「百年の花嫁」

郁様よりコメントを頂いています。
これまでのストーリーや伏線の背景と10話の台詞日本語訳です。
ありがとうございます。
私、前半を細かく見ていないので、助かりました〜!

===============
(郁)
以前ダイジェストのページをお知らせしました。
8と9話も追加になっています。
http://www.youtube.com/channel/UCtm_FTq7M8Rh6ABiJlRYdeg/videos


1話で小作の人身御供の花嫁が、ドリム役の人だったし、水に落ちて死んだのでは?という描き方でした。
現代に切り替わった時に、海女さん姿のドリムが水の中から出てきて
同じ顔だから、生まれ変わりかな?と既に思わせられているんです。

1話の自殺女が水の中で、ドリムに助けられるとき一瞬鬼神に見えるという描き方。
腕輪をドリムに渡したけど、その時「助けるんなら早くしてよ、死ぬところだったじゃない」と言っていて
自殺はパフォーマンスだと解る言い方。
占い師にジェランが来ることを知らせたときに、ドリムにあげた同じ腕輪をしていたし、
幼いカンジュを慰めたときも同じ腕輪をしていましたね。視聴者はわかっていましたね。
赤いコートを着てきたのは、ドリムに自殺女と守護神が同じと解らせるためじゃないでしょうか。。

あと、カンジュママが読んでいたのは、カンジュパパの最初の花嫁の日記のような。
事故で死んだ緑のコートの女性。
今のドリムのように、命を失うとしても花嫁になるという決心が書かれていました。
カンジュママは、これを読んで、家の呪いは本当だと思っていたのかもしれません。
(カンジュパパは、最初の結婚を母が反対しなかったのは、家の呪いのせいだと新婦が死んでから、知ったみたいですね。)
カンジュママの読んでいた日記の最後のページが千切れてて無くて、カンジュのおばあ様が持っていたんじゃないかという。
倒れたての中にありました。予告の中、病院でイギョンに渡してましたね。「最後の・・・」といって。
最後のページに何が書かれているのか。
カンジュママがジェランに「ナメ」←ドリムの故郷 って言っていたから身代わりを仕立てていたことを知られたような、、。
(ママ達、お二人とも綺麗ねぇ。ドリムは美人じゃないけど味方したくなっちゃいますね。(笑))
予告の最後のカンジュ「のん ぬぐや!」(おまえ、誰だ)顔、真剣で怖いねぇ。


答え合わせはあとで。。聞き取れないところは・・・で済ませました。(笑)
★カンジュのオフィスで カンジュとルミ
k:何の用だ?こんな時間に。
r:なんでもない、退社するのにオッパの顔を見ようと。
 :オッパ休暇取ったのね。百貨店の・・・でカップルリングも買って。
k:だから?
r:オッパがどこへ行くのか、何しようとしているのか私わかったみたい。
 :後悔しない自信あるの?オッパの、この選択。
k:後悔しない。
r:そう…。じゃ、私の片思いは今日で終りにする。
 :でもね、・・・(←終われば始まる??)と言う言葉があるじゃない。
 :今日が終われば、オッパが想像もできないことが起こるかもしれない。
 :そのときでも、オッパが後悔しないかどうかはわからないわね。
 :オッパがなぜ愛を信じなかったか、心を開かなかったかわかるわ。
 :信じただけ傷ついたから。
 :誰も信じないで。オッパ自身でさえ。
 :オッパの最初の新婦におめでとうと伝えて。

★ベンチで  イギョンとドリム
い:明日ですって?
:・・・の理由が、うちの会社のため?ママが頼んだから?
ど:そうじゃないです。
:私の選択に責任をとるためです。
:私の選択だから、これからどんなことがあっても
:その・・・は誰にも代われないです。
:私が・・・すべきです。
:最後の機会もあります、生きたいなら逃げるという。
:私が選んだこの道を行こうと思います。
:そうすれば、カンジュさんの傍に永遠に・・・できます。
い:チェガンジュがあなたにとって何?自分の命に代えるほどの意味があるの?
ど:初めてだったんです。自分より大切だって思う人は。
:そんな人をどうしてのがすことができますか?

★別荘、外でジェランがまってる、おでこチューの後。カンジュとドリム
k:僕が・・・するでしょう?
 :君は僕の横で黙っていればいい。わかった?
d:行く前に、お話があります。私が何の話をしても私を信じられますか?
 :約束してくれますか?私を憎まないと、許してくれると。
k:おまえ、昨日から変なことばかり言ってるな。また事故起こしたろ。
 :もう・・・驚きもしない。なんだ?いってみろ。
d:カンジュさんが知っている私が、、、。私じゃなく…。だから、私じゃなく、。
k:私じゃないって、なに言ってるんだ?
d:カンジュさん、実は…。実は…私、チャン・イギョン…。
携帯の着信…。
k:ちょっと待って。おばあさんが?すぐに行きます。
 :おばあさんが倒れたって、今病院だって、お前に会いたいって。 

ジェラン怖い、チンジュだけでなくハルモ二も危ないって言ってました。

=========================
(獅子吼です。)
>小作の人身御供の花嫁が、ドリム役の人
いや〜、これは重要な前振りですよね。
世代が進んでも因縁が巡ってくる。
愛する人と今後こそは結ばれるべき・・ということでしょうか。
>赤いコートを着てきたのは、ドリムに自殺女と守護神が同じと解らせるためじゃないでしょうか
これも、えぇえぇ!
やたら色の濃い鮮やかな色のなんですよね。

>カンジュママが読んでいたのは、カンジュパパの最初の花嫁の日記のような
>今のドリムのように、命を失うとしても花嫁になるという決心が書かれて
>日記の最後のページが千切れてて無くて、カンジュのおばあ様が持っていたんじゃないかという
はい〜、ガンジュ祖母、白い紙を見て「あぁ・・」と苦しい声を上げていましたね。
この紙が最後のページということ?
最後、なんて書いてあったのか、そしで何故それを持っている?
事故現場にいたのは?
>(カンジュパパは、最初の結婚を母が反対しなかったのは、
>家の呪いのせいだと新婦が死んでから、知ったみたいですね。
反対しなかったのは新婦の運命を母が知っていたから・・・
なんて悲しいのでしょう。祝福しない嫁との結婚だからこそ反対しない。
今、同じことを妻が自分の息子にしようとしてる・・・。
しかし結婚してドリムの命は救われたわけですが。
とりあえず当代で止まりましたね。
>占い師にジェランが来ることを知らせたときに
   ↑
丸い眼鏡の男ですね。
男の回想場面で女が出てきたのは前に見ているからですね。
ジェラン(イギョン母)と男が話している場面は見ました。
>おばあさんが倒れたって、今病院だって、お前に会いたいって。
                            ↑  ↑
                ガンジュ祖母は新婦に最期に何かを伝えたいのですね。
ドリムもそのままガンジュの車で向かえばいいものを〜
イギョン母が待機していて・・・はぁ〜、やっぱり、そうきたか〜って思いました。
後を追った(分りやすいつけ方過ぎる〜:笑)兄がドリムを救うと信じたい。
>予告の最後のカンジュ「のん ぬぐや!」(おまえ、誰だ)顔、真剣で怖い
はい〜、髪を掴んでましたよね。
ガンジュは、ドリムが言いかけていたことから何か察知するのでしょうか。
イギョンはお料理も作れないだろうしね。
でも、婚約者が入れ代わって気がつかない人もいないと思うけど。
これ言っちゃ、ドラマ成立せんよね〜、あは。
全16話、あと3週ですね。