静岡県静岡市清水区(旧清水市)宮加三(みやかみ)の市指定史跡 清水天王山遺跡(しみずてんのうざんいせき)は、縄文時代から古墳時代にかけての複合遺跡です。

縄文時代後期・晩期の集落で、発掘調査では平地式住居跡3軒、集石墓、貯蔵穴などが見つかっています。

静岡県中部を代表する、縄文時代晩期(約3,000年前)の標式遺跡です。

出土遺物(縄文土器、石器、骨針、耳飾(耳栓)など)の一部は、静岡市埋蔵文化財センター(静岡市清水区横砂東)に展示。

市指定史跡 清水天王山遺跡
21932


 現在、遺跡の一画は天王山公園として整備され、天王山神社・遊具・天王山遺蹟の石碑(記念碑)があります。

探訪は自己責任で!!

縄文時代中期の集落 竪穴式住居跡が見つかった
阿僧遺跡の記事はこちら


遺跡・古墳の出土品を展示
静岡市埋蔵文化財センターの記事はこちら


清水天王山遺跡(天王山公園)の地図
静岡県静岡市清水区(旧清水市)宮加三
駐車場無し

清水天王山遺跡(天王山公園)
21931

天王山神社
21932

天王山遺蹟の石碑(記念碑)
21938

天王山遺跡通り
 天王山公園横の道路です。
21933

静岡市埋蔵文化財センター 常設展示コーナー
 静岡市内の遺跡・古墳から出土した土器や石器などが展示されており、無料で見学できます。
清水天王山遺跡の出土品の一部は、静岡市埋蔵文化財センターで展示。
展示が変更になる場合あり。
20045

<清水天王山遺跡の出土品>
縄文時代後期 台付鉢形土器、鉢形土器
21934

縄文時代晩期 深鉢形土器
21935

縄文時代晩期 打製石鏃
21939

縄文時代後期・晩期 耳飾(みみかざり)
21936

耳飾、垂飾(たれかざり)
21937

参考文献
・『静岡県史 資料編1 考古一』静岡県 1990年3月20日
・『静岡県文化財地図Ⅰ ―静岡市以東―』静岡県教育委員会 1988年3月1日
・『静岡県文化財地名表Ⅰー静岡市以東―』静岡県教育委員会 1988年3月1日