けだまとお茶会 ~命を買わない生き方~

人に売る為に利用される犬や猫を減らす為に一人一人が出来る事、 殺処分される犬や猫を減らす為に一人一人ができる事等を提案します。 音楽、海外の切手の話も・・・。

タグ:虐待繁殖

ブログネタ
ペットの健康を考える に参加中!

ツイッターで流れてきた情報です。


【ドイツ】ヒゲのない猫を繁殖するのは動物虐待

~裁判所がブリーダーに繁殖禁止命令。



 【DW】→
※記事は英語で書かれてます 






人気ブログランキングへ

あとの無い命が助けを待ってます。

せめて殖やさないで、

買わないで。


あなたの助けを待ってます↓

HWJ動物収容情報 全国一覧

http://hwjhwj.com/zenkoku.html

にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

◆私的メモ◆

【福岡】犬猫の殺処分 急減 飼い主への啓発、譲渡推進… 

6年で87%減 北九州市動物愛護センター #西日本新聞

http://www.nishinippon.co.jp/nlp/animal_news/article/197033


「動物愛護の普及に力」殺処分の犬猫を供養

- 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate

http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2015/09/22/132941781
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ペットの健康を考える に参加中!

しつこく再掲載です。↓


論文をもとに、

スコティッシュフォールドの健康問題について

獣医師がまとめた記事を発見しました。

耳の垂れた猫で

健全な関節を持つことは不可能だそうです。


ぜひご覧下さい↓


スコティッシュフォールドと宿命的関節炎

- 松原動物病院 獣医奮戦記 - Yahoo!ブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/matubarahos/27770488.html


もっと詳しい情報はこちら↓

スコティッシュフォールドの骨軟骨異形成症について
Osteochondrodysplasia in Scottish Fold cats

http://www.ne.jp/asahi/takeuchi-vet/bamboo/page129.html



繁殖させようとしてる人や、

買ったり譲ってもらったりする予定の人が周りにいたら、

この事実を伝えて下さい。

お願いします。




そう言えば・・・、

下記リンクの記事の画像に、

垂れ耳の幼い猫が写ってます。

誰か捨てたよね?

治療するのが面倒、

資料費の捻出が出来ないで等の理由で遺棄する人も

少なくないでしょうね。



猫と地域が共存する漁業の島、福岡の猫島を訪ねて(動画あり) : カラパイア

http://karapaia.livedoor.biz/archives/52109461.html



人気ブログランキングへ

あとの無い命が助けを待ってます。

せめて殖やさないで、

買わないで。


あなたの助けを待ってます↓

HWJ動物収容情報 全国一覧

http://hwjhwj.com/zenkoku.html

にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

◆おまけ◆

Ohayo (オハヨウ) Satoshi Kon

※制作、投稿とも私じゃないので、

評価はYouTubeの方にお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ペットの健康を考える に参加中!

The Bizarre Truth About Purebred Dogs (
and Why Mutts Are Better) - Adam Ruins Everything


この動画は、私が時々チェックしてる

こちらのサイトより発見しました↓


Pedigree Dogs Exposed - The Blog: Adam ruins purebred dogs

http://pedigreedogsexposed.blogspot.jp/2014/07/adam-ruins-purebred-dogs.html


当ブログ関連記事↓

再掲*壊れていく犬(1) ブリーディングが引き起こす遺伝病

http://blog.livedoor.jp/shirokuro_cat_125/archives/34885529.html


再掲*壊れていく犬(2) 見た目優先のドッグショー

http://blog.livedoor.jp/shirokuro_cat_125/archives/34910661.html


再掲*壊れていく犬(3) 失われた遺伝子

http://blog.livedoor.jp/shirokuro_cat_125/archives/34961378.html


再掲*壊れていく犬(4) 繁殖システムの行くすえは・・・

http://blog.livedoor.jp/shirokuro_cat_125/archives/35018380.html



人気ブログランキングへ

ニュース - 動物 - アフリカゾウ、3年で10万頭殺される

- ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト(ナショジオ)

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20140819006

にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ


あともう少しで完成というところです↓
2014 073
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
動物愛護関係 に参加中!

帝王切開でしか子供がとれない

犬種があるのを知っていますか?

約30%の子が難聴になる犬種を知っていますか?

頭の骨が開いているのが普通なんて、

自然だと思いますか?

繁殖後必ず25%程度の子が淘汰される

犬種があるのを知っていますか?

高確率で心臓に雑音が出る犬種知ってますか?


犬の数十万年に及ぶの歴史の99%が

無作為の交配なのです。

残りのたかだか1%の期間での

良い血統の維持という非科学的なお題目が、

実は取り返しのつかない遺伝的ヒズミを

イヌに蓄積させていることに

まったく気付いていない繁殖家と、

犬種という非生物学的なイメージをばら撒いている

動物業界の人々の罪は

本当に大きいのではないでしょうか。

そろそろ遺伝的歪から、

ワンちゃんを解放してあげませんか?

1頭目、2頭目…いや3頭目……は

好きな犬種を飼ってもいいでしょう。

でも、2頭目、3頭目・・せめて4頭目……からは、

雑種を飼ってみませんか?

犬種にこだわり過ぎる風潮について、

みなさんももう一度考えてみてはどうでしょうか?


下記リンク記事より抜粋。

犬が好きな人には、

全文読んでほしいです↓

あなたは犬好き?それとも犬種好き? | だいじょうぶ?マイペット

http://d-mypet.com/p.php/19/16/



当ブログ関連記事↓

壊れていく犬(1) ブリーディングが引き起こす遺伝病

http://blog.livedoor.jp/shirokuro_cat_125/archives/2579619.html


壊れていく犬(2) 見た目優先のドッグショー

http://blog.livedoor.jp/shirokuro_cat_125/archives/2579774.html


壊れていく犬(3) 失われた遺伝子

http://blog.livedoor.jp/shirokuro_cat_125/archives/2579880.html


壊れていく犬(4) 繁殖システムの行くすえは・・・

http://blog.livedoor.jp/shirokuro_cat_125/archives/2579912.html



関連ワード↓

遺伝的多様性 - Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%BA%E4%BC%9D%E7%9A%84%E5%A4%9A%E6%A7%98%E6%80%A7


イヌの起源 - Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%8C%E3%81%AE%E8%B5%B7%E6%BA%90



人気ブログランキングへ

殺処分される犬の二割近くは、

子犬です。

初めて飼う人も、

一頭目から最寄
りの動物管理(愛護)センターより、

迎えてあげて下さい。

動物収容情報~全国一覧~

http://hwjhwj.com/zenkoku.html

にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

*私的メモ*

「動物実験は、減らせる。コンピューターの力で」

:さよなら、じっけんしつ 脱・動物実験ブログ:So-netブログ

http://goodbyelab.blog.so-net.ne.jp/2014-07-11
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ペットの健康を考える に参加中!

ドッグショーに出る純血種の近親交配の問題や、

蔓延する遺伝性疾患などにハイライトを当てて

イギリスのケネルクラブ(KC)を批判した

BBC(英国放送協会)のドキュメンタリー、

Pedigree Dogs Exposed」 のブログ記事です。

画像を見れば、

健康に配慮されたブリーディングかどうかは、

お分かり頂けると思います↓


Pedigree Dogs Exposed - The Blog: Wrinkle worship - from Peru to Alfreton

http://pedigreedogsexposed.blogspot.jp/2014/04/wrinkle-worship-from-peru-to-alfreton.html


関連記事↓

ナポリタン・マスティフ - Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%95

シャー・ペイ - Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9A%E3%82%A4

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

象牙1.5トンを粉砕

公開日: 2014/04/09


ベルギー当局は9日、

象牙目当ての密猟者に対する警告として、

過去25年にわたって同­国税関で押収された

象牙1.5トンを粉砕した。(c)AFP

2014年4月10日





人気ブログランキングへ

メス猫は交尾をすると

ほぼ100%妊娠します。

必ず避妊去勢手術させて下さい。


小学生レポート「猫の保護活動について」



全国保健所一覧

http://www.phcd.jp/HClist/HClist-top.html

にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

★おまけ★

【期間限定】リバースエッジ 大川端探偵社 OP映像

4月19日から1週間の期間限定公開!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


健康なキリンを殺処分して来園者の目の前で解体し、

ライオンの餌にしたことで批判された

デンマークのコペンハーゲン動物園(Copenhagen Zoo)が25日、

ライオンの成獣2頭と、その子どもである

生後10か月の2頭を24日に殺処分したと発表した。

若いライオンを群れのリーダーにするためだという。



全文はこちら(※リンク先の画像、閲覧注意※)↓

デンマークの動物園、キリンに続き親子ライオン4頭を殺処分 - ライブドアニュース

http://news.livedoor.com/article/detail/8669991/


コペンハーゲン動物園が殺処分したキリンについてはこちら↓

CNN.co.jp : 殺処分のキリン解体を一般公開、死骸はライオンの餌に デンマーク

http://www.cnn.co.jp/fringe/35043657.html


キリンの殺処分の動機は、

近親交配を避けるためです。

我々の身近にいる犬、猫のにブリーディングにおいても、

同じ動機で間引きが行われます。

先日、猫の新品種「リュコイ」が誕生したという記事を

目にしましたが、

この品種が出来るまでに、

一体何匹間引いて、

間引いた猫達はどうしたのでしょうか?


ちなみに、人間の近親交配(相姦)では

こんなショッキングなニュースが↓

豪で「近親相姦農場」見つかる、先天異常の子ら12人保護 写真1枚 

国際ニュース:AFPBB News

http://www.afpbb.com/articles/-/3004996?pid=0



人気ブログランキングへ

あなたの助けを待ってます。






はいけい、にんげんの皆さま。


全国保健所一覧

http://www.phcd.jp/HClist/HClist-top.html

にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

※閲覧注意※↓

脈打つ心臓、流れる血液。リアルな人間に最も近い

合成人体が開発される(閲覧注意) : カラパイア

http://karapaia.livedoor.biz/archives/52145509.html
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ペットの健康を考える に参加中!

投票にご協力頂き、ありがとうございました。

下記の投票を削除(終了)させて頂きました。

削除ではなく終了としたかったのですが、

終了日の設定は、

設定日の2日後以降じゃないと出来なかったので、

その間に、設問とは関係無いコメントが

寄せられる恐れがある為、削除しました。




2013年09月03日~

スコティッシュフォールドの繁殖は、

日本でも禁止されるか?


スコティッシュフォールド(垂れ耳猫)は、健全な関節を持つ事は不可能として、

英国ではそのブリーディングを禁止されています。

(参考)Osteochondrodysplasi…

1: 禁止されると強く思う 23件 (41.1%)

2: 禁止されると思う 6件 (10.7%)

3: 禁止されるとは思わない 19件 (33.9%)

4: 禁止されるとは全く思わない 3件 (5.4%)

5: 分からない 5件 (8.9%)




コメント一覧

「分からない」禁止されてほしいけど、日本は無法地帯、

アニマルライツ後進国だから 2013/12/12/ 14:14


「禁止されるとは全く思わない」かわいいだけしか消費者の頭にないから。

飼い主ですらなく、ただの消費者。

2013/12/08/ 21:43(30歳代/ 女性/ 大阪 )


「禁止されると強く思う」猫好きには常識となりつつある。

禁止を強く願う。 2013/11/09/ 19:54(50歳代/ 女性/ 東京 )


「禁止されるとは思わない」可愛いと言うやつがいる限り、

金儲けのため、売れる物は、作るね。かわいそう

2013/11/01/ 15:23(50歳代/ 女性/ 静岡 )


「禁止されるとは思わない」ペット王国でも健康には

無関心のブリーダーが多いから

2013/10/28/ 15:54


「禁止されると強く思う」奇形確率高い種なのを知っていて繁殖、

ブリーダーはその命をお金にならないから簡単に奪う。

2013/10/23/ 18:50(40歳代/ 女性/ 神奈川 )


「禁止されるとは思わない」猫の為を思うと

禁止した方がいいと思いますが

2013/10/13/ 14:21(50歳代/ 女性/ 東京 )


「禁止されると強く思う」予想ではなく希望です

2013/09/29/ 21:58


「禁止されるとは思わない」人気があるので禁止は難しいと思います。で

も私は禁止してほしい・・

2013/09/18/ 13:18(10歳代/ 女性/ 大阪 )


「分からない」即禁止して欲しいが、

障害を持って生まれる確率が高いことを知りながらも尚、

放置されている我国のペット事情に絶望しています。

2013/09/17/ 15:29


「禁止されるとは全く思わない」関心を持っている人はごく少数で、

説得力ある人はなかなかいない。

反感を売らずに共感を与える説得力があればいいけれど。

禁止には賛成ですが愛誤は苦手。

2013/09/14/ 19:28(女性 )


「禁止されるとは思わない」私は「絶対に禁止すべき」と思うが、

この選択肢の設定ではこれを選ばざるをえない。

選択肢は「禁止されるか否か」ではなく


「禁止すべきか否か」とするべきだったと思う。

2013/09/06/ 19:00(40歳代/ 男性 )


「禁止されると強く思う」禁止して当然。

2013/09/05/ 00:04(40歳代/ 男性/ 東京 )


「禁止されると強く思う」願いを込めて。

猫や犬も、血統も大事かもしれないですが

我が子になれば血統は必要ないと思う。

こだわる飼い主は、ブリーダーかブランド好きの見栄っ張りだと思う。

2013/09/04/ 22:13(40歳代/ 女性/ 埼玉 )


「禁止されるとは思わない」人気があるから、

力があるブリードの団体が禁止に反対すると思う

2013/09/04/ 20:50


「禁止されるとは思わない」禁止されるとは思えない

・・・でも絶対に禁止するべき 2013/09/04/ 13:31


「禁止されると強く思う」繁殖で奇形が生まれる確率が高いのは事実、

お金目的のブリーダーは殺している事実

2013/09/04/ 12:17(40歳代/ 女性/ 神奈川 )


立ち耳スコの売買によって得をするのは、

ブリーダーや血統書発行団体だけじゃなくて、

動物病院や製薬会社もなんですよね。




人気ブログランキングへ

あとの無い命が助けを待ってます。

せめて殖やさないで、

買わないで。




はいけい、にんげんの皆さま。


全国保健所一覧

http://www.phcd.jp/HClist/HClist-top.html


にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

BlogPaint


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ペットのことなら何でも に参加中!

「世界一醜い犬コンテスト」、米カリフォルニアで開催

公開日: 2013/06/23

毎年恒例の「世界で最も醜い犬コンテスト

(World's Ugliest Dog Contest)」が21日、

米カリフォルニア(California)州

ペタルマ(­Petaluma)で開催され、

バセットとビーグルのミックス犬

「ウォーリー(Wal­le)」が優勝した。(c)AFP


関連記事↓


「世界で最も醜い犬コンテスト」開催!歴代優勝犬がヤバイ! - NAVER まとめ


http://matome.naver.jp/odai/2137204628455211901



アメリカはさかんに、

純血種×純血種のデザイン(ハイブリッド)犬を作ってますが、

失敗作を、かなりの数安楽死させてませんかね?

この犬は免れましたが・・・↓


世界一醜い犬、死去 8歳、原因は不明 - MSN産経ニュース


http://sankei.jp.msn.com/world/news/131202/amr13120217280009-n1.htm



にほんブログ村

殺処分される犬の二割近くは、

子犬です。



人気ブログランキングへ

当ブログ記事への拍手、


ありがとうございました!



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ペットの健康を考える に参加中!

Insanity of Cat Breeding - turning a cat into a toy (BBC Cats)

 公開日: 2013/06/28

Supercats or Monsters?

Cat fancy sacrifice the welfare of cats

for their egoistic idea to create more unusual

and extreme ''cat breeds''.

It's unethical and goes against the nature

of cat making it human dependent,

diseased and disabled!

The cat fancy tries to fool us into thinking

that the cats they breed are superior

and worth to pay a bigger price.

There is no such a thing as ''purebred'',

the cat breeds are often based on irrationality

and have no scientific basis.

Cat breeding also harms natural freeborn cats which comparing

to ''purebred'' ones are seen as worthless

and less good, bad tempered - another lie!

Don't support this breeding madness: cats are not our toys!


二度目の掲載です。

当ブログでは、純血種の犬の

行き過ぎたブリーディングについて

たくさん触れてきましたが、

純血種の猫も、

健康を損うブリーディングが行われています。

先日、以前録画していたNHKの

猫の特集番組を途中まで見たのですが、

ベンガル猫を作出したブリーダーにはブチ切れました。

それについては、

また別の機会に。

そういえば、

大阪のベンガルのブリーダーのブログに、

奇形を出したり、安楽死させたって書いてありました。

気性は、手の付けられない程荒い個体もいます。

保護を考えてらっしゃる方は、

覚悟して下さいね。



関連記事(英文)↓

Pedigree Dogs Exposed - The Blog: Pedigree Cats Exposed

http://pedigreedogsexposed.blogspot.jp/2013/11/pedigree-cats-exposed.html






人気ブログランキングへ

あとの無い命が助けを待ってます。

それでもあなたは、ブリーダーや

ペットショップから命を買いますか?




はいけい、にんげんの皆さま。


全国保健所一覧

http://www.phcd.jp/HClist/HClist-top.html


にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

BlogPaint
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ドッグレースは、

日本人には馴染みがありませんが、

競馬の犬バージョンみたいなものです。


下記リンク記事は、

それに必要とされなくなった犬の血を巡る話↓

グレイハウンドの血を売るビジネス - 犬と猫と考える

http://blog.goo.ne.jp/cusick/e/a5137aca5399b6d3d99e19a22c49b7a0?fm=rss

果たして抜き取られたのは、

血だけでしょうか?



こちらは、

衰退するドッグレースのニュース動画↓




衰退する米国のドッグレース

公開日: 2013/01/24

グレイハウンドのドッグレースは米国で長年人気だった。

しかし、他のギャンブルが盛ん­になり、

犬の虐待を訴える声が上がったことで衰退。

フロリダ州のドッグレース関係者た­ちは、

人気復活に向け闘っている。(c)AFP

2013年1月25日




こちらはイギリスのドッグレース産業についての記事↓


イギリスのグレイハウンド競走の実態 - Maddercloud

http://d.hatena.ne.jp/maddercloud/20130728/p2



競技会で勝つ為に作られたボーダーコリーの話↓

ワーキングドッグのブリーディングも考えもの

 | dog actually produced by GREEN DOG - 犬を感じるブログメディア

http://www.dogactually.net/blog/2010/06/post-72d7.html


にほんブログ村

殺処分される犬の二割近くは、

子犬です。


はいけい、にんげんの皆さま。


人気ブログランキングへ


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ