静岡県磐田市寺谷の国指定史跡 小銚子塚古墳(こちょうしづかこふん)は、静岡県内に6基しかない前方後方墳です。

古墳時代前期(4世紀中半から後半頃)に、磐田原台地の西縁辺部に築かれました。

古墳の規模は、全長46m、前方部高さ2.7m、前方部の長さ19m、後方部高さ5m、後方部長さ30m。

主体部(埋葬施設)は未調査ですが、東向きの前方部の北から東にかけて周溝があります。

小銚子塚古墳は、銚子塚古墳群の1号墳です。

国指定史跡 小銚子塚古墳
4527

探訪は自己責任で!!

前方後円墳1基、前方後方墳1基、方墳1基、円墳9基 
銚子塚古墳群の記事はこちら


小銚子塚古墳(銚子塚1号墳)の地図

アクセス
東名高速道路 磐田ICの北西

現地案内板の写真(右側が北)
磐田原台地西縁の崖縁にある、山林の中に古墳が残存。
写真の赤丸内が、小銚子塚古墳です。
緑丸内は静岡県で3番目に大きい、前方後円墳の銚子塚古墳(全長108m)。
4525

4526

右側(東側)が前方部、左奥(西側)が後方部。
4530

手前が前方部、奥が後方部
4527

前方部(手前)から見た後方部(奥)
4529

後方部墳頂
4528

参考文献
「磐田市史 資料編1 考古・古代・中世」