静岡県掛川市吉岡の行人塚古墳(ぎょうにんづかこふん、ぎょうにんつかこふん)は、原野谷川右岸(西岸)の河岸段丘東側縁辺に所在する前方後円墳です。

全長43.7m、後円部直径25.4m、西南西向きの前方部長さ18.3m、前方部幅16.0mの規模。

主体部(埋葬施設)の発掘調査は、行われていません。

古墳時代中期中葉(5世紀後半)以降の古墳とされていましたが、埴輪が出土しておらず古墳時代前期(4世紀)に遡る可能性があるという。

平成8年(1996年)3月29日、掛川市各和・高田・吉岡地区に分布する有力な古墳5基(前方後円墳4基、円墳1基)で構成される国指定史跡 和田岡古墳群となりました。

行人塚古墳
2659

塚に掘った穴に行人(行者)を生きたまま埋葬(入定)した伝説があり、行人塚の名前の由来となっています。

太平洋戦争中の昭和19年(1944年)に前方部が土砂供出により消滅し、行人塚古墳は円墳と考えられていました。

昭和57・59年(1982・1984年)に実施された規模確認のための調査で、周溝を検出し前方後円墳と判明。

周溝の規模は、前方部前端で幅約2.2m、前方部側面で幅6.5~8.5m、後円部で幅10~10.5m、深さ0.3~0.6m。

後円部南西の周溝が断絶しており、かつてここにあった小山は造り出し部だったようです。

前方部の周溝から、2重口縁の壺・高杯・器台が出土。

後円部南側の周溝からは、古墳に伴う遺物と考えられる高杯の脚部が出土。

これまでの調査では、葺石(ふきいし)・埴輪は見つかっていません。

探訪は自己責任で!!

行人塚古墳の地図

アクセス
東名高速道路 掛川ICの北西
瓢塚古墳の北

行人塚古墳
手前の空き地が前方部、奥の墳丘が後円部
2658

後円部 墳頂
2656

空き地が前方部で、周辺は茶園が広がる。
2657

案内板
2655

古墳の横には、牛舎があります。
2654

参考文献
「史跡和田岡古墳群 吉岡大塚古墳 第5次発掘調査報告」
「静岡県史 資料編2 考古二」