00shizuoka静岡観光おでかけガイド

静岡県の観光おでかけ情報(地図),穴場観光地,人気イベント,花名所,写真撮影ポイント,遺跡古墳,城,公園,パワースポット,富士山静岡空港,おみやげお取り寄せ通販,ガンプラ,ホテル旅館宿泊予約,貸切温泉露天風呂,原則リンクフリーです

今川義元

「静岡観光おでかけガイド」 トップページ > 今川義元

武田信玄・勝頼親子が攻略 今川義元の山城 花沢城跡 (静岡県焼津市高崎字城山)


静岡県焼津市高崎の花沢城(はなざわじょう)は、室町時代後期(戦国時代)の天文6年(1537年)に駿河・遠江国の守護・戦国大名の今川義元が築城したと伝えられている山城です。

永禄13年(1570年)正月、駿河(静岡県中部)に侵攻した甲斐(山梨県)の武田信玄・勝頼親子が花沢城を包囲。

激戦となって今川氏家臣の城主大原資良は、8日に降伏して遠江(静岡県西部)に退きました。

花沢城跡 一の郭
4970

------------ 「静岡観光おでかけガイド」 続きを読む ------------

戦国時代(室町時代) 今川氏の家督争い「花倉の乱」の舞台 市指定史跡 花倉城跡 (静岡県藤枝市花倉勝り谷)


静岡県藤枝市花倉の花倉城(はなぐらじょう)は、室町時代初期の文和元年(1352年)に葉梨荘へ拠点を移した駿河今川氏2代目 今川範氏(いまがわ のりうじ)が、居館の詰城(つめじょう)として築きました。

戦国時代(室町時代後期)の天文5年(1536年)、駿河国の守護・戦国大名 今川氏親(いまがわ うじちか)の息子達による後継者争い「花倉(花蔵)の乱」が勃発。

栴岳承芳(せんがくしょうほう、後の今川義元)と争った、異母兄の玄広恵探(げんこうえたん、今川良真)は花倉城(花蔵城)に籠城。

戦いに敗れた玄広恵探は花倉城を脱出しましたが、天文5年6月10日(1536年6月28日)に栴岳承芳派の追撃をうけて普門寺(現在の普門寺とは別の場所)で自害。

栴岳承芳は駿河今川氏9代目 今川義元となり、教育係であった太原雪斎(たいげんせっさい)の補佐を受けて戦国大名として所領を拡大しました。

市指定史跡 花倉城跡
1511

------------ 「静岡観光おでかけガイド」 続きを読む ------------

今川義元の祖母 駿河国守護今川義忠の正室 北川殿の墓所(五輪塔) 曹洞宗 大窪山 徳願寺 (静岡県静岡市駿河区向敷地689)


静岡県静岡市駿河区向敷地(むこうしきじ)の曹洞宗 大窪山 徳願寺には、駿河国守護 今川義忠(いまがわ よしただ)の正室 北川殿の墓(五輪塔)があります。

北川殿は、今川義元(いまがわ よしもと)の祖母です。

奈良時代の養老元年(717年)、徳願寺は真言宗の寺として創建。

室町時代の長禄2年(1457年)、北川殿によって曹洞宗に改宗。

北川殿は、室町時代の享禄2年5月26日(1529年7月11日)に死去しました。

北川殿の墓
16832

------------ 「静岡観光おでかけガイド」 続きを読む ------------

戦国時代 花倉の乱で今川義元に敗れ20歳で自害 玄広恵探(今川良真)の墓 (静岡県藤枝市本郷)


静岡県藤枝市本郷の「藤の瀬会館」北東の旧普門寺跡には、20歳で自害した今川義元の異母兄 玄広恵探(げんこうえたん=今川良真)の墓があります。

戦国時代(室町時代後期)の天文5年(1536年)、駿河国の守護・戦国大名 今川氏親(いまがわうじちか)の息子達による後継者争い「花倉(花蔵)の乱」がおきました。

栴岳承芳(せんがくしょうほう=今川義元)と争った玄広恵探(今川良真)は、花倉城(花蔵城)に籠城。

戦いに敗れた玄広恵探は花倉城を脱出しましたが、天文5年6月10日(1536年6月28日)に栴岳承芳派の追撃をうけて普門寺(現在の普門寺とは別の場所)で自害しました。

玄広恵探の墓
18049------------ 「静岡観光おでかけガイド」 続きを読む ------------

駿河今川氏3代目当主 今川泰範、今川義元の軍師で徳川家康の師 太原雪斎の墓所 臨済宗妙心寺派 大揚山 長慶寺 (静岡県藤枝市下之郷1225)


静岡県藤枝市下之郷の臨済宗妙心寺派 大揚山 長慶寺(たいようざん ちょうけいじ)には、室町時代の守護大名で駿河今川氏3代目当主 今川泰範(いまがわやすのり)と、戦国時代の守護・戦国大名で11代目当主 今川義元の軍師だった太原雪斎(たいげんせっさい)の墓があります。

太原雪斎は、今川氏の人質となっていた竹千代(後の徳川家康)を教育した、名僧としても有名です。

臨済寺(静岡市)を開いた太原雪斎は、晩年に長慶寺を再興して隠居しました。

今川泰範、太原雪斎の墓
1272------------ 「静岡観光おでかけガイド」 続きを読む ------------

女戦国大名と呼ばれた今川義元の母 市指定文化財 寿桂尼(じゅけいに)の墓 曹洞宗 洞谷山 龍雲寺 (静岡県静岡市葵区沓谷3−10‐1)


静岡県静岡市葵区沓谷の曹洞宗 洞谷山 龍雲寺には、守護・戦国大名 今川義元の母 寿桂尼(じゅけいに)の墓があります。

寿桂尼(龍雲寺殿峰林寿桂大禅定尼(りゅううんじでんほうりんじゅけいだいぜんじょうに))は、中御門権大納言宣胤(なかみかどごんだいなごんのぶたね)の娘です。

永正5年(1508年)に、守護大名 駿河今川氏7代目今川氏親(いまがわうじちか)の正室となり、3男4女を生みました。

大永6年(1526年)に氏親が56歳で死去すると、髪を切って翠光院寿桂(すいこういんじゅけい)と号しています。
(後に長膳院(ちょうぜんいん)を名乗る。)

市指定文化財 寿桂尼墓所
8677------------ 「静岡観光おでかけガイド」 続きを読む ------------

安倍七観音霊場のひとつ 駿河三十三観音霊場 第20番札所 真言宗智山派 布袋山 自在院 平澤寺(平沢寺) (静岡県静岡市駿河区平沢50)


静岡県静岡市駿河区平沢の真言宗智山派 布袋山 平澤寺(ほていざん へいたくじ)は、駿河三十三観音霊場(駿河一国三十三ヵ所観音霊場巡り) 第20番札所です。

安倍七観音の霊場のひとつにも数えられ、平澤観音(平沢観音)と呼ばれています。

真言宗智山派 布袋山 平澤寺
13039------------ 「静岡観光おでかけガイド」 続きを読む ------------

今川義元の討ち死にを知り殉死した家臣 山田新左エ門が草庵を建てた 曹洞宗 瑠璃山 瑞応寺 (静岡県焼津市越後島114)


静岡県焼津市越後島の曹洞宗 瑠璃山 瑞応寺は、戦国時代(室町時代末期)の弘治元年(1555年)に今川義元の忠臣 山田新左エ門が草庵を建立したのがはじまりです。

本尊の薬師如来は、先祖の山田越後守の守り本尊でした。

永禄3年(1560年)5月19日の「桶狭間の戦い」の際は、新左エ門は岡崎城に在番。

織田信長軍の奇襲により、主君 義元が戦死した事を知ると、追腹を切った(殉死した)といわれています。

江戸時代前期の寛文年間(1661〜1672年)、林叟院(焼津市坂本)13世益山文州大和尚を開山として、瑠璃山 瑞応寺となりました。

曹洞宗 瑠璃山 瑞応寺
9537------------ 「静岡観光おでかけガイド」 続きを読む ------------

武田信玄に追放された武田信虎が居住 有東砦(うとうとりで) (静岡県静岡市駿河区有東1丁目 有東山)


静岡県静岡市駿河区有東の有東砦(うとうとりで)は、戦国時代(室町時代中期頃)に駿河今川氏の家臣 福島氏が今川駿府館の支城砦として築きました。

戦国時代(室町時代後期)の天文10年(1541年)、甲斐(山梨県)の武田晴信(後の武田信玄)が父親の武田信虎を今川義元の領国 駿河(静岡県中部)に追放。

武田信虎は、有東砦に居住していたという記録があります。

有東砦
八幡山城南側の、独立丘陵の有東山に築かれました。
7348

------------ 「静岡観光おでかけガイド」 続きを読む ------------

今川義元を討った 服部小平太中安次 最期の地 姫街道 長坂  (静岡県浜松市北区細江町中川)


静岡県浜松市北区細江町(旧引佐郡細江町)には、東海道の脇道の姫街道が通っています。

姫街道 長坂は、今川義元を討った服部小平太中安次(はっとりこへいたなかやすつぐ)が暗殺された場所です。

戦国時代の永禄3年(1560年)5月19日、「桶狭間の戦い」(おけはざまのたたかい)で織田信長 家臣の小平太は、毛利新助(もうりしんすけ)らと共に今川義元を討ち取りました。

後に徳川家康の家臣となった小平太は、この地の領主となっています。

安土桃山時代の天正15年(1587年)、一人で巡視していた小平太は何者かによって長坂の途中で討たれました。

この地域は以前は今川氏が支配しており、桶狭間の戦いで戦死した当地出身者も多く、小平太に恨みを持つ者の犯行だと言われています。

姫街道 長坂 「服部小平太 最期の地」
9703

------------ 「静岡観光おでかけガイド」 続きを読む ------------





天気
このサイトの記事検索
カテゴリー
ランキングに参加中!!
ランキングに参加中です。  投票(バナーをクリック)   よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン