣が無く、ダニなどが、人に寄生するので、

それを避ける為に犬を飼った。

当時の肖像画には、主人とともにパピヨンとされる犬が描かれているものが見られる。

有名なのは、オーストリアの宮廷画家

マルティン・ファン・マイテンス(Martin van Meytens、1695年 - 1770年)の筆による

シェーンブルン宮殿の女帝マリア・テレジアとその家族』と題する3作の肖像画で、

いずれの絵にも2頭のパピヨンとされる犬が登場している。


フランス革命
の際には、

革命軍によって貴族と共に数多くのパピヨンが殺害されたこともあった。


ブルボン朝
の時代までは垂れ耳が一般的で、

また、リスのように尾が巻いていることからリス犬と呼ばれていたが、

19世紀末ごろに、スピッツチワワ交配させて改良し、

現在の立ち耳を持つタイプが出現したことで

「パピヨン(フランス語で蝶の意)」と呼ばれる様になった。

現在では、垂れ耳の個体はファレン(Phalène、フランス語での意)と呼ばれている。

ネズミを追いかける習性があった。


健康上の注意点 [編集]


遺伝性の病気は少ないほうだが、

膝蓋骨脱臼眼瞼内反症(逆さまつげ)になりやすい。



主な遺伝病がこちら↓

パピヨン



犬の遺伝病検査 - IDIDA JAPAN

http://www.idida.co.jp/dna/howto.html


スピッツ、チワワとかけたのは

近年ですね。

チワワの主な遺伝病↓
 

チワワ


交配に、スピッツを使ってますので、

気になる方は、そちらの遺伝病もお調べください。

上記サイトにはありませんでした。



見付けてきました。

詳しいです↓

日本スピッツ

http://www.pet-hospital.org/manu-n2.htm



人気ブログランキングへ

AERAのデータによると、パピヨンは、

犬の病気・けが・高齢、飼い主が病気・死亡、

鳴き声がうるさい、人を噛むという理由で、

多く捨てられてました。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


日本犬が好きな方、

ぜひプーシーをご覧ください。

柴犬も交配に利用されています↓


ハ行
[編集]

バードゥードル [編集]

バードゥードル(英:Berdoodle)は、

アメリカ合衆国原産の愛玩用の交雑犬である。

母はバーニーズ・マウンテン・ドッグ

容姿はプードルのコートを取り入れた

バーニーズ・マウンテン・ドッグであることが犬種基準である。


毛色はブラックを地としてタンとホワイトのマーキングがあるタイプのトライカラー。

バセプー [編集]

バセプー(英:Bassepoo)は、アメリカ合衆国原産の愛玩用の交雑犬である。

母はバセット・ハウンド。容姿は皮膚のたるみが少なく、

プードルのコートを取り入れたバセット・ハウンドであることが犬種基準である。

毛色はバセット・ハウンドの犬種基準内のものが全て認められる。

パピプー [編集]

パピプー(英:Papipoo)は、アメリカ合衆国原産の愛玩用の交雑犬である。

母はパピヨン。容姿はプードルのコートを取り入れたパピヨンであることが犬種基準である。

毛色はホワイト地色とした複色。

パフドル [編集]

パフドル(英:Puffdle)は、アメリカ合衆国原産の愛玩用の交雑犬である。

母はチャイニーズ・クレステッド・ドッグのパウダーパフ個体。

容姿はプードルのコートを取り入れたチャイニーズ・クレステッド・ドッグの

パウダーパフ個体のものであることが犬種基準である。

毛色の制限はない。

ビショプー [編集]

ビショプー

ビショプー(英:Bichopoo)は、アメリカ合衆国原産の愛玩用の交雑犬である。

母はビション・フリーゼ

もともとビション・フリーゼの改良過程でプードルが交配されていたため、

特に交配の意味がないものとして強く批判されていて、

現在はあまり作出されていない。

容姿はプードルとビション・フリーゼの中間であることが犬種基準である。

毛色はホワイト。

ピレドゥードル [編集]

ピレドゥードル(英:Pyredoodle)は、アメリカ合衆国原産の愛玩用の交雑犬である。

母はグレート・ピレニーズ

容姿はプードルとグレート・ピレニーズの中間であることが犬種基準である。

毛色はホワイトかホワイト地に有色の斑があるもの。

ピンシャドゥードル [編集]

ピンシャドゥードル(英:Pinshdoodle)は、

アメリカ合衆国原産の愛玩用の交雑犬である。母はミニチュア・ピンシャー


容姿はプードルのコートを取り入れたミニチュア・ピンシャーであることが犬種基準である。

毛色はブラック・アンド・タンかタンの単色。

プーグル [編集]

プーグル(英:Poogle)は、アメリカ合衆国原産の愛玩用の交雑犬である。

母はビーグル。容姿はプードルのコートを取り入れたビーグルであることが犬種基準である。

毛色はハウンドカラー。

プーシー [編集]

プーシー(英:Pooshi)は、アメリカ合衆国原産の愛玩用の交雑犬である。

母は柴犬。作出者の中にはこれを羽衣之柴の再現版であると主張する者もいるが、

容姿はそれとは全く異なる。


多くの日本人をはじめとする日本犬の愛好家から激しく批判されている交雑犬で、

プードルと柴犬の組み合わせは全くの無意味であると主張され、

作出の禁止を強く求められている。

そのため、現在は愛好家も少なくあまり繁殖されていない。

容姿はプードルのコートを取り入れた柴犬であることが犬種基準である。

毛色の制限は特にない。

プーチン [編集]

プーチン(英:Poochin)は、アメリカ合衆国原産の愛玩用の交雑犬である。

母は。容姿はプードルのコートを取り入れた狆であることが犬種基準である。

毛色はブラック・アンド・ホワイトやレモン・アンド・ホワイト。

プガプー [編集]

プガプー(英:Pugapoo)は、アメリカ合衆国原産の愛玩用の交雑犬である。


母はパグ。容姿はマズルがつぶれておらず、

それ以外はプードルのコートを取り入れたパグの姿であることが犬種基準である。

毛色はブラック・マスクのあるフォーンかブラックの単色。

ペカプー [編集]

ペカプー

ペカプー(英:Pekeapoo 又は Pek-a-poo)は

アメリカ合衆国のインディアナ州原産の愛玩用の二重純血犬種である。

母種はペキニーズ


もともとはオシュリーズという犬種を作出するために作られた実験種であったが、

現在もアメリカではペットとして人気が高い。

体高は25cm前後の小型犬で、

容姿はプードルとペキニーズの中間であることが犬種基準である。

毛色は白若しくは白っぽいものが好まれるが、特にこれといった制限はない。

ベドドゥードル [編集]

ベドドゥードル(英:Beddoodle)は、アメリカ合衆国原産の愛玩用の交雑犬である。

母はベドリントン・テリア

もともとロズベリー・テリアをベドリントン・テリアに改良する過程で

プードルが交配されていたこともあり、

ベドリントン・テリアの愛好家から意味の無い掛け合わせであると強く批判され、

現在はほとんど見かけられない。


容姿はプードルとベドリントン・テリアの中間であることが犬種基準である。

毛色の制限は特にない。

ボードゥードル [編集]

ボードゥードル(英:Bordoodle)は、

アメリカ合衆国原産の介助犬用の二重純血犬種である。

母種はロングコートのボーダー・コリー

ボクシードゥードル [編集]

ボクシードゥードル(英:Boxidoodle)は、

アメリカ合衆国原産の愛玩用の交雑犬である。母はボクサー

ボクサードゥードル
(英:Boxerdoodle)とも呼ばれる。

容姿はプードルのコートを取り入れたボクサーであることが犬種基準で、

毛色は特に制限はない。

ボシプー [編集]

ボシプー(英:Bossipoo)は、アメリカ合衆国原産の愛玩用の交雑犬である。

母はボストン・テリア

容姿はプードルのコートを取り入れたボストン・テリアであることが犬種基準である。

毛色はブラック・アンド・ホワイトやブリンドル・アンド・ホワイト。

ポメプー [編集]

ポメプー(英:Pompoo)は、アメリカ合衆国原産の愛玩用の交雑犬である。

母はポメラニアン。日本でも多く出回っているプードル・ハイブリッドである。

容姿はプードルのコートを取り入れたポメラニアンであることが犬種基準で、

毛色はポメラニアンの犬種基準内のものなら全て認められる。






人気ブログランキングへ




ペカプーの、

“もともとはオシュリーズという犬種を作出するために作られた


実験種であったが”とあります。

種の作出は、まるで動物実験だと

別記事で述べましたが、

この、“実験種”という言葉が、

それの裏付けのようですね。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村


「愛玩目的の洋犬は、輸入する必要があったのでしょうか?」

という投票を設置していますが、

これは、日本犬の血統の保存よりも、

犬の形を変えずに、“そのままと寄り添う”、

“ありのままを受け入れる”という様な、

日本人の“美徳”が消えて行く事を

嘆いています。

しかも、洋犬の輸入は

殺処分と並行して行われていた(現在も行われている)はずです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ