2007年01月05日

1月4日Thu3

晴れ
午前中は部屋で仕事をし、簡単な昼食の後、図書館へ。いつものように歩きながらラジオを聞く。いつも聞いているのが、FM90.9でボストン大学の放送局だ。ケンブリッジセンターの英語クラスでも紹介され、英語の学習にいいとか。ニュースと討論番組が主な内容だ。分かるの?音楽として聞いているから、内容は気にしない。今日の放送は、マサチューセッツ州の新任知事の就任式のようだ。同州の最初の黒人知事で、全国でも2人目だとか。その就任演説は中継されている。ラジオから伝わったスピーチはなかなか魅力的だ。排比という修辞法で、I see……で始まる文を連発、醜い現実を目にし、またアメリカのチャレンジ精神、底力も目にしたと言っている。そして今度はI know……の連発だ。現実をよくするノウハウを知っているのだ。聴衆は、盛んに拍手。その間の取り方も上手だ。
speechは、西洋の伝統だ。福沢諭吉が、それを「演説」という漢字語にし(異説もあるが)、実践にも取り組んだ。今度日本の首相の施政演説を聴いてみようといういたずら心が湧いた。ラジオで我が(中国の)指導者の演説を聴く幸せにはしばらく与れないからなのだ。
上記の演説は、インターネットでも聴ける。http://www.wbur.org/にアクセスしてください。


shkky at 16:06│Comments(0)TrackBack(0)clip!教育 | 教育

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔