あけました、おめでとうございました(?)
グダグダな当ブログも二年目突入です。
いうなればセカンドシーズンですよ。
計十回しかまだ更新されてないのに・・・

過程や!方法なぞ!!どうでもいいのだァァァアアァァァ!!!!

と、いう訳で。

タイトルどうり今友達と企画として
「スーパー戦隊」を各々語ろうZE!みたいな?事をやってます。

で白羽の矢が立ったのが
爆竜戦隊アバレンジャー」なのですよ。

さっそく1巻を大体見終わったのでレビューしたいと思いますケラ。

○第一話
戦隊サイド・敵役それぞれの紹介、今回の戦隊のウリ
だいたい最初って予想が着くんですが・・・
メインキャラからして
アバレッド/伯亜凌駕:子持ち
アバレブルー/三条幸人:年収四億のカリスマ整体師
アバレイエロー/樹らんる:職業不詳の博多っ娘

万馬券ばっかり。まとまんのか、チームとして!
おまけにご老人と女子高生が変身未遂という
特撮史上初の試みを第一話から!!!

おかげで敵役であるエヴォリアンが霞んでみえましたよ。

ん?ブラック?アスカ?誰それ?

さてロボットなんですが、今回は恐竜がモチーフのようです。
キャッチーだしお子様は大好きですからな、恐竜とかカブトムシとか。

だからといってヒーローまで獣化させんなや、○映!!
省いて説明しますと、アバレンジャーは感情が昂ぶるとスーツの形状が変化してスーパーモードに移行するんですよ。
それが爆竜(それぞれが乗るロボット)がモチーフになってるんですが

ブルーだけ四つん這い(トリケラトプスだから)。

そして彼らは雄たけびを上げながら突進していくのです。
「うおー」

・・・狙ってるとしたら確信犯ですね。
今回のウリは「暴れるよ。」これしかない!!

ん?ブラック?アスカ?誰それ?


・・・こんな感じで次回以降定期的に「アバレビュー」していきます。
遅ればせながら、2ndシーズンもよろしくお願いします。
ジャンヌ
オマケ。敵の幹部・ジャンヌを描いてみました。