静岡県焼津市(旧志太郡大井川町)上新田には、徳川家康の馬具を修理した鍛冶 宗九郎の墓があります。

安土桃山時代の天正19年(1591年)、徳川家康が入洛の途中にこの地で鷹狩りを行いました。

その際壊れた馬具の轡(くつわ)を、鍛冶の宗九郎に修理させています。

家康は褒美として、鍛冶屋敷のうち100坪を免租地としてあたえる事を約束。

そして、お供をしていた領主掛川藩主 山内対馬守一豊から、鍛冶屋敷100坪を扶助する判物が、宗九郎に下されました。

鍛冶宗九郎の墓
6369


探訪は自己責任で!!

徳川家康が鷹狩りの際に立ち寄った 
旗掛石の記事はこちら


鍛冶宗九郎の墓の地図

アクセス
東名高速道路 焼津ICの南西
「かしはる大井川店」(TEL 054‐622‐8765、焼津市上新田477‐6)の南

鍛冶宗九郎の墓
6366

6367

6369

文字が刻まれた墓石の表面が、剥落しています。
6368