「ブログ(ウェブログ)」という新しい仕掛けはシニア世代の暮らしを組み立てる上で、大きな可能性を秘めています。そこでシニア世代が気軽にブログを始めるために必要なあれこれを思いつくままに記述してみることにします。シニアネット仙台の実験プロジェクト「ブログの輪」の経験を踏まえながら、なるべく丁寧に説明しますが、十分なものになるかどうかは自信がありません。ご意見やご要望があればお願いします。

●ブログサービスを選ぶ
 いろいろなサービスがあり、選択に迷いますが、まず、どれかを選ばないことには話になりません。あまたあるブログサービスを比較したサイトも数多くあります。検索エンジンで「ブログ」「サービス」「比較」のキーワードを入れてみてください。いろいろな情報を入手できます。
 たまたま見つけたサイト「ブログファンORG」では15のブログサービスを紹介しています。そのうち個人的にお勧めできるのはlivedoor BLOGです。避けた方がいいと思うのはJUGEMです。独断と偏見に基づいているだけで、livedoorの回し者でもないし、JUGEMに敵対するつもりもありません。

 近くにブログサイトを運営している人=ブロガーはいませんか?多くの場合、自分のサイトのことしか分かりませんが、それでも、参考になるはずです。身近にブロガーがいない場合は、おっくうがらずに雑誌やネットの情報を探して研究しましょう。せっかく選んだサービスが気に入らないのでは残念ですから。

 要するに名の通ったサービスならあまり差はないのですが、一応、選択する際の目安のようなものはあります。

(1)安定したサービスが受けられるか−事業者によっては利用者の増大に設備が追いつかず、しょっちゅう「ダウン」しています。
(2)データの更新手順は簡単か−なるべく簡単な手順で更新できた方がいい。使いにくいかどうかはこの1点で決まります。
(3)携帯電話を使った更新が可能かどうか−カメラ機能を使って写真を気軽にアップできると、楽しみが倍増します。
(4)利用者の問い合わせにこたえてくれるかどうか−最も重要ですが、こればかりはあまりぜいたくは言えないでしょう。
(5)他のブログサービスとの間で互換性を保っているか−あまりないと思いますが、何らかの事情でサービスを変えたいと思うときに、せっかく書いた記事をそっくり移転できるかどうかは重要です。
(6)データのバックアップは簡単か−FTP(ファイル・トランスファー・プロトコル)によって、簡単にデータのバックアップや修正が可能な方がいい。