海外のリポジトリにPull RequestしてMergeされた このエントリーをはてなブックマークに追加 この記事をクリップ!

Reactを最近使っていて、公開されてるcomponentで中々よい感じのがあったのだけど、一部挙動が気になったのでPR送った

https://github.com/carlosrocha/react-data-components/pull/10

これですね。

ちょっとしたものなので、コミットメッセージは単純に追加した機能を一行で。

Pull Requestのメッセージには何を書こうかと思ったけど、単純になんで自分が修正したかを書いた。

JSでありがちなソートで辞書順になってしまってたというやつです。

なので数値の場合は数値でのソートに、文字なら辞書順でソートするように。

しばらくしてMergeされた模様。

中々使い勝手のよいcomponentなので、contribute出来たのは良かったと思います。

CentOSでepel-releaseを入れて このエントリーをはてなブックマークに追加 この記事をクリップ!

yumを使おうとすると

One of the configured repositories failed (不明),

とか出た

解決策としては、

sudo vi /etc/yum.repos.d/epel.repo 

して

baseurlをコメントアウト、mirrorlistをコメントにする

CoreOSやらDockerやら使いたくなったのでとりあえずVagrantで試してみる このエントリーをはてなブックマークに追加 この記事をクリップ!

仕事で使ってるWindowsにVagrantで構築してみる

VirtualBoxとVagrantは単にダウンロードしてインストーラに任せてインストールするだけで終わり

あとgitはインストールしておく。

適当な場所で

git clone https://github.com/coreos/coreos-vagrant.git
cd coreos-vagrant
vagrant up

を実行

次は仮想マシンにログイン

まずは

vagrant ssh-config

を実行して情報を取得

すると

Host core-01
  HostName 127.0.0.1
  User core
  Port 2222
  UserKnownHostsFile /dev/null
  StrictHostKeyChecking no
  PasswordAuthentication no
  IdentityFile C:/Users/shizukukun/.vagrant.d/insecure_private_key
  IdentitiesOnly yes
  LogLevel FATAL

とか出てきたので、ターミナルソフトで

host -> localhost

port -> 2222

user -> core

SSH Identity key -> C:/Users/shizukukun/.vagrant.d/insecure_private_key

の設定をして接続

無事にログイン出来ました。

余談 お気に入りWindows用ターミナルソフト

今までTeraTermやPoderosaを使っていたのですが、今は次のソフトがお気に入りです。

rlogin/telnet/ssh(クライアント)ターミナルソフト

http://nanno.dip.jp/softlib/man/rlogin/

PHPでExcelのファイルをコピーする このエントリーをはてなブックマークに追加 この記事をクリップ!

PHPExcelというのが便利そう。

コピーくらいなら正常に動作するのは確認出来た。

インストール

composerでインストールする為にrequire部分に以下を追加してインストール

 "phpoffice/phpexcel": "1.*"

実際にコピーしてみるコード

xlsxのファイルを読んで、それを書き出す。

$reader = PHPExcel_IOFactory::createReader('Excel2007');
$excel = $reader->load('hoge.xlsx');

$writer = PHPExcel_IOFactory::createWriter($excel, 'Excel2007');
$writer->save('new_hoge.xlsx');

CodeIgniter 3使い始めた このエントリーをはてなブックマークに追加 この記事をクリップ!

なんでもライセンスの問題で人気が下がった(らしい。あまり詳しくは知らないです)CodeIgniterですが、3はMITライセンスとなって使う側からすると解りやすいです。

そんな訳で使い始めたのですが、簡単に作る時には中々よさそうです。

composerでインストールしたパッケージのオートロード

composer(Node.jsでいうところのnpmみたいなやつ)でパッケージをインストールするというのが最近のPHPでは普通なようなので、インストールする時は

composer install

とかします。

composerのautoload.phpのパスが

application/vendor/autoload.php

の場合、application/config/config.phpで

$config['composer_autoload'] = TRUE;

とするだけでオートロード可能。

他のパスの場合はそのパスを指定すればよいみたい。

記事検索
最新コメント
アクセスカウンター

    livedoor プロフィール