けだまとお茶会 ~命を買わない生き方~

人に売る為に利用される犬や猫を減らす為に一人一人が出来る事、 殺処分される犬や猫を減らす為に一人一人ができる事等を提案します。 音楽、海外の切手の話も・・・。

タグ:ペルシャ

ブログネタ
動物愛護関係 に参加中!

現在、ツイッターやフェイスブック等で、

鎌倉チンチラ&チンチラMIXの、

ブリーダー多頭飼育崩壊
が騒がれていますが、

それとそっくりなブリーダー崩壊が

2008年に起きてたんですね。

画像も、鎌倉チンチラ&チンチラMIXの

ブリーダー多頭飼育崩壊にちなんだ、

ツイートやフェイスブック、

ブログ等に添付されてるものと

似てるんですよ。


重複があるかもしれませんが、

2008年に起きたブリーダー崩壊に関する記事を、

まとめてみました。

とにかく、レスキューに入ったボランティアが

いい加減です。



崩壊現場の画像あり↓

ペルシャ猫多頭飼育崩壊問題@まとめサイト - トップページ

 


【詐欺疑惑】ペルシャ100崩壊10【預かりっ子】




管理センターから新しい家族の元へ:ペルシャ多頭崩壊




【詐欺疑惑】ペルシャ100崩壊10【預かりっ子】 - ペットまとめちゃんねる




【情報】 犬猫里親ボランティア 22 【ヲチ】 | Hello info (情報商材鑑定&辛口レビュー)





関連するかもしれない記事↓

町田猫105匹+犬2頭多頭飼育崩壊を発端に発覚した

静岡預かり多頭飼育虐待崩壊・よし氏案件一部崩壊

http://seesaawiki.jp/triple_houkai/d/%a5%c8%a5%c3%a5%d7%a5%da%a1%bc%a5%b8



当ブログ関連記事(2014、7/7追加)↓

ハウンド系のブリーダー多頭飼育崩壊(2007年)★まとめ★

http://blog.livedoor.jp/shirokuro_cat_125/archives/39610648.html


多頭飼育崩壊現場に入ったボラの、不可解な証言

http://blog.livedoor.jp/shirokuro_cat_125/archives/39710866.html



人気ブログランキングへ

殺処分される犬の二割近くは、

子犬です。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村

偽ボランティア団体 悪質なペット詐欺に気をつけろ!




<沖縄戦>「今の命、虫のおかげ」 おばぁの飢餓体験伝える(毎日新聞) - Y!ニュース




「大地に埋まった地雷を嗅ぎ分け、

地雷除去処理を助ける地雷探知犬の任務は極めて過酷で、

PTSDを発症させ任務から退く犬も多い。」↓

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ペットの健康を考える に参加中!

Insanity of Cat Breeding - turning a cat into a toy (BBC Cats)

 公開日: 2013/06/28

Supercats or Monsters?

Cat fancy sacrifice the welfare of cats

for their egoistic idea to create more unusual

and extreme ''cat breeds''.

It's unethical and goes against the nature

of cat making it human dependent,

diseased and disabled!

The cat fancy tries to fool us into thinking

that the cats they breed are superior

and worth to pay a bigger price.

There is no such a thing as ''purebred'',

the cat breeds are often based on irrationality

and have no scientific basis.

Cat breeding also harms natural freeborn cats which comparing

to ''purebred'' ones are seen as worthless

and less good, bad tempered - another lie!

Don't support this breeding madness: cats are not our toys!


二度目の掲載です。

当ブログでは、純血種の犬の

行き過ぎたブリーディングについて

たくさん触れてきましたが、

純血種の猫も、

健康を損うブリーディングが行われています。

先日、以前録画していたNHKの

猫の特集番組を途中まで見たのですが、

ベンガル猫を作出したブリーダーにはブチ切れました。

それについては、

また別の機会に。

そういえば、

大阪のベンガルのブリーダーのブログに、

奇形を出したり、安楽死させたって書いてありました。

気性は、手の付けられない程荒い個体もいます。

保護を考えてらっしゃる方は、

覚悟して下さいね。



関連記事(英文)↓

Pedigree Dogs Exposed - The Blog: Pedigree Cats Exposed

http://pedigreedogsexposed.blogspot.jp/2013/11/pedigree-cats-exposed.html






人気ブログランキングへ

あとの無い命が助けを待ってます。

それでもあなたは、ブリーダーや

ペットショップから命を買いますか?




はいけい、にんげんの皆さま。


全国保健所一覧

http://www.phcd.jp/HClist/HClist-top.html


にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

BlogPaint
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ペットの健康を考える に参加中!


19品種の後発疾患しか載ってないんですが、

シャム、デボンレックス、バーマン、

バーミーズ、ヒマラヤン、ペルシャは、

シャレにならない程多いです↓



猫の種類による好発疾患の一覧表

http://www.pet-hospital.org/cat-006.html



うちの黒いのはシャムの血が入ってるので、

ちょっと心配です。

BlogPaint


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


紙兎ロペ「海編」

※彼ら、紙で出来てます。


海に泳ぎに行く際は、

サメに気を付けて下さい(当たり前)。

.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆


当ブログ記事への拍手、

ありがとうございました!!



にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

保健所で殺処分される猫の数は犬の約3倍。

その内、およそ8割は子猫です。

避妊去勢手術させてください。


小学生レポート「猫の保護活動について」



全国保健所一覧

http://www.phcd.jp/HClist/HClist-top.html

みやざきドッグ愛ランド - 宮崎動物愛護情報ネットワーク


人気ブログランキングへ

猿の次は猫打ち上げ↓

イラン、ペルシャ猫を宇宙に打ち上げへ 写真2枚 国際ニュース : AFPBB News

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2968694/11362367



富士山:保護された迷い犬「富士男」元気に 飼い主はまだ- 毎日jp(毎日新聞)

http://mainichi.jp/feature/news/20130916k0000e040191000c.html
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Insanity of Cat Breeding - turning a cat into a toy (BBC Cats)



昨日見付けた動画です。

英語なので、詳細が分からないのですが、

行き過ぎたブリーディングで

猫も健康を損なってる事について

問題提起している様です。






.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○


「あきれた言い分(2) 若い犬が主流になっているから」への拍手、

ありがとうございました!





人気ブログランキングへ


あとの無い命が助けを待ってます。

それでもあなたは、ブリーダーや

ペットショップから命を買いますか?




はいけい、にんげんの皆さま。


全国保健所一覧

http://www.phcd.jp/HClist/HClist-top.html


にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村


朝日新聞デジタル:犬と散歩中、男性殴られ死亡 口論の若い男逃走 千葉 - 社会

http://www.asahi.com/national/update/0727/TKY201307270041.html





BlogPaint




















フーファヌーの「毛皮をやめて!」


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


最近、エキゾチック・ショートヘア(♀)と

当ブログでも取り上げた

著しく問題のある純血種の猫を飼っている

ブロガーのブログ本を見る機会がありました。

どういう経緯で妊娠させたかは分かりませんが、

そのエキゾチック・ショートヘアは、三匹の子を

“帝王切開で”生み、

その内一匹しか生き残らなかったというもの。

犬では、顔面のつぶれたブルドッグは

かなり高い確率で帝王切開になる事を述べましたが、

猫においては、ペルシャ、エキゾチック・ショートヘアは

帝王切開の出産になりやすいようです。

そして、どちらにも“常染色体優性遺伝嚢胞腎”という

恐ろしい遺伝病があるそうです。

ファイル:Persian Cat.jpg

(ウィキより)


長文ですが、それについての情報を

転載します↓






このホームページ

猫のPKD(Autosomal Dominant Polycystic Kidney Disease/

常染色体優性遺伝嚢胞腎)の

 情報を広めるために開かれました。

この猫の疾病に付いての主要な研究では、

ペルシャ猫およびペルシャと

短毛の家猫の雑種の猫が罹ることが知られています。


ペルシャ猫(およびエキゾチックショートヘアー)に発生する理由については、

さまざまな文献/テキストに述べられています。

他の猫主のブリーダーも

この優性遺伝性の疾病が存在することに注意が必要だと思います。



ペルシャ/エキゾチック・ショートヘアにおける常染色体優性遺伝嚢胞腎

 * * * * * "PKD/ADPKD" * * * * *  

 常染色体優性遺伝性嚢胞腎(PKD)とは ?  

常染色体優性遺伝性嚢胞腎(以下、PKDという)は、

ペルシャ/エキゾチック・ショートヘアに発見された

遺伝性腎疾患である。

ネコ科動物におけるこの症例は、

1967年から論文上で散発的に報告されていたが、

実際の研究情報公開は1990年まで着手されなかった。

1990年、専門の腎臓科がある

オハイオ州立大学付属病院に罹患した6才の雌が付託された。

この雌の子孫はPKDコロニーの始まりとして、

PKD研究開始に利用されることになった。




 PKDの診断方法は?  

PKDは、その大部分は超音波によって簡単に診断でき、

また、これにより早期診断を可能にした。

必要なのは、中腹部から下腹部にかけて被毛を刈り込むことと、

嚢腫の有無を検出するための短時間造影だけである。

検診時間は2~3分程度で、鎮静剤は殆ど必要ない。

ただし経験を積んだ獣医師が精密装置を使って

超音波診断を行うことが重要である。

そうすれば、超音波診断は生後約10ヶ月以降なら

98パーセント正確に行われる。

トランスデューサーの周波数は256グレースケール、

7.5MHz-10MHzで診断する。

周波数が高ければ高いほど、状態は詳しく判明する。

この時点では、ADPKDを診断するDNAテストはまだ有効ではない。



  PKDはどんな症状を引き起こすのか?  

PKDは、徐々に進行する病気である。

臨床的には、平均して生後7年に徴候が現れ、

晩年に腎臓拡張と腎機能不全を伴う。

症状は親から子孫へと遺伝し、

嚢腫は誕生時から受け継いでいる。

嚢腫は1mm以下の大きさから

1cm以上の大きさへと変化する可能性があり、

年齢を経るにつれて次第に大きく、嚢腫はさらに多くなる。

問題は、これらの嚢腫が成長し始めて徐々に腎臓を拡張し、

腎機能の活動を完全に弱体化させる時に生じる。

最終的な死因は腎不全である。  


臨床的徴候のいくつかは、機能低下、

食欲減退、過度の喉の渇き、

血尿過多や体重の減少となって現れる。

腎不全を起こす前に

他の原因で死亡し得るという

晩年のPKD症状の進展の可能性を伴いながらも、

どのくらいの期間で死に至るかについてはネコによって様々である。


だが、嚢腫が大きくなり症状が現れれば確実に腎不全を起こす。

 ブリーダーが自分のキャッテリーからPKDを取り除くには?  

PKDは常染色体優性遺伝子が子孫に遺伝して起こるので、

原因を突き止め、繁殖個体群から排除するのは比較的簡単である。

繁殖用のネコは全て、

腎臓嚢腫の有無を検出するための超音波検診を受ける必要がある。

PKD陽性因子という問題を取り除く一番手っ取り早い方法は、

陽性と診断されたネコを全て去勢避妊してしまい、

PKD陰性のネコだけで繁殖することである。

なぜなら、PKD陰性のネコは遺伝学的にPKDにならないからである。  

もし、該当する種雄もしくは台雌が

繁殖用として特に非常に価値あるものであれば

(ブリーダーにとって大切な血統とした場合)、

PKD陰性因子を持った子孫を得る可能性がまだ残されている。

そうするためには、片親が陰性で、

もう片方の親の遺伝子がヘテロ(異型)接合体型であることが条件となる。

この内容について、

詳しくはDr. David S. Biller, Dr. Stephen P. DiBartola and Wilma J. Lagerwerfによる


《Autosomal Dominant Polycystic Kidney Disease in Persian Cat》をお読みいただきたい。

この記事はCat Fanciers' Magazine 1998年2月号に掲載されており、

またCFAホームページでも閲覧できる。  

他の参考記事として、Billers DS, et al; 《Inheritance of Polycystic Kidney Disease in Persian Cats》,

Journal of Heredity, 1996 Jan; 87(1): 1-5 and Eaton KA, et al;

 《Autosomal Dominant Polycystic Kidney Disease in Persian and Persian-cross Cats》,

Vet Pathology 1997, Mar; 34(2): 117-126.



 あなたにできることは?

PKDは現在のところペルシャ/エキゾチック・ショートヘアーにとって、

病気というよりむしろ普遍的に存在すると理論づけられる。

PKDについて、さらに多くの研究と情報を広めることで、

ブリーダーと獣医はPKDに冒されることのない


繁殖プログラムの確立に努めねばならない。


.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆


ペルシャのウィキの情報↓

特徴としては、長く密集した被毛、

ずんぐりした体つき、短い足、

離れた両目の幅広の顔、

そしてショーに出る猫は鼻をぺったんこにしてある(ピークフェイス)。

現在では極端に短くなりすぎた猫も多く、

健康上の問題を引き起こすこともある。


ペルシャは、その長く密集した被毛のため、

自分でちゃんと毛づくろいすることが難しい。

そのため、ほぼ毎日毛の手入れをしてやる必要がある。

また、ペルシャは、その特徴的なつぶれた鼻のため、

鼻涙管が圧迫され、涙が出やすいことがある。



人気ブログランキングへ

ペルシャは、顔面がつぶれてるから

餌台が必要だと飼育書で見た事がありますが、

本当にそうなら、

自然の中では生きていけませんね。


“毛づくろいすることが難しい”って、

毛づくろいは猫にとってかなり重要なはず・・・。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村 


BlogPaint
 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ