静岡県焼津市方ノ上(かたのかみ)の石合山(いしゃばいやま)の方ノ上城跡(かたのかみじょうあと)は、室町時代後期(戦国時代)の天文5年(1536年)におこった駿河今川氏の後継者争い「花倉の乱」の舞台です。

今川義元(いまがわよしもと)と争った異母兄 玄広恵探(げんこうえたん、今川良真(いまがわよしざね))派の軍勢が、方ノ上城に立て篭もりました。

方ノ上城跡 堀切
2064

今川義元派の岡部氏に攻められ、方ノ上城を脱出した玄広恵探派は花倉城に逃れています。

探訪は自己責任で!!

今川氏の家督争い「花倉の乱」の舞台 
市指定史跡 花倉城(藤枝市花倉)の記事はこちら


狼煙台(のろしだい)・方ノ上城跡入り口の地図

アクセス
東名高速道路 焼津ICの北北東

狼煙台・方ノ上城跡入り口
2003

入り口から茶畑の横に下り、林の中に入る。
2005

窪地?または空堀?
右奥に、幻の池と呼ばれる水場。
2055

幻の池
2056

ここから細尾根の上にある、方ノ上城跡に登る。
5882

石が散乱している場所
2058

土塁
2059

堀切
2060

2061

方ノ上城跡から、焼津市内と駿河湾を眺められます。
2062

曲輪跡の地図

曲輪跡
2013

堀切
曲輪跡の横が、方ノ上城跡の最大の堀切。
2064

狼煙台に向けて、さらに進む。
草が伸びている時は、下の写真の様な状態です。
2007

城跡付近には、方ノ上経塚と方ノ上古墳もあります。

方ノ上城跡 平安時代 方ノ上経塚の記事はこちら

横穴式石室がある 
方ノ上古墳(かたのかみこふん)の記事はこちら


狼煙台
方ノ上経塚から少し下った場所が、石材が散乱している狼煙台。
5883

参考文献
「焼津市史 資料編一 考古」