静岡県牧之原市(旧榛原郡榛原町)勝田の千手観音堂横の崖には、謎の素掘りの穴があります。

古墳時代後期以降に築かれた横穴墓なのか、貯蔵穴あるいは戦時中に掘られた防空壕?

横穴墓は多数の穴が密集しているのが一般的で、1基しかないのが不自然。

防空壕は、入口を縦長に掘る事が多いのでこの穴は正体不明です。

太平洋戦争後半には、サイパンの基地を離陸したアメリカ軍のB‐29戦略爆撃機が、富士山を目標に日本へ飛来し全国の都市を空襲。

末期になると米軍空母の艦載機が、静岡県内の基地・駅・鉄道・橋・寺・製茶工場・通行人など、あらゆるものをロケット弾・機銃で攻撃しました。

千手観音堂横の穴 防空壕?
6670

史跡整備されていないので、探訪は自己責任で!!

危険なので、穴の中に立ち入らないでください。

未発掘の横穴式石室 古墳時代後期の円墳 伏方古墳の記事はこちら

一字一石経が出土 祖父ヶ谷経塚の記事はこちら

千手観音堂 防空壕?の地図

アクセス
東名高速道路吉田ICの南西
千手観音堂横の崖

千手観音堂
5921

千手観音堂と謎の穴
6671

謎の穴
6670

穴の中
コンクリートの破片があります。
6669