我以外皆師也

ダメライターの徒然ブログ

2008年11月

にゅうめん

c321abe6.jpg そうめんが残っていたので、
煮麺(にゅうめん)を作ることにした。

麺つゆで煮汁を作り、
にんじん、たまねぎ、
近所に農家が売りに来ていた小松菜も入れて煮込み、
おろししょうがと万能ねぎ、鰹節を散らした後卵を割りいれた。

さくっと作った割にはうまかった。
そうめん一束は意外と量が多く、
朝昼兼用の一食では余ったため、
夜も煮麺になった。

そうめんはゆでた後、
氷水に入った状態で出てくる。

麺というのは伸びるものだが、
わざわざ水につけるくらいだから、
そうめんというのは伸びないのか?と思ったが、
夜に帰宅した際煮麺の鍋を開けたところ、
煮麺が汁をすべて吸って、のびていた。

だが、のびたラーメンのようにまずくなっていなかったので、
何事もなく温めて完食。
うまかった。

XO醤炒め!

9a5e30fa.jpg XO醤を買ってみた。

 XO醤とは簡単に言うと、
干しえび、干し貝柱のほか、
あらゆる高級食材のエキスを凝縮させた調味料で、
小瓶を買ったのだが一つで600円近くする。

豚肉と野菜を炒め、
塩コショウしたのちXO醤を投入してみた。

結論、
いつもの野菜炒めとは、
少し違った気がする。

XO醤だけをなめてみると、
高級食材のエキスが凝縮されているのでめちゃくちゃうまい。
だが、炒めにはその力が余すところなく発揮されたとは考えにくい。

入れる量を間違えたか?

野菜の生姜炒め

8705f4f6.jpg 野菜炒めの味付けをめんつゆにし、
生姜を刻んで炒めたもの。
生姜はあまり火を通すと香りが死んでしまうので、
出来上がる直前に入れて簡単に火を通す。
面倒だったので丼にした。

TORAYの顧客サービスはよい

 我が家の水道はあまりよくないので、
TORAYのトレビーノで浄水した水をBRITAにかけて飲んでいる。

そのトレビーノが、
ある日突然水道からボタッと落ちた。
蛇口につないでいるネジが、
時間をかけて段々と緩んでいたようだ。

またネジを締めて蛇口につけたのだが、
水が漏れて噴水のように噴出するようになった。

何が悪いのかわからなかったので、
TORAYのお客様センターに電話した。

製品番号と症状を伝えた。すると、
「もしかすると、留め具の調子がよくないのかもしれません。
新たな留め具をお送りいたします」

すぐに新たな物を送ってくれた。
その留め具をつけ、
水を出してみたのだが、
やはり噴水。

もう一度電話。
「現物を見てみないことにはわかりませんので、
同じものをすぐにお送りします。
着払いの用紙をお送りしますので、
今お使いのものをそれで送り返していただけますか」

すぐに新しいものが届いた。
今度は使えた。

まさか新しいものを送ってくれるとは思わなかった。
タイガー魔法瓶の顧客対応がすごくいいとは聞いていたが、
TORAYもとてもよかった。
次の浄水器もTORAYにしよう。

慶應義塾創立150周年記念式典に行ってみた

 11月8日、
慶應義塾創立150周年が行われ、
私も出席してみた。

 式典そのものは日吉の陸上競技場で行われたのだが、
愛校心などない私はわざわざ日吉まで行くのが面倒だったので、
三田で行われる式典の中継を見た。

 天気は寒い上に雨。
日吉の式典に参加した人たちは、
雨の中レインコートに身を包んで席に座り、
式典に参加していた。

 三田会場で参加した私は、
暖房の効いた教室の机に座り、
始まるまで暇なのでうたた寝などしながら待っていた。
これは勝ち組だ。

 それにしても、
クソ寒くて雨まで降っている中、
レインコートで式典を待つ愛校心旺盛な慶應OBの面々には恐れ入る。
早稲田のOBだったらこうはいかない。
早稲田の学生だったらやると思う。

大学のイベントで、
在学中に愛校心を発揮するのが早稲田。
卒業してから愛校心を持つのが慶應。

 話がそれた。

 式典には、天皇皇后両陛下もご臨席された。
ほかにも、世界中の名門大学の学長など関係者が出席した。

司会は石坂浩二。

 参加はしたものの、
出席の一番の目的が「仕事のネタを探すこと」で、
愛校心などまったくない私は、
式典が終わるや否や席を立った。

 土曜日はとにかく寒かったということだ。

胴上げに西武の強さを見た

 今年のプロ野球は、
西武の日本一で幕を閉じた。

 原巨人の驚異的な逆転劇、
岩隈の21勝など、
今年のプロ野球は実に見所一杯だったのだが、
どうも盛り上がりきらなかった気がするのはなぜだろう。

 さて、渡辺監督が胴上げされるところを見ていたところ、
毎回必ずいる、
胴上げに参加せず観客席に向かってジャンプしている選手が一人もいなかった。

さらに、MVPの岸の胴上げの写真があるが、
ありえないくらい高く飛んでいる。

うまい胴上げをするには、ピッタリと息が合っている必要がある。
これが乱れていると、
胴上げされる人が空中でぐるぐると回ったり、
バランス悪く落ちたり、
全然高く上がらなかったりする。

いくら岸が軽く、
野球選手の集団による胴上げであっても、
こう高く上がるには、
息がぴったり合った全員の「阿吽の呼吸」が必要だ。

こんなところに、
西武の強さを見た。

中華風野菜炒め

ea0cfdf0.jpg うちの近くの肉屋で豚ひき肉が100g88円と非常に安かったので、
大量に買い込んだ。

豚コマなどはグラム100円もしない肉だとおいしくないことが多いが、
ひき肉はまったく問題ない(値が張る分もっとうまいひき肉もあるかもしれないが)。

ひき肉、たまねぎ、にんじん、ピーマン、万能ねぎ、ニラを入れて炒めた。
最近覚えたのだが、
ここでガラスープの素を入れると中華風になる。

また、ニラといえば卵。
溶いて入れ、塩、胡椒、醤油で味付け。
最近麺つゆを使う味付け方法も覚えたが、
今回は麺つゆは使わなかった。

味噌汁も作った。
我が家は朝が凍える寒さなので、
朝に暖かい味噌汁を飲まないと、活動が出来ない。

普通にうまかった。
特に失敗談も、オチもなし。

四国旅行 完成版

 やっと完成。

一番上の写真をクリックし、
右上の「次の写真」をクリックし続ければ
順番どおりに見ることができる。

「スライドショー」とか、
それ以外をクリックすると順番がめちゃくちゃになる。

切り離し作業
寝台列車
直島行き船
高松駅にて一食目
直島にて2食目
直島へ
黄色かぼちゃ
神社
地中美術館入り口にて
直島夕食
ジャンボの名物
釜揚げうどん ジャンボ
讃岐うどん がもう
がもうのうどん
山越うどん
なかむらうどん
こんぴらさん
こんぴらさんより
こんぴら猫
道後温泉
道後温泉
道後温泉2階からの眺め
民宿松山
四国八十八寺のひとつ
四万十川
四万十川遊覧船
遊覧船からの眺め
四万十川
はりまや橋
高知料理
かつおのタタキ製造中
桂浜の坂本竜馬像
高知料理
宮脇書店総本店
Profile
やすと
主に某出版社で編集の仕事をしながら、
ライティング、批評、
スポーツ観戦、美術鑑賞などをして生き永らえるダメライター。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

やすと

つながりを力に!起業支援ネットワーク NICe
  • ライブドアブログ