PARABOXドールメインにブライスやプーリップなどのお洋服を作ってます。 簡単な作り方講座も少しだけ公開中です。 ほかにもアニメやら、そのとき興味があることを、徒然に綴ってました。
新ブログ→【しずくまーく】 ぜひぜひお暇なときにでも♪

割と書いたり書かなかったりなブログですが、このたびWordpressに新しいブログを作りました。

新ブログはこちらです
【しずくまーく】http://shizukuma.com/

すみません、AdSense貼りたかったんです…
無料ブログだと今、登録できないんですよね

とはいえ、このブログも割と記事数溜まってアクセスもあるのでこのまま残しておきます。
あと時々テコ入れをしに来るかもしれませんw

新しいブログの方にも遊びに来てくれると嬉しいです。

6/7までスパンアートギャラリーで開催されていた甲秀樹さんの個展の感想です。
会期ぎりぎりに行ったのでまた事後報告ですみません。




このあとは性的な表現が多数存在するので、苦手な方はブラウザバックをお願いします。

幻想耽美
幻想耽美続きを読む

実は今年の初めにPCが突然お亡くなりになって、ブクマ関連が全滅したんですよ。
私がコツコツ集めた私のためだけのリンク集…。
中でも困ったのがタイトルロゴに使っているフォントの入手先が分からなくなったこと。
フォント名もまともに覚えていないので、
次わからなくなったらもう復元できないかもしれないという。
お気に入りなのでそれは避けたいな、と言うことでここに記しておきます。

Holyrose Mmidnight Tea というフォント。
バナー
画像の文字部分がそうです。
ブラックレター調で装飾が施してあり、かつ可読性の高いもの。
と言う条件で探して一番しっくり来たのがこれです。
装飾性が高くなるほど可読性が低くなるので、「美と実用性の両立って言うのは簡単だけど…」と堀川国広くんみたいなことを言いながら探した記憶があります(笑)

これを見つけたdafont.comというサイトは英字フォントがたくさん置いてあって見ているだけでも楽しいです。

あと編み図用の記号フォントを配布しているサイトも個人的には押さえておきたいところです。
frat by Len KOBAYASHI
印刷物への使用が許可されているのが素晴らしいです。
編み図を描くのがめちゃくちゃ苦手な身としてはとても有難いです。

以上、オススメフォントという名の備忘録でした。

広告





と言うツイートへの言及です。

言っても数十万で間に合うんだな?

と言うわけで、お金がかかると評判の人形趣味に使った金額をざっくり計算してみようと思います。
ちなみに私は人形者の中でもぜんぜんお金かけてない方です。

人形本体 16万(1/3以上の5体の総額)
ウィッグ 平均3000円×7
服(自作除く) 5万
靴 3万
目玉 2万
背景布 1万

以上が純粋に人形と遊ぶと言う行為にかかった金額です。これ以外に小物系も衝動買いしてたりして計算するのが面倒なので省きます。
あと1/6以下が5体いて各1万以上はかかってるかな?あんまり構えてないのでここでは省きます。

ついで、人形者ライフをさらに充実させる為の補助アイテムを。

家庭用ミシン 3万
デジタル一眼 6万×2
ドール関連書籍 2万ぐらい
その他に布やレース、毛糸などの服飾資材。これも衝動買いしまくっているのでいくらぐらいになっているのかよくわからない。たぶん5万じゃ足りない。

さて、総額いくらになるでしょうか?
書き出しただけで45万です。
と言っても7年かかってこれなので全然使っていないほうです。

ちなみに服を自作しないと一気に金額が跳ね上がります。一着一万円とかざらです。目玉も高いのは一セットで一万円ぐらいしますし、経済力のある方は三ヶ月に一体ぐらいのペースで人形買っています…。
大きさにもよるけれど一体3万〜10万。創作人形なら60cmサイズで10万切ったら格安で30万切ると安いなって印象です。

……冒頭のツイートと比べても遜色ない金額なのがお分かりになるでしょうか?

ついでにもう一つの金かけてる趣味の同人誌(買うの専門、ほぼコミケのみ)は3日で6万が私の相場なので、年間12万かかってる計算で、これは10年以上続いています…。読む方だってお金かけてるんですよ。

ちなみに一番金をかけていない趣味は図書館通いです。地元の図書館では漫画は扱ってないけど、一冊四、五千円する専門書も無料で読めます。絶版本も読めます。

お金をかけたから偉いわけでもないし、お金をかけていないから程度が低いわけでもないのですよ。趣味なんだから自分が楽しいと思えたらいいんだと私は思います。
ただし、人に迷惑をかけたり生活が破綻したらダメですよ。

人形仲間の紫さんとエコさんを誘ってTHORES柴本さんの個展『交錯覚醒廻廊』と、マリアの心臓「聖キアーラの予兆」展、少し足を伸ばして東京駅のすぐ近くの東京中央郵便局に併設されているインターメディアテクに行って来ました。

はじめに言っておきましょう。
この三つを一日で回るのは無謀でした。
情報が多すぎて消化できませんでした。

まずはスパンアートギャラリーで開催されているTHORES柴本さんの個展『交錯覚醒廻廊』の感想から。
日曜日だということもあってか大盛況でした。
壁一面の原画は圧巻で、本当に至福でした。
服の質感や細部の書き込みは原画ならではの迫力を感じました。THORES柴本さんの原画は下地の凹凸もあるので更に見甲斐があります。
THORES柴本さんの絵にはどこかに必ずサインが入っていて、あまり主張しない(というか隠れている)サインを探すのが実は楽しみだったり。
隠れミッキーを探す感覚に近いです。
今回の展示のために書き下ろされた作品は線画が一緒で彩色が違うと言うもの。
なんというか、色のバリエーションが変わるとこんなに印象変わるんだ、と感動しました。
サイン本や複製原画の販売もしてました。サイン本2冊衝動買いです。
いや、いいんだ、買うつもりだった奴だし…。

つぎはマリアの心臓exhibition「聖キアーラの予兆」展。
あまり広くない会場にところ狭しと可淡ドールやその他創作人形やオブジェ、絵画なんかがみっちり展示してあって圧巻でした。
10人以上ひとがいたはずなのに、皆静かに鑑賞していて展示物の間を泳ぐ回遊魚のようでした。
正直、可淡さんの人形は可愛いとも綺麗とも思えないのですが、独特の人をひきつける何か、みたいなものは感じ取りました。合う人はすごくあうんだろうな。
あと、丸尾末広と萩尾望都と山本タカトが同じ会場に揃うとか誰が思うだろうか(反語)
どの作品も力を持っていて、出た後色々受け取りすぎて消化不良を起こしていました。パワフル!

最後インターメディアテク。
これは完全に予定外で、近くにあるみたいだからちょっと覗いてみよう、という軽い気持ちで行ったのですが…。
予想以上に広い!そして展示内容が充実してる!!
骨格標本をこんなにたくさん見たの初めてだよ!大きさに驚き、小ささに驚きます。
骨格だけじゃあ犬も狸もそう変わらないし、魚は美味しそうだし蟹も美味しそうでした。
馬はちょうどナポレオンの有名な絵画のポーズで展示されていて、この動物に蹴られたら確かに死ぬな。と思えるほどでした。
骨格標本の奥には虫の標本と貝の標本。
さらに鉱物標本があってテンションの上がる三人。
見終わったー。お腹いっぱいー。と言うところで二階を発見してしまって勢いで見て回ったのですが、既にこの頃には頭が回らなくなっていて「とにかくすごかった」という印象しか残っていません。
また日を改めて見に行きたいです。
ちなみにここ、入場料無料なんですよ。

へろへろになりながら、駅ビルでご飯を食べて帰ったのですが、入ったレストランがまた可愛らしい。
アリスカフェ 有楽町イトシア店
店内はアリスな雰囲気を控えめだけどしっかり醸し出していて、お値段もリーズナブル。
紅茶は猫足のティーカップとハート型にくりぬかれた模様の可愛いソーサーに乗ってくるんですぜ。
ケーキもオムライスも美味しかったので大満足でした。ちょっと店員さんの数は足りてなさそうだったけど。

夢のように充実した一日でした。都心はいい。

明石国行と童子切安綱をみてきました。

初めに明石国行。刀剣博物館は撮影禁止だったので画像はないです。
代わりにパンフレットや壁には写真が貼ってありました。さすが国宝。
明石はすらっとした直刃の美しい刀でした。
明石 写真


でもね、一緒に展示されていた、助広の丁子刃の刀のほうがもっと美しかったのです。
ちょうど刃紋の企画展をやっていて、色々な刃紋の特集をしていたのです。
いやあ、乱刃はわかりやすく煌びやかでいいですね。派手好みです。
中でも丁子刃は光の反射でキラキラ輝いて美しかったです。
丁子刃は押形等で見るより実物を見たほうが美しさが伝わると思います。
互の目、のたれ、尖り刃と続くのですが、…互の目と尖り刃は違いが良くわかりませんね!
ぜひ実際に見に行って違いを確かめてください。

GILDdesign刀剣乱舞-ONLINE-アルミ削り出しイヤホンジャックカバー第四弾《明石国行/ブラック》
GILDdesign刀剣乱舞-ONLINE-アルミ削り出しイヤホンジャックカバー第四弾《明石国行/ブラック》

お次は童子切安綱。
童子切1
童子切2
童子切3

三日月宗近じいちゃんと同じ天下五剣のうちの一振りです。
名前の由来は源頼光が大江山の酒呑童子を退治した際に使用したから、だそうで。
童子切は三日月じいちゃんに比べると身幅(刃から峰までの長さ)が長くがっちりした印象。
これは酒呑童子の首も切れるわ!という感じでした。

トウハクは獅子王、鳴狐、大包平、三日月宗近、厚藤四郎、などなど有名どころが所蔵されているので、
足を運んでみるのもよいかと。

あと、刀以外の展示も充実しています。本当、常設展だけで一日つぶれるレベル。
だいたい最後は駆け足で見てしまうのですが(体力がない)、蒔絵や着物の展示もすばらしいのが多いです。
今回すばらしいと思ったのは鳳凰の刺繍の施された夜着(着物の形をした掛け布団)です。
鳳凰刺繍

鳳凰部分が全部刺繍!この画質だとつぶれて見えませんが、たしか地の青い部分にも織りで模様が入っていた気がします。
後は総絞りで模様の染め抜いてある着物もありました。
手間を考えると気が遠くなりますね…

次は町田に懐中時計を見に行ってきます。

あけましておめでとうございます。今年もどうぞご贔屓に。
……もう一月も半ばすぎましたけど。

毎年恒例の初詣は地元の機神さまにお参りします。
お寺の中にひっそりと祀られているので毎回参拝客は私だけです。
そこでドール服作りの上達を願って帰ってくる、というのを5年ぐらい続けています。
新年の誓いです。今年も去年よりうまくなっていますように。

さて、ブログを更新していなかった間に12月のアイドールとコミケ、
1月のドルショに行ったので雑感をまとめておきます。

まずアイドール


初のビックサイトでの開催は天井が高くてスカスカ広々した感じでした。
同じビックサイトでもコミケではそうは思わないんですけど、なぜでしょうね?
柱にブロック番号貼ってないからでしょうか?
あとはスペースの密集具合とポスターの差でしょうか。
今回は会場内にキッチンカーが入っていて、とてもよかったです。
やっぱり朝から参加しているとお腹は減るし、寒かったので温かいものが食べられるのは有難かったです。
キッチンカーの前には無料の休憩スペースもあってそれも良かったです。
ブースは1/4ぐらいDDで一番多かったです。
人の入りはやっぱり浜松町時代と比べて落ちてる感じしましたね。

次はコミケ


小物や同人誌がメインになっていました。
まぁ、コミケに関しては元々同人誌がメインなので当然といえば当然なのですが。
私もメインは同人誌の購入でしたしね。
なので、やっぱりドールイベントとは雰囲気が違います。
まず、机の幅が半分になるので、ブースが狭そうです。物理的に。
そして、周りの同人誌が平均一冊500円ぐらいなので、比較するとドール関連は割高に見えるっていう…。
一着5000円かぁ…薄い本が10冊買えるな…もうちょっと会場回ってから考えようかな(そしてお金がなくなる)
というのをやりました。やりました。
どちらかというと、500円ぐらいの型紙本や小物のほうがコミケでは売れる気がします。

最後、ドールショウ


大盛況だったみたいですね。どうやら最初のうちは入場制限かかったとか。
私は1時半以降の参加だったので、そこまで混んでは居なかったのですが。
ドールショウは可愛い小物が多い印象ですね。あとは配置が独特だなぁと。
オビツ11をお迎えしたので、うっかり小物を買いそうになりました(笑)
個人的にはアイドールのようにある程度カテゴリ分けしてもらえると探すのが楽で嬉しいのですが。
あと、2階での開催なのに無意識に4階での開催だと思っていました。
J庭などの同人誌即売会は大抵4階開催なので油断してました。

すべてのイベント共通で思うこと


ブースの前に人が並んでいると、遠くからは何が売られているかわからないということ。
これ、結構損だと思うんですよ。
同人誌即売会ならカテゴリわけしてあるし、パンフレットを見ればサークルカットも載っているので、
パンフレットを頼りに欲しいものを選定できるわけですよ。

でもドールイベントはサークルカットないですよね。
ドールショウは以前から。アイドールも12月からなくなりました。
特にお目当てのディーラーさんもなく、ふらっと買いに来る私のような人間には辛いんです。
どこ探せばいいかわからないんだもの。

私の思う解決案


端的に遠くからでも見えるようにディスプレイすればいいかと。
とはいえ、高い位置にドールを置くのは落下の危険もあるのでいやだと思う方も多いと思うのですよ。
私も避けたい。
そこで個人的にオススメなのはコミケでよくみる大きいポスターです。
アレは紙ですが、布のポスターも作ってくれる会社があります。
A2で2500ぐらいから作れるようなので、定期的にイベントに出るならあってもいいですよね。
ブースは目立ってなんぼです!!
見てもらわないことには始まりません!!

広告
簡易型ポスタースタンド B1用 【 販促用品 ディスプレー ポスタースタンド ポスター用器具 ペナント 看板 案内 販売促進 店舗 セール 広告 商品 業務用 楽天 】 sale
簡易型ポスタースタンド B1用 【 販促用品 ディスプレー ポスタースタンド ポスター用器具 ペナント 看板 案内 販売促進 店舗 セール 広告 商品 業務用 楽天 】 sale

その2から色々すっ飛ばして完成です。
DSC_1593


途中の写真はうっかり撮り忘れました。
すみません。

とりあえず、今回の覚書。


  • 身頃をつなげて編んだ結果、はぎ合わせる箇所が少なくなって楽チンだった。
  • 四本針を使って目を休めると再開が楽。
  • アームホールと片山の目数はちゃんと合わせておく。
  • 30cm以上ある4本針で目数の少ない輪編みをするのは大変。短い針か輪針を2本使うべき。
  • エクセルで専用の方眼用紙を作ると曲線の製図が楽。ほぼ計算いらず。
  • 裾のゴム編みは2号ぐらい大き目の針で編むといい。そうでないと縮みすぎる。



こんなところでしょうか。
専用方眼は本当に楽チンでした。
ざっくり作った型紙を上に乗せて、境目をなぞれば9割曲線部分の製図が終わります。
計算しなくていいのは画期的です。自分で言います。

画期的です。

ただし事前に型紙作らないといけないですけどね。



送料無料/これが編みたい 棒針編みのビギナーズプロジェクト/MOORIT
送料無料/これが編みたい 棒針編みのビギナーズプロジェクト/MOORIT

このページのトップヘ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...