2008年01月25日

文部科学省を廃止せよ!

 教員にはホワイトカラー・エグゼンプションが四〇年近く前から導入されていることをご存知だろうか。
 一九七一年、自民党は教育現場の反対を押し切り「給特法案」を強行採決し、翌七二年より施行された。給特法は給料月額の四%の「教職調整額」と引きかえに、教員に労働基準法三七条の時間外労働手当規定を適用除外した法律である。
 四%は月八時間程度の時間外手当に相当する。四%の根拠は六六年の文部省(当時)の教職員勤務実態調査で、時間外労働が月平均八時間であるとされたことにもとづいている。 
 給特法は時間外労働に対し二重の歯止めをかけた。第一に、時間外労働を命じることができる業務を四項目(職員会議・学校行事・生徒の実習・非常災害)に限定した。第二に、四項目であっても「臨時または緊急」時に限定した。したがって給特法では、四項目でかつ臨時・緊急以外の時間外労働はすべて違法である。
 しかし、学校は四項目以外にも時間外労働をしなければ、日常の教育活動がまわっていかないのが現実だ。 
 法案成立当時、教員は四%で半永久的に無定量労働をやらされることになると危惧された。案の定、給特法成立後教育現場では無定量・無報酬の違法な時間外労働が蔓延し、無法地帯と化している。
 ところが文科省は、四項目以外の時間外労働はすべて教員の自発的労働だとしている。しかも、四%は教員の職務を勤務時間の内外にわたって包括的に評価したものだから、四項以外の時間外労働を命じても時間外手当を支給しなくてよいと、手前勝手に法解釈している。だから、どんな仕事を何時間させようが、時間外手当を支払わないですませてきた。  
 〇六年の文科省の勤務実態調査では、教職員の一ヵ月平均の時間外労働は三四時間で、四〇年前の調査に比べて四・三倍に増えている。時間外労働が野放しにされた結果、教育現場は苛酷な労働実態となっている。
 文科省の調査によれば〇六年度の教職員の病気休職者は七六五五人。そのうち精神性疾患が四六七五人で六割を超えている。一〇年前に比べて、病気休職者は約二倍、精神性疾患は約三・四倍である。
 これがどんなに大変な数値か、「企業なら大問題であり、総点検を行う」(野田正彰氏)だろう。ただ文科省調査も、実態からほど遠いだろう。おそらく潜在的な病気休職者・精神性疾患は、調査数の数倍はいると推測される。
 労働者の命と健康を守るのは、使用者に課せられた責務である。長時間労働解消やメンタルヘルス対策、教職員定数増や産業医の配置などは、文科省に第一責任がある。しかし文科省は自らの調査で判明した違法な長時間労働さえ、何の対策も講じていない。教職員の過酷に労働実態を放置している文科省の存在価値などまったくない。ただちに廃止せよ!(週刊金曜日「論争欄」掲載 1月25日号)
(注) 週刊金曜日には労働基準法「37条」が「36条」と誤植で掲載された。


社会 - livedoor Blog 共通テーマ  

Posted by sho923utg at 22:23Comments(0)TrackBack(0)

2008年01月22日

野中健一『虫食む人々の暮らし』を読む

 世界はこんなにも多様なのだ。虫食む人々の暮らしである。いや食べる食べる、何でも食べる。古今東西で食べられてきた昆虫は何と1000種もあるという。昆虫食は動物タンパク質としても脂肪分としても重要な食料なのだ。生態人類学者・民族生物学者である著者による世界昆虫食べ歩きの記録である。
 フンチュウという糞球をつくる幼虫(成虫も)食べる。コオロギは人気が高い。セミは幼虫が美味しい。カミキリムシは頬っぺたが落ちる。イモムシは昆虫食の王様だ。カメムシだって食べる。しかも食べ方も多様であり、食べごろの時期があるという。たとえば糞球の幼虫はサナギになる直前はエサを食べなくなり、体内の糞をすべてだし切る。そのときが人間にとって一番の食べどきなのだという。いや虫は食べるだけではない。アクセサリーになる。楽器になる。石鹸としても化粧水としても使用する。驚くほど多彩に活用される。こうした虫が何種類となく市場で魚や肉に劣らない値段で売られている。タイには肉屋・魚屋同様専門店としての虫屋があるという。  それではなぜ人々は虫を食べるのか。美味しいから。それもある。簡単に手に入る食料だから。それもある。狩猟感覚の楽しさもある。つまり昆虫食は、人類が長きにわたって自然環境に適応してきた根源的存在様式そのものなのだ。そして著者は「虫食む人々」についてつぎのよういう。「彼らの足元の自然に対する創意にあふれた飽くなき追求の姿勢は、人間がより広い世界へ向かう中で獲得した力を、次の世代へとつないでいく可能性を見せてくれるのだ」と。それにしても著者もよくぞ食べたり。その勇気に敬意を表したい。

社会 - livedoor Blog 共通テーマ  
Posted by sho923utg at 19:36Comments(0)TrackBack(0)

2008年01月21日

アスク教研ー使える労働基準法

 2月2日(土)2時ー5時、つながれっとNAGOYA(JR地下鉄鶴舞駅下車 徒歩5分)で、アスク教研が開催される。講師は萬井隆令龍谷大学教授。演題は「使える労働基準法ー労働時間と休憩時間を徹底的に考える」。萬井教授は日本を代表する労働法学者である。じつは昨年もアスク教研で「給特法」について講演していただいた(この欄の07年2月参照)。「給特法」についてじつに分かりやすく解説していただき、問題点も明確になり、すばらしい教研集会となった。
 そこで今年は労働時間と休憩時間について講演していただこうということになった。労働時間は(1)労働時間とは何か、(2)労働時間の始期と終期、(3)準備・後始末等の業務性、(4)黙示の命令と時間外勤務、(5)手待ち時間、(6)出張・研修・健診等について、休憩時間は(1)休憩の位置と分割、(2)休憩の長さ、(3)休憩中の外出・組合活動、(4)休憩の交替制等などについて、講演していただく。教育労働者がたたかうための労基法学習会となるはずだ。興味のある方はぜひ参加してください。

社会 - livedoor Blog 共通テーマ  
Posted by sho923utg at 19:50Comments(0)TrackBack(0)