白石まちづくり2

イベントや日々の暮らしを紹介していきます。 皆さまにホッとしてもらえる 優しいまちづくりを目指しております。     白石まちづくり株式会社HP http://www.shiroishi.info    以前の白石まちづくりブログはhttp://shiromachi.exblog.jp/ でどうぞ!

2016年01月

この度、寿丸屋敷でテレビの収録がありました。
なんと!東日本大震災の際に台湾から支援を受けたことへの
謝意を表すための番組作りと聞いて私は大変感動しました。
12645244_1220905254592416_806231512604221204_n
打掛を羽織る見返り美人のお二人は
台湾の女優王瞳さんとTBCの佐藤渚さんです。
とってもお綺麗なお二人でした。
12553074_1220904707925804_4580050009343770170_n
王瞳さんに日本人の一人として感謝の気持ちを伝えたい・・・
あっ!そうそう!買い求めていた大槻幸子先生の和紙人形!
プレゼントさせていただきました~!
jpgボカシ
緊張のあまりshiromatiは顔がひきつっています。
台湾の皆様本当にありがとうございました。
※写真は王瞳さんFBから 許可取ってます。

ご一緒された県の国際経済交流課の野呂英樹さんから
今回の収録の目的を教えていただき良かったです。
「女優さんお一人に10名のスタッフさんが来る」
ということで何の収録か解らないでいたのでした。

言葉を交わすってとても大切な事ですね~

放映は3月21日TBCの予定ですが詳細が解り次第
またお知らせいたします。

白石商工会議所さんの
『歴史秘話の地 白石蔵王 片倉小十郎・真田幸村逸品マップ』が出ましたよ~
img013

img014

img015
どれもこれも食べてみたい、飲んでみたい、使ってみたいものばかり!
みなさまもお試しあれ~!
マップは壽丸屋敷にもおいてありますので手に取ってご覧ください。 

☆可愛いお手紙~!
   豆まき会をするので来て下さい。
   一緒に鬼退治しましょう!
豆まき会
市内幼稚園のみなさんが商店街にお手紙を届けていました。
寿丸屋敷にもお出で下さいました。ありがとうございました~!
IMG_0294
     
                 

先週末から各地に出ていた大雪情報も
今日からは温暖な気温に変わるという事で
ホッと一息ついているところです。
なにしろ来週2月1日(月)の10時15分~11時頃まで
すまiるひろばで「節分の豆まきの会」を行い
市内幼稚園・保育園の園児の皆さんに鬼退治をしてもらう
予定になっているからです。
過去にも当日朝になってボサボサと降り出した雪が
見る見る間に積もり視界も悪く中止になった事があります。
当日は今日の様なお天気でありますように~!祈るばかりです。

すまiるひろばには看板も設置されました。
14

15
この暖かさで活けていた梅のつぼみもふっくらとしてきました。
10
ところで寒さが厳しくエサ不足からか
アオサギがまた池に来るようになり
池にネットをかけて貰いました~!
13
過去にきれいな鯉がアオサギの餌食になってしまったことがあるので
用心用心です。

真田幸村公の思いをみちのくの旅で感じてみませんか?
「みちのく真田家ゆかりの地~由利本荘市、蔵王町、白石市~」にお出で下さい

img012
由利
蔵王町
白石城
NHK大河ドラマ「真田丸」も回ごと心を打つシーンがあり人気も高まって来ています。
大阪夏の陣で敵方の伊達政宗軍師片倉小十郎重長公を知勇兼備の将と見込み、
子女を託すのですが、秘かに育てられたという歴史秘話を、最近まで「知らなかった」
という地元の声が多いです。
機会あるごとにパンフなどで地元の皆さんにも紹介していきたいと思います。




ドイツミュンヘンから日本の和紙を発信している渡邉摩里さんが
1月12日に一時帰国し壽丸屋敷にお立寄り下さいました。
摩里さんとの縁は2010年6月に「今が旬、蔵王紙のりんご展」を開催した時からです。
次の写真は2010年6月に作品展会場にお出で頂いた白石和紙工房(現在閉館)の
遠藤まし子さんと一緒の懐かしい写真です。(キッチンオルトin蔵楽の個室が以前はギャラリーでし た)
d0069498_185811
今回帰国の際に   ドイツでの「5年間の軌跡/展覧会の記録等」の
資料を頂きましたので摩里さんのドイツでのご活躍をご覧くださ い。
img003
img011
img006
和紙の魅力の他にもお習字など日本伝統文化を発信しております。
img007

img008

img009
img010
週末まで日本滞在の摩里さんは山陰など和紙生産地に足を運び買付中かもしれません。

「摩里さん!気を付けてドイツへお帰り下さいね~」
「今度日本にお帰りの節は是非地元でも作品展をお願い致しま~す」

↑このページのトップヘ