静岡県焼津市焼津の時宗 高草山 宝池院 普門寺には、源義経(みなもとのよしつね)ゆかりの庭園があります。

平安時代の永安4年(1174年)、源義経一行が京都の鞍馬寺から奥州平泉の藤原秀衡(ふじわらのひでひら)のもとに向かっていました。

旅の途中で義経が病気にかかり、普門寺に滞在して治療。

一行を道案内した黄金商人 金売吉次(かねうりきちじ)の発願によって、庭園が築造されたと伝えられています。

時宗 宝池院 普門寺 源義経ゆかりの庭園
3828

探訪は自己責任で!!

静岡県の寺

静岡県の歴史

時宗 宝池院 普門寺の地図
TEL 054‐628‐3630
無料駐車場あり

アクセス
・JR東海道本線 焼津駅より徒歩約9分

冠木門(かぶきもん)
平安時代の1174年頃、天台宗の寺として創建。
鎌倉時代の弘安6年(1283年)、時宗の真教上人が焼津近辺を訪れて時宗に改宗したという。
3827

源義経ゆかりの庭園
3828

3826

石碑
3824

亀甲ノ石
上に乗ってはいけない、石だそうです。
3825

ランキングに参加中!!
投票(バナーをクリック)よろしくお願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ 
にほんブログ村