静岡県袋井市国本の石ノ形古墳(いしのがたこふん)は、古墳時代中期(5世紀後半)の築造と考えられる円墳です。

墳丘の規模は直径27m・高さ3mで、幅5m・深さ30cmの周溝が巡っています。

発掘調査が実施され、東西2ヵ所の主体部(埋葬施設)を検出。

西主体部は、短甲(古墳時代の鉄製のよろい)、馬具(轡)、鉄の刀、剣、鉾、斧、矢などが出土。

東主体部からは、ガラス玉、鉄の刀、銅鏡、鈴の付いた腕輪などが発見されました。

石ノ形古墳
2367

民家の敷地内なので、古墳は立入禁止。
公道から見える場所にあります。

石ノ形古墳の地図

アクセス
東名高速道路 袋井ICの東
児玉化学工業の北東、名栗北原川公会堂近くの住宅地

石ノ形古墳
南北の道が、周溝の部分です。
2365


2366

参考文献 
「石ノ形古墳と甲冑武人」 袋井市教育委員会