コード進行を分析したい!!

人気曲のコード進行を分析して、作曲のテクニックとしてお勉強しています。

key=A
A Bm C#m D E F#m G#mb5

イントロ
D E C#m F#m×4

Aメロ
D E C#m F#m×3
D E A

Bメロ
D A
D Esus4 E

サビ
D E C#m F#m×2
D E C#7/E# F#m
D E C#m F#m

4-5-3-6の曲です。
この進行はトランスでよく使われる進行です。
これをひたすら繰り返すだけで曲になります。

C#7/E#はF#mに解決するセカンダリードミナントコードです。
ベースが半音で解決しています。

4-5-3-6は機能的にいうと
サブドミナントードミナントートニックートニックです。
つまり、コードの機能がこの進行でひとまとまりになっています。
ちょっと不安定ー不安定ー安定という流れがここにあるわけです。

コード進行はこのようなコードの「緊張と緩和」を繰り返すことで
私たちは「コードが進行した」と感じる事が出来ます。
 

key=E
E F#m G#m A B C#m D#mb5

<サビ> E|B/D#|G#dim/D|A/C#|Am/C|E/B C#m|F#m7|B|
B/D#は第1転回形です。
G#dimの構成音はソ#シレファで、G#dim/Dは第1転回形です。
G#dimはG7b9、Bb7b9、Db7b9、E7b9のルート省略系です。
次のA/C#のセカンダリードミナントになります。
E7b9-A/C#
セブンス♭9は暗く緊張感のあるテンションです。

Am/Cはモーダルインターチェンジコードです。
key=Emのコードを使っています。

key=Em F#m G Am Bm C D

サブドミナントを暗くするので、サブドミナントマイナーとも呼ばれています。

E/Bは第2転回形の分数コードです。
第2転回形はコードの第5音がベースになった形です。
Eの構成音はミソ#シですのでシが第5音になります。
第2転回形はシミソ#ですので、ベースから見るとBsus4の和音に近いです。
ですので不安定なコード、ドミナントとして考えることができます。

<間奏> E|A B|E|A B|E|A B|C D B|B|

CとDはkey=Emのコードなのでモーダルインターチェンジコードになります。
<Aメロ> E|C#m|A|B|E|C#m|A B|E| E|C#m|A|B|E|C#m|A B|E| <Bメロ> A|B|G#m7|C#m|F#m7|B|E|E7| A|B|G#m7|C#|F#m7|F#7/A#|Bsus4|%|B|%|

E7はAに解決するためのセカンダリードミンナントです。
C#-F#m、F#/A#-Bsus4もセカンダリードミナントの働きです。
<サビ> E|B/D#|G#dim/D|A/C#|Am/C|E/B C#m|F#m7 F#7|B| E|B/D#|G#dim/D|A/C#|Am/C|E/B C#m|F#m7|B|
F#7-BのF#7はセカンダリードミナントです。

<間奏> E|A B|C|%|

Cは♭6のモーダルインターチェンジのコードです。
key=Emの六番目のコードという意味です。
<サビ> F|C/E|Adim/Eb|Bb/D|Bbm/Db|F/C Dm|Gm7 G7|C| F|C/E|Adim/Eb|Bb/D|Bbm/Db|F/C Dm|Gm7|C|F|

半音キーがあがっています。

key=F
F Gm Am Bb C Dm Emb5 

key=Am
Am Bmb5 C Dm Em F G

マイナースケールは3つありますので
曲中にハーモニックマイナーのコードや
メロディックマイナーのコードが混ざってくることが多いです。

イントロ
Am C D  (D# E)×4

D#は経過音で、短いので特に分析はありません。
しかし、key=Amの中で鳴るD#=Ebはブルーノートの♭5ですので
これによって怪しい雰囲気や、ドロっとした質感になります。
この♭5をリフに入れると怪しくなるか、クールになります。
メタルのリフなどには強調して使われる音です。

Aメロ
Am C D  (D# E)×8

Bメロ
Dm        Am C D(D# E)
Dm        Ebdim E7

EbdimはD7b9、F7b9、Ab7b9、B7b9のルート省略系とも言えます。
ですのでEbdimーE7は擬似的にB7b9-E7ともいえるので
このdimはセカンダリードミナントということになります。
また、ダブルドミナントと行っても良いかもしれません。

サビ
Am Dm G C
F Dm Ebdim E7
Am Dm G (C G/B)
F Dm E7

Dm-G-Cはkey=Cの2-5-1です。
この辺りに明るさを感じるのはkey=Cが
混ざっているのが理由でしょう。

しかしE7はAmへ解決するドミナントですので
結局はAmへすぐに戻ることになります。

key=Cとkey=Amは平行調の関係で、使っているスケールが同じですので
相互に二つのキーを移動することはよくあることです。

Am G F E×3
E

間奏 ソロセクション
Am G F G×4
F G Am Am

Cメロ
F G Am Am
F G E7 E7 

このページのトップヘ