2010年11月17日

レーシック手術の危険性

レーシック手術の危険


shiryokukaifukucom at 15:54|PermalinkComments(1)TrackBack(0)レーシック手術の危険性 

2010年11月12日

本部千博著 視力回復 手術をしないで自宅でできる視力回復法

驚異の視力回復術
手術をしないで自宅でできる


著者
視力向上委員会 本部千博氏コメント

私は、眼科クリニックを開業している現役の眼科医師。
年間におよそ2万人の患者さんを診察しています。

視力は本当に治らないのか?
メガネやコンタクトは絶対に必要なのか?
レーシックみたいな手術をしなくても回復できないか?

私は本来、健康な目とは裸眼で一生を過ごすことではないかと考えています。

眼科医として研修をしていた時、メガネを掛けて、視力が1.0以上出れば、
それは問題なく、健康な目であるように教わります。

つまり眼球そのものは病気ではなく、単に屈折上の問題だけなのだと…。

そして多くの眼科医がそれに全く異議を唱えることもなく納得している現状があります。

しかし、現実にはメガネやコンタクトを装用し続けた結果、ますます視力低下が進行しています。

これが本当の健康指導なのかと今でも疑問に思っています。

とにかく患者さんを治したい一心で、私は長年、視力回復の研究を続けてきました。
患者さんの話をよく聞き、一つひとつの症例に対して研究と考察を積み重ね、

どうして視力は低下するのか?
どうしたら視力は回復するのか?


という基本的なアプローチを経て、

私はようやく「ある結論」にたどり着いたのです。
そして「ある結論」を視力で悩んでる患者さんに試してもらうと・・・

わずか3日後には、視力が1.0に回復
ぼやけて、見えなかった文字もハッキリ見えるようになったのです。

レーシック手術はもちろん行っていません。
手術せずに、簡単に視力が回復したのです。

その後もさらに、視力回復の研究を積み重ね、
まとめ上げたマニュアルが
「見える!驚異の視力回復法」なのです。

視力回復を諦めない

著者プロフィール
著者プロフィール

本部千博(ほんべ かずひろ)

1954年、名古屋で生まれ
岐阜大学医学部卒業 医学博士

総合病院で研修。
内科医として5年を経た後、眼科研修。

1995年 眼科専門医認定
日本ホリスティック医学協会理事


















取材記事
私のクリニックには、毎日大勢の人から、

「メガネが必要なくなりました」
「字がはっきり見えるようになりました」
「手術しなくてよかったです」


このようなうれしい声をたくさん頂いています。

ひとくちに視力といっても、
視力

など、様々な「目の力」があげられます。

そこで、最近ではこうした「目の力」を向上させるための方法が、広く研究されるようになってきています。

「メガネをかけないと目が悪くなる」という医師の言葉には
意味も根拠もありません。

あなたは、いつまでこんなことを繰り返すつもりですか?
これからも、どんどん目を悪くするつもりですか?

今、あなたに必要なのは
メガネでもコンタクトでも眼科医でもなく
「正しい視力回復法」ですよね?


あなたの視力に対する先入観を打ち壊し
あなたやあなたの大切な家族の視力を回復する正しい方法

ふんだんに紹介しています。
ほんべ式視力回復術

 

視力回復を諦めない

shiryokukaifukucom at 22:49|PermalinkComments(1)TrackBack(0)視力回復法