静岡県の遺跡・古墳・城跡ガイド

静岡県内の遺跡・古墳・横穴・窯跡(古窯)・廃寺・経塚・墳墓・中世墓・磐座(いわくら)・城跡・砦・陣屋など、埋蔵文化財を探訪して地図付きで紹介。考古学イベント、歴史博物館、郷土資料館、展示会の情報あり。 状況はすべて探訪時のものであり、その後消滅または立ち入り禁止となった場所があるかもしれません。 探訪はすべて自己責任でお願いします。原則リンクフリーです。

静岡県の歴史・考古学サイト




戦国時代 今川氏配下の岡部氏が築いた砦? 市指定史跡 朝日山城跡 (静岡県藤枝市仮宿字堤ノ坪、城山)


静岡県藤枝市仮宿の市指定史跡 朝日山城跡(あさひやまじょうあと)は、標高約100mの朝日山(牛伏山)山頂付近に築かれています。

室町時代初期に、駿河今川氏の家臣であった土豪 岡部氏が築城したと伝えられています。

朝日山城の規模は、東西約600m、南北約200m。

発掘調査が行われていないため、詳細は不明です。

朝日山城跡 遠景
14514-------- 「静岡県の遺跡・古墳・城跡ガイド」 続きを読む -------

江戸時代の島田代官所跡(御陣屋遺跡) 御陣屋稲荷神社 (静岡県島田市柳町、本通り4丁目)


静岡県島田市柳町・本通り4丁目の島田市民会館南側のおび通り周辺は、江戸時代の島田代官所跡(御陣屋遺跡)です。

江戸時代前期の元和2年(1616年)、島田代官 長谷川藤兵衛長親が野田にあった屋敷から島田宿内のこの場所に建てた屋敷に移りました。

3184坪の代官所敷地にあった御陣屋稲荷神社と、土塁の一部が残されています。

島田代官所跡(御陣屋跡)
6756-------- 「静岡県の遺跡・古墳・城跡ガイド」 続きを読む -------

初代島田代官 長谷川藤兵衛長盛が居を構えた 島田代官屋敷跡 (静岡県島田市野田 島田北幼稚園付近)


初代島田代官 長谷川藤兵衛長盛は、安土桃山時代の天正年間(1573~1592年)に大草(島田市大草)の上反方(かみたんぽう)の丘に居を構えていました。

その後、野田(島田北幼稚園付近)へ屋敷を移して島田代官を務めました。

屋敷の規模は、南北約156m、東西約146mと推定。

江戸時代前期の元和3年(1617年)、第2代 長谷川藤兵衛長親が島田宿内に陣屋(島田市柳町)を建てて移住。

野田の島田代官屋敷にあった稲荷は、地元の人々が野田山南東の中腹に遷座し三崎稲荷と呼んで信仰したといわれています。

三崎稲荷大明神
17633-------- 「静岡県の遺跡・古墳・城跡ガイド」 続きを読む -------
静岡県の天気
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
ランキング
ツイッターでつぶやく