どもー白猫モナーです。しばらく放置してすまんね・・・
 
今年のかわロボは当日に未完成棄権しました。なので当日は先輩の台引きをやってました(希望号の台引きをやってたのが私です)。高専ロボコンが忙しくて作ってる暇なかったねー
来年こそは出場するぞ!

・・・実は作ってる途中にこの機体じゃ勝てないと思い再設計を検討中です。
紅蓮黒龍【初】の名前は引き継ぐか紅蓮黒龍【初】―○○―(○○の中は未定)にすると思います。



【今年の反省点】

・時間使うなら金使え

今回スペーサを買わずに自作してまして・・・そのせいで無駄に時間食った感じがします。あとは制作費切り詰めるために板材の使う数の計算とかしてたので発注が遅れて届かなかったり・・・

・クリアランスは大事

脚を組んでいる最中に脚先がフレームに干渉しました・・・設計見たら0.5mmしかクリアランスが無かった

・夏に製作は避けるべし

うちの部室は夏になると高専ロボコンでフル稼働状態に入ります。かわロボはあくまで個人的なもの。部員に迷惑は掛けられません。あと作業スペースが無い・・・


まあ、いい経験にはなったかな? 反省点は多いですが・・・
ちなみに会場で葵屋のaoiさんに会いました。脚先について質問したり。
シリコーンシーラントはうちに大量に余ってるので(うちの親が職場からもらってきた)そのうち作ってみようかと




【今後の展望について】

私はいつも設計する際にバージョンをファイル名に書きます。高専ロボコンではプログラム担当だからそのときの癖ですね。
ちなみに今回出場する予定だったのは紅蓮黒龍【初】ver.2_mod2でした。
高専ロボコンが終わったら新たに紅蓮黒龍【初】ver.3の開発をしようと思います。

通常、うちの部では高専ロボコンが終わったら交流ロボコンの準備に入ります。しかし(現役の)3年が2人しか居らず、 さらに一人がルール代表になったので私は出場したくても出来ないのです。
ならばかわロボの開発期間に充てようじゃないかというわけです。


現在考えているver.3の仕様(というか課題?)


・ステアリングの廃止
重量が軽い機体ならば載せてもいいのですが、私の機体は構造上重たくなるのでこの機構は適さないと判断しました。あと組むのが大変・・・

・ 脚を180度位相に変更
今まで先輩の機体を真似て120度位相のスライダヘッケンを作っていました。
でもこれ初心者にはきついのではと思い、かわロボのキットなどでよくある180度位相の脚を作ろうと思い至りました。脚先の厚さのクリアランスをあまり気にしなくていいので作りやすいかなぁと思ってみたり。
キットではスライダ脚ですが、私はヘッケン脚で作ってみようと思います。

・脚先にシリコーンを使ってグリップ強化
これは前述したとおりですね 。ちなみにシリコンではありません。シリコーンです。

・【零】と【初】ver.2の部品を引き継ぎ
まあ、せっかく作ったし使ってあげないとかわいそうかと。

・リンクの小型化
なんかリンクで重量食ってたみたいで・・・今回の大会で小さくても十分動くと分かったのでもっと小型化してみます。ゴイル作ってみようかな・・・

・部品の規格化
使う部品の種類が多すぎて大変だった・・・しかも無駄に金かかるので、できるだけ規格化をしようかと。

まあ、こんな感じですかね。高専ロボコンは今年が終わったら現役引退なのでしばらくはこっちを頑張ります。それが終わったらだいぶ暇になりますかね・・・まあ来年は会計をやらないとならないのですが(実はマネージャーなのです)。発注し放題だー(職権乱用)



なんか全体見直したら支離滅裂な文章に・・・しかも長いし見づらい! 
次にかわロボができるのは冬からですかねー忙しいし。
それじゃこの辺で、ばいならー( ´∀`)