しせい研究会【姿勢研究会】

■姿勢から健康をデザインする〜 整体を業としている管理人が姿勢や健康に関連する記事をアップしています。

私は健康器具としての和式便所の効能がなつかしい。

皆さんはカカトを床に付けたまま俗に言うウ○コ座りができますか?

最近の子供にこれをやらせるとかなりの確率でうしろへひっくり返ります。
これは主に大腿直筋、腓腹筋、ヒラメ筋が硬いせいですが、
和式便所の激減がその原因ではないかと思うのです。

約40年以上前は和式便所の全盛で、毎朝の儀式のようにしゃがんで念入りに脚の筋肉や背筋のストレッチができていたのです。
こんないい習慣が洋式便器に淘汰されるとは・・・・・

いつか和式便所の使い方も知らない人ばかりになるんだろうなぁ。
私はとてもとても残念です。

更に若い世代の子供たちはヤンキー座りもできない程に筋力が低下し、地べたに座り込むようになっていったのです。

19505
モロッコのトイレ

ショッピングセンターなどで奥様に付き合って後ろを歩くダンナさん。
買い物に興味ないのはわかるけど、両手をお尻側で組んじゃうとダメですよ。

おじいさんに見えてしまいます。

21358


頭が前かがみになっている状態で後ろで手を組むと、肩が前に巻いてしまい、猫背になってしまいます。

人間の構造上、手のひらを下方向、又は後ろ方向に向けると肩が前に巻いてしまうのですが、後ろで手を組むとまさにそうなってしまうのです。

そして後ろで手を組むと腕や肩の動きが制限されてヒザが曲がり、歩幅が小さくなり、またつま先が上がりにくいので、つまづきやすく、前にコケた時にとっさに手が出なくって顔にケガすることにもなりかねません。

とにかく、見た目にもカッコ悪いので、後ろで手を組むのをやめましょう(^^)

日本人の姿勢を「シュッ」とさせたいのです。

52歳女性パートで座り姿勢で対面販売

そのお客様は歩いていて足の指が「つる」という。
あんまり聞いたことがないですね〜と、その足を見てびっくり(@@;)
なんていうの…板飛び込みする人とか、体操の内村航平の足みたい…
力を入れてない時でも足の甲側が伸びきっている。

21273


そして「こんなこともできます」と見せていただいたのが、写真のように普通に座っている状態でありながら、つま先で床にタッチできるのだ!!

私)あのー足の指がつるのはこれが原因です。

お客様)えええーっ何でですのん?

私)足の甲がこんなに伸びているということは歩く時によくつまづくでしょ?

お客様)そうなんですよ。なんでもないところでよくコケるんです。

私)つまりつまづかないようにつま先を上げたいのにふくらはぎ側のアキレス腱がのびないでしょ?

21275

(ふくらはぎが硬くしゃがむことはできない)

だから無意識に、つま先だけを上げてつまづかないようにすることで足の指がつるんです。

お客様)あーなるほど。じゃ私どうしたらいいんですか?

私)これはふくらはぎ側のアキレス腱を緩めるしかないと思います。
徐々にストレッチしていきましょう。デスクワーク中には足をどうやっていますか?

お客様)机の下でつま先立ちにしています。そのほうが楽なんです。

私)えええーーっ!それでは治る方向と全く反対ですね。
少なくとも座っている時はカカトをつけるようにしてください。

ふくらはぎは第二の心臓と言われており、血流に多大な働きをしている。
それがずっと緊張を強いられているのは、つまづく以外にもなにか悪影響があるはずだ。今後筋力が衰えていくことを想定すると、今から治していかないとつらくなると思われる。気長に協力したいと思う。

受験生のS君は「首の痛み〜頭痛」の他に「右腕の違和感」があるという。

勉強の合間にいつもやっているという体操を見せてもらった。
すると、意外にもバタフライのように頭を下げ、強い腕の前回しであった。回す度に肩から音がなる。

もともとの症状である「巻き肩」と「首の前傾」を促進してしまう体操なので、まったく反対の動きの体操「軽く肩の後ろ回し」&「後ろで手を組みヒジ伸ばして軽く上を向く」体操に変更してもらうことにした。

458


やはり普段の前かがみの勉強の姿勢の逆方向にストレッチ、運動をしていくのが症状改善のセオリーだと考える。

右腕の違和感は、上腕骨の結節間溝に痛みがあり、腕の前回しの負荷による軽い「上腕二頭筋腱長頭炎」の症状かもしれない。

このように楽になろうとやっているオリジナル体操でも本人の姿勢や症状によっては悪化させてしまうこともある。

当院では受験生の皆さんの、首こり・頭痛・肩こり・姿勢の改善や体操指導もしています。

昨年録画していた「NHKスペシャル 人体ミクロの大冒険」を見た。

番組中でIPS細胞でノーベル賞を授与された山中教授がどのように死にたいか?の質問に対して、自分は自然に老衰で死にたい と言っていた。

IPS細胞は心臓病などの重い病気の患者を救える一方で、もしカラダのあらゆる部位を再生できれば、不老不死や若返りなどが可能となる。
現在病気の人とそうでない人とでは再生医療についての考え方が全く違うと言うが、山中教授は、たとえば偶然に交通事故などに巻き込まれて重度の障害者になることはその人の「運命」と言えないから救いたい気持ちがある、とも言っていた。

神の領域に踏み込んでもいいのか?倫理上の議論がされるべきだろう。

406


同番組中で「免疫細胞」は一日わずか5分の運動でも活性化することはできる。
人間らしさ・性を決める「オキシトシン細胞」は 人同士が「触れ合う」「見つめ合う」「思いやる」ことで活性化する。など…


決してバーチャルな世界ではない、ヒト対ヒトにおける細胞活性化は大いに興味が持てる情報だった。

私の整体院の目的は…骨格や筋肉を整えることで心身ともに人を元気にすることだが、今後も変わらず超アナログでマンツーマンの「手当て」の精神でやっていきたいと思う。

仕事や家事をする「ついでに」健康改善をするのが一番自然で実行しやすく、そのための時間もコストも節約できるのは前回の「掃除機スクワット」でも言った通りです。

自宅で仕事をしていて通勤しない私は腰痛予防と体調維持の為に”ついで運動”をしています。

285


中でも続いているのは「歯磨きスクワット」です。

歯磨きしている間は足腰はヒマなので数も数えずにただ軽くヒザの屈伸をしているだけなのですが、けっこう太ももに効きます。

自重トレーニングなので道具が不要なのに負荷が大きいし、朝晩の習慣である歯磨きにエクササイズがくっつくと忘れることがほとんどない…のがメリットでしょうか?けっこう気に入っています。

足や腹筋の筋肉痛はある程度は気持ちいいものです。そしてコリとは明らかに違う『達成感』があるのです。

皆さんもいかがでしょうか?

「健康やダイエットのために運動しなければ…」と頭ではわかっていても毎日の仕事や家事に追われて時間がないのが現実…。

でも、運動不足だからといってわざわざジムへ行く必要はありません。
日常生活にとって付けたような運動は継続できないのはご存知の通りです。そして特別な健康グッズを使う運動も続かないですよね。

仕事や家事をする「ついでに」健康改善をするのが一番自然で実行しやすく、そのための時間もコストも節約できます。

毎日の仕事や家事そのものを、「健康づくりやダイエットのための運動」に変えればいいのです。自身の体重さえも健康器具なのです。

参考)いつもの掃除。上体は前かがみで腰に負担がかかっている図。
20998


【ついで運動〜歃機スクワット】

1)掃除機の吸い込みの強さが調節可能なら”中”とか”弱”で(時間を短縮する必要はなくゆっくり何回もやればいいのです)
21006


2)できれば利き手と反対の手で(よりエクササイズ感が意識できます。)

3)足をそろえてヒザの屈伸と腕を使って前部を掃除
この時上体は前かがみにせずにできるだけ立てる。ヒザを曲げた時に手を少し前に伸ばすと掃除機の吸い込み口は前に移動する。ゆっくりとその繰り返しです。
20999
21003


4)アキレス腱のばしを兼ねたダイナミックバージョン
前後に足を開いてアキレス腱伸ばしの要領で上体を起こし、左右の足を交代しながら…。
この時体重が前に出した足のふとももあたりに乗ることを意識する。

★腓腹筋・ヒラメ筋のストレッチ及びヒップアップ効果が望めます。
21005


さあいかがでしょうか?

掃除がやりにくいって? そりゃそうですよ主体はエクササイズなんだから…、「ついでに」掃除ができることで毎日続けられるでしょ?運動をするキッカケにして欲しいのです。

掃除機をかけていて腰痛になるという主婦はかなり多いのが現状です。
おそらく前かがみのフォームになっていて腰に負担がかかっています。

下にあるモノを拾う時も腰を曲げずにヒザを曲げてしゃがむクセを付けるだけで、腰痛予防のエクササイズになるのです。

ふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)がつってしまう「こむら返り」の応急処置です。

こむら返りは痛いですが、ちょっと意識して次のことをやってみてください。

1)まずヒザを伸ばす。

2)足首を手前に屈曲する(=つま先を自分の方に寄せてくる)


これだけです。

324


【解説】
けいれんしているふくらはぎの筋肉の方を意識して「緩めろ!」という命令は却下されてしまいます。つまり筋肉は縮むのが仕事だからです。

この場合つま先を自分の方に寄せるように足首を屈曲することは、ふくらはぎに拮抗する筋肉である前頚骨筋を縮めることなのです。

ヒトの体はよくできていて、「手前に曲げろ」という命令が行くだけで反対側にある筋肉には「緩めろ」という命令がオートマチックに行くのです。(相反支配といいます)

いままでは私自身もこむら返りの時には自分の手でつま先を手前に引っ張っていました。これでも治るのですが、カラダの硬いヒトや高齢者ではなかなか自分ではできません。

上記の方法でヒザを伸ばし、足首を手前に屈曲するという意識だけで、ふくらはぎが緩んで痛みが消えていくのはなんだか不思議な感覚です。

寝ぼけている時はムリだ…という声も聞こえますが、もし今度「こむら返り」になった時に思い出して頂ければ幸いです。

【参考引用文献】スポーツ選手なら知っておきたい「からだ」のこと 小田伸午著

2014年10月13日、日本列島にスーパー台風19号が上陸し猛威をふるっている。

台風の目がハッキリと丸く大きくて勢力が強いことがわかる。

その映像を見ていて、そこはまさにエネルギーの中心であり、人間でいうと「丹田(たんでん)」にあたると連想した。

め


誰もが一度は耳にしたことのある「丹田(たんでん)」

武道や、最近ではヨガにおいても「臍下丹田に力を入れる」などと指導しているところもあると聞く。

丹田は……残念ながら解剖学的には存在しない。
だからどのように力を入れるのか曖昧であった。

■気(エネルギー)が集まるとされているところ。
■へその下三寸(約9センチ)にあるとされる。
■そして、その辺りを内側に引き込むようにすると、身体にシャキっと力がこもるような感覚があるという。

前回のブログで「恥骨をすくい上げるように」すると、腹筋がわからないヒトでも力を入れることができ、姿勢が改善する。…という投稿をしたが、

実はそのことがまさしく「丹田に力を込める」ことだ!!という真実らしきものに気づいた。いや絶対にそうだ。

これからは武道においても「恥骨をすくい上げる」という指導方法がメジャーになるはずだ。




20901
うーーん、自分に吠えたくなった。

なぜ今まで気がつかなかったのだろう?情けないやら、目からウロコやらだ。
それは、腰が反り過ぎで痛む人に対して「腹筋に力を入れて」…と言っても、全然お腹に力が入らない人が多い件だ。

なぜ腹筋だけ、そんないい加減な説明をしてきたのか?ゴメンなさい。

つまり、筋肉は骨を動かす為にあるのに、イキナリ筋肉名を指定してもわからないのは当然で、カラダの部位や骨を動かそうとしないかぎりは筋肉に力が入らない。

例えば「前脛骨筋・ぜんけいこつきん」に力を入れてと言われてもできないが、つま先を上げてみてください…と言えばできるはすだ。

腹筋(腹直筋)の上部は胸の真ん中にある剣状突起や肋骨で、一番下部は恥骨に付着しているのだ。

このことから【恥骨を意識して前にすくい上げて】…と説明する。

すると、今まで腹筋に力を入れられなかった人でも

=「腹筋に力をいれること」
=「骨盤を立てること」
=「腰の反りが改善」ができるのだ。


解剖学的にご存知の人は尾骨の先で前にすくい上げる…と言ってもイイのも理解できるだろう。

同業者の方もぜひ(^^)やってみて流行らせてください。

そして姿勢改善の為のエクササイズにも発展できるハズです。

839r840r
(本人の許可を得て掲載しています)

左の写真はまだ腰の反りが強い。そこで
「恥骨で前にすくい上げて」とアドバイス後が右の画像。

全く同じ位置で連続で写真をとったのでお腹から下のラインが変わってきたのが後ろのカーテンの”ひだ”の線でもわかるだろう。またヒップアップもしているというのも見てとれる。

スゴイ効果、たった一瞬、一言をかけるだけの姿勢矯正だ