key=E
E F#m G#m A B C#m D#mb5

<サビ> E|B/D#|G#dim/D|A/C#|Am/C|E/B C#m|F#m7|B|
B/D#は第1転回形です。
G#dimの構成音はソ#シレファで、G#dim/Dは第1転回形です。
G#dimはG7b9、Bb7b9、Db7b9、E7b9のルート省略系です。
次のA/C#のセカンダリードミナントになります。
E7b9-A/C#
セブンス♭9は暗く緊張感のあるテンションです。

Am/Cはモーダルインターチェンジコードです。
key=Emのコードを使っています。

key=Em F#m G Am Bm C D

サブドミナントを暗くするので、サブドミナントマイナーとも呼ばれています。

E/Bは第2転回形の分数コードです。
第2転回形はコードの第5音がベースになった形です。
Eの構成音はミソ#シですのでシが第5音になります。
第2転回形はシミソ#ですので、ベースから見るとBsus4の和音に近いです。
ですので不安定なコード、ドミナントとして考えることができます。

<間奏> E|A B|E|A B|E|A B|C D B|B|

CとDはkey=Emのコードなのでモーダルインターチェンジコードになります。
<Aメロ> E|C#m|A|B|E|C#m|A B|E| E|C#m|A|B|E|C#m|A B|E| <Bメロ> A|B|G#m7|C#m|F#m7|B|E|E7| A|B|G#m7|C#|F#m7|F#7/A#|Bsus4|%|B|%|

E7はAに解決するためのセカンダリードミンナントです。
C#-F#m、F#/A#-Bsus4もセカンダリードミナントの働きです。
<サビ> E|B/D#|G#dim/D|A/C#|Am/C|E/B C#m|F#m7 F#7|B| E|B/D#|G#dim/D|A/C#|Am/C|E/B C#m|F#m7|B|
F#7-BのF#7はセカンダリードミナントです。

<間奏> E|A B|C|%|

Cは♭6のモーダルインターチェンジのコードです。
key=Emの六番目のコードという意味です。
<サビ> F|C/E|Adim/Eb|Bb/D|Bbm/Db|F/C Dm|Gm7 G7|C| F|C/E|Adim/Eb|Bb/D|Bbm/Db|F/C Dm|Gm7|C|F|

半音キーがあがっています。

key=F
F Gm Am Bb C Dm Emb5