静岡県沼津市東熊堂(ひがしくまんどう)の高尾山古墳(たかおさんこふん)は、古墳時代前期初頭(3世紀前半)に築かれた前方後方墳です。

平成23年(2011年)、辻畑古墳(つじばたけこふん)から改称。

沼津市内最大の古墳で、墳丘長約62m・幅推定34mです。

周溝からは、古墳時代前期初頭(西暦230年頃)の東海西部(愛知県?)の土器(高杯、器台)が出土。

主体部(埋葬施設)の棺上で出土した土器は、古墳時代前期(西暦250年頃)のもの。

古墳時代前期初頭(西暦230年頃)に築造された東日本最古級の前方後方墳で、古墳時代前期(西暦250年頃)にこの地域の首長(珠流河(スルガ)地域の王)が埋葬されたと考えられます。

高尾山古墳
15211


墳丘の外側に周溝が巡っており、南向きの前方部の南東に通路の土橋があります。

規模は、墳丘長62.178m、後方部長31.254(31.410)m、前方部長30.453(30.768)m、くびれ部幅9.717m、周溝(しゅうこう)の底から墳頂までの高さ4.679m。

後方部中央の地表から1.2m下で検出された主体部(埋葬施設)は、長さ5.053m、最大幅1.252mの木棺直葬(もっかんじきそう)。

ほぼ東西方向に埋葬された、舟形木棺(ふながたもっかん)だと思われます。

被葬者の頭位は東側と考えられ、頭部から胸部にかけてと足下付近から多量の水銀朱を検出。

主体部からは、木棺の一部である板状の木片、副葬品の青銅鏡「上方作系浮彫式獣帯鏡」(しょうほうさくけいうきぼりしきじゅうたいきょう)1面、槍(やり)2点、鉄鏃(てつぞく)33点、ヤリガンナ1点、勾玉1点が見つかりました。

被葬者は、248年頃に死去したとされる邪馬台国(やまたいこく)の女王 卑弥呼(ひみこ)と同時代の人物です。

『魏志倭人伝』(ぎしわじんでん)に卑弥呼と戦ったと記されている、狗奴国(くなこく)の男王 卑弥弓呼(ひみここ)だとする説があります。


平成20〜26年(2008〜2014年)、沼津市教育委員会が都市計画道路 沼津南一色線の建設工事に伴う発掘調査を実施。

道路建設で破壊される予定でしたが、保存運動が起きて道路を迂回することになりました。

探訪は自己責任で!!

静岡県の歴史

高尾山古墳(辻畑古墳から改称)の地図

アクセス
・東名高速道路 沼津ICの南
・国道1号 沼津バイパスの「江原公園」交差点を北上
熊野神社の西

高尾山古墳 想定図
前方部は南向きです。
15194

高尾山古墳 全景(空撮写真)
15193

手前(南側)が前方部、奥(北側)が後方部。
15211

前方部
15212

左奥が前方部、右側が後方部。
15216

後方部 北東より
15214

後方部 空撮写真
後方部の中央で、主体部(埋葬施設)が検出されました。
15227

棺上出土土器
15229

主体部調査状況
15231

銅鏡と柄の痕跡
15232

槍とヤリガンナ
15233

後方部北側の周溝
幅8〜9mの溝です。
15215

後方部北東周溝 遺物検出状況
周溝内からは、多量の土器が出土。
15230

高尾山古墳 西側
道路によって、一部変形しています。
15218

高尾山古墳の後方部に建てられていた熊野神社と前方部の高尾山 穂見(ほずみ)神社は、平成20年(2008年)に東側の隣接地に遷されました。

熊野神社 鳥居
15219

熊野神社 社殿
15213

高尾山 穂見神社
15220

都市計画道路 沼津南一色線
高尾山古墳の北側まで建設された道路。
15217

出土品の一部は、沼津市文化財センターに展示。
展示内容・展示場所が、変更になる場合があります。

沼津市文化財センターの記事はこちら

沼津市文化財センター
15391

<主体部(埋葬施設)の剥ぎ取り>

ほぼ東西方向の主体部は、長さ5.053m、最大幅1.252m。
被葬者の頭部は東向きです。
15221

足下付近に、剣を再利用したと考えられる変わった形状の槍と鉄鏃。
頭部付近には、意図的に壊された青銅鏡(破砕鏡(はさいきょう))、槍、ヤリガンナ。
胸部に、勾玉。
15222

15223

主体部遺物出土状況
15224


<出土品>

銅鏡、槍(やり)、やりがんな、勾玉
青銅鏡「上方作系浮彫式獣帯鏡」(しょうほうさくけいうきぼりしきじゅうたいきょう)は、中国の後漢時代(2世紀後半頃)に製作されたもの。
虎・鹿・鳥・翼のある羽人がデザインされ、「上」「竟」(きょう)「宜」(ぎ)の文字あり。
「上方作竟」(しょうほうさくきょう)、「長宜子孫」(ちょうぎしそん)の銘文だと思われます。
意図的に壊された破砕鏡(はさいきょう)です。
面径 13.5cm
15226

鉄鏃(てつぞく)
15225

土師器
出土した多量の土器は、盛大な葬送と墓前の儀式に使用されたもの。
15234


15235


15236

直口壺
15240

小型壺
15238

東海西部系 高杯
15239

参考文献
「高尾山古墳シンポジウム ―スルガの王 大いに塚を造る― 当日資料」
「高尾山古墳解説プリント」 沼津市文化財センター

ランキングに参加中!!
投票(バナーをクリック)よろしくお願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ 
にほんブログ村