けだまとお茶会 ~命を買わない生き方~

人に売る為に利用される犬や猫を減らす為に一人一人が出来る事、 殺処分される犬や猫を減らす為に一人一人ができる事等を提案します。 音楽、海外の切手の話も・・・。

タグ:ブルテリア

ブログネタ
ペットの健康を考える に参加中!

「イギリス 犬たちの悲鳴

 ブリーディングが引き起こす遺伝病」

 NHK・BS1 9月23日再放映を見て ('09/9/28)


私は見てないんですが、

「鳥の広場」というブログ記事にあったものを

抜粋、転用、構成させて頂きました。


 “純血種”の純血性を守る役割を担うとされている

 “ケンネル・クラブ”が、※略して「KC」

生物学的、解剖学的、獣医学的な観点を全く無視して

犬の健康や福祉を顧みず、

 無意味な見た目だけの”犬種基準”を考案し、

“基準に合致する事を競い、

常軌を逸した近親交配を繰り返し、

 遺伝性疾患に苦しむ犬達を蔓延させた

実態が分かり易く語られます。

※日本にもあります。

「JKC」と略されています。詳細はホームページをご覧下さい。

アメリカは「AKC」


登場するのは

・英国ケンネル・クラブ関係者

(会長、ブリーダー、ドッグショー審査員、

個人飼主会員、遺伝学顧問獣医師)

・RSPCA(王立動物虐待防止協会)、

・CAWC(ペット動物福祉協議会)の専任獣医師

・臨床獣医師や遺伝学等の専門家達

・ペット雑誌の編集者

・遺伝性疾患に苦しむペットの飼主達

・システム改善を求めて活動を続ける キャロル・ファウラー氏


など・・・。


キャバリア・キングチャールズ・スパニエル

脊髄空洞症は登録犬の“三分の一”が発症と推測される。

ほとんどは軽症だが、

重症の場合は

“頭蓋骨の後部を取り除き、

容量を広げる手術が必要”。

手術は成功するとは限らず、

“激痛が激しい場合は安楽死処分”。

脳に較べ頭蓋骨が小さすぎるため、

神経がやられていく。

“20cmの靴に25cmの足を突っ込むようなもの”

初期症状:首や頭に触れられるのを嫌がる。

激しい頭痛。

異常な感覚があり、“首輪装着でも激痛”。

(神経病専門獣医師・クレア・ラスブリッジ氏)

心臓疾患も多い。

 およそ半数が5歳までに“心臓に雑音が聞こえる”。

“10歳過ぎにはほとんど全てに雑音が聞こえる”。

(リバプール大学心臓専門獣医師・サイモン・スィフト氏)


キャバリア・キングチャールズ・スパニエル
(ウィキより)



・1950、60年代に心臓疾患のある犬が

大々的に繁殖用に使われたのが、 慢延の原因だろう。

人気犬種は沢山の子犬を産ませる。

そのため急速に病が広がった。

イギリスの700万匹の飼い犬の“約四分の三が純血種”。

犬種はおよそ200種類。

イギリスの飼い主達が負担している治療費総額は、

“1週間で約15億円。(1千万ポンド)”



 ・スティブ・ジョンズ教授(ロンドン大学)いわく、

“ 常軌を逸した近親交配”。

“人間なら完全な違法行為”。

健康という観点からみて、言語道断の繁殖が行われている。



・RSPCA(王立動物虐待防止協会)の

マーク・エバンス獣医師は、

“犬種基準”で順位を競う ドッグ・ショーの弊害を指摘。



・1900年代と現在の
ダックスフント

ブルテリアの体型変化。

ダックスは、より足短になり

足に負担がかかり易く変化し、

ブルテリアは、頭蓋骨が変化し著しく扁平になった。



ミニチュアダックスフント
ダックスフント



ブルテリア 1915ごろ



ブルテリア



ジャーマンシェパードドッグも、

警察犬等の使役犬に余り変化はないが、


ショー・ドッグには重大な変化が見られる。


ジャーマン・シェパード・ドッグ



動物形成外科の権威、グラハム・オリバー氏は

ドッグ・ショーの映像を見て、

ジャーマンシェパードの”失調性歩行”を指摘。

(後ろ足の筋力がないので膝が左右に揺れ、

筋肉運動の制御が出来ない。)


それでも世界最大のドッグ・ショー

“クラフツ”2008年バーミンガム大会で、

審査員テリー・ハナンは、

純血種は”作業犬”とは違う、

ショーのための犬の方が”正しい体型”と主張する。

“作業犬”は解剖学的にみて正しい体型ではないと。

ハナン氏の言う”解剖学的に正しい体型”とは何か?

それはケンネル・クラブによって作成された

“犬種標準(スタンダード)”によって計られる。

ブリーダー達はスタンダードを目標に、

“犯罪的な近親交配を繰り返す”。

ドッグズ・トゥディ誌のビバリー・カディ氏は、

純血種の良さは大きさや性質等。

多くの要素が安定・保証される点だが、

犬種基準を目標に繁殖させられる犬達の欠陥も、

残念なことに予想できるという。

「犬達がこわれていきます。」

ブリーダーによる犬達は健康上の不安を抱え、

“恐ろしいスピードで遺伝性疾患が増えている”と指摘する。



(2に続く)




にほんブログ村

小学生レポート「猫の保護活動について」



全国保健所一覧

http://www.phcd.jp/HClist/HClist-top.html


人気ブログランキングへ

犬のふん放置で5千円を初徴収 “名ばかり罰金”ではありません! 大阪・泉佐野市

 - MSN産経west

http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/131115/wlf13111518370018-n1.htm

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


「イギリス 犬たちの悲鳴

 ブリーディングが引き起こす遺伝病」

 NHK・BS1 9月23日再放映を見て ('09/9/28)


私は見てないんですが、

「鳥の広場」というブログ記事にあったものを

抜粋、転用、構成させて頂きました。


 “純血種”の純血性を守る役割を担うとされている

 “ケンネル・クラブ”が、※略して「KC」

生物学的、解剖学的、獣医学的な観点を全く無視して

犬の健康や福祉を顧みず、

 無意味な見た目だけの”犬種基準”を考案し、

“基準に合致する事を競い、常軌を逸した近親交配を繰り返し、

 遺伝性疾患に苦しむ犬達を蔓延させた”実態が分かり易く語られます。

※日本にもあります。

「JKC」と略されています。詳細はホームページをご覧下さい。

アメリカは「AKC」


登場するのは

・英国ケンネル・クラブ関係者

(会長、ブリーダー、ドッグショー審査員、

個人飼主会員、遺伝学顧問獣医師)

・RSPCA(王立動物虐待防止協会)、

・CAWC(ペット動物福祉協議会)の専任獣医師

・臨床獣医師や遺伝学等の専門家達

・ペット雑誌の編集者

・遺伝性疾患に苦しむペットの飼主達

・システム改善を求めて活動を続ける キャロル・ファウラー氏


など・・・。


・キャバリア・キングチャールズ・スパニエルの

脊髄空洞症は登録犬の“三分の一”が発症と推測される。

ほとんどは軽症だが、

重症の場合は

“頭蓋骨の後部を取り除き、

容量を広げる手術が必要”。

手術は成功するとは限らず、“激痛が激しい場合は安楽死処分”。

脳に較べ頭蓋骨が小さすぎるため、神経がやられていく。

“20cmの靴に25cmの足を突っ込むようなもの”

初期症状:首や頭に触れられるのを嫌がる。

激しい頭痛。

異常な感覚があり、“首輪装着でも激痛”。

(神経病専門獣医師・クレア・ラスブリッジ氏)

心臓疾患も多い。

 およそ半数が5歳までに“心臓に雑音が聞こえる”。

“10歳過ぎにはほとんど全てに雑音が聞こえる”。

(リバプール大学心臓専門獣医師・サイモン・スィフト氏)

キャバリア・キングチャールズ・スパニエル
キャバリア・キングチャールズ・スパニエル



・1950、60年代に心臓疾患のある犬が

大々的に繁殖用に使われたのが、 慢延の原因だろう。

人気犬種は沢山の子犬を産ませる。

そのため急速に病が広がった。

イギリスの700万匹の飼い犬の“約四分の三が純血種”。

犬種はおよそ200種類。

イギリスの飼い主達が負担している治療費総額は、

“1週間で約15億円。(1千万ポンド)”



 ・スティブ・ジョンズ教授(ロンドン大学)いわく、

“ 常軌を逸した近親交配”。

“人間なら完全な違法行為”。

健康という観点からみて、言語道断の繁殖が行われている。



・RSPCA(王立動物虐待防止協会)の

マーク・エバンス獣医師は、

“犬種基準”で順位を競う ドッグ・ショーの弊害を指摘。



・1900年代と現在のダックスフントと

ブルテリアの体型変化。

ダックスは、より足短になり

足に負担がかかり易く変化し、

ブルテリアは、頭蓋骨が変化し著しく扁平になった。

ジャーマンシェパードドッグも、

警察犬等の使役犬に余り変化はないが、


ショー・ドッグには重大な変化が見られる。


ジャーマン・シェパード・ドッグ



動物形成外科の権威、グラハム・オリバー氏は

ドッグ・ショーの映像を見て、

ジャーマンシェパードの”失調性歩行”を指摘。

(後ろ足の筋力がないので膝が左右に揺れ、

筋肉運動の制御が出来ない。)


それでも世界最大のドッグ・ショー

“クラフツ”2008年バーミンガム大会で、

審査員テリー・ハナンは、

純血種は”作業犬”とは違う、

ショーのための犬の方が”正しい体型”と主張する。

“作業犬”は解剖学的にみて正しい体型ではないと。

ハナン氏の言う”解剖学的に正しい体型”とは何か?

それはケンネル・クラブによって作成された

“犬種標準(スタンダード)”によって計られる。

ブリーダー達はスタンダードを目標に、

“犯罪的な近親交配を繰り返す”。

ドッグズ・トゥディ誌のビバリー・カディ氏は、

純血種の良さは大きさや性質等。

多くの要素が安定・保証される点だが、

犬種基準を目標に繁殖させられる犬達の欠陥も、

残念なことに予想できるという。

「犬達がこわれていきます。」

ブリーダーによる犬達は健康上の不安を抱え、

“恐ろしいスピードで遺伝性疾患が増えている”と指摘する。

※今現在もです!
 殺処分についても同じです!

(2に続く)




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ