2015年09月03日

Windows10

ファンが故障していたWindows7を使っていたノートパソコン。
ずっとほったらかしだったんですが、Windows10のリリースに合わせてファン修理してインストールしました。
まぁ、8とあんまり変わり映えしないような気がします。

2011年03月05日

エクセルでの生産管理

生産管理のシステムの相談・・・・
こういう場合、厄介なケースが多いです。
生産管理とひとことで聞かれる場合、何を管理するのがベストなのかが不明確な場合がほとんどです。
部品・材料の在庫管理、製品在庫管理、所用量計算・・・・
問題点が何で、どのように管理するのがベストかは企業によってマチマチですね^^;;

サーバーセットアップ

先月、ITCの大先輩に頂いたサーバーにSBS2003をセットアップ中。
SBS2003も某税理士さんに頂いたもので、頂き物のサーバーになる予定です。

このサーバーは録画サーバー兼テストに使いたいと思っているのですが、専用のモニターがないので悩ましいところです。

SSD換装

メインのノートPCもSSD化しました。
Panasonic CF-W8 なんですが、こちらはファン付きのモデルです。
SSDにしてからは、Diskの音もファンの音もしなくなりました。
発熱も、素手で触れるレベルです。

スピードは前から速いと思っていたマシンなんで体感できませんが、シャットダウンが早くなった感じです。


2011年02月08日

MS-Accessのランタイム

しばらくMS-Accessの開発から離れてたんですが、Accessのランタイムが無償で配布されてるって知りませんでした。
以前は、高価なオフィスを買わないとついてなかったんですよ。
私は青色申告のフリーソフトを使ってるんですが、アクセスで作られているのでAccessがインストールされているちょっと古いパソコンを引っ張り出して処理してました。
全部終わって、ちょっとネットで検索したらヒットしたんでいつも使っているパソコンにインストールしたら、ちょこっと警告が出るけど使えます。

いい世の中になったもんですね^^

2010年12月26日

SSD換装

予備ノートPCをSSDに換装しました。
パナソニックのCF-R8というPCですが、現在はワンセグ録画用になっています。
60GのSSDを買って換装したのですが、思ったよりも簡単でした。
次はメインのノートPC(CF-W8)も換装しようかと目論んでいます。
160GのSSDが、34,950円  ちょっと考えどころです^^

ちなみにSSDにしたところ、4倍以上のスピードになったようです。

2010年11月24日

WordPressでのWeb管理

ちょっと、所属スキークラブのホームページを作成することになりました。
お金のないクラブなのは理事なので承知していて、格安(ボランティア状態)でサーバーを準備し公開しました。

今後、会長、理事長、事務局が記事やページを書き込めるようにと言うことでWordPressというツールを使いました。
このツールがVer.3になっていて、かなり良くなってます。
ついでなので、私のホームページもコンテンツをそのままにWordPressに変更しました。

今後作るページは、WordPressを使うケースが増えそうです。

スキークラブ: http://penguin-sc.net/
私のページ: http://shitaki.net/

2010年09月04日

空中消火

なんと、うちのマンションの正面にある二葉山で火事が起こったらしく、空中散布を見ることが出来ました。
写真は小さいですが、はっきり見ることが出来ました。
3回散布して、消火できたみたいです。Image871

2010年09月01日

ビジネスプロセス可視化研修

私の所属するITC広島は、ビジネスプロセス可視化研修という研修商品を持っています。
ピジネスプロセス可視化の手順と、経営戦略策定及びToBeモデルをベースにした新ビジネスプロセスモデル作成までを実習形式で学ぶものです。
現在、広島市主催の「経営力強化研修会」でセミナー実施しています。
ビジネスプロセス可視化についての手順は色々ありますが、DMMとフローチャートの組合せで可視化する方法を推奨しています。
可視化が出来たら、改善点を探すというアプローチと経営戦略に基づいたToBeを構築するアプローチがあります。
どちらも有効なのですが、すでに経営効率化が戦略として明確であれば前者を使います。
通常は、経営戦略構築の一つの題材として簡単なプロセス分析を行い、その後で経営戦略を策定、戦術に展開する際にToBeモデルを作るのが効率的と思われます。

2010年08月26日

プライバシーマーク(Pマーク)の効果

現在、プライバシーマークの審査に関する仕事に携わっています。
プライバシーマークの更新をやめる企業が結構多く、その理由に多いのが「メリットがない」と言うものです。

こういう理由をあげられる企業さんの場合、考えられるのは規定の中身をしっかり見ていないのではないかと思われます。

プライバシーマークを取得する際に作成する規定類の中に、委託先の選定に関する規定があります。そこには、個人情報を預ける委託先はもちろんのこと、事務所内に出入りする委託先に対しても、委託を開始する際の選定条件などが明記されます。
その際に「プライバシーマーク取得企業」であれば、問題なく選定条件がクリアーされるように規定されている場合が多いのです。
逆説的に言うと、委託元がプライバシーマークやISO27000などの情報セキュリティに対して意識のある企業であれば、プライバシーマークを持っている企業については自然と発注対象に入ることになります。しかし、その手の認証を受けていない企業であれば、調査票のようなものが届くか、選定対象にすら入らない可能性が高いのです。

委託する側は、「プライバシーマークがあるから委託した」とか「プライバシーマークがないから提案依頼をしない」とは決して言いません。
その点をしっかり認識して、気を付けないといつの間にか取引先が減ってしまう可能性があります。

「個人情報を取り扱う業務はしてないから大丈夫」と思われる方も多いかと思いますが、委託先を選ぶ際に、個人情報を預ける可能性があるかどうかを検討するより、可能性があるとして、認証を受けている企業の中から選ぶ方が楽ですよね。

私の所属している法人も、委託を行う際には、プライバシーマークを持っている企業から選定するのが当たり前になっています。
事務所に出入りしていただく以上、事務所内の個人情報が目に触れる可能性はゼロではないですからねぇ〜