我以外皆師也

ダメライターの徒然ブログ

ブログは移転しました。

 アメーバに移転しました。
我以外皆師也
更新頻度を上げていく予定です。
よろしくお願いします。

明治神宮の菖蒲園

94454b4a.JPG 明治神宮の菖蒲園に、
初めて行った。

明治神宮の菖蒲は今が満開。

イリドリー

887ffb37.jpg初台のOKで、
鶏の胸肉が100g29円という破格の安さだったので、
大量に購入。

せっかく鶏がたくさんあるので、
ちゃんとしたものを作りたいと思い、
本を見ながら炒り鶏を作った。

鶏はあったが、
レンコン、たけのこ、絹さやなど、
炒り鶏に必要な食材はほとんどなかった。

そこで、あるものをぶち込んだところ、
もやし、たまねぎ、ししとうなど、
炒り鶏におよそふさわしくないものが入っている。

だが、きちんとみりんや砂糖などの分量を量って作ったので、
うまかった。

東京鯛焼き御三家

 東京には、「鯛焼き御三家」といわれる店がある。
先日、その3つを1日で回った。

 鯛焼きには2種類の焼き方がある。
大きな鉄板で、大量に焼き上げる形と、
1匹ずつ専用の焼き器で焼く形。

wikipediaによると、前者は「養殖物」、
後者は「天然物」といわれている。

もちろんどちらも人間が作っているのだが、
1匹ずつ焼くタイプは手間隙がかかる上に、職人の技術もいる。
前者の大量生産できるタイプが養殖魚のようで、
後者の1匹ずつの形が天然魚のようだから、
この言葉がしっくりきているようだ。
鯛焼きだし。

店頭の様子。
人形町柳屋
麻布十番浪花屋


わかばは店頭の写真を撮りそこなった。

次に作品。
わかば


柳屋


浪花屋



なお、この御三家はどれも天然物で作られている。
浪花屋は機械も整っていて、
若い職人が作っているのだが、
柳屋はガスの火の強さがものすごく不安定で、
鯛焼き一筋何十年という感じの親父でなければ作れなさそうだった。

結論としては、
どれも御三家というだけおいしかったのだが、
1日に鯛焼きを3つも食うと、
さすがに「アホかっ!」という気になった。

土鍋夏野菜カレー

0bd33bc8.jpg 土鍋は熱伝導率が低いので、
ぐつぐつ煮る料理に向いている。

夏野菜たくさん。
ししとうがいい色になっている。

ザーサイ炒め

35e22fdc.jpg ザーサイのような塩気の強い食材が入っていると、
味付けに気をつけなければ、
全体を塩辛くしすぎてしまう
(うちの会社近くの弁当屋のがそうだった)。

そこで、
ザーサイを入れる分あえて塩を入れず、
胡椒と醤油のみで味付けしてみた。

結論:何か薄い。

ザーサイも、
桃屋のザーサイはそれほど塩辛くないことがわかったので、
次は控えめに塩をいれ、
醤油大目。

今度はうまかった。

土鍋シチュー

63a71223.jpg 土鍋は熱伝導率が低いので、
ぐつぐつ煮るような料理に向いている。

シチューを作るには最適なのだが、
土鍋に油を引いて肉や野菜を炒めるのは違和感がある。

とはいえ、
鍋がなかったので土鍋で作ってみた。

次からはまずフライパンで肉や野菜を炒め、
少し焦げがつくくらい炒めてから土鍋に入れ、
そこから水を入れてぐつぐつやろう。

そうすれば、土鍋で炒める違和感もなくなる。

ざっくり鍋

54af59d8.jpg 節分なので恵方巻を買った(左の黒いやつ)。

だが、我が家に鬼はいない。
我が家に福はいない。
我が家には私しかいない。

隣は蒸し鍋であまった大根おろしに麺つゆをいれ、
白菜、にんじん、水菜、むきえびなどを入れて煮込んだもの。
注ぎ足し注ぎ足しで使っている。

今週食べているものは、ほとんどこの鍋だ。

レシピははなまるマーケットから

70fbd592.jpg はなまるマーケットで、
蒸し鍋がブームとのことで特集していた。

蒸し鍋には「タジン鍋」というモロッコの鍋が適しているそうだが、
普通の土鍋でもできるレシピを紹介していたので、
作ってみた。

鍋が焦げないよう、
大量の大根おろしを汁と共に入れる。

ちゃんとした蒸し鍋を使うと肉の脂なども落ちるのだろうが、
これでも十分うまかった。

豚丼!

ecfbcbb9.jpg にんにくをいためた後、
豚肉を焼き、
塩コショウ醤油で味をつけ、
最後に万能ねぎを散らした。

それだけなのだが、
にんにくが効いていてとてもうまかった。

お金がない

c309de6c.jpg 今年初更新。
 いろいろな請求が来たせいで今月はまったくお金がない。
肉も買えないので、
ツナ缶と卵でたんぱく質を補給。

野菜を炒めてチャーハンの素で味付け。
生姜もおろして隠し味。

うまかった。

ブリのカマ

382573d8.jpg 近所の店「三平」にて。
めちゃくちゃうまかった。

さば

c536560c.jpg 高知で買い、
冷凍してあった鯖。

焼いて食ったが、
とにかくでかくて食いきれなかった。

つけ合わせは野菜のXO醤炒め。

餃子入りラーメン

a85e21c3.jpg ニュータッチのラーメンに、
にんじん、小松菜、たまねぎ、キャベツの炒め物を乗せ、
さらに姉にもらった餃子を焼いて乗せた。

餃子は、肉の味がしっかりしておいしかった。
姉の料理の腕も上がっているようだ。

うどん入り雑炊

45400301.jpg 寒かったので暖かいものをと思い、
雑炊を作った。

あまったご飯を全部いれ、
うどんも入れた。

野菜も適当に入れ、
麺つゆで味付け。

にんじん、生姜、にんにくの風邪予防3点セット入り。

ものすごく適当に味をつけたところ、
あまり味がしなかった。

風邪予防パスタ

804abd2a.jpg 今年のインフルエンザは猛威を振るうようなので、
やられないよう身体によいパスタを作った。

包丁の背でつぶしたにんにくをオリーブオイルで炒めて香りを出し、
小松菜、にんじん、ピーマン、もやし、たまねぎ、ツナ缶と炒め、
すり下ろした生姜を加えた後万能ねぎを散らした。

にんにく、しょうがに加え、
風邪予防に効果的な成分を多く含むにんじんも入っている。
何と健康的。

せっかくオリーブオイルを使ったので、
洋風の味付けにしようと思ったのだが、
我が家には洋風調味料がなかった(和風か中華風ばっかりだ)。

そこで、
塩、胡椒のシンプルな味付け
(というと聞こえがいいが、要は洋風なものがなかったのだ)。

塩コショウが足りず、
ちと味が薄かった。

今度カルディコーヒーファームに洋風調味料を買いに行こう。

にゅうめん

c321abe6.jpg そうめんが残っていたので、
煮麺(にゅうめん)を作ることにした。

麺つゆで煮汁を作り、
にんじん、たまねぎ、
近所に農家が売りに来ていた小松菜も入れて煮込み、
おろししょうがと万能ねぎ、鰹節を散らした後卵を割りいれた。

さくっと作った割にはうまかった。
そうめん一束は意外と量が多く、
朝昼兼用の一食では余ったため、
夜も煮麺になった。

そうめんはゆでた後、
氷水に入った状態で出てくる。

麺というのは伸びるものだが、
わざわざ水につけるくらいだから、
そうめんというのは伸びないのか?と思ったが、
夜に帰宅した際煮麺の鍋を開けたところ、
煮麺が汁をすべて吸って、のびていた。

だが、のびたラーメンのようにまずくなっていなかったので、
何事もなく温めて完食。
うまかった。

XO醤炒め!

9a5e30fa.jpg XO醤を買ってみた。

 XO醤とは簡単に言うと、
干しえび、干し貝柱のほか、
あらゆる高級食材のエキスを凝縮させた調味料で、
小瓶を買ったのだが一つで600円近くする。

豚肉と野菜を炒め、
塩コショウしたのちXO醤を投入してみた。

結論、
いつもの野菜炒めとは、
少し違った気がする。

XO醤だけをなめてみると、
高級食材のエキスが凝縮されているのでめちゃくちゃうまい。
だが、炒めにはその力が余すところなく発揮されたとは考えにくい。

入れる量を間違えたか?

野菜の生姜炒め

8705f4f6.jpg 野菜炒めの味付けをめんつゆにし、
生姜を刻んで炒めたもの。
生姜はあまり火を通すと香りが死んでしまうので、
出来上がる直前に入れて簡単に火を通す。
面倒だったので丼にした。

TORAYの顧客サービスはよい

 我が家の水道はあまりよくないので、
TORAYのトレビーノで浄水した水をBRITAにかけて飲んでいる。

そのトレビーノが、
ある日突然水道からボタッと落ちた。
蛇口につないでいるネジが、
時間をかけて段々と緩んでいたようだ。

またネジを締めて蛇口につけたのだが、
水が漏れて噴水のように噴出するようになった。

何が悪いのかわからなかったので、
TORAYのお客様センターに電話した。

製品番号と症状を伝えた。すると、
「もしかすると、留め具の調子がよくないのかもしれません。
新たな留め具をお送りいたします」

すぐに新たな物を送ってくれた。
その留め具をつけ、
水を出してみたのだが、
やはり噴水。

もう一度電話。
「現物を見てみないことにはわかりませんので、
同じものをすぐにお送りします。
着払いの用紙をお送りしますので、
今お使いのものをそれで送り返していただけますか」

すぐに新しいものが届いた。
今度は使えた。

まさか新しいものを送ってくれるとは思わなかった。
タイガー魔法瓶の顧客対応がすごくいいとは聞いていたが、
TORAYもとてもよかった。
次の浄水器もTORAYにしよう。
Profile
やすと
主に某出版社で編集の仕事をしながら、
ライティング、批評、
スポーツ観戦、美術鑑賞などをして生き永らえるダメライター。
訪問者数

livedoor プロフィール
つながりを力に!起業支援ネットワーク NICe
  • ライブドアブログ