書~おもむくままに

書&雑感~Amsterdamより発信

過去世

友人から「退行催眠」をやってきた、とメールが来た。

かかりつけのクリニックで施されたそうである。
一回では終わらないそうだが、とても衝撃的な体験だったという。
内容は控えるが、現在現状とも深くかかわっていると書いてあった。

さよか。。

私は「原因結果論」から過去世、未来世と言う生命の繋がりを信じるので、
「退行催眠」による過去世と言うもの、一度受けてみたいものである。


しかし、私は過去世で路上生活者だったのではないか、と思っている。
去年の2月にも同じような事を書いている

誰に言われたわけでも無く、ホームレスになった夢など見たことも無いのだが

思い当たる事や、理由は、、ある!

それはまさにつまらない事だから書くほどでもなくやめておくが、
かなり、自分勝手に「路上生活者」だったと確信している。

ま、それが一体どやねん、という感じもするが。


余談だが、我が家によく遊びに来る1人の友人は、
「私は過去世に多分スペイン人を殺したと思う」と。

又、別の知人は「私はお城に火をつけて処刑になった」とか、言っている

どちらも今世、現在は立派な教育者であり経営者なのだ。


「過去世推測」は各々、実にユニークだ。


2016-12-08 001 001
「思」



正直な友人

富士山を讃えて詠んだ長歌

背景は形体仮名で「うつくしきふし」(美しき富士)



書を学んでいる友人に「新年の歌に因んで、富士山に関する歌(万葉)」を依頼された。

「もう、何でも書くよ~」と私は飛び上がるほどに喜んだ

が、「丸や四角、三角などの形体仮名は訳が解らないから不要」と言われた。。。。

とても悲しかった


友よ、貴女は何でそういつも正直なの。。。

2019-01-15 001 001
背景は形体仮名で「うつくしきふし」(美しき富士)


形体仮名:(以前は幾何文字と呼んでいた)
日本人以外に平仮名を教える時、「の」や「あ」と言う字はまぁるく書くのよ、
とか、「ふ」や「ん」は三角形にすると上手くかけるわよ、等と言って
平仮名の枠組みを教えつつ書いていたら、何となく出来上がった形体仮名。
BY;遠藤欧水

蛇行の繰り返し

兵庫県南東部を流れる河川に武庫川と言う川がある。

武庫川は山間を蛇行しながら下って瀬戸内海に注がれていく。

その有様を見知って若かりし頃思った事がある。

自然の流れの川も時には蛇行を余儀無くされ目的地に到達するのだ。
私も生き方に蛇行を繰り返すことがあっても、
流れ着きたい目的地まで諦めずに目指そうと。

しかし、よく考えてみれば自然界の方が蛇行してて美しく逞しいんだけれど、
若かりし頃は何となく、つじつまが合っているのかどうかわからん、
そんな信念を胸に秘め
私は当時通っていた大学を中退し、また違う大学を受け直したのだった。

蛇行を繰り返して人生の幅を広げてくれていた、と言いたいところだが、
私の場合はただ単に風に吹かれるままに流されてる感の方が強い。。

形体仮名「ながれ」の上に「流」の草書。

2019-01-12 001 001

ホンマに、今日も何が言いたいのかよくわからんブログになってしもたワ。

理由は一日で語れないほどあるが結果は簡単


昨年12月に帰国していた折、沢山の友人達と会い話をした。
大体、歳は同じくらいなのだが3人が離婚していた・・・
理由は以下の通り。

A恵さんの場合、このまま余生を共に暮らす「佳い風景」が浮かばなかった。
B美さんの場合、{20年前に会社を興したB美さん}
        主人が定年退職した後、私の会社に顧問として名を載せた。
        会社売り上げ不振となり主人をリストラした。
        ついでに夫婦としても「旦那要らないしリストラ」した。
C子さんの場合、自分の終活を始めて「断捨離」し夫も捨てた。

ま、当人曰くの結果だけを書いては見たが、ここに至るまでの話が凄惨を極めていた。

3人、個々的に会って話をしてきたのだが、
皆、今は結構スッキリした様相だった。(心の底は窺い知れないけど・・・)

一生懸命に生きている友人達(&自分)にエールを送り
お互い身体だけは気を付けようなぁ~と言いあって来たよ。

1月1日でまた一つ歳を重ねた私だけれど、、、ガンバル、、


001 (800x582)「生」
綺麗とかスマートとか言う生き方ではないけど、
ボロボロになっても生き抜くよ~~~。



使いまくる。

今日から大事にとっておいた戴き物や気に入って購入したものなど、
どんどん使う事にした。

先ずは書道用具だ。

昨年戴いた筆、墨、和紙
これらを丁寧にだが、使い始めている。

書友から戴いたもの、さすが良いものである。
全て相性がいい。

嬉しい。

大切に保存してあるもの、今から使い始めても寿命が尽きるかモノが尽きるか・・・・
今では50個になった玉石混交な硯だけは残りそうである。


でも、ガンバル。。


2019-01-08 001 001

万葉集(作、道祖王)

【新しき年の初に思ふどちい群れてをれば嬉しくもあるか】4284
新年の初めに、気の合う者同士が集まっているのは、なんとうれしいことだろうか。

飾り文字は形体仮名で「ともたち・友達」



年始の部屋模様替え

朝から自分の部屋の模様替えをしている。

私は模様替えが好きだ。

夫がチラッと私の部屋を覗いて「あぁ、、見なかった事にしよう、、」
と言って去って行った。

一心不乱に馬鹿力を発揮して右にあったのものを左に、左にあったものを右へ
上にあったものを下に、下にあったものを上にと自分一人で大わらわである。

腰と背中が痛いでおます。。。

「晩御飯出来たよ~♪」と言う夫の声で、今年一番の模様替えも終了に近づく。

大きい机の上に一畳毛氈(もうせん)を敷きその上に大きい和紙を載せ
後は墨をたっぷり磨って筆を持つだけである。

書くで~書くで~書くで~~~


気狂いの書の一年の始まりだよ~ひゃっほい~

夫曰く「別に、気狂いせんでもいいかと思うけど、、、」

002 (800x582)
これは昨年書いた書ダス



こんな感じだったかな

昨年からの日本滞在が長かったせいか、
普段ならアムステルダムに戻って来ても特に気を止めることも無かった事が気になった。

今、私の住んでいる地域柄がそうなのか、スーパーマーケットの
店員がだらしなく感じられた。

当然見慣れているはずの店内も雑然としている。
あれ~~?以前からこんなのだったけ?と。

店員に品物の件を訊ねてもイマイチ要領も得ないし態度も?

そうなんだ、本当は以前と何も変わっていないんだった。

私が日本の長い滞在で、日本の店員接客に慣れてしまって
そのギャップに戸惑っていることに気づいた。

今更ながら日本の接客はすごいね~と感心したよ。

しかし仕事への誇りと意欲を発揮しないアムステルダムの我が地域の店員たちにも
日々の生活の中でその内に慣れて、元の感覚に戻るのだろうなぁ~。


さて、今日は我が地域とは反対側のダッペルマルクト(Dappermarkt)
に行ってスーツケースを購入~お買い得だった。
ダッペルマルクトの接客はオーナーが多いのでとても親切で丁寧だった。
ヨシ!

Amsterdam時刻&気温
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
月別アーカイブ
最新コメント
記事検索
Google_translate
Facebook
華文字会
メッセージ

名前
メール
本文
為替レート計算
QRコード
QRコード
WEBオランダの旅
アムステルダム運河の旅


キュラソ島(Curacao)